フィギュアスケート研究本

フィギュアスケートの未来を考える同志が集う場所です


テーマ:
http://news.livedoor.com/article/detail/9149542/

各国報道のキム・ヨナ恋人のスキャンダル、韓国スポーツ記者が2人の関係を暴露―中国メディア

Record China Record China 2014年08月15日11時50分

 2014年8月15日、韓国のキム・ヨナの恋人と伝えられる国軍体育部隊所属のアイスホッケー選手、キム・ウォンジュンが合宿中に無断で外出したために処分を受けたことに関して、国内外のメディアが報道している。

 中国・新浪体育は、「キム・ウォンジュンは今年6月、マッサージを受けるためにチームメート2人と宿舎を抜け出した。これによりキム・ウォンジュンは代表資格無期剥奪やボランティア活動40時間などの処分が下された。韓国の匿名希望のスポーツ記者は、『キム・ヨナとキム・ウォンジュンは今年7月にすでに別れた』と話している」と伝えた。(翻訳・編集/内山)


15日、韓国のキム・ヨナの恋人と伝えられる国軍体育部隊所属のアイスホッケー選手、キム・ウォンジュンが合宿中に無断で外出したために処分を受けたことに関して、中国メディアは「2人はすでに別れた」と伝えた。写真はソウル地下鉄構内にあるキム・ヨナの広告。

↓韓国語ニュースより

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2014081208540412799

[イジョンギルのスピドゥゴン]金·ウォンジュン兵長に注がれた過剰な非難

最終修正 2014.08.12 12:06 記事入力 2014.08.12 11:36

 金·ウォンジュン兵長(30)など、国軍体育部隊所属のアイスホッケー代表選手三人の懲戒審議が11日、慶尚北道聞慶国軍体育部隊で開かれた。宿泊施設を無断離脱したが、交通事故にあった金兵長は軍旗違反で選手資格を失い、15日詠唱処分を受けた。野戦部隊に配置されない。

 軍刑法によると、残りの軍生活が7ヶ月未満の体育部隊選手は資格を失っても帯でグローバルである。金兵長は懲戒審議で「すべての責任は私にある。どのスーツでも甘く受ける」とした。事故当日金兵長一行は総責任者である変ソンウク国家代表チーム監督(50)にお出かけ報告をした。これ国軍体育部隊に伝えていない辺監督は8日、解任された。

 金兵長一行は「飲料水を買いに行く」と宿泊施設を抜けて出てきた直接車を運転してマッサージ店に行った。帰り道には、民間車両と衝突した。体育部隊の規定によると、所属選手は、休暇期間がない限り、直接駆動することがなく、マッサージ店も夜間に出入りすることができません。彼は「大韓民国軍と国軍体育部隊の名誉に傷を付けた。選手生活がそう終わったと言っても言いたいことがない」とした。

 懲戒審議に審議委員として参加したギムジョンド(49)ジョンフン広報室長は「事件を公開する前から金·ウォンジュン兵長が懺悔の姿を見せた」とした。しかし、「感情的に非常に不安な状態」と伝えた。引退したフィギュアスターキム·ヨナさん(24)のボーイフレンドとの理由から、今回のことに関心が集中した。降り注ぐの関心はどうしようもないことだが、漂流風評うちの相当数は、今回のルーチンは無関係だった。

 今年1月1日、ソウル論硯洞(ノンヒョンドン)の居酒屋で女性と一緒に楽しんだ「徹夜パーティー」が代表的である。この「パーティー」は2013年の最後のアジアリーグの試合でハイワンに3-0で勝った後、祝いの席であった。休暇を受けた選手たちがガールフレンドと一緒に遊んだ。キム·ジョンフン広報室長は「キム·ヨナさんも参加しようとしたが、ソチ冬季五輪の準備のために出席していなかった」とした。

 金兵長は午前7時に席を立ったし、お酒を飲んだ女性の乗用車を仁川の松島までの代わりに運転してくれた。この女性はキム·ヨナさんも知り合いのお姉さんだった。金兵長は非難されることはありませんでした。

http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2014081312567

「キム·ヨナのボーイフレンドと決別? " 金·ウォンジュン、乱れた私生活ひねらず

入力 2014-08-13 10:37:25 修正 2014-08-13 10:37:26

 中国メディアが「フィギュアの女王」キム·ヨナのボーイフレンドである金·ウォンジュンの乱れプライバシーをひねるた最新の出入りしたマッサージ店で退廃的なマッサージを受けたという疑惑を提起した。オンバオドットコムによると、東方体育日報、王がなど中国メディアは、国内マスコミの報道を引用して、キム·ヨナのボーイフレンドである金·ウォンジュンが、最近軍施設を無断離脱してマッサージ店でマッサージを受けて飲酒運転をして交通事故を起こした事実が一歩遅れて明らかになった事実を伝えて金·ウォンジュンの過去の乱れた私生活を批判した。

 報道による金·ウォンジュンは、昨年12月31日の4日間の休暇を取って、当日チームのメンバーとソウル江南(カンナム)一帯のカラオケとカラオケで女性と一晩中パーティーをしたし、翌日の午前7時には、当時、自分のパートナーとタクシーに乗って仁川松島に行った。新聞は「韓国国防部では、金·ウォンジュンが出入りしたタイ式マッサージ店で退廃的なサービスを提供していなかったと公式発表したが、このような声明は、議論を呼んでおり、典型的な「目隠しアウン」で考慮される」とし「金·ウォンジュンの過去の電力と知人が「金·ウォンジュンは、訓練期間に、多くの場合外外出して酒を飲んだ」という暴露を考慮すれば、信憑性があまりない」と伝えた。

 また、「金·ウォンジュンが韓国アイスホッケー界で有名な、秀麗な容貌と実力で少なくないファンが、キム·ヨナと比較すると、明らかに三発の血のようだ」とし「熱愛事実が公開された後、金·ウォンジュンは、マスコミから「キム·ヨナの男」、「女王の男」という呼称を受けていても、一部のファンに「あなたにキム·ヨナはもったいない」は音を聞くなど、大きな圧力を受けた」と報道した。

 また、「巨大なスポットライトと非難を同時に受けることに適応できず、最終的にこのようなことを犯すされた原因になったこと"と付け加えた。以外にも、「韓国のマスコミを介して金·ウォンジュンの乱れ私生活が公開された後、キム·ヨナの所属会社側は慎重な態度を見せてている」とし「所属事務所側の反応を延ばしてみて、二人はすでに別れたと推定される」と伝えた。


キム·ヨナのボーイフレンド金·ウォンジュン


 『今年1月1日、ソウル論硯洞(ノンヒョンドン)の居酒屋で女性と一緒に楽しんだ「徹夜パーティー」が代表的である。この「パーティー」は2013年の最後のアジアリーグの試合でハイワンに3-0で勝った後、祝いの席であった。休暇を受けた選手たちがガールフレンドと一緒に遊んだ。キム·ジョンフン広報室長は「キム·ヨナさんも参加しようとしたが、ソチ冬季五輪の準備のために出席していなかった」とした。
金兵長は午前7時に席を立ったし、お酒を飲んだ女性の乗用車を仁川の松島までの代わりに運転してくれた。この女性はキム·ヨナさんも知り合いのお姉さんだった。金兵長は非難されることはありませんでした。』


