陣内にメールをする。 (下記フォームより。個人情報が公開されることはないので安心してメールしてくださいね。)

★応援くださる皆様へ★


このブログは、陣内俊の活動のためにお祈りくださり、

応援してくださっている皆様への活動報告を目的としています。

皆様の応援が力になっています。いつもありがとうございます。



★プレヤーレターのPDF★


支援者の皆様に紙媒体で郵送している、

「陣内俊プレヤーレター」のPDFは、

こちらからご覧になれます。


2016年1月、2月号

2016年3月、4月号 NEW


★2015年に書いた「小論考」PDF★


療養中の2015年に、

リハビリを兼ねて、

二つの「小論考」を執筆しました。

10,000字程度の文章ですが、

自らの病気の体験や、

いま世の中で起きていることなどについての、

「私論」を展開しています。

興味のある方はご自由に閲覧ください。


思想的地滑り


中空構造日本の新世紀



★2年間の療養期間について★


私は燃え尽き症候群に伴ううつ状態の療養のため、

2013年12月から2015年1月の二年間、

働きを休んでいました。


ご心配をおかけし、

連絡が途絶え、仕事をキャンセルするなど、

ご迷惑をおかけいたしましたことを、

深くお詫び申し上げるとともに、

お祈りくださった方々に心より感謝いたします。


体調が上向いてから、療養中に、

お祈りくださっていた支援者の皆様宛に書いたお手紙のリンクを、

以下に貼りますのでお読みいただければ幸いです(PDF形式)。


2015年3月の手紙


2015年10月の手紙



★ご支援くださる方へ★


FVI(声なき者の友の輪)の働きはセルフサポート制のため、

陣内俊の活動はすべて、

支援者の皆様のご支援で支えられています。

ご支援くださる方は、以下のリンクをご参照くださるか、

左のメッセージボードから直接ご連絡ください。


ご支援方法


過去のニュースレターからも、ご支援方法を参照いただけます。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月02日(土) 07時00分00秒

2016/03/01 journal

テーマ:デボーション

 

 

 

■タイトル:

 

愛とは命令、命令とは愛

 

 

■聖書箇所:

 

第二ヨハネ6節 

 

愛とは、御父の命令に従って歩むことであり、命令とは、あなた方がはじめから聞いているとおり、愛の内を歩むことです。

 

 

 

 

愛とは父の命令に従って歩むことである。

 

 

 

命令とは、愛のうちを歩むことである。

 

 

 

これがここで言われていることだ。

 

 

 

「相互定義」の形になっていて、

まるで老子の教えのようだ。

 

 

 

相互にというよりもむしろ、

「らせん状」に定義されていく。

 

 

 

 

愛とはつまり、父が言われたことを守ることである。

それはパリサイ人のような守り方ではないというのが、

イエスやパウロが論証したこと。

 

 

 

そうではなく、御霊の自由によって守るのである。

 

 

 

「隣人を自分自身のように愛せよ」という言葉に、

律法のすべてが集約されているとパウロは言っている。

 

 

 

 

「愛すること」「愛のうちを歩むこと」これが命令である。

 

 

 

愛し合うこと。

人とも、神とも。

これが命令である。

 

 

 

与えることなしに愛することはできない。

すると与えることが父の命令である。

受け入れることなしに愛せない。

すると父の命令とは受け入れることである。

 

 

 

よくよくこの言葉を吟味し、

愛する人生を歩みたい。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年07月01日(金) 17時00分00秒

【夕刊】Tシャツ考

テーマ:どうでもいいこと

 

どうもぼくです。

 

 

Tシャツを着る季節になりましたね。

 

 

無地のTシャツも好きだし、

ボーダー柄のTシャツも好きです。

 

 

でも、さりげないメッセージ性のあるTシャツも、

ぼくは好きです。

 

 

そういう理由でTシャツを、

1シーズンに一枚ぐらい、買う。

 

 

 

今年買ったTシャツは、

Relaxって書いてあるやつ。

コーヒーカップの絵の下に。

 

 

これですね↓

 

 

 

BEAMS-Tというブランドです。

 

 

 

ユニクロやGUほど安くはないですが、

年に一枚ぐらいは、

こういうのを買います。

 

 

 

なんだか嬉しい気分になります。

 

 

 

ただ、「Relax」と書かれたTシャツを着てる人を見て、

周囲の人が抱く印象というのは、

「あの人リラックスしてるなぁ」じゃなく、

「あの人疲れてるんだろうな」だったりします。

 

 

 

