出版プロデュース
出版コンサルタント
出版コンサルティング
編集 会社
本の出版企画書の書き方
商業出版への道
商業出版するには
2010-02-04 22:28:32

“はじめに”や“まえがき”の書き方

テーマ:執筆時の注意点

よく、著者の方に「“はじめに”や“まえがき”って何を書くんですか?」と聞かれます。


基本的に“はじめに”や“まえがき”は、この本には何が書いてあって、読むことでどうなれるのか、何が得られるのかを書きます。

その上で、著者としての熱意や想いも書いてもよいでしょう。


いずれにしても、“はじめに”や“まえがき”を読んで、買うか、買わないかを決める方もいらっしゃいますので、この本をレジに持っていくような『仕掛け』もしくは『つかみ』になるように意識して書いてください。


ベストセラーになった本の“はじめに”や“まえがき”を読み返すと、いろいろな『仕掛け』もしくは『つかみ』があることが分かります。

そういうのを読みながら、参考にして、自分はどういうアプローチでいくかを考えてみてください。


あと、もし、まだ原稿を書かれていないのでしたら、先に“はじめに”や“まえがき”を書くことをオススメします。


先に“はじめに”や“まえがき”を書くことで、書こうとしている内容が明確に整理でき、文章として落とし込むことで、執筆中にぶれることなく原稿を書き進めることができるでしょう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

出版プロデューサー@山田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