韓国のニュースを信じれば、キム·ヨナのボーイフレンド金·ウォンジュン選手に対するバッシングは過剰な非難だったのかも知れません。

「パーティー」で女性と遊んでいた事実が、「キム·ヨナさんも参加しようとしたが、ソチ冬季五輪の準備のために出席していなかった」と「女性はキム·ヨナさんも知り合いのお姉さん」が本当であれば、五輪準備の為に、忙しくしていた自分を無視し遊んでいた彼氏を怒って別れたのではないのでしょうね。(実は本当で、それに怒って別れたのかも知れませんが……。)

別れたらしいという事ですが、本当に別れたかどうかは分かりません。

もしかして、世間からのこれ以上のバッシングに対し、別れたらしいという情報が出れば、少しは落ち着く事を見越した情報だったのかも知れませんし……。

別に結婚していて、夫だった訳でもありません。

彼氏が問題を起こした事で、ヨナさんが彼氏に対して、愛想をつかそうが、そのまま支えるのかは彼女の自由な訳です。

しかし、今後も、新しい彼氏が出来たとして、世間から不釣り合いと騒がれ続けてしまう危惧もあるかもしれません……。

そうなると、世間が納得、認める人でないと彼女は結婚もできなくなってしまうかもしれませんね~。



↓ご愁傷様でした……。(。-人-。)


人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
キム・ヨナの恋人 代表資格無期限剥奪

2014年8月13日デイリースポーツ

 元フィギュアスケート選手、キム・ヨナの恋人として知られるアイスホッケー選手で、6月に無断で合宿所を抜け出し、タイ式マッサージを受けていたことが発覚し物議を醸した、軍体育部隊に所属するキム・ウォンジュン兵長が13日、代表資格を無期限で剥奪された。

 中央日報(電子版)や聯合ニュースなど韓国メディアが報じた。

 中央日報などによると、大韓アイスホッケー協会が同日、「理事会を開いて重い懲戒を確定した」と発表。「代表チーム選抜対象から無期限に除外し、除隊後の所属チーム復帰後も2014ー2015シーズン競技の3分の2以上の出場を禁止した」と明らかにした。

 キム兵長とともに合宿を抜け出したイ・ヨンジュン兵長、イ・ドング上等兵も処分対象となった。

 韓国の国軍体育部隊(尚武)アイスホッケー所属のキム兵長は、6月、国家代表合宿訓練中に宿舎を無断離脱してタイ式マッサージを受けて物議を醸した。さらに、合宿所に帰る途中に交通事故に遭い、全治6週間のけがを負い入院していたが、この事実も隠蔽していた。

 韓国国防部は国軍体育部隊内規を違反したキム兵長らに、国軍体育部隊選手資格剥奪と10~15日間の営倉(懲役房)、残余期間の一般兵士服務などの懲戒を下した。キム兵長とヨンジュン兵長は一般兵に転換され、14年末まで選手資格停止が追加された。


恋人のキム・ウォンジュンが代表資格を無期限剥奪されたキム・ヨナ



http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/sports_seoul_12328

キム・ヨナの彼氏、軍合宿所から無断離脱!!マッサージ店出入りに隠蔽疑惑まで

2014/08/06 19:17 インフォシーク

 ソチ冬季五輪フィギュアスケート・女子シングルの銀メダルリスト、キム・ヨナ(24)の恋人が軍合宿所から無断離脱したことが明らかになった。彼は、無断で抜け出しした際にマッサージ店を訪れたことが伝えられ、さらに物議を醸している。
国軍体育部隊で服務中のアイスホッケー代表選手キム・ウォンジュン(30、)氏が、軍の合宿所から無断で離脱した後、交通事故に遭った。

 韓国国防部は6日、説明資料を通じて「国軍体育部隊で服務しているアイスホッケー選手3人が個人の車を一緒に乗って合宿所を抜け出し、タイマッサージ店でマッサージを受けた後、復帰する際に飲酒運転者が運転した車と衝突して負傷した。以降、所属部隊に報告せず隠蔽しようとしたが、匿名の情報提供を受けた調査本部がこの事実を摘発した」と明らかにした。

 国防部によると、国軍体育部隊は部隊規則を違反した選手3人と民間人監督、彼らを管理する責任がある軍幹部1人を懲戒する予定だ。

 国防部の関係者は、「無断で宿所を離脱したのは間違いない。交通事故の際、助手席に乗っていたキム・ウォンジュンは、右膝の十字靭帯を破裂し6週間の診断を受けた」としながら、「他の2人は軽い打撲傷を負った。国防部は、同事件を調査しており、結果が出る次第に国軍体育部隊を直ちに懲戒する計画」と述べた。

 今回物議を醸した3人のアイスホッケー選手は、6月16日から外部合宿所で生活しながら訓練を受けていた。彼らは6月27日、合宿所で休んでいた際、コーチに「炭酸飲料を買ってくる」と許可を得て外出した。しかし、彼らは車に乗って宿所から3km離れたマッサージ店に入り2時間マッサージを受けたという。3人は合宿所に戻ろうとしたが交通信号を違反した車と衝突した。国防部によると、彼らが出入りしたマッサージ店は風俗店ではないという。

 キム・ウォンジュンは去る3月、キム・ヨナとの熱愛が明らかになって大きな関心を集めた。キム・ヨナと同じ大学を卒業し、プロ選手として活動した彼は、優れた実力とハンサムな容貌でアイスホッケーのファンに多くの人気を得た。


キム・ヨナの恋人で有名なキム・ウォンジュン選手が去る6月、国軍体育部隊の宿所から無断で離脱ししたことが6日に明らかになった。|イ・ヒョギュン記者

http://www.sanspo.com/geino/news/20140808/sot14080816330008-n1.html

キム・ヨナ恋人 軍無断離脱以前にも問題行動 女性たちと徹夜でパーティー

2014.8.8 16:33サンスポ

 元フィギュアスケート選手、キム・ヨナ(23)の恋人で、国軍体育部隊「尚武」所属のアイスホッケー選手、キム・ウォンジュン(29)が合宿所を無断離脱し、マッサージを受けていたことが発覚、国家代表資格が剥奪されるなど大きな波紋を広げる中、同選手がこれとは別に、女性たちと徹夜でパーティーを楽しむなど軍人、スポーツ選手としてふさわしくない問題行動を起こしていたことが8日、新たに発覚した。韓国メディア「THE FACT」が報じた。

 報道によると、昨年12月31日、試合を終えて4泊5日の休暇に入った尚武の選手たちはいったん宿舎へ戻ったが、その後、キム・ウォンジュンと何人かの選手は私服に着替え、車で夜の街へと繰り出した。

 1月1日午前0時頃にソウル・狎鴎亭(アックジョン)のロデオ通りに到着した一行は、あるバーに入り1時間ほど酒を飲んだ後、知人とみられる女性たちと合流し、論硯洞(ノニョンドン)にある歌謡酒店(個室カラオケ)に入って午前7時まで一緒に過ごした。

 その後、選手たちはそれぞれ女性とパートナーとなって車に分乗。キム・ウォンジュンは自らハンドルを握り、仁川・松島(インチョン・ソンド)まで運転したという。

 当時、キム・ウォンジュンはキム・ヨナと交際しており、ヨナはソチ五輪出場のために合宿訓練中だった。恋人が2大会連続金メダルを目指して猛練習に励んでいる陰で男の方は、女性たちと徹夜でパーティーを楽しみ、ドライブまでしていたことになる。

