フィギュアスケート研究本

フィギュアスケートの未来を考える同志が集う場所です


テーマ:
安藤美姫が会見 父親は公表せず

 フィギュアスケートの元世界女王で、4月に第1子となる女児を出産していた安藤美姫(25=新横浜プリンスクラブ)が5日、横浜市内で記者会見した。

 フジテレビによれば、長女の父親の名前は「相手の家族のこともあるので公表はしない。今後の状況次第」、「今後も競技を続けたい」などと話したという。

 [2013年8月5日14時44分]日刊スポーツ

4月に女児出産/安藤美姫の最近

 ◆11年4月 06年から師弟関係にあったニコライ・モロゾフ氏との関係を解消。

 ◆11年 優勝した世界選手権の後に休養を宣言。

 ◆12年10月 ソチ五輪を目指して復帰を考えていた矢先に妊娠が分かる。本紙のインタビューで、ソチ五輪を含めたこのシーズンでの引退を表明。

 ◆13年4月 体重3350グラムの女児を出産。

 ◆13年5月 出産後から本格的に練習を再開。

 ◆13年6月 アイスショーに出演。3回転サルコーも披露。

 ◆13年7月1日 テレビ朝日系「報道ステーション」のインタビューで、結婚しないまま出産したことなどを明かす。

 ◆13年7月12日 交際がうわさされるプロスケーター南里康晴(27)と「プリンスアイスワールド」で同じ舞台に立つ。テレビ2局が生中継する異例の報道態勢だったが大きな混乱はなかった。

 [2013年8月5日14時54分]日刊スポーツ

$フィギュアスケート研究本


安藤美姫 この1年は「父親」話さない

2013年8月5日 デイリースポーツ

 日本女子フィギュアスケートの第一人者、安藤美姫(25)が5日午後、横浜市港北区の新横浜プリンスホテルで行われた記者会見に出席。7月1日の“出産報道”やその後のことについて、安藤サイドからのお願いをした上で、競技者としての近況を報告した。

 会見の冒頭、安藤は7月1日にテレビ朝日の報道ステーションのインタビューで「4月3日に女児を出産した」ことを公表したが、1社限定で出演した理由について「自分の考え方をきちんと伝えたかったから」と説明。さらに、その後のメディアの取材に関して、競技者の自分以外の関係者に対しても「深夜の電話取材や、車での尾行」など失礼な取材方法に「やめて欲しい」と強い口調で訴えた。

 私生活の女児の父親に関しては「競技者として、この1年が終わったら分からないが、あちらの家族の方のこともあるので、私の口から誰だれ…というお話は一切しません」と断言した。

 しかし、自らの競技生活については7月の渡米でフリー、ショートの振り付け、曲の選定などが順調に進んでいることを説明。出産後、初めてトリプルサルコーが跳べたことに「うれしかった。今まで感じなかった、こんなにすごいことをやってたんだと自信にもなったし、幸せを感じた」と話し、10月に予定される復帰第1戦に向けて「できる範囲の努力をします」と決意を表した。

$フィギュアスケート研究本

会見で現在の心境を語る安藤美姫=横浜市内のホテル(撮影・会津智海)

http://number.bunshun.jp/articles/-/602024

“世界初”に挑む安藤美姫。
ソチ出場へ満たすべき条件とは。
~国内外で待ち受ける茨の道~


松原孝臣 = 文
text by Takaomi Matsubara
photograph by AFLO

2013/08/03 08:00 Number Web-

「頑張って!」

 7月12日に始まった「プリンスアイスワールド」東京公演。初日の昼の部、安藤美姫の「アメージング・グレース」に、声援が飛んだ。場内の空気は、出産して一児の母となり、同時にオリンピックを目指す、安藤の選択を後押しするかのようだった。

 だが、その道のりは決してやさしいものではない。

 ソチ五輪の出場枠は3。代表選考基準は、(1)全日本選手権優勝者。(2)全日本2、3位の選手とグランプリ(GP)ファイナルの日本人表彰台最上位者から1名を選考。(3)右の選考から漏れた選手と全日本選手権終了時点での世界ランキング日本上位3名、国際スケート連盟(ISU)シーズンベストスコアの日本上位3名の中から最後の1名を選ぶ、となっている。ただし、怪我などで全日本選手権を欠場した選手はそれまでの成績にかかわらず選考対象外となる。

まずは全日本選手権と五輪の出場資格の獲得が必要。

 安藤は昨年度休養し、今シーズンもGPに出場する予定はないため世界ランキングとシーズンスコアの要素では他の選手と争えない。年末の全日本選手権にすべてを懸けることになる。そのためには、10月中旬の関東選手権、11月初旬の東日本選手権で上位に入り、全日本に出る権利を得なければならない。

 オリンピックの出場資格も取っておく必要がある。ISU公認の国際大会で定められた技術要素点をクリアすることがそれだが、日本スケート連盟の強化選手ではない安藤は、現段階で国際大会への派遣予定がない。連盟は関東選手権で出来を見極め強化指定するとしているが、復帰できれば、全日本選手権前の11月中旬から12月初旬に行なわれる国際B級大会のどこかでISUの設定以上の得点を出すことが求められる。

 こうした過程を経て全日本選手権に進むことになる。代表入りの鍵は当然、どこまで滑りを取り戻すことができるかである。出産後のアイスショーでは、練習を重ねてきた一定の成果は示している。だが、出産以上に、昨秋から今春まで練習ができなかったブランクの影響は決して小さくはない。

浅田、鈴木、村上の“日本人3強”に割って入れるか?

