菊田俊介オフィシャルブログ「Shun Kikuta Life and Music」Powered by Ameba

菊田俊介オフィシャルブログ「Shun Kikuta Life and Music」Powered by Ameba



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

=News=

菊田の新著が3月24日(金)発売決定!

ギター・マガジン
世界のブルース横丁
シカゴ、メンフィス、ニューオーリンズ、ヨーロッパ、オセアニア、アジア、日本……地球の熱々ブルース・スポットをぐるり!
著者  菊田俊介
定価  1,620 円(本体1,500円+税)
仕様  四六判/256ページ
発売日 2017.3.24
ISBN 9784845630219

image

■□■□■□■□■□

オリジナルTシャツの販売を開始しました!!

⭐️ブラックTシャツ、ホワイトプリント

⭐️ホワイトTシャツ、ダークネイビープリント

サイズはS、M、L、XLを用意しています。

サイズ、カラーに関係なく値段は一律¥2500です。

最初の100名様に、このデザインと同じステッカー(3枚目の写真)をプレゼント。

ご希望の皆さんは、shun@shunkikuta.com にメイルにてお知らせください。




━─━─━─━─━─

$菊田俊介オフィシャルブログ「菊田俊介ブルース日記」Powered by Ameba

Shun Kikuta & Legend Of Rockers
『Power In My Arms』(King Records)


【品  番】(CD) KICS-1917 
【POSコード】(CD)003-43219-5CD (2013/6/26)
【価格】 税込¥3,150
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICS-1917/

━─━─━─━─━─

$菊田俊介オフィシャルブログ「菊田俊介ブルース日記」Powered by Ameba

BEST OF SHUN’S BLUES (King Records)


【品  番】(CD2枚組) Y  KICP-1647~1648 
【POSコード】(CD)003-43219-5
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICP-1647/

━─━─━─━─━─

フェイスブックに
菊田俊介オフィシャルページが登場!
みなさんの参加をお待ちしています!!

https://www.facebook.com/shunkikuta.music

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
NEW !
テーマ:
17日に公開された映画「約束の地、メンフィス〜テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー〜」が、ネット上で好評のようだ。感動したという書き込みをSNS上でずいぶん見た。
 
「メンフィス音楽の伝説的なプレイヤーと若手のアーティストを共演させる。その伝統を後世に残すんだ」
 
ノース・ミシシッピ・オールスターズのルーサー・ディッキンスンが映画の中で言っているこの言葉がまさに全てを物語っている。
 
往年の名プレイヤーやシンガーと、新世代のヒップホッパーやラッパー達のコラボ。この映画のエネルギー源だと感じる。
 
音楽は生もの。今の音を表現していくことが絶対に必要だ。
それはブルースやソウルミュージックなどのルーツに根差した音楽とて全く同じ。
 
シカゴ・ ブルースの黄金サウンドを作り上げたマディ・ウォーターズにしたって、当時は全く新しい革新的な音楽をやっていた。
 
昔の音を再現するだけなら、それはきっと博物館の音楽になってしまうだろう。(実際に再現することはできないけれど・・・)
 
結局一番大切なのは、ブルースや音楽への深い理解と愛情、そしてその音の海の中で思い切り今の自分を表現すること。
 
この映画はそんな大切なことを改めて教えてくれた気がする。
 
 
この映画が録画(録音)されたメンフィス・ロイヤル・スタジオは、昨年グラミー賞最優秀レコード賞をとったUptown Funkの録音でも使われている。
 
下の2つの映像の音が同じスタジオで録られたなんて、面白い。
 
メンフィスのサウンドもこうして進化しているんだ。
 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

茨城県ひたちなか市Stormy Mondayでの

 

「世界のブルース横丁」(リットーミュージック)出版記念トークショー&ミニライブ

 

https://www.fellowscompany.jp/stormy-monday

 

今週金曜(30日)です!!

 

ミニLiveの後はそのままセッションタイムがあります。

 

各楽器のみなさん、楽器を持参の上セッションにぜひ参加してくださいね!!一緒にブルースを楽しみましょう^^

 

※セッションはチケット代に含まれています。別途かかることはありませんのでご安心くださいませ★(Stormy Mondayより)

 

 

世界のブルース横丁」(リットーミュージック)

 

https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3116313018/

 

★ 出版記念トークショー&ミニライブ(セッション有り)

 

◼6/30(Fri)  ひたちなか市 Stormy Monday

https://www.fellowscompany.jp/stormy-monday

Open 19:00

Start 20:00

Door ¥3000(1D込み)

Opening Act ・鈴木良平

お問い合わせ:029-219-6838

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

沖縄のみなさん、3日間本当にありがとう!!

 
5年目になる沖縄ツアーでしたが、この5年間積み上げてきたものと、新しい出会いとが一つになって、実に濃く充実した3日間になりました!!
 
この機会を作ってくれた、沖縄のブルースブラザー田島さん、心よりサンキューです!!
 
