東大英単語熟語「鉄壁」

テーマ:

大学受験を考えている高校1,2年生向けの情報です。

 

英単語帳は世の中に数多あって、どれを使えば良いか悩みますよね。

そこで、難関大学を志望する人にオススメの単語帳がこの「鉄壁」。

 

 

「鉄緑会」っていうのは東京大学専門の受験指導塾です。

関東、関西の進学校の生徒だけが在籍している塾。

私は筑駒卒ですが、筑駒にも鉄緑会の生徒がうじゃうじゃいました。

 

正直鉄緑会は嫌いなのですが、この参考書は優秀だと思います。

 

一つ目の長所は、何と言っても収録語数の多さです。

結構分厚い単語帳なのですが、その分たくさんの英単語・熟語が載っています。この一冊をマスターすれば、とりあえず大学入試で困ることはないといって良いでしょう。

 

そして、この参考書は単語の意味や例文以外にも、たくさんの補足事項が書いてあります。

たとえば「語根」。このブログでも何度か語根について触れたことがありますが、単語の意味を理解・推測する上で語根の知識は不可欠です。

 

分量が多くてきついですが、その分安心感があります。

また、詰め込みに走らず語根や発音も丁寧に扱っている点は好感が持てます。

難関校志望者はぜひ一度、手に取ってみてください。

 

ターゲット1900のようなベーシックな単語帳が終わった後に手をつけると丁度良いでしょう。なので高2あたりが最適でしょうか。

二次試験が近いので、それに関連した参考書紹介でした。

 

今日は以上です!

 

==========

 

東大生ブログランキングに参加しています。応援お願いします!

東大生ブログランキング

 

電子書籍↓

>>東大合格 塾に行かない勉強習慣<<

AD

英語の勉強をしよう!

テーマ:

東大の授業では、1年生のうちは必修で英語の授業があるのですが、2年生になるともうなくなってしまうんですよね。

学科別に別れてからは、多少の選択講義(「科学英語」みたいなやつ)はあるものの、普通の「英語」の授業はもう無いのです。

 

そういうわけで、1年生のうちは英語を読み書きする機会が多かったのですが、最近はおそろかになりがち。アルバイトで長文を教える時など、「あれっ、この単語何だっけ?」と思ってしまうことが時々あります。

 

仮にも東大生なので、ちゃんと英語の勉強はしなければ…

そう思って、この冬・春休みは英語の勉強をすることにしました。

やることとしては、

 

・語彙を増やす(英検1級の単語帳など)

・とにかく音読する(英語に慣れる)

 

あたりです。

すぐにTOEICヤTOEFLを受験したい訳では無いのですが、英語力はそう簡単に上昇するものではないため、コツコツ積み上げよう、というわけです。

とりあえず、前から持っていた↓の単語帳を使おうかな、と。

 

いま開いてみたら、難しい単語ばかりでびっくり。英語力の衰えを感じました。

音読教材については、1年生の必修授業で使った本を用います。

 

今更、必修の授業のありがたみを痛感しています。

数学・物理は自分の意思でいくらでも勉強するのですが、英語はどうしても意欲がわかなくて…

でも、最近は少しモチベーションが高まりつつあります(どういうわけか)。このままの勢いでどんどん勉強していきたいです。

 


高校生の頃はどうしても英語が嫌いでしたねぇ。

東大入試本番も、数学や理科は良い成績だったのですが、英語は悲惨な点数でした。たしか60/120点くらいだったような。

 

高校の頃は、英語は受験科目の一つに過ぎなかったわけですが、大学生になると英語で書かれた論文を大真面目に読むことになります。なので英語の勉強は大学生には必須です。

 

必修ではなくなったためか、ここ最近は英語への意欲が高いです。無理やり勉強させられるとモチベーションが低下するって、よくあることですよね。なぜなのでしょうか。

 

ともかく、東大でも英語は地道に勉強するほかない、ということです。

皆さんも、将来のことを考えて英語は真面目に勉強しましょう、と上手くまとめた()ところで、今日はおしまい。

 


 

 

東大生ブログランキングに参加しています。応援お願いします!

東大生ブログランキング

 

電子書籍↓

>>東大合格 塾に行かない勉強習慣<<

AD

 

この前、アルバイト先の塾で相談されたこと。

 

「日本語の単語を覚えるのは得意なんですが、英単語は全然覚えられないんです。学校の小テストでも苦労しています。どうしたらいいでしょうか?」

 

時々こういう生徒がいるように思います。

日本語の単語は覚えられる、ということなので、単純に暗記が苦手なわけではないことになります。

 

じゃあ何が問題なのか。

一つの原因は、英単語を「言葉」と捉えることができるか否か、だと思います。

たとえば、円周率3.1415926535897...よりも、entertainmentのような英単語の方が覚えやすいはずなんです。その理由は、円周率は言葉ではありませんが英単語は言葉だからなのです。

 

言葉だと思えないと、どんな英単語も単なる文字列になってしまいます。たとえばentertainmentを意味のない文字列だと思ってしまうと、これを覚えるのは大変です。アルファベットは26文字もあるわけですから、数字よりも一層面倒です。

 

この問題を解消するためには、やっぱり英単語を言葉として覚えるしかないように思います。

その一つの方法は「発音」に着目することです。

3.141592...は(数字としての発音はありますが)これ全体での独自の発音はありません。でもentertainmentは発音することができます。英単語の勉強の際も、ただ黙読するのではなくそれを実際に発音してみることで、綴り・意味共に記憶に残りやすくなるでしょう。

 

もう一つは、語源や語根に着目することです。

先ほどから例に挙げているentertainmentだったら、最後の-mentは名詞形にするための語尾ですし、entertainという動詞は別にあります。一気に丸ごと覚えずとも、こうして要素に分解すれば、より簡単になるわけです。

 

こんな風に、英単語を暗記する時は「言葉」として取り扱うのが大切です。

よく記憶クイズとかであるような無意味な数列や文字列として暗記するのは本当に大変ですし、覚え間違いのリスクも潜んでいます。

 

発音と共に覚える、あるいは語源・語根を大切にすることで、単語をより正確に、かつ記憶に残りやすい形で覚えることができるわけです。お試しあれ。

 

今日は以上です!

 

==========

 

東大生ブログランキングに参加しています。応援お願いします!

東大生ブログランキング

 

電子書籍↓

>>東大合格 塾に行かない勉強習慣<<

AD