 ブランクと言えば、1シーズンの休養後、今年3月の世界選手権で優勝したキム・ヨナが連想される。ただ、キムの場合は、競技から遠ざかった期間は決して長くない。アイスショーにも時折出演していたし、「大会に出場はしなくてもハードなトレーニングは継続して行なっています」と休養中に語ってもいた。二人を安易に比べるわけにはいかない。

 なによりもハードルとなるのは、日本のレベルの高さである。

 '12、'13年の世界選手権代表はともに浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子だった。浅田は言わずもがな、中野友加里との死闘を制してバンクーバー五輪代表となった鈴木は'12年世界選手権銅メダリストであり、GPファイナルでも2年続けて表彰台に上った実力者だ。成長著しい村上も世界選手権で5、4位と好成績をあげている。つまり、日本の3強を形成する彼女たちは、国際舞台の上位にいる選手たちである。割って入るには、それこそ世界のトップを争っていた休養前に等しいくらいに状態を戻していかなければならないだろう。

 困難とも思えるシビアな道をどう進んでいくのか。海外を見渡しても、ペアやアイスダンスでは出産後にオリンピックに出場した選手は何人もいるが、シングルでは一人もいない。逆に言えば、オリンピックに出場することができれば、世界初の快挙となることを意味する。

$フィギュアスケート研究本

5月に復帰したばかりだが、12日の公演で3回転サルコウを決めた。


弁護士同伴で、記者会見が行われたそうです。

マスコミに追いかけられているので、関係者や家族にも迷惑が掛かっているので辞めてほしいという事と、1日にアメリカから帰国して、フリーの振り付けが終わったとの事です。

父親との話し合いは、ソチ後にするそうです。

そしてコーチは、まだ未定なそうで……。

コーチが決まらないのが、……ですね……。

余り時間がないので、どこまで復活できるのか……。

日本の女子の層も厚いですからね。(男子もね……。)

最後のシーズンなので、悔いないよう過ごしていただきたいと思います。



↓いつも、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(5)
PR

テーマ:
http://number.bunshun.jp/articles/-/515940

ソチ五輪 雪と氷の情熱 

ママとなった安藤美姫に感じた力強さ。
「母の強さ」をナメちゃいけない!


2013/07/09 12:55 Number Web

吉井妙子 = 文

text by Taeko Yoshii

photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

 安藤美姫選手がママになったニュースを聞いたとき、これまでの安藤選手に対する見方がガラリと変わった。彼女には何度かインタビューしたことがあったが、10代前半の頃からメディアの取材攻勢を受けてきたせいか、他人の視線に非常に敏感で、警戒心が強く、感情の起伏が激しい女性という印象を抱いていた。

 その一方、彼女のフィギュアスケーターとしての技術、芸術性は驚くほど高く、世界選手権で2度チャンピオンになったが、まだまだ高みを目指せる選手だと確信していた。

 女性として史上初めて4回転ジャンプを競技会で決め、彼女が16歳になったばかりの頃にインタビューした時の声が今でも耳から離れない。

 なぜ4回転ができるのか、その秘訣を尋ねると、間髪を入れずさらりと言ってのけた。

「練習すれば誰でも出来ますよ」

――ほかの選手も挑戦していますが、跳べていないのが現実です。

「いや、やろうとしていないだけ。誰にだってすぐ出来ますよ」

 その言葉から、彼女は4回転を、大量の汗と引き換えに薄紙一枚一枚を重ね合わせるように習得したのではなく、遊び感覚で覚えたのだと悟った。同時に、とんでもない選手が現れたと胸が高鳴ったものだ。

 だがそれ以降、あまりにも容赦ない世間の視線を浴びたせいか、無邪気な心が影を潜め、自分を守るために心にバリアを張ったように思えた。多感な少女にはそういう選択しかなかったのだろう。そしてこういい続けた。

「私を本当に支援して下さるファンの方だけが分かってくれればいい」

 その言葉を聞くたびに、気持ちは理解できるが、何とももったいないと思ったものだ。心を開放すれば、さらに多くの人を魅了する演技が出来るのに――と。だがそれが、彼女が選んだスタイル。もったいないと考えるのは私の勝手な想いだった。

最も驚いたのは、出産後すぐに現役に戻ると決断したこと。

 ところが、出産発表のテレビインタビューを見て、私の考えは180度変わった。ガラスのように繊細な選手と信じ込んでいた彼女が、毅然とし、母になった喜びを語る姿は眩しいほど美しく、全身から大木のような力強い生命力を溢れさせていた。

