出版プロデュース
出版コンサルタント
出版コンサルティング
編集 会社
本の出版企画書の書き方
商業出版への道
商業出版するには
2010-01-29 12:33:50

ブログを書籍にするには出版社の視点を理解しよう

テーマ:ブログを出版したい

ブログの書籍化を目指しているブロガーの方は多いと思います。

しかし、実は、ブログの書籍化というのは、戦略的にやっていかなければ、ほとんどチャンスがありません。


実際、今日も出版社の方と打ち合わせがあったので、ブログの書籍化についての意見を聞きました。

その方もブログの書籍化についていは消極的だったのですが、理由は以下の2つです。


・もともと素人が作ったコンテンツなので、商品価値が低い

・そもそも無料で公開されているコンテンツを商品化する理由がない


私もその通りだと思います。


素人だからというより、ブログの記事をしっかりと考えて、コンテンツとして価値のあるものとして書いている方って少ないですよね。

そして、無料で公開しているデジタルコンテンツを有料のアナログコンテンツにコンバートするのですから、そこに何かしらの必然性がないと難しいでしょう。


もし、ブログの書籍化を目指すのであれば、この2つの理由に対して、反論できるだけの理論武装が必要になります。

ただ、その前に、その理論を持って、自分のブログを改善し、運営してみましょう。


いいね!(0)  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

9 ■Re:無題

>さき姉さん

そうですか、それは良かったですね。

ブログの書籍化は、昔は簡単でしたし、内容次第では今でもできないわけではありませんからね。

ようは、ブログのクオリティの問題です。

8 ■無題

友人が二人ほど、blogを書籍化しましたよ。


全く違うタイプの人物ですが、超個性的で。


中身も面白いです。

7 ■おはようございます。ペタありがとうございました。

確かに、そうですね。
私はそういう意識はしてなかったのですが、最近。段々楽しくなってきた、共通の話題で作りあげた皆さんのアイディアなど出たら、面白いと思っています。

6 ■Re:はじめまして!

>葉月はな@緑の牧場カウンセリング・センターさん

はじめまして。

そのこだわりは重要です。
くれぐれも自己満足な媒体にしないように頑張ってくださいね。

5 ■はじめまして!

いつも拝見し、勉強させて頂いております。

いずれ、新人賞をとり華々しく出版をする予定ですが(笑)
ブログは文章のブラッシュアップには
最高だと思っています。
この数稽古で、
客観的に自分の文章をみることができるようになりました。

また、
読んで下さる方の数が増えると、
書く人としてのプロ意識も育ってきます。


人の目で磨かれる。
ブログやメルマガは、自分が編集長の
日刊誌と思っています。

4 ■Re:はじめまして、ビリーと申します。

>ビリーさん

書いたモノが溜まってくると、書籍化したくなるみたいなので、書籍化したくなったらすぐに新しいブログを新設しましょう。

3 ■はじめまして、ビリーと申します。

ブログの書籍化について、大変興味深く読ませていただきました。僕自身、一ヶ月ほど前からブログをやっているんですが、書き手としての取っ掛かりになれば、という思いが強く、そのまま書籍化などと大それた気持ちはなく、仕事に繋がってゆけば、と考えています。
また機会がありましたら、指導のほど、よろしくお願いします。

2 ■Re:お久しぶりです。。

>koikoinissi1192さん

ご無沙汰です。

ブログの位置づけに関しては、全くその通りだと思います。
その棲み分けをしっかり想定できるかどうかですね。

1 ■お久しぶりです。。

確かに、ブログをそのまま書籍化は難しいかもしれませんね。
でも、実際私が出版した小説も、今度出版が決まった本も、元はブログから始まっています。
ブログは、いわゆるメモ用紙的にし、そこからどれだけ膨らませたサンプル原稿を作ることが決め手なのかもしれませんね。
特に、ブログは旬ものが多いと思うので、メモ的にしたらかなりいいネタ帳として利用できますもの。。

コメント投稿