 同メディアは「不意の事故に備えて、常に体を大事にしなければならない運動選手が、夜通しパーティーをしたあげく、代行運転を呼ばずに直接運転したという点が問題だ」と指摘。尚武でコーチ経験のある指導者も「体が財産である選手が、いくら休暇中だとしても酒席に長時間いたこと自体が理解し難い。酒を飲まなかったとしても、コンディション調節のため、適当に酒の席を終わらせるべきだった。しかも長時間にわたって遊び、疲労度が相当に大きかったはずなのに、代行運転を呼ばなかったことも疑問だ」とし、「運動選手の行動としては理解しがたい『逸脱行動』」と批判している。

 キム・ウォンジュンは6月27日に軍を無断で離脱してタイ式マッサージに行ったことなどが、国軍体育部隊規則違反に当たるとして、国家代表資格を剥奪されることに。体育特技兵から一般兵士に職務変更される見通しだ。しかも、マッサージ帰りに事故に遭い、右膝十字靱帯を断裂し、全治6週間の重傷で現在入院中と散々な状態だが、これも身から出た錆。また、恋人が「国民の妹」として絶大な人気を誇るキム・ヨナだけに、韓国ネットユーザーたちからも、「キム・ヨナの顔に泥を塗った」「恋人としても選手としても資格がない」など批判するコメントがあふれている。


恋人が軍の無断離脱のみならず女性たちと徹夜でパーティーを楽しんでいたことが発覚したキム・ヨナ

http://www.recordchina.co.jp/a92346.html

キム・ヨナの恋人が軍を抜け出しマッサージ=韓国ネット「さっさとヨナから離れろ」「健全なマッサージか?」

配信日時:2014年8月8日 17時40分

 2014年8月7日、元フィギュアスケート選手キム・ヨナの恋人として知られる国軍体育部隊所属のアイスホッケー選手キム・ウォンジュンが、合宿訓練地を無断で抜け出しタイ式マッサージに行っていたことが明らかとなった。

 キムはマッサージを受けた後、車で戻る途中に、飲酒運転の車に衝突され重傷を負った。しかし、キムと代表チームのコーチらはこの事実を軍に報告しなかった。国防部の関係者は「キムの代表チーム及び体育部隊の選手資格を剥奪し、残りの服務期間を体育特技兵としてではなく一般兵士として服務させる」と説明した。

 これについて、韓国のネットユーザーは次のような反応を示している。

「(キム・ヨナに対して)こんなダメ男とは別れなさい」
「キム・ヨナの弱点。男を見る目がない」
「キム・ヨナの名前に泥を塗るな!」
「さっさとヨナから離れろ。全国民がお前に断固反対する」

「個人所有の外車に乗ってマッサージに出かける軍人がいるとは!」
「代表チームにトレーナーがいるのに、マッサージに行く必要があるのか?」
「無断でコソコソ行ったマッサージが、健全なマッサージだろうか?」

「芸能人でもないのにこの特別待遇。どうせ特権階級のお坊ちゃんなんだろう」
「特別待遇の軍人たちの、堕落した軍生活がうかがえる」
「無断離脱に虚偽報告、事実隠蔽(いんぺい)までしたのに、処分が甘すぎないか?」

(翻訳・編集/雲間草)




 『韓国国防部は6日、説明資料を通じて「国軍体育部隊で服務しているアイスホッケー選手3人が個人の車を一緒に乗って合宿所を抜け出し、タイマッサージ店でマッサージを受けた後、復帰する際に飲酒運転者が運転した車と衝突して負傷した。以降、所属部隊に報告せず隠蔽しようとしたが、匿名の情報提供を受けた調査本部がこの事実を摘発した」と明らかにした。』

「キム・ヨナの恋人」としてしか形容してもらえない「キム・ウォンジュン選手」ですが、無断でマッサージ店に行った後、事故がなければ、この問題は出てこなかった可能性もあります。

実際にしばらく隠ぺいされていたようですし、密告があって発覚、処分された訳です。

しかし、無断で外泊問題は、彼だけの問題ではないのかもしれません。

韓国軍隊の中では結構ある事で、みんなやっているからと、慣習になっていた可能性もなくはないと思います。

韓国の大学の卒業論文を代筆してもらうというのも、多くの人がやっている事のようですからね……。

恋人が発覚した直後、キムヨナ選手には相応しくないパッシングがあり、キムヨナ選手サイドが、訴えると怒っていた経緯からみると、今後、この問題で、恋人のキム・ウォンジュン選手が、更に叩かれる事も予想されます。

事実、こういう言葉が出てきています。

「(キム・ヨナに対して)こんなダメ男とは別れなさい」
「キム・ヨナの弱点。男を見る目がない」
「キム・ヨナの名前に泥を塗るな!」
「さっさとヨナから離れろ。全国民がお前に断固反対する」

「個人所有の外車に乗ってマッサージに出かける軍人がいるとは!」
「代表チームにトレーナーがいるのに、マッサージに行く必要があるのか?」
「無断でコソコソ行ったマッサージが、健全なマッサージだろうか?」


一番は、さっさと別れた方が良いという意見、バッシングが今後も出るでしょう。

またタイ式マッサージ店が普通のマッサージ店だった事が本当でなかったら、恋人がいるのに、目も当てられませんでしたよね……。

 『当時、キム・ウォンジュンはキム・ヨナと交際しており、ヨナはソチ五輪出場のために合宿訓練中だった。恋人が2大会連続金メダルを目指して猛練習に励んでいる陰で男の方は、女性たちと徹夜でパーティーを楽しみ、ドライブまでしていたことになる。』

ここに出てくる女性たちとは単なる友達と言う話もありますが、どこまでが事実、またどこまで、ヨナさんが信じて上げられるのか、また許せるのかという事になるのでしょう。

今後、ヨナさん自身がどうするのかは彼女の度量が問われる所ですが、彼氏の方から、プレッシャーで別れたいと言い出しそうです。

キム・ウォンジュン選手の実際の度量と器量がどれくらいな方なのかは分かりませんが、実際に、そういう方ならば、ヨナさんの「キム・ヨナの弱点。男を見る目がない」は本当だったという事になってしまうでしょう……。

ヨナさんサイドは、今回のこの事件に対する今後のバッシングに対して、訴えると言い出すのでしょうか……。

それとも破局して、すっきりもう関係がない立場をとるのでしょうかね……。

↓以前、浅田選手が休養に入って少しだけ体重が増えただけで、韓国ネットユーザーがバッシングをしていました。

http://ameblo.jp/shuppansports/entry-11903471199.html
浅田真央 お休みモード

「美しさも維持できないから、恋愛経験ゼロなのか。愛されているキム・ヨナとは大違いだ」

「愛されているキム・ヨナとは大違いだ」

とは、こんな恋人ならいない方がましですし、本当に愛されているならば、「無断でコソコソ行ったマッサージが、健全なマッサージだろうか?」と言われているように、そんな所へも行かなかったのではないでしょうか……。

ヨナさんには早く結婚して子供を産んで欲しかった所ですが、無理みたいですね……。



↓いつも、ありがとうございます。m(_ _ )m


人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2000175

キム・ヨナ、フィギュアスケート指導者講習会に出席…第2の人生計画の一部?