 多分、シングルマザーになる決断は、これまで経験したすべての悩みを凌駕するほどの覚悟を要したに違いない。母を始めとする身近な人たちの大反対にも遭ったと語っていた。

 だが彼女は、新たな生命を宿した以上、その命を世に送り届けるのが使命と悟ったのだろう。何より驚いたのが、出産後すぐに現役に戻ると決断したことだった。人として、女性として、そしてアスリートとしての逞しさと覚悟に、畏敬の念すら覚えた。

 たまたまその翌日、30代~50代の女性管理職数人と食事をする機会があった。自然と、安藤選手の出産の話題になる。彼女たちはみな子育てしながら管理職に就いただけに、安藤選手に一様にエールを送った。それが日本社会の当たり前の感覚だと考えていた。

ロンドン五輪女子バレー銅メダルの大友愛さんの場合。

 だがすぐに、安藤選手に対しての、人権を冒涜するようなバッシングが始まる。すべての記事をチェックしたわけではないが、あまりにも男性優位社会を絵に描いたような論点にめまいがしそうになった。

 母の強さをナメちゃいけない。

 安藤選手と同じシングルマザーで、ロンドン五輪女子バレーボールで銅メダル獲得に貢献した大友愛さんの逞しさを、私は度々垣間見てきた。独身時代は自分のパフォーマンスにしか興味がなかった彼女が、母になったことで、影になってチームを支え、試合では自分が囮になって他の選手のアタックを生かした。母になると女性アスリートはこうも変わるのかとびっくりした。彼女は笑いながら言った。

「子供って全く大人の思い通りにはならない。子育てに比べたら他人への気遣いなんて簡単。母は、子供の仕草や態度で意思を読み取らなきゃならないですから」

 しかも彼女は復帰4カ月でコートに立った。そのトレーニングの過酷さは見ているのが辛いほどだったが、さらりと語った。

「母親になると、トレーニングの苦しさやライバルとの葛藤なんて、とても小さなことに思えてくるんです。競技に集中するその濃さが、独身時代とは比べ物にならない」

メディアがどんな報道をしようが、安藤選手の強さにはかなわない。

 安藤選手も同じ想いでいるに違いない。母になったことで、雑音が耳に入らなくなり、エネルギーを注ぐのは競技と子育てのみ。彼女に対しメディアがどんなに面白おかしく報道しようが、覚悟を持って復帰を決めた以上、鉄の胃袋で飲み込み、それを栄養にしてしまうほどの強さを身につけているはずだ。

 全日本に選ばれた大友さんは、海外遠征続きで子供に会えないことが悩みの種だった。だがある日、娘にこう言われたという。

「バレーをやっているママが好き」

 この春小学校に入学した娘の将来の夢は、バレー選手。たとえ毎日接していなくても、子供はママの生き方をちゃんと見ているのだ。

「独身女性ばかりの日本に負けるわけがないじゃない」

 そういえば昨年、1972年のミュンヘン五輪女子バレーの金メダリストである旧ソ連の主砲スモレーワさんにインタビューする機会があった。

 金メダル確実と言われていた日本を破った強さを尋ねると、胸を張った。

「だって私たちは選手の半分が母親だったのよ。独身女性ばかりの日本に負けるわけがないじゃない」

 かように、母は強し、なのである。

 母になり、子どもを命がけで守る母性に目覚めた安藤選手が、今後どんな演技を私たちに見せてくれるのか、楽しみである。

 安藤選手への中傷はもううんざり。そんな報道に接するたびに、多くの女性が気分を害していることにメディアも気づいて欲しい。

$フィギュアスケート研究本

出産の発表後に出演したアイスショーでは、「多くの方に会場まで足を運んでいただき、感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました!」と笑顔で挨拶をした安藤選手。
photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO


ドリームオンアイスの放送で、安藤選手の演技を見ました。

確かに復帰後直ぐですので、滑りは、以前より、少し物足りない物がありましたが、出産後と考えれば凄いと思います。

そして、はっとさせられたのが、安藤さんが顔を下に向けた時の表情――目つきが、何とも優しい、正に我が子を見るような慈愛の視線だったのです。

いつも、彼女が自分の娘を愛おしく見つめているのか、証明されたような瞬間でした。

どの母親も、そうだとは思いますが、自分の子供が可愛くない筈はないでしょう。

彼女がスケートの練習も頑張りながら、我が子と向き合っている姿勢が感じられて、とても、嬉しく思いました。

母親となり、強くなれたと思います。

ソチ五輪を目指す事に、迷いがあったようですが、今回の事で、強い思いが蘇ったようですから(スケートへの情熱も)、五輪までの短い現役生活を、悔いのなく送ってほしいと思います。




↓いつもありがとうございます。


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:


20130708 FaOI 安藤美姫 AI



20130708 FaOI 安藤美姫 AI 2

安藤美姫×AI パフォーマンス楽曲に問い合せ殺到 

2013-07-09 00:26:42 配信 /提供:モデルプレス

 今年4月に未婚のまま女児を出産していたことを明かしたフィギュアスケートの元世界女王・安藤美姫と歌手のAIが、6、7日に福岡市内で行われたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演。2人のコラボパフォーマンスでAIが披露した楽曲に問い合わせが殺到している。
AIが披露した話題の楽曲「ママへ」は、AIが自身の母親とすべてのお母さんへの感謝の想いを歌った曲。母になったばかりの安藤の今の境遇と楽曲がマッチし、観客に大きな感動を与えた。
 
