出版プロデュース
出版コンサルタント
出版コンサルティング
編集 会社
本の出版企画書の書き方
商業出版への道
商業出版するには
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-21 15:03:03

団塊ジュニア世代で吞もう〜 2016

テーマ:参加セミナー&イベント

第二次ベビーブームに生まれた、我々、団塊ジュニア世代も、もう40代半ば。

いよいよ脂ものってきて、仕事もプライベートも楽しくなってきた頃ではないでしょうか?


それぞれがその楽しんでいることを持ち寄って、利害関係のないただただ同じ世代というだけの仲間だけで大いに盛り上がりましょう。


そこで、ただ同じ世代を過ごしてきたという共有ポイントを持つというだけのメンバーで、毎月第四水曜日にお酒を呑みながら、楽しく語らい、一緒に盛り上がろうという『団塊ジュニア世代の会 』というグルっぽを作りました。


すでに72回のオフ会を開催しておりますが、いまだに飽きることなく、毎回、よく分からないテンションで大盛り上がりです。

メンバーを固定化せず、毎回、はじめての方と久しぶりの方と常連の方が入り混じって、毎回違う雰囲気にはなるというのが、その秘密なのかもしれません。


71回目の様子は、こちら。

70回目の様子は、こちら。

69回目の様子は、こちら。

68回目の様子は、こちら。

67回目の様子は、こちら。

2015年の様子は、こちら。


次回は7月27日に第73回目になるオフ会を開催する予定です。

今回は、新宿にあるラムしゃぶのお店『金の目 』で、今までのラム肉の概念をぶち壊しましょう!


ソーシャルメディアが普及しても、やはり、最後はリアルの付き合いが大事というのがモットーの会です。

いろいろな新たな人脈を開拓するための交流会もいいですが、同じメンバーと深く、濃く付き合うコミュニティがあってもいいですよね。


興味のある方は、是非、この機会に当グルっぽに参加しませんか?


参加表明はこちらから。


ただし、半年以上オフ会に参加されない場合、強制的に退会となりますので、ご了承ください。


なお、このグルっぽの参加人数上限は50名となっております。

もし、興味がありましたら、即行動ですよ~。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-08 13:36:31

第5回ストックビジネス実践会に参加しました

テーマ:参加セミナー&イベント
先日、この本を読んだんです。

ストックビジネスの教科書/ポプラ社
¥1,728
Amazon.co.jp

そしたら、とっても衝撃的な内容でして、目から鱗が何枚も落ちてしまいました。
で、それをアマゾンで紹介したら、30人以上の方にご購入いただいたようで、お礼のコメントとメッセをいっぱいいただきました。

自分が作った本を紹介しても、こんなに売れないのに…(汗)

すっかりこの本の虜になってしまったので、この著者である大竹さんのセミナーがないものかと検索したら、なんと『第5回ストックビジネス実践会』というのがあるじゃないですか!!

しかも、その場でリアルタイムな公開コンサルをされるとのこと。

これは参加せねば〜ということで、申し込みました。
そしたら、なんと福井の中尾さんも申し込んだとということで、一緒に参加しました。

実際に大竹さんが、どんなことをヒヤリングして、それをどう整理して、どんなアドバイスをされるのか、それを生で、しかも、リアルタイムに拝見できるということで、かなり楽しみでした。

クライアントの話しを聞く限り、なかなかストックビジネスにするのは難しそうな事業…。

う〜ん、これをどう落とし込むのか、興味津々です。
と、思っていたら、何と、ストックビジネスへの落とし込みがされないまま、今後、ストックビジネスにしていくためのアドバイスで終了…。


工工工エエエエェェェェェ (゚Д゚) ェェェェェエエエエ工工工


確かにストックビジネスにするには難しそうな事業ではありましたが、それでもビックリするような落とし込みがなされると期待していたのに〜

答えが出なかったので、答えを出すまでの思考のプロセスを体感することができず、何とも不完全燃焼な感じは否めません(汗)
仕方がないので、遠く福井から来た中尾さんと二人、飲みながら自分たちならどうしたかを話し合うも、それが正解かも分からず、モヤモヤして解散しました。

うん、これ、本当なら、二度と行かないパターンです。

でも、翌日に当の大竹さんの投稿を見てビックリ!
だって、1行目に「【敗戦報告】」って書いてあるんですよ〜

内容を読む限り、本人は一切の言い訳をせず、自分のアプローチの未熟さを反省し、次への改善策を考えていらっしゃったのです。
どんな状況であれ、自分の状況を客観的に判断できる人は素敵過ぎます。
今回のこの潔さは、ファンになりますね〜

あの内容で一定の満足感を抱かれたらガッカリですが、そうではなかった。
そりゃ、リアルタイムな公開コンサルなわけですから、多少は無理なこともありますよ〜
その無理なことがあったときに、そのことにどう対峙するのかで真価って問われるんだと思うのです。
そして、今回の大竹さんの対峙の仕方は、まさに私好みだったということですね。

いや〜、これは、次回も参加しなきゃですよ。
ということで、早速、来月のストックビジネス実践会にも申し込みました。



追伸:

ちなみに、自分への忘備録ということで、自分だったらどう考えたかを書いておきます。
一緒に参加した人だけに理解されたらいいので、参加してない人はスルーしてくださいね。

今回のクライアントは、日本人女性(大和撫子)として、現地でも注目されているということでしたので、私だったら婚活ビジネスを提案したかと。
ようは、クライアントの手で、自らの顧客となるママを量産する事業を展開するということです。
そして、そのママ達は、当然、クライアントの商品を使うだけではなく、面識があり、そのおかげで結婚し、出産するわけですから、端に顧客になるだけではなく、広告塔にもなるはずなので、そこからママ友への波及効果を期待します。
その数が口コミの効果に比例し、それがストックされていくことで、どんどん商品が売れるんじゃないかと…。
いかがなものでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-07 12:24:24

第一回だいのみ。に参加しました。

テーマ:参加セミナー&イベント
今週の火曜日は、いつもセミナーでお世話になっているヴォルテックスの菊地大樹さんが立ち上げた『だいのみ。』という、「だいちゃんに誘われたら。顔だしてやるか・・・」というメンバーだけが集う吞み会に参加してきました。
 
今回のお店は、小泉元首相もお忍びで通っているという餃子が美味しい『壇太 』。
私が今まで食べて来た餃子の中でもトップクラスの美味しさです。
店内の昭和のおばあちゃん家を思い出す雰囲気が、さらに味を引き立てます。





そんなお店に集まったっている面々を見ても、誰ひとりとして下心があることなく、本当に「大ちゃんに誘われたら。顔だしてやるか・・・」というメンバー。
そりゃ、楽しく呑めるに決まっています。
 
利害関係がなく、ただただ
大ちゃんという接点でつながっていく。
 
私も団塊ジュニア世代の会 という利害関係のない同世代というだけの飲み会をやっていますが、こういう呑み会は気兼ねしないので居心地もいいし、何より楽しいですね。
実は、楽しいからこそ、そこから新たな何かが生まれたりするんですけどね。

でも、多くの人は、先に何かを求めてこういう呑み会に参加しようとするんですよね。
順番が逆ですよ。
まずは楽しんで、打ち解けて、人間関係ができるからこそ、そこから何か生まれるんです。





こういう呑み会なら、いくらでも参加したいものです。
ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました〜


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>