TVREPORT |2014年07月27日15時47分

キム・ヨナがフィギュアスケートの指導者資格を取得する予定であることが分かった。

大韓氷上競技連盟は「キム・ヨナが26日と27日の2日間、ソウル蘆原区(ノウォン)区孔陵洞(コンヌンドン)泰陵(テルン)選手村のチャンピオンハウスで開催される『2014 フィギュアスケート審判・指導者講習会』に出席する」と伝えた。

今回の講習会はフィギュアスケートのプログラムの難度などに関する理論教育やアンチドーピング、スポーツ人権、スポーツ医学教育などの内容が扱われ、修了者には今シーズンの指導者としての資格が与えられる。

キム・ヨナの今回の講習会出席は、キム・ヨナがすぐに指導者となるというよりは、フィギュアスケートへの関心を忘れず、第2の人生を設計する計画の一部であると解釈されている。

キム・ヨナは9月から母校である高麗大学体育教育学科の大学院の修士課程に進む予定だ。

元記事配信日時 : 2014年07月26日22時12分 記者 : イ・ヒョニ



http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140728/oth14072818000001-n1.htm

キム・ヨナに「日本デビュー」騒動、日韓ネットで非難合戦に 所属事務所は否定に躍起

2014.7.27 12:00

 今年2月のソチ五輪後に現役引退したフィギュアスケートの元女王キム・ヨナに、突如として「日本の芸能界デビュー」説が浮上し、日韓のネット上で非難合戦が展開される騒ぎになっている。所属事務所は火消しに躍起で、日本の芸能界進出を全面否定し、韓国メディアにはデマを拡散しないよう注意を促した。日本のネットユーザーからは「広告に出るなら、その製品は買わない」など反発の声が上がり、韓国のユーザーからは「それだけ人気があるってことでしょ」など“上から目線”の物言いになっている。

 キム・ヨナの日本の芸能界デビューに関しては、韓国の大手メディアである中央日報、朝鮮日報がそろって7月16日付で取り上げた。

 中央日報は「日本の芸能界に進出? 絶対ない」と題し、マネジメント会社による「最近、記事で報道されている『キム・ヨナの日本芸能界進出説』は全く可能性がない」とのコメントを掲載した。

 さらに「『日本の芸能事務所から話を受けたこともなく、また、そういう話があったとしても、キム・ヨナが日本の芸能界に進出することは絶対にないだろう』と強調した。続いて『キム・ヨナ本人が芸能界に進出して活動する考えが全くない』と伝えた」とし、根も葉もない話で、芸能界活動自体に興味がないと、とりつく島もない談話になっている。

では、なぜ「キム・ヨナ日本デビュー」という話題が拡散したのか。7月15日付の中央日報が「日本のTBSは8日、『日本人が知らない真実』というドキュメンタリー番組を放送し、キム・ヨナのフィギュア人生18年を詳しく紹介した」と伝え、「『多くの芸能プロダクションがキム・ヨナを日本に進出させようとしている』と伝えた」と報じ、今回の騒動に火がついた。

 韓国の2紙はキム・ヨナのタレントとしての商品価値を具体的な金額で示してはいないが、中国のメディアは「ある広告代理店の関係者が『広告なら1本5000万~6000万円、バラエティー番組でも1本80万~150万円と高額な契約になるだろう』と話したことも紹介した」と放送内容を伝えている。ちなみに米誌フォーブスは2013年8月にキム・ヨナの年間広告収入が1400万ドル(約14億円)に上ると報じている。

 ところが、名指しされたTBSに確認したところ、7月8日に同タイトルでドキュメンタリー番組が日本で放送された事実はないという。キム・ヨナに関する番組としては、4月6日に「今夜解禁!石橋貴明のスポーツ伝説…光と影」と題した番組で取り上げはしたが、ヤンキース田中将大、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、元ヤンキースの松井秀喜氏といった錚々たる顔ぶれの中の1人として紹介したという。なので、TBSサイドも首をかしげざるを得ない状況のようだ。

いずれにしろ、韓国メディアの過剰反応といってよさそうだ。ただ、ネット上は騒々しいことになっていた。

 韓国のネットユーザーからは「日本が汚くて醜い策略をしようという魂胆が見えるので、気になってしまう」「日本はどっかに行ってくれ。独島も奪って、キム・ヨナも奪うのか」「日本とロシアには行ってはいけない」「日本は私たちを批判しながら、キム・ヨナのドキュメンタリーをつくった。日本は内心、韓国を義望(原文まま)している」などと勝手な言い分が並ぶ。

 対して、日本のユーザーからは、「キム・ヨナは日本で需要はない」「来てほしくないけど、韓国の悔しがる姿を見てみたい」といった反発も。「あれほど盛り上がって国民全体で崇拝していた数少ないアスリートだったのになあ。引退したら認定敵国で場末の芸能活動かよ」「エイプリルフールならもうとっくに過ぎているけど」など非難の応酬となっている。


韓国メディアはキム・ヨナが日本の芸能界にデビューかと伝え、日韓のネットユーザーによる非難の応酬に発展した


↓元の記事はこちらです。

http://japanese.joins.com/article/767/187767.html

キム・ヨナに日本芸能プロダクションが一斉にラブコール?

2014年07月15日17時26分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]

日本のTBSは8日、「日本人が知らない真実」というドキュメンタリー番組を放送し、韓国のキム・ヨナ(24)のフィギュア人生18年を詳しく紹介した。

そして今後のキム・ヨナについて、「多くの芸能プロダクションがキム・ヨナを日本に進出させようとしている」と伝えた。また、キム・ヨナが日本の芸能界に進出する場合、トップクラスの芸能人並みの放送および広告出演料を受けると予想した。

キム・ヨナは引退後、ブラジルワールドカップ(W杯)期間、韓国で各種CMに出演した。秋からは大学院で修士課程に入る計画だ。


元フィギュア選手のキム・ヨナ


↓TBSは8日、「日本人が知らない真実」というドキュメンタリー番組を放送とありますが、当のTBSが否定しいます。

 『名指しされたTBSに確認したところ、7月8日に同タイトルでドキュメンタリー番組が日本で放送された事実はないという。キム・ヨナに関する番組としては、4月6日に「今夜解禁!石橋貴明のスポーツ伝説…光と影」と題した番組で取り上げはしたが、ヤンキース田中将大、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、元ヤンキースの松井秀喜氏といった錚々たる顔ぶれの中の1人として紹介したという。なので、TBSサイドも首をかしげざるを得ない状況のようだ。』

↓livedoorのニュースでは、「韓国紙の捏造」かと報道しています。

http://news.livedoor.com/article/detail/9084612/
キム・ヨナが日本の芸能界デビュー? 噂が拡散した背景に「韓国紙の捏造」か

日本では以前、●通がキムヨナ選手を日本でデビューさせる為に、日本で人気のある浅田選手を使って、彼女より優秀だとする活動があると噂されていました。

しかし、「日本人が知らない真実」というドキュメンタリー番組自体が放送されていません……。

また日本では、キムヨナ選手の人気はなく、日本で芸能人デビューどころか、アイスショーにも呼ばれていないのです。

芸能人の前に、日本で大人気ならば、これだけ日本でフィギュアスケートが人気があり、アイスショーも多々開かれている中で、呼ばれていない事実の方が不思議だと思います。

また日本語も話せないのに、どうやって日本で活動するのでしょうか。

バンクーバー五輪後に、CMに起用するのかしないのかで、日本のどこかの企業から視聴率調査会社へ依頼があり、調べたら、キムヨナ選手が出でくるシーンで軒並み、視聴率が下がっていたそうです。(採点の事を報道した「バンキシャ」のみ視聴率があったそうです。)

当時、●通がある企業にCMキャラクターとして勧めたのかも知れませんね。

しかし、好感度がなく、日本での需要はなかった訳です。

それを今なぜ、韓国ニュースは、ねつ造したのでしょうかね。

日本で人気があるとアピールしたかったのでしょうか。

 『韓国のネットユーザーからは「日本が汚くて醜い策略をしようという魂胆が見えるので、気になってしまう」「日本はどっかに行ってくれ。独島も奪って、キム・ヨナも奪うのか」「日本とロシアには行ってはいけない」「日本は私たちを批判しながら、キム・ヨナのドキュメンタリーをつくった。日本は内心、韓国を義望(原文まま)している」などと勝手な言い分が並ぶ。』


