2017年03月27日(月) 17時00分00秒

【メルマガ告知】次号:3月28日配信号予告

テーマ:メルマガ告知


どうもぼくです。


次号メルマガの告知です。

次号の目次と、中身のチラ見せです。

 

 

全文読みたい方は、

ぜひご登録を。


登録はこちらから↓

 

 
では、次号のチラ見せです。



次号の目次

▼メルマガvol.006号
 
3月28日(火)配信号

 

////今週の目次////
 

▼1通目
1 今週のオープニングトーク
2 拡大版Q&Aコーナー(前半)
【Q1】「そろそろ○○するころ」
【Q2】「いままでで一番つまらなかった本は?」

 

▼2通目
  拡大版Q&Aコーナー(後半)
【Q3】時間の使い方について
【Q4】「結婚ってする価値あるの?」
3 陣内が先週読んだ本 3月第四週
4 編集後記
5 次週予告
6 活動媒体の紹介
7 【PR】支援者を募集しています
8 退会の方法
 

 
 

1 今週の「オープニングトーク」

 

春めいてきました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

▼▼▼「読むラジオ」とラジオブーム▼▼▼

 

メルマガ読者の皆様、こんにちは。
 

メルマガを書くようになって、
はや2ヶ月がすぎようとしています。
 

ラジオなら「番組開始から二ヶ月」ということですね。

だんだんと書くことが習慣化されてきて、
思考の「フロー」を活性化させるという意味でも、
メルマガは良いリズムと流れを作ってくれているように、
感じています。

 

さて、ラジオで言えば、
「オープニングトーク」にあたるこの文面。

 

先週は3.11のことを書いたりしましたが、
今週は正直、書くことがないです(笑)!

 

パソコンを開いて、
さて、メルマガを書くか、、、
と思ったものの、
特に書くことがないという(笑)!

 

、、、このメルマガのタイトルは「読むラジオ」ですが、
この数年間、私はラジオを聞くことが好きです。
 

世間的にもラジオは「静かなブーム」です。

 

デジタルガジェット環境の変化によって、
「ラジオを聞く」ということの利便性が高まったことが、
その理由でしょう。

 

スマホとストリーミングというのは、
じつはラジオを聞くのに理想的な組み合わせだった、
と世間が気づきつつある。

 

スマホという先端技術が、
ラジオという二世代前の斜陽メディアの追い風になるとは、
誰しもが予想しなかったことです。

 

しかし、往々にして、
技術というのは意外な方向性に役に立ったりするものです。
開発者が意図したようには使われない。

 

、、、
 

、、、この続きはメルマガ登録でお読みいただけます。

 
 



2 拡大版Q&Aコーナー
 

今週は拡大版でQ&Aコーナーをお送りします!

 

このコーナーは、皆さんからお寄せ頂いた
質問・疑問にお答えするコーナーです。
 

日頃の悩み、疑問、今更誰かに聞けないギモン、、、、
質問の種類は問いません。お気兼ねなくご質問をお寄せください。
 

ご利用は下記に基づいてご利用いただけると幸いです。

 

【Q&Aについて】
▼全てのご質問にお答えすることはできません。予めご了承ください
▼いただいたご質問は、ブログ・FVIメディアルームに掲載される可能性があります
▼本名での投稿の場合は「ペンネーム:無し」となります
▼必ず下記フォームからご質問を送信ください

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【Q&Aコーナー専用フォーム】

▼URL
https://www.secure-cloud.jp/sf/1484051839NyovBkYI

 

※大変お手数ですが一つの1メール1質問を原則とさせてください。
ご協力宜しく御願い致します。

 

※頂いたメールはすべて目を通しております。
陣内俊への要望やメルマガの感想、激励などももちろん大歓迎です!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

●【Q1】そろそろ○○するころ

 

ペンネーム:匿名希望(女性)
お住まいの地域:愛知県

 

Q.
私は5歳と3歳のこどもの子育てをしている30代です。
 

時々ママ友たちと「そろそろ〇〇する年頃だよね」的な、
このくらいの年頃になったらこれをやらせるといい、
という基準があるのか、


こどもたちの習い事や学習塾に通わせる話で盛り上がります。

けど本当にそれが必要なのか正直疑問です。

 

こどもたちに合うものを見極めて
やるやらないを決めるのが大切だとおもいます。
 

ただ、そう分かっているのに、
周りに流されてしまう自分もいます。

やらせないと仲間はずれにされちゃうかも、
とか、遅れてしまうかも、とか考えると、
こどもたちも嫌そうじゃなさそうだし通わせてしまいます。

 