Tシャツのメッセージと、

逆の印象が伝わることもあるのです。

 

 

やたら「ヒーリング」を全面に打ちだしてくる、

ヨガとかやってて、

オーガニック感丸出しの人を見て、

私たちが抱く印象は、

「この人、実はギスギスしてるんだろうな」

だったりするのと同じです。

 

 

 

「オレは強い!」と書いたTシャツを着てる人を見ると、

「弱い人なんだろうな」と思うのと同じです。

 

 

 

、、、話を進めます。

 

 

 

去年は、

「All I need is a cup of Coffee

  and hole lot of Jesus」

と書いてあるTシャツを買いました。

 

 

 

「コーヒーがすこしと、

 たっぷりのジーザスさえあれば、

 オレは満足さ。」

 

 

 

みたいな意味です。

何言ってるのか殆ど意味が分かりませんが、

これはもう、雰囲気ですね。

 

 

 

これもBEAMS-Tです。

 

 

他にこれまで買ったのは、

「Don't place too much trust in Experts.」

(専門家をあんまり信頼しすぎるなよ。)

とか。

 

 

 

これはユニクロです。

ユニクロ銀座店で買いました。

1,500円。

 

 

東京近郊にお住まいの方は、

ユニクロ銀座店、お勧めです。

特にTシャツに関しては。

 

 

他のユニクロ店舗では売ってないデザインが、

ごまんと売ってます。

 

 

で、この銀座店限定Tシャツを買うと、

「同じ車両に同じデザインのTシャツが!」

という、「ユニクロかぶり」や、

「それユニクロで買ったでしょ」

という「ユニバレ」が殆どありません。

 

 

 

あと、patagoniaの、

LIVE SIMPLY

って書いてあるやつが、

ぼくはかなり好きです。

 

 

 

LIVE SIMPLYは、

nikeのJust Do it.

と同じで、

「ロゴ化」してます。

 

 

 

以前一枚もってたけど、

テロテロになって、

今はもってません。

 

 

 

、、、人のTシャツのメッセージを眺めるのも好きです。

日本人が、意味不明な英語のTシャツを着ていることは、

英語圏の人の「あるあるネタ」みたいになってます。

 

 

 

めちゃくちゃ素敵な笑顔の、

超清楚なお姉さんが着てるTシャツに

「FUCK!」って書いてあったり。

 

 

 

分裂してらっしゃるのだろうか。

 

 

 

逆に海外の人の漢字Tシャツも凄いよね。

 

 

 

バックプリントで「苦悶」って書いてたり。

 

 

 

そんなに辛いならユー、脱いじゃいなよ、それ。

 

 

 

 

っていうね。

 

 

 

海外の人の漢字ネタで、

以前たしか千原ジュニアがしてた話が面白かった。

 

 

インドネシアだかどこかで、

「オレの友だちが肩に

 『神様』っていう意味の漢字を、

 日本語に詳しい刺青師に彫ってもらった。」

 

 

、、、

 

 

 

「神?」

「仏陀」とか、そういう墨かなぁ、

って、思って見せてもらうと、

その友だちの肩に彫られていたのは、

 

 

「矢沢永吉」

 

 

、、、確かにある意味「神」やけど!

 

 

 

っていう、芸人のエピソードトーク。

良く出来た話だなぁ、

さすがジュニアだなぁ。

と思った。

 

 

 

あ、そうそう。

 

 

Tシャツの話ね。

 

 

 

最近では、

「極度乾燥(しなさい)」

と書いたデイパックや、

Tシャツを着ている外人がいるが、

あれは意味合いが違うんだよね。

 

 

 

たしか英国のブランドが、

アサヒビールのスーパードライを見て、

「Super Dry」っていう単語を、

グーグル翻訳みたいなので変換したら、

「極度乾燥(しなさい)」と出てきた。

 

 

この漢字とひらがなの形、

かっこいいね、ってなって、

それがイギリスで流行った。

 

 

それが日本に逆輸入されて、

今、街で見かけるというわけ。

 

 

なのであなたが

「極度乾燥しなさい」を着て、

スーパードライを飲んでいるとしたら、

それは非常にオーセンティックな行為だということ。

地球を一周して一貫性がある。

 

 

 

、、、同じような理由で、

「FUCK」Tシャツが、

アメリカで逆輸入的に流行ることは、、、

 

 

 

ないな。

 

 

 

すれ違いざまに殴られるか、

電車に乗ってたらなぜか近くに誰も座らない、

という効用はありそうですが。

 

 

 

、、、という、

「Tシャツ考」でした。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月01日(金) 07時00分00秒

2016/02/29 journal

テーマ:デボーション

 

 

 

■タイトル:

 

私たちが愛し合うと、神は可視化される!