7日夜にブログを更新したAIは、安藤とのツーショット写真を掲載し、「Fantasy on ice はすごかった。。素晴らしかった。。もう言葉じゃあ言い表せない感動がありました!!!!一気にはまってしまった!!!!!初めて生で観た感動と、さらに目の前で皆さんが演技しながら自分が歌ってるなんて本当に感激」と興奮ぎみにコメント。同ブログにて楽曲に問合せが殺到していることを明かした。

「ママへ」は、今年4月17日に配信シングルとしてリリース。7月17日発売のAIのニューアルバム「MORIAGARO」にも収録される。(モデルプレス)



↓別ブログに、AI -さんのママへのプロモ動画を紹介しております。

http://ameblo.jp/shuppansport/entry-11569371540.html
AI - ママへ (short ver.) Music Video





人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
「微力ながら…」女児出産の安藤美姫が盛り上げる 福岡で震災復興支援ショー

2013.7.8 21:28 [フィギュアスケート]

 フィギュアスケート女子で4月の女児出産を経てソチ冬季五輪シーズンに復帰する25歳の安藤美姫(新横浜プリンスク)が8日、福岡市内で東日本大震災の復興支援慈善アイスショーに出演した。3回転ジャンプを跳んで立ち見客も出た約千席の会場を盛り上げ、氷上で「微力ながら小さな力を大きな力に変えられるようなイベントを続けたい」と話した。

 開演前には選手、観客が黙とうした。入場券販売による収益や募金を義援金として、日本赤十字社を通じて寄付する。福岡県スケート連盟などが主催し、趣旨に賛同した鈴木明子(邦和スポーツランド)や織田信成(関大大学院)町田樹(関大)も演技した。

$フィギュアスケート研究本

東日本大震災の復興支援慈善アイスショーで、黙祷する安藤美姫(左端)ら=福岡市博多区

美姫アイスショーであいさつ「感謝の気持ちでいっぱい」

 4月に女児を出産していたことを告白したフィギュアスケート女子の安藤美姫(25=新横浜プリンスクラブ)が8日、福岡市内で東日本大震災復興支援チャリティーアイスショーに出演した。

 場内アナウンスで「私にとって、いろんな思い出がある曲、アメージング・グレースで心を込めて滑りたい」とコメントが紹介されて演技開始。中盤では3回転サルコーを成功させると、座席数(1000人)を超える約1200人のファンから大きな拍手を浴びた。ショーの最後には13人の出演者を代表して安藤が観客に向け「感謝の気持ちでいっぱいです。我々スケーターは微力ながら、小さな力を大きな力に変えられるように、このようなイベントを続けていきたいと思います」とあいさつした。

 安藤は12~15日、アイスショー「プリンスアイスワールド」(東京・ダイドードリンコアイスアリーナ)に出演する。同ショーでは交際が噂されている南里康晴(27)と共演。事務局は混乱を想定し、「警備員の数も増やす予定ですし、スケーターたちの動線もこれまでとは別にする」と説明した。安藤らを徹底ガードする方針で、演技後の記者会見を設定しないことになった。

[ 2013年7月9日 06:00 ]スポニチ

安藤美姫が復興支援アイスショー「感謝」

 フィギュアスケートの元世界女王で4月に第1子となる女児を出産した安藤美姫(25=新横浜プリンスクラブ)は8日、福岡県内で開かれた「東日本大震災復興支援チャリティーアイスショー」に出演した。

 先週末から3日連続のショーになったが、大トリで登場すると、賛美歌「アメージング・グレース」を純白の衣装で表現し、3回転サルコーも着氷してみせた。フィナーレでは選手を代表して1000人以上の観客にあいさつし、「たくさんの方に足を運んでいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。微力ながら、これからも小さな力を大きな力に変えるイベントを続けていきたいです。ありがとうございました」と礼を述べた。

 [2013年7月8日21時58分]日刊スポーツ

$フィギュアスケート研究本

演技を終え、子供と手をつなぎ笑顔の安藤美姫(撮影・栗木一考)

安藤美姫が純白衣装 観衆「頑張って」

 フィギュアスケートの元世界女王で今季限りでの引退を表明している安藤美姫(25=新横浜プリンスクラブ)が8日、福岡県内で開かれた「東日本大震災復興支援チャリティーアイスショー」に出演した。4月に女児を出産したことを告白後、リンク外でも関心を集めているが、この日で3日連続となるショーでは大トリで登場。賛美歌「アメージング・グレース」を純白の衣装で表現し、3回転サルコーも着氷した。

 1000人以上が集まり、立ち見も出る盛況ぶりの会場からは「頑張って」の声。フィナーレで選手を代表してあいさつに立ち、「たくさんの方に足を運んでいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。微力ながら、これからも小さな力を大きな力に変えるイベントを続けていきたい」とチャリティー継続を約束した。リンクの冷たさが産後の体に影響するとの理由で、公演後の氷上での取材対応は行わなかった。

 [2013年7月9日9時4分 紙面から]日刊スポーツ

$フィギュアスケート研究本

ジャンプを成功させる安藤美姫(撮影・栗木一考)

【フィギュア】美姫、雑誌インタで父親と将来の結婚宣言!?