来年もやりますから、と気合が入っていたのは嬉しく頼もしい。
 
来年と言わず、また来週にでも行きたいところだが(笑)。
 
今回の写真や動画を見て、この3日間を少しの間振り返ってみよう。
 
 
(写真提供:Aki Ikeda, Kiyo Tajima)
 
Okinawa Blues Project with 三宅伸次&菊田俊介
{331F39DB-21D5-4D46-92C1-B0B3EF069E4A}

金曜の浦添Grooveでのブルースワークショップは、参加者のみなさんと充実の2時間を!!
{745573B8-0EF8-41F8-A2B8-EC2B8BB20A5E}

 
土曜には、那覇GalaにてBlues Night In NAHA 2017
 
菊田俊介&Okinawa Blues Projectのセット
image
 
{2741987E-64BA-48E4-B38F-6EDC68CECCDD}
 
アンコールは、「ダンス天国」「Mojo Working」などで三宅伸治さんと共演!!エキサイティングなジャムに♫
{DB4B57A6-7EB9-4C79-BA22-B023EFBBB70B}
image
image
 
 
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
 
 
今回も素敵なところへ観光に行ってきました^^
 
沖縄中部のパワースポット、備瀬のワルミへ。
 
干潮時にしか岩の割れ目の先にいけないという秘境。
 
干潮の12時半を目指して現地入り。見事に岩の割れ目の先に行け、沖縄の海との感動の出会い。
 

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%9F&rlz=1C5CHFA_enTW561TW562&oq=%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%9F&aqs=chrome..69i57.3653j0j8&sourceid=chrome&ie=UTF-8#q=%E5%82%99%E7%80%AC%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%9F

 

image
 

 

 

 

 

 
最終日は、沖縄の陶器の名店が並ぶ壺屋やちむん通りを散策。
 
{F13455C8-F2F6-4E7A-8153-355C127F0C9B}
 
{EBC37C34-0ABB-4943-9036-AB0A61C56B44}
{5A24B4AF-D9B7-46E6-8D62-4BF9F4503878}
 
{945A92C9-E016-46C8-BA4C-AD69ED9F75B8}

今回は、58号線沿いの西鉄リゾートイン那覇に滞在。国際通りも近く、便利な場所にあるいいホテルでした!
image
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

17日に公開になったばかりの映画「約束の地、メンフィス〜テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー〜」がぴあ映画初日満足度ランキングで2にチャートイン。

 

http://cinema.pia.co.jp/ranking/firstday

 

そして、マイク越谷さんのバークスの連載コラムでも大きく記事になっています。
 
見れば見るほどに心を揺さぶられる映画だ。
 
ミシシッピの大河のような、アメリカン・ミュージックの大きな流れが凝縮された作品。
 
オーティス・クレイ、ボビー・ブルー・ブランド、ティーニー・ホッジスなど、ツアーを一緒にしたり、お会いしたことのある亡くなったミュージシャンたちの最後の勇姿をこの映画で見れるのもほんとに嬉しい。
 
 
歴史を振り返って懐かしむだけでなく、未来に繋がる姿をドキュメントしてくれたのがこの作品の一番の功績だ。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小雨の中、代官山蔦屋書店に向かった。

 

2階の音楽館で、土曜日に公開になったばかりの映画「約束の地、メンフィス〜テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー〜」の公開記念サイン会付きスペシャル・トークショーが行われた。

 

imageimage

 
1994年のデビュー・アルバムのレコーディングでシカゴでお会いして以来23年間お世話になってきたマイク越谷さんを中心に、メンフィスのロイヤル・スタジオのオーナーであり、同映画の中心人物の1人でもあるローレンス”ブー”ミッチェル氏を囲んでのトークショー。
 
image
 
image
 
スヌープ・ドッグとウイリアム・ベルが共演することになったきっかけや、人気ラッパーのヨー・ガッティが母親にボビー・ブルー・ブランドと映画で共演するんだと言ったら、必ずサインをもらってきてね、とお願いされた、などというエピソードが次々に飛び出してきて、あっという間に時間が過ぎていく。
 
知り合いも数人来てくれ、サイン会は和気あいあいとした空気に。
image
 
会場にはブーの奥さんのタニヤさんの姿も。3人美女が揃ってハイチーズ。

image
 
 
マイクさん、ブー、そしてスタッフの皆さんとの打ち上げも笑いが絶えず楽しく進む。
 
ブーの人柄が本当に素晴らしい。この映画の出演以外にも、2016年グラミー賞で最優秀レコード賞を受賞したUptown Funkのレコーディング・エンジニアを務め、ロイヤル・スタジオで録音したロバート・クレイ&ハイリズムの新譜がブルース・チャートの1位を獲得するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍をしているのに、驕ったところが全くなく、親しみやすい人間性に引き込まれた。こういう人だからこそいろんなミュージシャンやチャンスを引き寄せているのだろうなあと、とっても勉強になった。
 
image
 
帰る頃には、いつかメンフィスのロイヤル・スタジオでレコーディングをやろう、と盛り上がる。
 
それを実現できたら最高だ。夢が膨らみ始めた。
 
こういう素敵な出会いがあるから音楽は楽しい。
 
{9560E036-F366-4233-BC9C-8B5E68FF64EF}
 
{6152500D-71D5-4A91-B76C-95E820164CD7}
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。