 

 

■聖書箇所:

 

第一ヨハネ4章12節 いまだかつて誰も神を見たものはありません。もし私たちが互いに愛し合うなら、神が私たちのうちにおられ、神の愛が私達のうちに全うされるのです。

 

 

 

 

第一ヨハネの手紙は、

「兄弟愛の書」と言って良い。

 

 

 

「目に見える兄弟を愛していない者が、

 どうして目に見えない神を愛することができるのか」

という御言葉や、

今日の御言葉、

また、「全き愛は恐れを締め出す」

あるいは「愛とは兄弟のために命を捨てること」

という3章の御言葉など、

この書は「兄弟愛」に貫かれている。

 

 

 

中でもこの御言葉は重要だ。

 

 

 

誰も神を可視的に見ることはできない。

 

 

 

しかし、

 

 

 

信じる者達が互いにキリストの愛で愛し合うのなら、

神が可視化されるというのである!

 

 

 

おそるべき御言葉である。

 

 

 

だから、「神は愛」なのだ。

 

 

 

どうか主よ、

私が神の愛で人を愛する人間になれますように。

 

 

 

兄弟のために命を捨てる人、

全き愛でおそれを締め出す人、

言葉だけでなく行いを持って愛する人、

そのような人のひとりと、

私がなることができますように、

アーメン

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月30日(木) 07時00分00秒

2016/02/28 journal

テーマ:デボーション

 

 

■タイトル:

 

口先だけでなく、行いと真実をもって愛する。

 

 

■聖書箇所:

 

第一ヨハネ3章18節 

 

子ども達よ。私たちは、言葉や口先だけで愛することをせず、行いと真実を持って愛そうではありませんか。

 

 

 

私たちは言葉や口先だけで愛するのではない。

行いと真実をもって愛すべきである。

 

 

それは具体的にどういうことか。

 

 

16節には、

「キリストは、私たちのためにご自分の命をお捨てになりました。

、、、ですから、私たちは兄弟のために、命を捨てるべきです。」

とある。

 

 

 

命を捨てるのがキリスト者として標準的な愛し方だ。

 

 

だとしたら、お金というのはなんということはないはずだ。

 

 

17節に、

「世の富を持ちながら、

 兄弟が困っているのを見て哀れみの心を閉ざすような者に、

 神の愛がとどまっているはずがない」

と書かれている。

 

 

お金さえ惜しむ者が命を惜しまないはずはない、

というわけだ。

 

 

お金、エネルギー、時間、知恵、

あらゆるリソースを、兄弟を愛するために、

「行いと真実とをもって」使っていくことが

私たちキリスト者には求められている。

 

 

どうか主よ、

私の人生がそのようなものでありますように、

アーメン。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年06月29日(水) 07時00分00秒

2016/02/29 journal

テーマ:デボーション

 

 

■タイトル:

 

罪がないというならそれは自己欺瞞である。

 

 

■聖書箇所:

 

第一ヨハネ1章8節 

 

もし、罪はないというなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちの内にありません。

 

 

 

 

内観でよくわかった。

 

 

私が罪がない(少ない、他の殺人者にくらべたら少ない、など)

と思っているとしたらそれは自己欺瞞だということが本当に、

骨の髄までよくわかった。

 

 

私には罪がある。

 

 

本当に大きな大きな罪があり、

それは恐ろしく、自分の人生を破壊し、

神の恵みを見えなくする。

 

 

いや、罪が見えた分だけ神の愛の大きさを知る、

と言った方がいい。

 

 

私に罪がないように思えるとしたらそれは自己欺瞞だ。

 

 

6節には、もし神と交わりがあると言っていながら

闇の中を歩んでいるなら、

私たちは偽りを言っているのであって、

真理を行ってはいないとある。

 

 

闇の中を歩むとは、

自分の罪が自分に見えていない状態である。

 

 

キリスト者の歩みのもっとも大切な部分は

日々自分の罪深さを知ることと言っても良いぐらい、

大切なことである。

 

 

これそ忘れず、緩んだネジを締めて、

自らの罪を調べよう。

 

 

貪欲はないか、情欲はないか、

欺きは、強情は、我欲は、我執は、

自己中心は、うぬぼれは、傲慢は、

思い上がりは、狭量はないか、

こだわりやわがままは?

 

 

いつも私は自分の人に対する迷惑を

差し引いて見ている。

自戒しよう。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。