 フィギュアスケートの元世界女王で、1日夜のテレビ番組で女子出産を公表した安藤美姫(25)=新横浜プリンスク=が8日、福岡市のパピオアイスアリーナで行われた東日本大震災の慈善アイスショーに出演した。

 「いろいろな思い出がある曲」という「アメージンググレース」に乗せて3回転サルコーを着氷。最後は出演者を代表して「これからも小さな力を大きな力に変えられるようなイベントを続けたい」とあいさつし、約1100人の観客を沸かせた。公演後はリンクで報道陣の質問を受ける予定だったが、氷上の寒さが産後の体に悪影響を及ぼすという理由で中止となった。

 8日発売の雑誌「AERA」のインタビューでは「この子のお父さんは、お父さんとしていてくれます」と語り、将来は結婚する意向という。12日から都内のアイスショーで交際が報じられたプロアイススケーターの南里康晴(27)と共演する。

$フィギュアスケート研究本

観客の声援に笑顔で応えた安藤美姫(右)

(2013年7月9日06時02分 スポーツ報知)

美姫、アイスショー出演もダンマリ

2013年7月9日デイリースポーツ

 今年4月に未婚のまま女児を出産したことを告白した安藤美姫(25)=新横浜プリンスク=が8日、福岡市内で行われた東日本大震災復興支援チャリティーアイスショーに出演した。

 白いドレス姿で賛美歌「アメージング・グレース」を優雅に滑り、3回転ジャンプも着氷が乱れながらも何とか成功させた。フィナーレでは親友の歌手絢香の曲で、演技を披露。最後の場内インタビューでは「チャリティーにご賛同いただき感謝の気持ちでいっぱいです」と話したが、この日も報道陣の取材に応じることはなかった。

 ただ、8日発売の週刊誌「AERA」のインタビューでは、女児の父親とはきちんとした交際をしており、ソチ五輪後に結婚も考えていたところでの妊娠だったこと、親子3人で生活できる生活環境や練習環境が整ったら入籍することなどを明かした。また「一度、報道の皆さんに『氏名をお知らせすることは控えさせていただきたい』というファクスをお送りしました。それを簡単に翻すことはしたくない」と、改めて父親の公表を控えるとした上で「でもこの子のお父さんはお父さんとしていてくれます。生きているんだから、いつでも会える」などと話している。

 衝撃告白の余波はいまだ収まる気配はないが、安藤は今後、12日からの「プリンスアイスワールド」(東京)に出演。その後、今季のフリーの振り付けのため、渡米する予定だ。

$フィギュアスケート研究本

アイスショーで華麗に舞う安藤美姫=パピオアイスアリーナ

美姫「お父さんはいつでも会える」

2013年7月9日 紙面から

 4月に女児を出産した安藤美姫(新横浜プリンスク)が8日、福岡市のパピオアイスアリーナで東日本大震災のチャリティーアイスショーに出演した。立ち見客も出るほど満員の中で大トリで登場。賛美歌「アメージング・グレース」の調べに乗って、3回転サルコーを成功させた。
 エンディングでは出演者を代表して、「今後も微力ながらも小さな力を大きな力に変えられるようにイベントを続けていきたい」とあいさつ。スタンディングオベーションを浴びた。
 終演後、主催者側が報道陣への対応を検討したが、リンク上での取材は産後の体にさわるということでキャンセルした。

 安藤は1日に出産を公表。8日発売の雑誌「AERA」のインタビューでは未公表の父親について言及し、「この子のお父さんはお父さんとしていてくれます。生きているんだから、いつでも会える」と語っている。
 今後は12~15日、東京都西東京市のダイドードリンコアイスアリーナでアイスショーに出演。その後は渡米し、フリーの振り付けに入る。

$フィギュアスケート研究本

東日本大震災のチャリティーアイスショーで、観客の声援に応える安藤美姫=福岡市博多区のパピオアイスアリーナで


↓どうやら、パパは南里さんでない事が確認されたようですね。

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/menscyzo_20130705_142261

安藤美姫の“恋人”が激白「子どもの父親は僕じゃない」モロゾフ父親説が再燃か

2013/07/05 12:30 インフォシーク

 フィギュアスケートの安藤美姫(25)が今年4月に女児を出産していたことを告白し、その父親が公表されないことから様々な憶測が流れていた騒動で驚きの新展開があった。発売中の写真週刊誌「フライデー」(講談社)が、子どもの父親と噂されていたプロスケーター・南里(なんり)康晴(27)を直撃したところ、彼の口から「子どもの父親は僕じゃない」との証言が飛び出したのだ。