話は違うかもしれませんが、主人も昨年からゴルフのレッスンを始めました。
そろそろ会社で接待のために必要になるかもしれないからだそうです。

 

そろそろ〇〇する年頃、これって一生付きまとうものなんですかね~。
 

なんだかぼやきを投稿してしまいました(笑)。

こんな質問もいいのでしょうか。
質問コーナーの趣旨に沿っていなかったらごめんなさい。

 

 


A.
ご質問ありがとうございます。

 

まず、私はまだ子育てをしたこともありませんし、
ママにはなりたくても一生なれませんので、
そういった角度からのアドバイスは出来ません。

 

ただただ、世の中の「ママ」の皆様に、
頭が下がる、これだけです。

 

プレッシャーにながされようが、
愚痴を言おうが、パニックになろうが、
子どもを両親に預けてエステに通おうが、
もう、子どもを産んで育てる、
というだけですごい仕事をしているのですから、

尊敬する以外何もできません。

 

アドバイスなどとんでもない。

 

日本で「偉大な母親」といえば野口英世の母親、野口シカですが、
欧米で偉大な母親といえばイエスの母のマリヤを除けば、
イギリスの伝道者で社会改革者のジョン・ウェスレーの母、
スザンナ・ウェスレーです。・・・

 

、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。

 
 
 
 
 

●【Q2】「いままでで一番つまらなかった本は?」

 

ペンネーム:ねりまる(男性)
お住まいの地域:東京都

 

Q.
30代会社員(営業職)のねりまるです。
お世話になっています。
 

先日はEvernoteの質問にも答えてくださり、
ありがとうございました。
 

参考にしてEvernoteを活用していきたいと思います。
 

陣内さんはメルマガでたくさんの面白そうな本を紹介してくださいますが、
逆に、最も役に立たなかった本、というのはあるのでしょうか?
お教えいただければ幸いです。

 

 

 

A.
同じ質問を何度かされたことがあるのですが、
私の答えはいつも同じです。

 

▼「金持ち父さん 貧乏父さん」ロバート・キヨサキ
http://amzn.asia/fRKKk7b

 

この本は10年前に読みました。
 

それ以来私は、数千冊の本を読んできたはずですが、
この本を上回る「ひどい本」に出会っていません。
 

今後もたぶん出会わない。
出会ったら真っ先にメルマガで報告します笑。

 

「金持ち父さん 貧乏父さん」は私の、
「オールタイム・ワースト本」です笑。

 

世間で、なぜこの本が一定の評価を受けているのか、
私にはいまだに分からない。
 

自分の感覚のほうがおかしいのではないかと、
疑いたくなってくるぐらいです。

 

「金持ち父さん貧乏父さん」は、
悪い意味でそれほどに衝撃的な本でしたから、
いまだに内容が悪い意味で脳内に焼き付いています。

 

記憶を辿って再現していますので、
ディテールは違うかも知れませんが、
おおかたにおいて、この本の骨子は、
次のような話です。

 

序章に、ひとりの「お父さん」が出てきます。
 

このお父さんは「貧乏父さん」です。

 

彼は20代で学校の教師になり、
それ以来、40年以上、生徒たちを教えて、
定年まで勤め上げます。

 

アメリカでは、日本以上に公立学校の教師は薄給ですから、
このお父さんは、少ない年金で汲々とする老後を過ごします。

 

そこへ、「金持ち父さん」が現れます。

 

、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。

 
 
 
 
 

●【Q3】時間の使い方

 

ペンネーム:ぐりぐり(女性)

お住いの地域:東京都

 

Q.
メルマガ楽しみに読んでおります。
対話しているようで面白いですね。

 

さっそくですが質問です。
自分は仕事をしており子どももいます。
 

いつも時間に追われ、やるべきことが山積みで終わった!
という体験が全くありません。
 

それほど神経質な性格でもないのですが、
時間の使い方や要領が悪いのだとおもいます。

 

陣内さんの、時間の使い方、
(1日、1週間、1ヶ月単位などで前もって
やることを計画しておくのか?など)などをおしえてください。
 

たくさん本を読んでおられ、地方でも奉仕をされ、
ご家族もいて、料理もして、どのような優先順位と、
時間の割り振りで生活しておられますか?
 

