瞬間治癒能力者 ~神業の瞬治~

瞬間治癒能力者・難病請負人・激痛帳消人


テーマ:
このような最悪の状態から、
私は薄皮を一枚一枚剥ぐように助けていただいたの。
 
「切痔」も、両手首の「腱痛」も、全身の「痺れ」も・・・
あんなに今まで痛かったのが嘘のように「健康体」にしていただいた。
 
どうやってこの「激痛」という「難渋」から抜け出そうと思っても、「出口」や「答え」がなかった。
 
私は難しいことは何もしていない。
 
そんなに「苦労」という「苦労」もしていない。
 
「簡単」に助けていただいた。
 
 
それだけなんでしょ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
日本人なのに和式でできない。
 
外人なら理解はできる。足腰の悪い年寄りも理解はできる。
 
家庭に「洋式」しかないからで、用の足し方がわからない。
 
企業も和式便所の製造をやめたという。
 
全く売れないから。
 
学校の便所も和式から洋式に改修というニュース・・・
 
和式でのやり方を教えるのが「学校」というところではないのか?
 
「もらす」より「できる」ありがたさを教えるべきである。
 
かの「徳川家康」も「三方ヶ原の合戦」での敗走時に漏らしたそうで、
 
情けなくて、それを教訓とすべく肖像画を描かせたそうである。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 

2m超の力作。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

「真田丸」と「瞬治」

 

まぁ、全く関係の内容ですが、実はちょっと繋がりが・・・あったのかもしれない。

 

子供のころから父に先祖のことを聞くと、「豊臣家」の落ち武者であったと・・・

 

「嘘」か「本当」かそれしか出てこなかった。

 

僕も400年以上前のこと気にもしていなかったし、

 

江戸時代の先祖の歴史も不明なのに・・・

 

近年、伯母に祖父が何て言っていたかと聞くと、

 

うちは「士族」の出自であったとのこと。「サムライ」の「因縁」があるのだと。

 

ただ、度重なる木曽三川の氾濫で「家財道具」失っているだろうし、木曽三川改修工事で江戸時代に住んでいた「土地」は川の底だと思われるし、曽祖父は北海道に「開拓移民」に数年滞在しているし、「空襲」で一物も残らなかったと記されているので、調査をしてみたが、士族であった事すら不明である。

 

「真田幸村」と私の先祖が大阪城で奮戦していたと勝手に思い、真田丸を面白くみさしていただいている。

 

城を枕に討ち死にするのもまた定め、城をでて命をながらえるのもまた定め。

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。