『日本は内心、韓国を義望(原文まま)している』これが目的だったのでしょうか。

『独島も奪って、キム・ヨナも奪うのか』

竹島を日本から奪ったのは韓国でしょう。

またキム・ヨナ選手など、上げますと言われてもいりません。

どうぞ韓国の宝物で良いのではないでしょうか……。




↓いつも、読んでくださりありがとうございます。


人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
韓国、CASに訴えず キム・ヨナ五輪判定問題終息へ

2014.6.24 22:32MSN産経ニュース

 ソチ冬季五輪フィギュア女子でキム・ヨナ(韓国)が銀メダルに終わった判定に韓国スケート連盟などが不満を示していた問題で、同連盟はスポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を行わず、問題を終息させることを決めた。24日、複数の韓国メディアが同連盟関係者の話として報じた。

 韓国は2018年に平昌冬季五輪の開催を控えており、国際スケート連盟(ISU)との対立を避ける思惑もあるとみられる。

 ソチ五輪ではショートプログラム首位のキム・ヨナがフリーで開催国ロシアのアデリナ・ソトニコワに逆転された。韓国スケート連盟と韓国オリンピック委員会はISUに異議申し立てをしたが、ISUは今月上旬に棄却を発表した。(共同)

韓国、CASに提訴せず ソチ五輪キムヨナ採点巡り

時事2014年6月25日01時28分asahi.com

 ソチ五輪のフィギュアスケート女子で銀メダルだった金姸児の採点をめぐり、韓国スケート連盟が異議を唱えた問題で、韓国紙の中央日報(電子版)は24日、同連盟がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しないことを決めたと報じた。

 韓国連盟と大韓体育会は、連覇の懸かっていた金姸児が開催国ロシアのアデリナ・ソトニコワにフリーで逆転されたことに関し、審判員構成などを問題視して国際スケート連盟(ISU)に異議を申し立てていた。しかし今月3日、ISUは韓国の訴えを棄却した。(時事)


韓国スケート連盟がCASへの上訴を断念、キム・ヨナの「銀メダル」問題ようやく収束へ―中国メディア

 韓国スケート連盟関係者は24日、ソチ五輪フィギュアスケート女子でキム・ヨナが銀メダルに終わったことをめぐり、同連盟が異議を唱えていた問題で、「国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)への上訴を断念したことを決めた」と明らかにした。これにより、4か月以上続いた判定騒動は、ようやく終結する。24日、中国メディア・騰訊体育が伝えた。

 ソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルでは、キム・ヨナはロシアのソトニコワに及ばず銀メダルとなったが、この結果に韓国国内では「審判が不正だった」とする世論が高まった。キム・ヨナの熱狂的なファンは署名活動や集会などの活動を展開した。こうした世論に押される形で、大韓体育会と韓国スケート連盟は4月10日に国際スケート連盟(ISU)に対して判定への異議を申し立てた。これに対し、ISUは今月4日に申し立てを棄却。この結果に対しては、21日以内にCASに上訴することが可能で、同連盟などが検討していた。

 連盟関係者は「19日の常任理事会で上訴しないことを決めた」と明かした上で、その理由を「過去の事例から見て、上訴したとしても利益はない」と述べた。大韓体育会も「連盟から上訴しないとの連絡を受けた。これでこの件は終了だ」としている。ただ、キム・ヨナファンの抗議行動がこれで終息するかはまだ不透明だ。

(編集翻訳 都築)



キム・ヨナの判定騒動ついに終結へ・・・韓国スケート連盟がCASへの控訴を断念=韓国メディア

2014-06-24 14:33サーチナ

 ソチ五輪フィギュアスケート女子で韓国のキム・ヨナが「銀メダル」に終わったことをめぐり、韓国スケート連盟が判定に異議を唱えていた問題で、同連盟は24日、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)への控訴を断念したことを決めた。これにより、4カ月に渡る判定騒動は終結する見通し。

 複数の韓国メディアによると、韓国連盟の関係者は「19日に常任理事会を開き、CASに控訴しないことで最終的な結論を出した」と話した。

 韓国連盟は、キム・ヨナの演技を銀メダルとした判定を不服とし、国際スケート連盟(ISU)に異議を申し立てたが、今月4日に棄却された。棄却の結果に異議がある場合、6月21日までCASに控訴する必要があった。

 同関係者は、過去に判定でメダルを逃したショートトラックの金東聖(キム・ドンソン)や男子体操の梁泰栄(ヤン・テヨン)の名前を挙げながら、「この案件を控訴しても何の実益にもならないとの結論に達した」と述べた。

 韓国体育会は、連盟から控訴しない方針の連絡を受けたとし、「この問題に対する全ての手続きは終了した」と伝えた。(編集担当:新川悠)(写真はイメージ。「CNSPHOTO」提供。撮影は2014年2月のソチ五輪にて)



キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念

2014年6月24日デイリースポーツ

 ソチ五輪フィギュア女子で銀メダルに終わったキム・ヨナ(韓国)の採点を不服とし、国際スケート連盟(ISU)に異議申し立てをしていた大韓スケート連盟が24日、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を断念した。中央日報(電子版)が伝えた。

 ISUは今月4日、大韓スケート連盟と大韓体育会が提起した審判員の構成問題に対する訴えを棄却していた。

 スケート連盟側は24日、「ソチオリンピック女子フィギュア判定問題に関して国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しないことにした」と発表したという。

中央日報は「ソチ五輪でキム・ヨナはクリーンな演技をして、計219.11点を獲得した。しかしフリープログラムでジャンプを失敗したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が224.59点の高得点を取り判定疑惑が提起された。」と伝えている。

 韓国側は、競技後、ソトニコワとロシアの審判が抱擁し合った場面や、審判員にロシア・フィギュア連盟元会長の夫人が含まれていたことに疑問を呈していた。


ソチ五輪で銀メダルに終わったキム・ヨナ

<フィギュア>大韓スケート連盟、「キム・ヨナの判定問題」結局放棄

2014年06月24日14時07分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]

 大韓スケート連盟が結局、“フィギュアクイーン”キム・ヨナ(24)のソチオリンピック女子フィギュアシングルの判定提訴をあきらめた。4カ月間続いたソチ冬季オリンピックフィギュア判定問題は、論争だけ繰り広げたまま終わった。

スケート連盟側は24日「ソチオリンピック女子フィギュア判定問題に関して国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しないことにした」と伝えた。国際スケート競技連盟(ISU)は4日(日本時間)、公式ホームページに掲載した懲戒委員会の決定文を通じて大韓スケート競技連盟と大韓体育会が提起したソチ冬季オリンピック審判陣の構成問題に対する提訴を棄却した。

キム・ヨナは2月に開かれたソチ冬季オリンピックフィギュア女子シングルでクリーンな演技をしてショート、フリープログラムで計219.11点を獲得した。しかしフリープログラムでジャンプを失敗したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が224.59点の高得点を取り判定疑惑が提起された。

特に競技後、ソトニコワとロシアの審判が抱擁し合った場面が確認されて論争が広がった。当時、審判陣として参加した人の中には1998年長野大会での勝負操作疑惑で1年間の資格停止の経歴がある審判や、ロシアフィギュア連盟会長の妻らが含まれていた。

