編集プロダクション
編集プロダクション@Facebook
編集プロダクション@Twitter
出版プロデュース
Amazonキャンペーン
本のプロデュース
出版の方法
出版の方法
出版プロデューサー
出版コンサルティング
出版コンサルタント
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-02-02 18:59:43

高木慎悟さんの『英会話が5分続く 英会話疑問文トレーニング』が発売されました

テーマ:書籍が全国書店で発売

私がプロデュースした、高木慎悟さんの『英会話が5分続く 英会話疑問文トレーニング』が新星出版社から発売されました。

高木慎悟さんは初めての出版です。

 

 

 

 

高木さんが出版実現セミナーに参加されて一年以上が経過してから、出版が決まりました。

しかも、最初はまったくあたりが無かったのに、急に数社からオファーいただいて決まったのです。

 

それだけでも異例なのに、高木さんはフィリピン在住。

 

私としては、英会話本もはじめてなら、海外在住の著者とのやり取りもはじめて。

正直、時差やゲラを送れない環境の中でのやり取りで最初はどうなるかと心配しながらのスタートでしたが、ネットのおかげで難なく進行できたと思います。

 

やっぱり、ネットは凄いですね。

私も、いろいろな部分で自信ができました。

 

本は発売されたので、あとは販促。

 

海外在住の著者がどういう販促ができるのかを考えなくてなりません。

もちろん、内容だけでも売れるぐらいの自信作には仕上がっておりますけどね。

 

ということで、この本のこれからの売れ行きに期待していてください。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-31 15:11:40

皆川顕弘さんの『Googleアナリティクス完全ガイド』が発売されました

テーマ:書籍が全国書店で発売

私がプロデュースした、皆川 顕弘さんの『スモールビジネスのための Googleアナリティクス完全ガイド グローバルサイトタグ対応』がソシムから発売されました。

皆川顕弘さんは2年半ぶり、3冊目の出版となります。

 

 

 

 

実は、今回の企画は、前著の『Googleアナリティクス アクセス解析完全ガイド』の改訂版として話が進んでいました。

 

この本、なかなかなロングセラー商品となっていましたからね。

 

 

 

 

ところが、実際に改訂版の制作が始まると、画面が違うところがチラホラ…。

挙句の果てには、画面どころかグローバルサイトタグが採用され、もはや改訂版で手に追える感じじゃなくなってしまったのです。

 

で、どうせなら、グローバルサイトタグ対応版での一冊目を狙うべきう、新刊本として仕切り直しました。

 

当然、この2年半の間には皆川さんのアナリティクス活用法も進化しておりますので、そこも踏まえて完成したのが今回の本です。

 

個人事業主や中小企業の人が、アナリティクスを使いこなして、さらにサイトを集客できるものにするのに必要な要素が詰め込んでありますので、是非、お手にとってご覧いただきたいと思います。

 

この本も、前著同様に息の長い本になってくれたら嬉しいですね。

これからが楽しみです。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-05 12:32:11

田村憲孝さんの『Facebook&Instagram&Twitter広告…』が発売されました

テーマ:書籍が全国書店で発売

私がプロデュースした、田村憲孝さんの『Facebook&Instagram&Twitter広告 成功のための実践テクニック』がソシムから発売されました。

田村憲孝さんは4年ぶり、6冊目の出版となります。

 

 

 

 

田村さんはソーシャルメディアが得意なイメージが強く、あまり広告のイメージはありません。

 

しかし、FacebookやInstagram、Twitterの広告を広告屋さんが運用するより、実はソーシャルメディアが得意な人が運用した方がうまくいきます。

なぜなら、これらの広告はリスティング広告のような顕在ニーズにリーチする能動的な広告ではなく、潜在ニーズにリーチする受動的な広告だからです。

 

これを広告屋さんが運用すると、表示されたユーザーに嫌われかねません。

そこは、ソーシャルメディア的な感覚で運用しなければならないということなのです。

 

なので、この企画は田村さんに最適な企画だと思っているし、実際に本を作ってみて、田村さんにしか書けなかったんじゃないだろうかと思っています。

 

100円から運用できるこれらの広告は、今後、ますます使われていくと思います。

そして、裾野も広がり、個人事業主も積極的に使っていくことでしょう。

 

その場合の最適な一冊となるような想いで、この本を作りました。

 

何となく、お金がかかるというだけで広告を敬遠している人にこそ読んで欲しい一冊です。

間違いなく、あなたのビジネスを加速してくれるでしょう。

 

ということで、今後、売れ行きも期待の一冊。

これからが楽しみですね。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>