 安藤の告白後、世間やメディアでは元コーチで恋人関係だったニコライ・モロゾフ氏(37)と、現在の恋人といわれる南里のどちらかが父親だとの憶測が広がった。だが、モロゾフ氏はメディアのインタビューで父親説を否定しており、一昨年に別れたという二人の交際期間を考えても、彼が父親という線は薄いとの見方が大勢を占めた。一方の南里は、安藤の母親公認の仲でツーショット写真も撮られており、「週刊文春」(文藝春秋)や「女性セブン」(小学館)など複数のメディアが父親だと断定。安藤が未婚の母になった理由は、母親の反対や年収100万円といわれる南里の窮状ぶりが結婚の障壁となったとみられていた。
 ところが、本人の否定によってマスコミの“父親探し”は再び混迷状態になった。

 南里を直撃した「フライデー」によると、記者が「(子どもの)お父さんは南里さんですか?」と尋ねると彼は「いや、違います」と断言。「誰の子どもなのか?」という問いかけに対しては「それは僕も詳しくは話せない」と言った後、思い直したかのように「分からないです」と続けており、明らかに動揺しているそぶりだったようだ。記者が「では、モロゾフ氏ですか?」と核心に迫ると、南里は「いやぁ、そこまでは言えないですね」と質問をかわした。
 また、南里は安藤の子どもを見たことがないと言い、同じマンションに住んでいるものの交際はしていないと証言。交際の真偽は別にしても、本当に父親であればノーコメントということはあっても「父親は僕じゃない」とわざわざ完全否定するとは考えにくい。これによって、南里父親説は根底から覆されることになった。

 同誌は安藤の祖父にも直撃しており、記者が「父親は南里さんでしょうか」と尋ねると祖父は「いや!いや!」と否定しながら動揺。「ではモロゾフ氏?」との問いには「いえ、そういうことはお答えできませんから」と言葉を濁した。つまり南里と安藤の祖父、二人そろってモロゾフ父親説を否定しなかったことになる。
 モロゾフ説は発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じており、記事では「本当の父親は南里くんではないはずです」と関係者が証言。この関係者によると、昨年8月頃にモロゾフ氏は「ミキに子どもができたんだ。中絶してくれと頼んだのに、全然聞いてくれないんだよ」と取り乱していたという。

 モロゾフ氏は安藤と会ったのは昨年6月が最後だと明言しているが、今年4月3日といわれる出産日から逆算すればギリギリ計算が合わないこともない。バツ3で教え子に次々と手を出して妊娠もさせてきたモロゾフ氏のキャラクターとも一致する。子どもが「ひまわり」ちゃんと名付けられたのも、モロゾフ氏の祖国ロシアの国花・ヒマワリにあやかったものと考えれば合点がいくところだ。

 だが、前述したように当のモロゾフ氏は父親説を否定しており、最後に会ったのが昨年6月という証言が事実だとすれば、出産日からの逆算もあくまで「ギリギリ」合わないこともないだけで実際は妥当とはいえない。

 再びモロゾフ説が有力になりながらも、いまだ決定打に欠ける父親探し。この騒動は波紋を広げ続けており、安藤の公式Facebookでは報道陣に対して常軌を逸した非常識な取材を控えてほしいとの呼び掛けが掲載され、一般ユーザーからの誹謗中傷も殺到したために不適切なコメントを削除する方針も明示した。

 だが、この謎が解けないままでは、残念ながら過熱報道や誹謗中傷が止むことはないだろう。メディア報道の過熱ぶりに何度も悩まされてきた安藤ならば、この事態は容易に予測できたはずである。にもかかわらず、復帰直前に父親非公表で出産を明かすという思い切った行動をとった安藤。自らプレッシャーを背負いこむかのような行動だが、この重圧と喧騒をはね返して五輪への切符を手にすることができるのだろうか。

(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

$フィギュアスケート研究本



元々、フライデーが二人の同棲報道の時、また最初に南里さん恋人説を記事にした時に、きちんと本人に確かめれば、彼の名前は上がって来なかったのではないでしょうか。

確認して、違うと言われてしまうと、記事になりませんから、写真が撮れたものならば、何でも記事にして雑誌を売ろうという商売に、安藤選手と南里さんは巻き込まれていた中での、今回のミキティの出産だったので、彼へ注目が集まってしまったという結果でした。

高橋選手と真央ちゃん恋人説が報道されたのも、写真が撮れたので、無理やり記事にしたといった感じでした。

本人が否定したので、直ぐに疑惑はなくなりましたが、これも、ちょうど浅田選手がテレビ出演する機会があった時に、訊かれた為、直ぐに否定できたので、大きな騒ぎにはなりませんでした。(本人に確認する為に、マスコミに追っかけられる被害にあわなかった等です。)

しかし、これが、たまたま、テレビに出演する機会がなく、浅田選手や高橋選手が、何も発言しなかった場合、この話題は一人歩き、また嘘なので、わざわざ否定する事もないとほおっておいた場合、どうなっていたのでしょうか。

↓また、最近も、浅田選手に対する、嘘記事が結構出ていますが、それに対して、浅田選手はいちいち否定はしていません。

http://news.livedoor.com/article/detail/7616249/
引退宣言・浅田真央が“カラオケに誘うボーイフレンド”

http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20130621/Weeklyjn_3858.html
小塚崇彦・大島由香里アナ熱愛発覚 失恋・浅田真央が黒Tバック色香で迫る結婚候補たち

http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20121117/Weeklyjn_2765.html
中国杯厳戒態勢 浅田真央復活の裏に内村航平(体操金メダル)との愛のTバック(2)