大韓スケート競技連盟と大韓体育会は4月10日、審判陣の構成に関してISU側に提訴状を公式に提出した。競技結果・判定に関しては終了直後に抗議または控訴しなければならなかったが、オリンピック当時は特にこれをアピールしなかった。ISUはこれを受け入れて懲戒委員会に回付して関連内容を検討した。しかしISUは決定文でソトニコワとロシア審判の抱擁に関して「私たちは彼らの行動を自然な動きとマナーと判断する。お互いを祝福する時の特別な情緒的行動と感じられる。これは紛争を発生させるものではない。競技後の祝福は偏見や誤った行動と見なすことはできない」と明らかにした。

大韓スケート競技連盟、体育会が今回の判定に対して控訴するには、決定文受信後21日以内、すなわち23日までにCASに行わなければならなかった。しかし今回の事案を主導的に進めていたスケート連盟は結局、CAS提訴をしないことを決めた。


大韓スケート連盟が結局、“フィギュアクイーン”キム・ヨナ(24)のソチオリンピック女子フィギュアシングルの判定提訴をあきらめた。


韓国スケート連盟はCASへの上訴をすると思っていましたが、結局しませんでしたね……。

多分しても、棄却されたでしょうが、ポーズだけはとると思っていました。

断念した背景には何があったのでしょうか。

やはりISUやIOCとこれ以上、揉めると、今後の自国開催の平昌五輪での採点で不利になると考えたのでしょうか。

やっても無駄なものを推し進め、ISUとの関係を壊したくなったのでしょう。

只、これだけ騒いだので、関係がどうなったのかは分かりませんが、最終段階で諦めた(我々は譲歩した)ので、これからもよろしくと言いたかったからの、CASへの上訴断念のような気もしなくもないですよね……。

↓キムヨナ選手も悔いはないと仰っていますし、また彼女の次の目標は結婚みたいです。

http://japanese.joins.com/article/825/186825.html?servcode=600§code=600

引退から1カ月、キム・ヨナ「結婚は三十前に…」

2014年06月23日10時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

キム・ヨナ(24)の表情は明るかった。キム・ヨナを傍らで長く見守ってきた人々は皆、「今まで会ったうちで今日ほどおしゃべりなところを見るのは初めてだ。表情もとても明るくてリラックスしているように見えた」と話した。

キム・ヨナは今月19日午後、ソウル獎忠洞2街(チャンチュンドンイガ)のバンヤンツリークラブ&スパ・ソウルで開かれた「キム・ヨナと友人たち-J.ESTINA」に参加した。2007年からキム・ヨナを後援しているジュエリーブランド「J.ESTINA」のVIP顧客をはじめ、キム・ヨナのファンと交流する場だった。タレントのアン・ソニョンの視界で、やや短めのトークショーが準備されてキム・ヨナは引退後の近況をファンに紹介した。

20分間行われたトークショーで、キム・ヨナは「結婚は三十前にしたい」と話して笑った。キム・ヨナは現在、アイスホッケー選手のキム・ウォンジュンと交際中だ。「仲はいいか」という質問には「はい」と短く答えて照れた。

キム・ヨナは先月6日にアイスショー「オールザットスケート2014」の舞台を最後に引退した。その後1カ月余りを過ごしたキム・ヨナには自身の未来に対する期待と心配が共存しているようだった。「7歳の時から運動だけをしてきた。他の人々のように大学に行って卒業して職場生活をすることなしにずっと運動だけをやってきた。そんなことを考えていると、会社員になって『ああ、成人になったんだ』と思うような契機もなくそのままここまできた。フィギュアスケートしか知らない生活なので、私だけが停滞していると思うようになった。そろそろ新しい生活を送るべきなのに怖いと思いながらも嬉しい気持ちで過ごしている」。

女優・歌手・IOC選手委員など彼女の進路をめぐってさまざまな推測が飛び交うなか、これまでのところ明確な将来の計画を立てているようには見えなかった。「女優という姿は本当に自分には合わないと思うので、考えたこともない」と話した。最近、サムスン電子のテレビ広告「私たちは皆、監督になる」編で、水泳の朴泰桓(パク・テファン)選手やスピードスケートのイ・サンファ選手とともに出演したキム・ヨナは「それでも3人の中では私が一番演技がうまかった」と言って笑った。

またキム・ヨナはソチ冬季オリンピックで銀メダルだったことを虚しく思っているファンを慰める場面もあった。「4カ月ほど過ぎたがまだ多くの方々が悔しく思っていらっしゃる。しかしそうは思わないでほしい。もう忘れてもかまわないと思う。競技を終えた時、『ああ、もう本当に(辛くて苦しい選手生活は)終わりなんだ』という考えしかなかった。後悔のない競技ができたのでなおさらそう思った」と話し、落ち着いた様子を見せた。


引退からひと月余りが過ぎたためか、キム・ヨナは以前に比べてさらに余裕が生まれ明るい表情だった。(写真提供=J.ESTINA)

彼氏も出来たので、早く結婚して子供でも生んで下さいませ……。

しかし、国民は黙っていないかもしれませんね~。

↓W杯で、抗議のプラカードを持っていた方がいたようです。

http://news.livedoor.com/article/detail/8950377/

韓国サポーターが「ソチで何をしたか知っているぞ」と書かれたボード掲げ、「審判頼み」とロシアを皮肉る

Record China Record China 2014年06月18日15時05分

 2014年6月18日、新浪体育によると、韓国はブラジルワールドカップ(W杯)の初戦でロシアと対戦し1-1で引き分けたが、先日、韓国サポーターがロシアを皮肉るボードを掲げていたことが話題となっている。

 数日前、ある韓国のサポーターが英語で「I know what you did last winter in sochi(お前たちがソチで何をしたか知っているぞ)」と書かれたボードを手にしていた。「ロシアは審判に頼って勝利を手にした」と暗に皮肉っているのだ。

 2月に行われたソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルで、ショートプログラム(SP)で首位だった韓国のキム・ヨナは、フリーでミスをしたロシアのソトニコワに逆転され、銀メダルに終わった。これについて韓国国内では「採点に不正操作があり、金メダルはロシアに奪い取られた」とする見方が根強い。韓国SBSテレビの番組司会者も「ソチ五輪は五輪史の恥辱」と述べている。

 韓国のサポーターが掲げていたボードは、それを指したものとみられる。韓国とロシアの「場外戦」はブラジルW杯でも展開されている。(翻訳・編集/北田)


18日、新浪体育によると、韓国はブラジルワールドカップの初戦でロシアと対戦し1-1で引き分けたが、先日、韓国サポーターがロシアを皮肉るボードを掲げていたことが話題となっている。

↓これに対して、同じ中国からのニュースで皮肉られています。

http://news.livedoorhttp://stat100.ameba.jp/common_style/img/editor_large/icon_strong.gif.com/article/detail/8953734/

韓国サポーター「ソチで何をしたか知ってるぞ」と露に皮肉=中国ネット「2002年に韓国が何をしたか知ってるぞ」

Record China Record China 2014年06月19日09時47分

 2014年6月18日、新浪体育によると、韓国はブラジルワールドカップ(W杯)の初戦でロシアと対戦し1-1で引き分けたが、先日、韓国サポーターがロシアを皮肉るボードを掲げていたことが中国ネットユーザーの間でも話題となっている。

【その他の写真】

数日前、ある韓国のサポーターが英語で「I KNOW WHAT YOU DID LAST WINTER IN SOCHI.(お前たちがソチで何をしたか知っているぞ)」と書かれたボードを手にしていた。