ぜひおしえてください。

 


 

A.
ぐりぐりさん、ご質問ありがとうございます。
 

私は「時間管理」については、
20代前半から30代中盤にかけて、
「マニア」と言って良いほどハマっていましたので、
「時間管理」という一つのテーマだけでこの15年以上で、
本を100冊から200冊ぐらい読んでいるはずです。

 

それだけでなく、
その15年ほどの間に、
20~30種類ほどのシステム手帳を試しました。

 

いわば「時間活用術」のマニアみたいなところがあります。
 

そして私の経験則から言いますと、
「時間活用術のマニア」には、時間の使い方が上手な人は、
ほとんどいないと断言しても良い(笑)。

 

なぜか。

 

時間管理の本を読んだり、システム手帳を年に何度も変えたり、
いろんな時間活用術を試す人というのは、
「うまく行ってないから」そうするのです。

 

20年間「目下ダイエット中」と言い続けている人に、
ダイエット成功者がいないのと同じです。

 

うまく行っている人というのは、
さまざまな手法を試したり、
書籍を読んだりする必要を感じません。

 

本当に時間活用の達人というのは、
上記のスザンナ・ウェスレーのような人を言うのであり、
スザンナ・ウェスレーはおそらく、
時間活用術の書籍も読まなければ、
システム手帳も持っていないはずです。

 

そんな時間の使い方が下手だと自認する私でも、
これだけの期間、ひとつのテーマについて、
勉強とトライ&エラー&エラー(笑)を繰り返せば、
何かしら「時間に関する哲学」のようなものが、
形成されてくるから不思議です(笑)。

 

メイプル超合金の安藤なつの語るダイエット哲学みたいなもので、
そんなものには何の説得力もない、
と感じる方は、ここまでで読むのをやめていただいても結構ですが、
「もしかしたら何か発見があるかもしれない」と思われる奇特な方は、
続けてお読みください。

 

、、、という前置きの後に、ここからは、
私の中の「時間に関する哲学」、
あるいは、「時間との付き合い方」についての話です。

 

、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。

 
 
 
 

 

●【Q4】 「結婚ってする価値あるの?」

 

ペンネーム:原付男(男性)
お住まいの地域:愛知県

 

先日は、「20代のうちにしておいたほうが良いこと」
についてお教えいただきありがとうございました。
 

大いに参考にさせていただきます。

 

ところで、陣内さんは結婚についてどう思いますか?
 

陣内さんは結婚されていますが、
結婚って、する意味があるのでしょうか?

 

上司や先輩でも離婚している人や、
家庭内別居状態にある人、
そのせいで不幸になっている
子どもたちがいることなどを考えると、
これから結婚することに
意味があるのか分からなくなります。

 

私は今は付き合っている人はいないですが、
いずれ結婚したいと漠然と考えてはいます。

 

既婚者の職場の先輩に以前、
「結婚は人生の墓場だぞ」と言われ、
 

「そういうものなのかなぁ」とか思いました。

 

あと、職場で離婚する人が定期的にいたり、
浮気・不倫をしているという話を聞きますと、
結婚は「面倒を抱え込むこと」というようにも思えてきます。
 

限られたお金とエネルギーと、人生の時間を、
結婚で「消耗」してしまう、ということにならないのか。

 

陣内さんは結婚してらっしゃるようですが、
既婚者としてそのあたりをどう思いますか?

 

 


A.
原付男さん、ご質問ありがとうございます。

 

これは深いテーマです。

まず、結婚というのは、
(そもそも結婚するかどうかも含め)
「人生で最も大事な選択・決断のひとつ」
であることは間違いないでしょう。

 

このあとの「先週読んだ本」でも、
ブリーフィングしていますが、
「養老孟司の人生論」という本を先週読みました。

 

その中で、
選択には2種類がある。
「対象を選ぶ」か、
もしくは
「方法を選ぶ」かだ、
という趣旨のことが書かれていて、
いろんなことの参考になるなぁ、と思いました。

 

スーパーで魚を選ぶという「選択」で言いますと、
こういうことになります。
 

「対象を選ぶ」というのは、
「どの魚を買うか」という選択です。

 

一般に「選ぶ」という場合、
こちらが言われます。

 

しかし、もうひとつ「選び方」があると養老さんは言う。
 

それは「方法を選ぶ」という選び方です。

つまり、「どうやって魚を選ぶか」を決めておく。
 

たとえば、
「お魚コーナーの担当者に、
 最も最近ここに陳列されたパックはどれ?
 と訊いて、指さしたパックを買う」
と決めるのです。
 

または、
「その日、最もグラム単価の安い魚を買う」
と決めます。
 

「眺めていて最初に目が合った魚を買う」
でもいい。

 

