試験における「長期的な投資」

テーマ:
 
さて、もうすぐ二次試験です。
試験をするにあたって、大切な心構えを一つ。
 
効率よく問題を解いていくためには、「長期的な投資」が大切なんです。
長期的な投資とは何か。それは、
試験開始から数分、落ち着いて全ての問題を眺めてみる
ということです!
 
試験がはじまって、いきなり大問1の(1)から解き始める人がいます。
その勢いは嫌いではないのですが、効率的かというと答えはNOです。
最初から順に解くというのは、素直なようでもやや非効率。
可能であれば、解ける問題から着手したいものです。
 
解ける問題をどう見分けるか。
問題文が長いから、とか苦手分野だから、とかいう理由で後回しにしてしまうのは、実は失敗するケースが多いんです。あとあと問題文を読んでみたら、最初の数問は解ける問題だった、という経験は誰にでもあることでしょう。
 
その問題が自分にとって解けるか否かというのは、数秒で判断できることではないんです。
何分かかけて問題文を読まないといけません。
したがって、大学入試では最初の数分は全ての問題をゆっくり眺めるのに使って欲しいと私は思います。
 
そんなの時間の無駄でしょ、と思うかもしれませんが、それは誤った考え。
最初の数分損をするのは確かですが、この初期投資により後々スムーズに問題を解けるようになるのです。
 
受験生の多くは、こうした長期的な投資ができません。目先のことを考えて、すぐに問題を解き始めてしまいます。
でも、少し我慢して初期投資をした方が実は効率的なんですね。
 
試験の時は、どうしても焦ってしまうものです。
でも、そういう時だからこそ落ち着いて、全ての問題を眺めてみましょう。
これができれば、本番でも普段通りの力が発揮できます!
 
 
今日は以上です!

 


 

 

東大生ブログランキングに参加しています。応援お願いします!

東大生ブログランキング

 

電子書籍↓

>>東大合格 塾に行かない勉強習慣<<

AD