 2月に行われたソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルで、ショートプログラム(SP)で首位だった韓国のキム・ヨナは、フリーでミスをしたロシアのソトニコワに逆転され、銀メダルに終わった。韓国国内では「採点に不正操作があった。金メダルはロシアに奪い取られた」とする見方が根強く、今回の件も「ロシアは審判に頼って勝利を手にした」と暗に皮肉っているものだ。

これについて、中国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「韓国は永遠にこんな感じ」
「人のこと言えた義理か?」
「韓国だけはロシアを批判できない」

「2002年に何をしたか忘れるな!無恥で理不尽で不道徳な民族」
「韓国人と比べると、自分たちの素養が高いように思える」
「厚顔無恥なやつは見たことがあるが、ここまでひどいのは見たことがない」

「韓国人が臆面もなく『審判』という2文字に言及できるとは」
「たとえ日本代表のグループリーグ突破を望んでも、韓国の突破は望まない」
「韓国がここ数年、勝ち取ったものは、すべて買収によるものではないか」

「韓国人に『恥知らず』と言うのは、『恥知らず』という言葉に対する侮辱」
「WE ALL KNOW WHAT YOU DO IN 2002!(私たちはお前たちが2002年に何をしたか知っているぞ)」

(翻訳・編集/北田)


18日、新浪体育によると、韓国はブラジルW杯の初戦でロシアと対戦し1-1で引き分けたが、先日、韓国サポーターがロシアを皮肉るボードを掲げていたことが中国ネットユーザーの間でも話題となっている。写真はブラジルのサッカースタジアム。


「I know what you did last winter in sochi(お前たちがソチで何をしたか知っているぞ)」

に対して、

「WE ALL KNOW WHAT YOU DO IN 2002!(私たちはお前たちが2002年に何をしたか知っているぞ)」

と返されています。

日本からは、

「We all know what you did in Vancouver !(お前たちがバンクーバーで何をしたか知っているぞ)」

と言いたいですね。

韓国SBSテレビの番組司会者も「ソチ五輪は五輪史の恥辱」と述べている。

「バンクーバー五輪は五輪史の恥辱」と述べたい……。



↓W杯も巻き込んで、相変わらずきな臭いです……。


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
ISUの異議申し立て棄却に韓国ネットユーザーは怒りの声

 国際スケート連盟(ISU)が4日(韓国時間)、今年のソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングルの判定に関する異議申し立てを棄却したことを公式ホームページ上で告知した。

 ソチ冬季五輪のフィギュア審判団には1998年の長野冬季五輪で判定を操作しようとして1年間の資格停止処分を受けたユーリ・バルコフ氏=ウクライナ=とロシア・フィギュア連盟元会長の夫人アラ・シェコフセバ氏=ロシア=が含まれており、シェコフセバ氏は金メダルを取ったアデリナ・ソトニコワ選手=ロシア=とハグしたため、審判員構成に疑問が呈されていた。

 こうした異議申し立てに対し、ISUは「キム・ヨナ選手の銀メダルが不当だという主張は当たらない」として棄却を決めたとのことだ。

 そして、「家族が審判として試合にそろって出たわけではないのだから、規定に違反したものではない」とし、ソトニコワ選手と審判のハグについては「自然な行動だった」「互いに祝い、喜び合った時に出てくる情緒的な行動だ。問題の種となるとは考えにくい」と説明した。

 キム・ヨナ選手の異議申し立てが棄却されたとニュースで知った人々は、ネットやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などに「本当に荒唐無稽(むけい)であきれてしまう」「キム・ヨナ、がっかりしないで!」「韓国人の心の中では金メダルだ」などと書き込んでいる。

チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版

ヨナ銀判定、ISUが韓国の異議申し立てを棄却

 ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングルの採点をめぐり、大韓スケート連盟が提出していた異議申し立てを国際スケート連盟(ISU)が棄却した。

 ISUは4日(韓国時間)、大韓スケート連盟の異議申し立てに関する懲戒委員会の決定文を公式ホームページに掲載した。結果は棄却だった。

 大韓スケート連盟は4月10日、大韓体育会と共同でISUに対し、ソチ五輪フィギュア女子シングルの審判員構成に問題があり、これが結果に影響を及ぼしたとの異議を申し立てた。

 これに対しISUは、同月14日に大韓スケート連盟に「調査を進めてほしいという異議申し立てはISUの懲戒委員会が管轄する対象でない」と回答した。

 ISUの回答を受けた大韓スケート連盟は同月30日、再びISUに申し立て書を提出し、ソチ五輪フィギュア女子シングル・フリーで審判を務めたアラ・シェコフセバ氏=ロシア=に問題があると指摘した。

 大韓スケート連盟はこの時、「滑走順で最後だったキム・ヨナ選手(23)が演技を終え、アデリナ・ソトニコワ選手(17)=ロシア=の金メダル獲得が決まると、シェコフセバ氏はソトニコワ選手に近づいて会話を交わし、温かくハグした」とし、シェコフセバ氏の審判員資格に異議を申し立てた。

 ISUは大韓スケート連盟の申し立てで、ロシア・フィギュアスケート連盟から説明を聞き、審判員の構成について調査を行った。

 ISU懲戒委員会は「シェコフセバ氏が審判員席を離れ、ミックスゾーン(共同取材区域)で取った行動なので、その行動を違反と見なす倫理規定はない」と判断、大韓スケート連盟の申し立てを棄却した。

 大韓スケート連盟は、今回のISUの決定に異議があれば21日以内にスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴することができる。

 しかし、大韓スケート連盟はISUとの関係などを考慮し、慎重に判断をする方針で、「弁護士と相談した上で決める」としている。

ソウル=キム・ヒジュン記者

NEWSIS/朝鮮日報日本語版

キム・ヨナ「銀判定」、ISUが異議申し立てを「棄却」・・・韓国ネット上は「あり得ない!」と大荒れ

2014-06-05 11:07サーチナ

 国際スケート連盟(ISU)は4日、ソチ五輪フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得したキム・ヨナの採点をめぐる韓国の異議申し立てを棄却したと発表した。韓国のキム・ヨナファンらはネット上で怒りをあらわにしている。複数の韓国メディアが報じた。

 韓国体育会と韓国スケート連盟は、連覇が期待されていたキム・ヨナがロシアのアデリナ・ソトニコワに敗れたことから、審判員の構成に問題があったとして調査を求めていた。

 ISUはホームページで、審判員のひとりであったロシア・フィギュアスケート連盟の元会長で現事務総長の夫人とソトニコワが試合後に抱擁したことに触れ、「自然な行動だったとみている。互いに祝福する時に出る感情的なもので、これは議論の的にはならない」と説明した。

 韓国スケート連盟は今回の結果に異議がある場合、21日まで国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴することができる。

 現在韓国のインターネット上には、「異議を棄却だなんてあり得ない判定だ」、「控訴しろ」、「頭にくる」、「もっと早く対応しておけばよかったのでは」などと不満の声があふれた。(編集担当:新川悠)(写真は「CNSPHOTO」提供。2014年2月撮影)



キム・ヨナ異議棄却に韓国で怒りの声

2014年6月6日デイリースポーツ

 国際スケート連盟(ISU)が3日、ソチ五輪フィギュア女子でキム・ヨナ(韓国)が銀メダルに終わったことを不服とする韓国スケート連盟と韓国オリンピック委員会からの異議申し立てを棄却した。ISUの棄却発表に対し、韓国国内では、怒りの声が渦巻いている。

