合否の報告と物理の学習

テーマ:
塾でアルバイトをしており、今年度は受験学年の子もたくさん受け持ちました。
 
 
ここ数日になって、早慶などの合否が発表され、私の元にも喜ばしい報告がちらほら。
学校の先生などと比較すれば、塾の先生なんて一時的な付き合いに過ぎないわけですが、私としては担当した生徒が良い結果を残してくれるのは非常に嬉しいことです。
 
早慶を狙っている受験生がいました。理系の子で、慶応だと理工学部、早稲田だと基幹理工学部あたりを志望している人です。その子は私が最も長く担当した生徒の一人で、およそ1年間、ほぼ毎週指導していました。数学や物理がメインでしたね。
 
でも、当初はその子、全然物理ができなくて。私としても「何でこんなにわからないの?」と苛立ちを覚えたことが何度かありました。
ただ、「なんでわからないの?」っていうのは、すでに分かっている人だからこそ言えてしまうことなんですよね。何度か授業をしていくうちに、この子はそもそも物理的なものの見方が分かっていないんだ、ということに気づきました。
 
なので、そこから1年弱、一生懸命物理を教えました。私は所詮大学二年生なので、高度な内容はさっぱりです。でもわかる範囲内で、本質的な理解を目指して一生懸命授業しました。
その結果、幸いにも物理が飛躍的に伸び、本番でもそこそこ頑張れたようです。
数学も授業を担当していましたが、本番は大成功だった模様。
 
1年間同じ生徒を担当して思ったのは、物理ができない生徒はそもそも物理的なものの見方が備わっていないことが多い、ということです。
物理的なものの見方というのは、ポテンシャルとはどういうものか、物理で微積分がどのように役立つか、といったことです。これが分かっていないことには、いくら勉強してもなかなか成績が伸びないんです。公式の暗記をしたとしても、それをうまく使うことができません。
 
簡単にいうと、物理ができる人とできない人は「違う世界にいる」、ということなんです。これに気づけるかどうかが、大学入試の物理が成功するか否かの分かれ道だと私は考えます。
そういう意味で、物理は難しい科目です。ただひたすらに勉強すれば良い、というわけではないので。公式を暗記せずとも、正しい方針で勉強すれば得点は伸びます。正直、物理の公式なんて数個覚えておけば十分。
 
物理の勉強方針で迷ったら、ぜひ私に質問してください!
 
今日は以上です!

 


 

 

東大生ブログランキングに参加しています。応援お願いします!

東大生ブログランキング

 

電子書籍↓

>>東大合格 塾に行かない勉強習慣<<

AD

コメント(2)