本人は、練習で忙しいので見ていないので、知らないのかもしれませんが、嘘のものにいちいち反応していては疲れるだけです。

南里さんが、お父様でないならば、否定だけでもしてあげればよかったのにという声もありますが、結局は、父親が誰なのか、マスコミが、下衆な詮索に興味深々なだけだと思います。

南里さんが恋人、父親だろうと、憶測の元に、結婚できない理由を勝手に、安藤選手の母親の厳しい条件の所為などと、ねつ造記事を書いていました。

この情報を真に受けた方が、母子ともども、最低だと批判していましたが、実際は、南里さんの恋人説から始まった、全てマスコミのねつ造だった訳です。

マスコミは、モロゾフコーチとの事も、以前から、恋人だったのかどうか、はっきりしない内から、婚約しただの、結婚するだのという憶測記事を沢山書いていました。

また、今回の中絶してくれ等の、モロゾフパパ説も、こじつけだと思います。

全ては、世間が知りたがっている事を記事にすれば、雑誌が売れるからという理由でしょう。

本人が、今回、ちゃんと結婚すると発言した事からも、今後、結婚すれば、相手は分かるでしょう。

また、父親の名前を発表しないのに、子供の名前は発表して、と怒っている方もいらっしゃいましたが、安藤選手は子供の名前を発表していません。

TBSが勝手に発表したようです。

また、去年のGPSのキャンセルも、妊娠したからではないようです。

キャンセル後、来季の振り付けをしている最中に身体の異変を感じて、発覚したと言う事でした。

なので、コーチ不在という事で、試合に出られませんでしたが、それはちょうど偶然でしょうが、出れなくなって良かったのではと思いました。

今回のいろいろな方達のバッシングは、ミキティが出産発表をした時に、すでに結婚もしていて、相手の方は一般人なので、名前は伏せさせていただきます、というものだったならば、ここまでのバッシングは起きなかったでしょうか……。

それでも、バッシングは起きたと思います。

大事な五輪前に結婚出産だなんて……という声はあったでしょう。

↓またスケート連盟に、苦情が殺到したらしいですね。

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/159368/
美談じゃ済まされない…スケート連盟に抗議殺到

 『事情に詳しいフィギュア関係者が言う。「ほとんどがお叱りの電話だと聞きました。現役選手が入籍もせずにいきなり出産ですからね。五輪を目指す他の競技ではとてもじゃないけど考えられない。電話の中には『お前ら、ちゃんと性教育やってんのか!』と怒っている人もいて、連盟関係者は困惑しているんですよ」』

スケート連盟に対する、的外れな苦情は、やめてほしいと思います。

でないと、今までルールに関する、スケート連盟に対しての、正当な抗議も、一部のフィギュアスケートファンの常軌を逸した抗議だと、とられかねないからです。

現役の十代の選手が、未婚で出産となったら、それは問題でしょう。

しかし、25歳の大人の女性ですからね。

未婚のままでは確かに感心はしませんが、現役選手といえども、他の競技では、現役選手のまま出産子育てをしながら、現役を続行している方もいらっしゃいます。

またスケート連盟が、出産した事で、彼女に特別待遇する訳ではないですし、また、しないと発表しています。

彼女が出産した事で、スケート連盟が援助するならば、それは、試合会場などで、授乳できる施設や場所の確保でしょう。

それくらいも駄目でしょうか?

また、今回の騒動で、他の選手に迷惑をかけてと怒っている方がいらっしゃいましたが、まだ他の選手に実害は出ていないでしょう。

実害に合ったのは南里さんだけでしょう。しかもマスコミの自作自演でです。

今後、試合会場(特に全日本等)で、マスコミがあふれて、他の選手に迷惑がかかるかも知れないと言う危惧ならば分かります。

しかし、スケート連盟主催の試合には、連盟の許可がないマスコミは、内部には入れませんので、安心してほしいと思います。(また、マスコミ取材は連盟に申請し、それを通るのは中々難しいようです。)

試合会場の外に、マスコミがあふれているのは、いつもの事でしょうし、フィギュアスケートはここ数年から続く、人気の為、注目の的ですからね……。

また試合の出入りの時に浅田選手等、人気のある選手には、いつも、周りのガードがついていると思われます。

また、今回の事で、スケート連盟も試合に対して、厳戒体制をはるのではないでしょうか。

それに、全日本選手権に、安藤選手が出てこれない可能性もありますからね……。

今から、想像でぴりぴりしても、仕方がないでしょう。

マスコミも、嘘と本当の情報を混ぜて、報道したりしますからね……。

マスコミの中途半端な情報に、皆さま、惑わされず、きちんとした確固たる情報が出るまで、勘違い批判は控えてあげてほしいと思います。

特に、安藤選手のフェイスブックやスケート連盟に対して、直接に、的外れな批判は……です。

特に罵倒は駄目でしょう。いらいらしている事からの、八つ当たりにしかならないでしょう。

自分の意見があるならば冷静にしなければ、相手には伝わりませんし、また安藤選手にモラルを問いたいのであるならば、モラルある行動と発言を心がけてほしいと思います……。