 6日の朝鮮日報(電子版)は「ISUの異議申し立て棄却に韓国ネットユーザーは怒りの声」との見出しで記事を掲載。

 「キム・ヨナ選手の異議申し立てが棄却されたとニュースで知った人々は、ネットやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などに『本当に荒唐無稽(むけい)であきれてしまう』『キム・ヨナ、がっかりしないで!』『韓国人の心の中では金メダルだ』などと書き込んでいる」と報じた。

 また、同紙では「ソチ五輪のフィギュア審判団には1998年の長野冬季五輪で判定を操作しようとして1年間の資格停止処分を受けたユーリ・バルコフ氏=ウクライナ=と、ロシア・フィギュア連盟元会長の夫人アラ・シェコフセバ氏=ロシア=が含まれており、シェコフセバ氏は金メダルを取ったアデリナ・ソトニコワ選手=ロシア=とハグしたため、審判員構成に疑問が呈されていた」と伝えている。


キム・ヨナの心境は…

<フィギュア>キム・ヨナ提訴棄却されたスケート連盟、結局CASに行くか(1)

2014年06月05日14時09分

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

“フィギュアクイーン”キム・ヨナ(24)のソチ冬季オリンピックのフィギュアスケート女子シングル審判陣の構成に関連した大韓体育会と大韓スケート競技連盟の提訴が、国際スケート競技連盟(ISU)懲戒委員会で棄却された。

ISUは4日(日本時間)、公式ホームページに掲載した懲戒委員会の決定文を通じてこのような判決を下したと明らかにした。スケート連盟側はこれに対して「関連事項を確認した。これを綿密に検討して今後の対応策を出す」と伝えた。

ソチオリンピックの判定をめぐっては国内だけでなく海外メディア、フィギュア専門家たちからも批判が絶えなかった。しかしISUは2月22日「評価は公正で厳格に行われた。競技に動員された審判は任意の選択方式で選ばれた。点数が偏ることを防ぐために最高点と最低点を除いた後に最終点数を出す。ソチ冬季オリンピックは公正で優れた判定システムと共にある」としてホームページを通じて関連の見解を明らかにした。判定結果に対する問題がなかったという意味だった。

結局、スケート連盟と体育会は審判陣の構成に関する提訴(Complaints)を行った。判定結果については点数エラーを除き覆すことが不可能だったため、ISUの運営に関連して倫理規定に違反する状況が発生する場合にこれを解決するために作られた制度の提訴を選んだ。関連事件を認知した後60日以内に提訴すれば、ISU懲戒委員会が調査に着手して結論を出す。

<フィギュア>キム・ヨナ提訴棄却されたスケート連盟、結局CASに行くか(2)

2014年06月05日14時09分

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment31hatena0

◆出てきたものの、結果は…

スケート連盟の関係者は「元ロシアフィギュア連盟会長の夫人であるAlla Shekhovtsova氏が審判陣に参加した点、ウクライナ審判のユーリ・バルコフ氏が過去に審判談合を主導して資格停止処分を受けたことがあるという点、そのほか審判の不公正な採点疑惑などソチオリンピックのフィギュア審判陣の構成は合理的でなかった」と説明した。こうした内容を盛り込んでスケート連盟と体育会は4月10日ISUに公式提訴し、ISUは「懲戒委員会で関連事案を扱って3週間以内に結果を出す」と明らかにした。キム・ヨナはスケート連盟・体育会の提訴の動きについて「尊重する」との立場を伝えた。

しかしISUは予定期間をかなり延ばして関連事項の結論を出し、その結果は棄却だった。ISUはソトニコワとロシア出身の審判が競技後に抱擁したことをスケート連盟が問題にしたことについて「私たちは彼らの行動を自然な動きとマナーだと判断する。お互いを祝う時、特別な情緒的行動と感じることができる。競技後の祝福は偏見や誤った行動と見なすことはできない」と明らかにした。

◆残るはCAS提訴

ひとまずスケート連盟側は該当内容を確認した後、今後の対応策を模索している。スケート連盟は今回の棄却に異議がある場合、21日以内に国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴することができる。CASでISUを相手に異議の提議をしなければならない。

スケート連盟の幹部関係者は4日午後、電話取材に対し「3日、法定代理人を通じて関連事項を確認した。しかしまだ確認してからいくらも経っておらず、もう少し見るべき部分がある」としながら「再び提訴できる時間が残っている。関連事項を検討して今後の対応策を出す」と明らかにした。もしスケート連盟が次の対応策を出す場合、ISU総会が開かれた後に出てくるものと見られる。ISU総会は9日から13日までアイルランドのダブリンで開かれる。

しかし今回の事案をCASまで持ち込んだとしても、関連判決がくつがえる可能性は少ない。すでに10年前の2004年、体操の梁泰栄(ヤン・テヨン)の事例がある。梁泰栄は当時アテネオリンピック体操個人総合で優勢な競技力を見せたにもかかわらず、跳馬でしりもちをついたポール・ハム(米国)に押されて3位となった。これに対し大韓体育会は判定を問題にしてCASに誤審事態を提訴したがCASは審判の「人間的な失敗」にともなう誤審だと判決して、結果を覆さなかった。


キム・ヨナ(24)

“キム・ヨナ判定議論”ISUが提訴を棄却「審判とソトニコワ選手のハグ、自然な行動」

TVREPORT |2014年06月05日11時48分 Kstyle

 ソチ冬季オリンピックで巻き起こった“フィギュア女王”キム・ヨナの判定議論と関連し、ISU(国際スケート連盟)に提出された提訴が棄却された。

 まず、非理前歴など審判構成については懲戒委員会の判断範囲ではないと解釈した。

 審判陣にロシアのフィギュアスケート協会長の妻であるシェコフセバさんが含まれたことについても、判定に関する直接的な関連性が足りないと結論付けた。

 またISUは「審判とソトニコワの行動は自然な行動だった」とし、「お互いを祝うときに出てくる情緒的な行動だ。議論の対象と見るのは難しい」と伝えた。

 韓国スケート連盟副会長は「法律諮問を通して対応したため、法律的な検討を受ける必要があると思う」と話した。

 韓国スケート連盟は21日以内に国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴することができる。

 しかし、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを前にISUとの関係など、考慮すべき問題も残っているため、結論を出すのは難しくなる見込みだ。

 ISUのキム・ヨナの提訴棄却ニュースにネットユーザーらは「ISUのキム・ヨナの提訴棄却、本当にありえない」「ソトニコワ選手の金メダルに問題ないと?」「控訴すべきだ」などの反応を示した。

元記事配信日時 : 2014年06月05日09時06分 記者 : キム・ミンジ




ISUとの関係など、考慮すべき問題があると言いつつ、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴をするのではないでしょうかね。

しかし、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴しても、結果は同じだと思います。

ソチ五輪の結果がおかしいならば、バンクーバー五輪の結果もおかしかったと、認めてほしいです。

日本でバンクーバー五輪後、採点の結果で騒いでいた事に対して、騒ぎ過ぎ、良い物? は認めろと言っていましたよね。

しかし、自分達に降りかかると、日本以上に騒いでいます。

良い物? は認めるべきではないでしょうか。

採点が正しいのならば、常勝し続ける事なんてありえません。

採点がおかしいと騒ぐならば、バンクーバー五輪の結果もおかしいと自ら認めるようなものです。

キムヨナ選手も悔いはないと言っているのですから、もう良いでしょう。




↓いつも、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード