出版プロデュース
出版コンサルタント
出版コンサルティング
編集 会社
本の出版企画書の書き方
商業出版への道
商業出版するには
2009-11-18 11:00:54

本の出版には企画書で「あんた何様?」と思われないことが大事

テーマ:書籍の企画書の書き方

企画意図には、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「あんた何様?」と言いたくなる文面をよく見かけます。
もちろん、そこは私見で構いません。

しかし、やはり、それを書くだけの実績や肩書きが必要なのです。

その実績や肩書きについては、「著者プロフィール」で判断します。

そこで、説得力を持たすことができなければ、何を書いたとしても真実味がありません。
とくにあなたの企画書を読む出版業界の方々は、常に情報収集をしておりますし、著名な方とのコネクションもありますので、嫌な言い方をすれば、一個人の説得力の無い私見に耳を傾けている暇はないのです。


ただ、逆にあまりに謙虚だと、著者として自信が無いと思われてしまうので、ここはバランスが大切です。


もし、そのバランスが難しいと思うのであれば、周りの人の意見に摩り替える方法もあります。

たとえば、「私の周りでは、こういう意見が多いので、こんな企画を立ててみました」とか…。

この「周り」も、ある程度の説得力がもたせられる立場の人である必要があります。
自分の意見として書くから角が立つのであって、周りに言われていることにしてしまえば、自分では思っていなくても事実として話すことができます。

そうすることで、比較的、角は立たないはずです。


いずれにしても、あなたの企画書を読む方が「あんた何様?」と思うことがないように注意してください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:貴重なアドバイス有難うございます。

>主婦作家 紗都子さん

小説の場合は少し話しが変わってくるので、何ともいえませんが、そういうことなのかもしれませんね。

1 ■貴重なアドバイス有難うございます。

今回の私の、
小説の書籍化第一弾に際して、
出版社の社長が食いついたのは、
私のドラマチックな人生体験でした。
そういうことなのですね。

コメント投稿