とにかく「方法」を決めるのです。
 

そして個別具体的な選択は、
その「ルール」に従う。
 

これも立派な「選択」です。

 

結婚で言うなら、
「誰と結婚するか」は対象の選択です。
 

「どうやって結婚相手を決めるか」は、
方法の選択です。

 
 

、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。

 
 
 
 
 
3 陣内が先週読んだ本
 
先週私が読んだ本(読み終わった本)を紹介していきます。
 
一週間に一冊も本を読まない、
ということは、病気で文字が読めなかった数ヶ月を除くと、
ここ数年あまり記憶にないですから、
このコーナーは、当メルマガの
レギュラーコーナー的にしていきたいと思っています。
 
何も読まなかった、という週は、、、
まぁ、そのとき考えます笑。

ただ紹介するのも面白みがないので、
twitterに準じて、
140文字で「ブリーフィング」します。
「超要約」ですね。
(どうしても140字を超えちゃうこともあります。
 140文字はあくまで「努力目標」と捉えてください笑。)

忙しい皆さんになり代わって、
私が読んだ本の内容を圧縮して紹介できればと思います。
ここで紹介した本や著者、テーマなどについて、
Q&Aコーナーにて質問くださったりしたら、
とても嬉しいです。

 

●嫉妬と自己愛

 

読了した日:2017年3月19日
読んだ方法:Amazonで書籍購入

著者:佐藤優
出版年:2017年
出版社:中公新書

 

リンク:http://amzn.asia/77EROgH

 

▼140文字ブリーフィング:


佐藤氏はマルクスや神学や外交(とくにロシア)が専門分野ですから、
この本のテーマは彼の著作のなかでは「異色」です。
 

佐藤氏は多くの編集者と付き合う中で、
今の若い世代を読み解くのに「歪んだ自己愛」というのが鍵である、
と直観するようになります。
 

かつては「嫉妬」が大きなテーマだったのが、
35歳以下の人で特に顕著だが、「嫉妬」の感情が薄く、
「自己愛」の感情が強い。
 

「自信がないけど、プライドが高い」というタイプ。
だから負けるリスクのある「戦い」に参加せず、
「オレはまだ本気出してないだけ」と言い続けるタイプ。
こういうタイプが増えてきている。

 

、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。
 


 

 

●蘇える変態

 

読了した日:2017年3月19日
読んだ方法:図書館で借りる

著者:星野源
出版年:2014年
出版社:マガジンハウス

 

リンク: http://amzn.asia/c8gB5vX

 

▼140文字ブリーフィング:
 

「星野源のエッセイ、おもしろいよ」と、
友人から教えてもらい手に取りました。
例の「恋ダンス」のドラマは1分たりとも見たことないのですが、
彼が出ている映画を観て演技は嫌いじゃないと思いました。
 

彼はくも膜下出血という大病を患ったこともあり、この本には、
その経緯も書かれています。

 

 

、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。
 
 
 
 
 

●信仰が人を殺すとき(上)

 

読了した日:2017年3月19日 後半とばし読み
読んだ方法: 図書館で借りる

著者:ジョン・クラカワー
出版年:2014年
出版社: 河出文庫

 

リンク: http://amzn.asia/fFqkzGR

 

▼140文字ブリーフィング:
 

モルモン原理主義者が、
「兄弟の妻とその子どもを殺すように」
という「神の啓示」をうけ、実際に殺した、
という事件は全米を震撼させました。
 

クラカワーというジャーナリストは、
この事件が「なぜ」起きたのかを分析するために、
モルモン教の創始者、ジョゼフ・スミスの物語から、
その後さまざまな形で派生する「モルモン原理主義」を追います。


、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。
 
 
 
 

 

●養老孟司の人生論

 

読了した日:2017年3月19日
読んだ方法:図書館で借りる

著者: 養老孟司
出版年:2016年
出版社: PHP研究所

 

リンク: http://amzn.asia/bppNz2D

 

▼140文字ブリーフィング:


10年以上前に発刊された本をタイトルを変えて再版したものです。
なので私は10年ぶりに同じ本を読んだ、ということになる笑。
しかし、始めて読むかのように新鮮に、
「目から鱗」が落ちまくりでした。

 
 
、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。
 
 
 
 
 

●蛇行する月

 

読了した日:2017年3月24日
読んだ方法:図書館で借りる

著者:桜木紫乃
出版年:2013年
出版社:双葉社

 

リンク: http://amzn.asia/16xPk0i

 

▼140文字ブリーフィング:
 

友人を通して知りました。
釧路出身の女性作家で、この作品も釧路が舞台です。
私は帯広に6年住んでいましたので、
「道東の息苦しい雰囲気」が、
よく捉えられてるなぁ、と思いました。

 
 
、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。
 
 
 
 
 

●センス・オブ・ワンダー

 

読了した日:2017年3月24日
読んだ方法:図書館で借りる

著者:レイチェル・カーソン
出版年:1965年(英語初版)
出版社:新潮社

 

リンク: http://amzn.asia/gib1RgS

 

▼140文字ブリーフィング:
 

レイチェル・カーソンの「沈黙の春」は60年代に出版され、
DDT農薬の被害を告発し、その後の「環境保護運動」の、
はしりとなった本です。
池上彰の本の中で、聖書、コーラン、資本論などとともに、
「世界を変えた10冊の本」に数えられています。
そのカーソンが最晩年の「遺稿」として残したのが、
遺児となった甥っ子に捧げた本書。

 
 
、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。
 
 
 
 
 
4 編集後記

 

先週はついに、
ネットで見つけた8,989円のデスクが届きまして、
それを組み立て、念願だった私の「書斎」が完成しました。

 

4.5畳という広さではありますが、
自分の「城」といいますか、
仕事場があるというのは夢のようです。

 

このメルマガはその書斎で執筆しています。

これを書いているのは月曜日の朝ですが、

 

、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。

 
 
 
 
 
5 次週予告
 
・・・
 
 
 

6 活動媒体の紹介

・・・・
 
 

7 【PR】パートナーを募集しています。

 

このメルマガは無料で配信していますが、
代わりにPRを毎回、掲載させていただいています。

 

私、陣内俊の活動は、2008年以来、
一貫して活動を理解し、共鳴していただき、
応援していただいている、
いわば「同志」たちの献金によって、
支えられてきました。・・・
 

、、、この続きはメルマガ登録でご覧いただけます。
 
 
 
 
 
8 退会方法
 
・・・
 
 
 

登録すると火曜日夕方が楽しみになる 
 
 
、、、このような感じで、
毎週けっこうなボリュームで、
書いています。


講読するとちょっと人生が豊かになる、
そんなメルマガを目指しています。


基本的にメルマガの内容は、
ご登録した方しか読むことが出来ません。
今後、ウェブ上でバックナンバーを公開する予定もありますが、
原則として配信後6ヶ月間は、
ウェブには載せない方針です。
 
 
バックナンバーの再送もしません。
 
 
ここでしか読めない、
新鮮な情報を読みたいという方は、
是非、ご登録ください。


登録はこちら↓から。
 


登録いただく方に最後に一点、注意を。
 
スマホでもタブレットでもPCでも、
メールを受け取り閲覧できるデバイスなら、
どんなものでもメルマガは楽しめますが、
メールのキャリア(gmail,yahoo,ocnなど)の設定で、
 
メルマガ送信元のアドレスを
「セーフリスト」に入れてください。
 
@softbank,@ezweb,@docomoの方は、
「URLリンクのブロック」を無効にしてください。

 
かなりの確立でジャンク認定されて、
届かないことがありますので、
ご注意くださいますよう、
よろしくお願いします。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

陣内俊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

陣内にメールをする。 (下記フォームより。個人情報が公開されることはないので安心してメールしてくださいね。) ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ メルマガをはじめます! 面白いです!(多分) 登録はこちらから↓ ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
 
山口出身の保育士で聞き屋経験者、友人の瀬知行くんが岩手県で支援活動を始めました。ともゆきブログはこちら↓

陣内俊 Prayer Letter -ONLINE- 知行のニュースレターはこちら!!!

陣内俊 Prayer Letter -ONLINE- FVI(声なき者の友の輪)が運営するサイト、karashi.net随時更新中!!
陣内俊 Prayer Letter -ONLINE-

FVIの活動報告ニュースレター(四半期ごとに発行)

陣内俊 Prayer Letter -ONLINE- 最新の陣内俊プレヤーレター(PDF版)ダウンロードはこちらから!! 陣内俊 Prayer Letter -ONLINE-

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。