最近、暑いですからね~。いろいろと、いらいらするでしょうが、皆さま、冷静にです。(;´▽`A``

こちらのブログの読者様は、皆さま冷静だと思います。

検索してくる方~、わざわざ検索してまで見に来てるのですから、自ら、嫌いな安藤選手の情報集めは、やめた方が良いのではと思います。



↓納涼~。ビール


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:


安藤美姫、ソチ条件まず10月の関東選手権

 フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫(25=新横浜プリンスクラブ)が6日、出産を公表後初の公の舞台に立った。福岡マリンメッセで開催された「ファンタジー・オン・アイス」で2つの演目を披露した。1日のテレビ番組で、4月に第1子となる女児を出産した衝撃告白をしてから5日。得意の3回転サルコーで転倒するなど、ママさんスケーターとしてソチ五輪を目指すことの難しさを感じさせたが、大きな声援に笑みものぞいた。

 ◆安藤がソチ五輪に出場するには 日本の女子シングルの枠は「3」。選考は12月の全日本選手権出場が最低条件。優勝で決定。2、3位は、GPファイナルの日本人最上位者と合わせて選考。それでも決まらなければ、同大会終了時点での世界ランク日本人上位3人、ISU(国際スケート連盟)シーズン最高点の日本人上位3選手の中から選ぶ。安藤は全日本出場へ、予選のブロック大会を勝ち抜かなければならず、関東選手権が初戦になる。

 併せて日本連盟は、全日本選手権終了時までにISUが定める当該年度の五輪出場への最低技術点の獲得を出場資格とする。安藤は強化指定を外れており、国内大会で結果を残して強化指定となり、その後の国際大会で最低技術点を取ることが求められる。

 [2013年7月7日8時14分 紙面から]スポニチ

安藤美姫「出産後の骨盤」とジャンプの関係 「踏ん張りきかずソチ五輪厳しい」との指摘も

2013/7/ 7 17:01 -CASTニュース

 フィギュアスケートの安藤美姫選手が、出産からわずか10か月後のソチ五輪を目指すことに対して、大丈夫なのかという心配の声があがっている。出産までの筋肉の衰えや「骨盤の開き」がジャンプにマイナスに作用するのではという見方を示す医療関係者もいる。
一方で、日本代表入りの可能性は高いとみるスケート関係者もおり、今後の展開は未知数だ。
「ママさんスケーター」の五輪シングル出場「世界中で1人もいない」
2013年7月7日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)では、「安藤美姫 出産騒動の裏事情をおまかせ流徹底取材」と題して特集が組まれた。4月に出産したことを7月1日に公表した後、初の公の舞台となった6日のアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」で、安藤選手が得意の3回転サルコーを1回失敗したことに触れながら、安藤選手の今後について分析した。
医学的な見地から「ソチ五輪は厳しいのでは?」とコメントしたのは、中野サンブライトクリニックの大竹真一郎院長。女性が出産してから全盛期の筋肉に戻るためには、「約1年間のトレーニングが必用」という。ソチ五輪は2014年2月に開幕する。4月の出産から約10か月後にあたる。
また大竹院長は、出産によって骨盤が広がっているため、「踏ん張りがきかずジャンプがしづらい」という課題があるとも指摘した。産後の骨盤については、ケアの重要性が指摘されており、一般の人と異なる運動選手の場合、元の状態に戻すには「少なくとも1年半~2年かけて戻す必要がある」と指摘する専門家もいる。
出産後の育児の面でも気がかりな点がある。母乳でカルシウムが不足がちになり、ケガのリスクが大きくなるといい、「ソチ五輪までの(あと)7か月で、ピークにもっていくのはかなり厳しいのでは?」と見方を示した。同番組の調べによると、過去にオリンピックの女子フィギュアシングルに出場した「ママさんスケーター」は世界中で1人もいないという。
スタジオの和田アキ子さんは、安藤選手がソチ五輪を目指すことについて、「覚悟があれば、それはそれですてきなこと」としながらも、「応援したいけど、応援するにしても大丈夫なの?」と心配そうだった。

「ソチ五輪代表に選ばれる可能性は高い」の指摘も

一方、番組ではフィギュアスケート解説者の佐野稔さんによる「安藤なら可能性は十分にある」という意見も紹介した。佐野さんは、安藤選手について「日本フィギュア史上5本の指に入る才能の持ち主」とたたえ、「全日本選手権の予選は、間違いなく通過し、本選に出場するはず」と結論付けた。その上で、「トレーニング嫌い」だった安藤選手が、母親としてのプライドをかけて命がけでトレーニングをしたら、「ソチ五輪代表に選ばれる可能性は高い」と分析した。
和田さんは「変な言い方やけど、今までトレーニング嫌いだった人が7か月で好きになってすぐ効果が現れるっていうのは……」と疑問を投げかけ、「幸せなことに水を差しちゃいけないけど、スポーツとまた別ですからね」と話していた。





↓いつも、ありがとうございます。m(_ _ )m


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード