涙物

テーマ:



↑渋谷ナッツ5周年Partyの第一弾


ぶはー!!!w

Nice&smoothにGrand puba!!

まじっすか。。。

これは夕方18時半から21時半まで

DJはKENSEIさん。


マジ、見たい。


で、その日の深夜は



はい。久しぶりだねFinessおじさん。

そして、その愉快な仲間達。

DJ Muro、Hasebe,Jin, Masako。。。


鬼でしょw

Finessは前回に続いて、今回もDJで参加らしいんだけど

Micは握らないのかな。


連続して全部見たら、酒とかも含めて一万くらいとんじゃうかもだけど

ファンには涙物だよね。。。

俺は行きたい!!


絶対に行きたい!


けど、その日から泊まりの会社の研修(一週間)。。。涙


AD

Adore Remixies

テーマ:



チョキ[今すぐ欲しい」 Dj hasebe feat sugarsoul,zeebra


2007年版Adoreというか、Adoreのリミックスをハセベさんが作ってるという話は、以前から

聞いてはいたのですが、とうとう出ましたねw

自身のオリジナルのセルフリミックスっていうのは、結構リスクの高い事だと思うし、元が元なだけに

中々したがらないもんだと思うけど、

ここ最近のハセベさんの何作ものマッシュアップ企画の仕事っぷりが、僕的にかなり満足度の高いものばかり

だったので、正直この話を聞いた時すげーワクワクした。

早く聴きたいって久々に思ってた。

先週、フラッと立ち寄った御馴染みユニオンさんにて発見した時は、興奮してブチ上がって早く聴きたさに他の中古を見るのを拒否して

速攻購入して帰宅しました笑

うん感想。

いいね。

僕これから、これかけますよw

使ってたネタの「Oh honey]。まさかこれを持ってくるとは思ってなかったんだけど

上手い具合にばっちりだったね。

ドラムパターンもいつもながらにより、90年代を感じるし。

何より、リリックの持つ世界とネタのバランスがいい。

甘い。

甘くて強い。

改めてこの曲が日本を代表するクラシックだと理解したよ。

ネタだけを話せば、

最近これを使ってる曲がやたら増えてきて、例えば「Tell me how you feel」Joy enriquesのリミックスだったり。

それがあまり納得できる出来ではなかったし、

ここでネタをチョップしてもねっていうの感じだったの多かったし、

前にマッシュアップについて記事にした事と同じ事を思ってたんだけど、

今回はイントロからマッシュアップ超えだったね。

というか、これがRemixってやつだってね。

流行といえでも、要は使い方次第。マンマであったとしても、それが曲のもつ要素と総合的に判断した時に合えば

それこそ、Right here(Human nature)みたいな奇跡が生まれるって事。

ちょっと褒めすぎ??笑

当たり前じゃないですか。僕はかなりひいき目ですよw

これこそ日本のRight hereだよ。

いや超えた。


AD

NY State of mind

テーマ:
Alicia Keys
Unplugged

Streets of NY(Alicia unplugged ver)


どうもちょっとばかし更新滞ってました。。

6日から、一週間ばかし卒業旅行としてNYに行ってきたり

少し身体壊して病院行ったり笑、

またバイトが始まったり、内定先の会社の課題をやったり

大学の企画プロジェクトなんかの立ち上げに参加したりと

何かとコロコロしてます。


4月まで後1ヶ月半。。

不安と期待、どちらかと言えば不安の多い生活を送ってます。

まー最近思ったのは、あれこれグダグダ考えるよりとりあえずやってみろって事。

考えるとキリないし、話が抽象的になって先に進まないしね。

答えの見えない事を考えて、わからなくなってしまうのは、自分の悪い所でもあるんですが(自覚)

この前友達にも言われたしね(爆)


それはそーと、NY。

行ってきましたよw


厳密に言うと5泊の旅だったけど、見れるところはできるだけたくさん見てきました。

そして少しばかりながら向こうの文化も感じてきました。

でもいかんせん滞在時間が短いのでホンノ少しでしたが。


グランドゼロも行ったし、美術館もセントラルパークも、ハーレム(アポロシアターもw)も、クラブもブルーノートもレコード屋も。

今回はどちらかと言えばマンハッタン中心で

ブロンクスやブルックリン、クイーンズは回れなかったんですが。


多くのアーティストがNYを音楽が感じられる街だと言ってたんだけど

東京ほど多くのレコ屋があるわけでもないし(レコードの量、質ともに日本が一番だと思った)

地下鉄とか乗ってても初めはなかなかそういう機会がなくて、あれ?とか思ってたんだけど、

毎日地下鉄乗って色々見て歩いていくうちに、色々な人が人の目を気にすることなく

好きなように歌ってたり、ラップしてたりする光景を目にするようになった。


夕方くらいの地下鉄のホームには、すんげー歌の上手いソウルミュージシャンが歌ってたり

ここはそんなのがゴロゴロいるんだと、地下鉄の中でも黒人のおばちゃんがでかい声でゴスペル歌ってたり

ちょっと日本じゃ考えられないなと思ったし、

音楽が溢れてるってこういう事かとね。


後、やっぱり色々な国の人がいるよね。

ちょうど泊まってたのが格安ホステルだったから、同じ部屋のやつが普通にブラジル人とイギリス人だったり

、ドバイから来たって人もいたし、人種の坩堝だったよね。

必然的に英語を話さなきゃならない環境だったから、だいぶ苦労したし、大切さを痛感した(痛感するのが目的だったってのもある)。やっぱり伝えたい事を正確に伝えられないのはストレスだし、伝えたいって思ったし

単純に英語を話せると何十億って人とコミュニケーションが取れるわけだから、それはすごいよね。

今更ながらもう一度頑張ろうとか思ったよw

今TOEICの点数がダメダメなので、忍!!来年には700突破いや800突破(さすがにきびしい)を目標にするw


そんな事を思いました。

他にも色々感じた事あるんだけど、また追々書きますね。

R&B特集の3も近いうちにw


AD

Breaks&beats disney  

テーマ:



Breaks&beats disney EP


ヘッドフォンMainstreet Electrical parade ( KPS Remix)



こんばんわMicky君。

やっと会えたね。


僕のプロフ画像にもしている

Dj姿のMicky君のレコードをかれこれ1年半の思いが通じて、

晴れてゲット致しました笑


いやー嬉しい嬉しいw

まーぶっちゃけなんですが、ヤフオクにも出品されてるし、相場の5000円程出せば

こんなに待たなくても直ぐに買えたんですが、いかんせんそんなに出したくない!!

という思いから、安く買えるのを気長に待ってたんです笑


といっても3000円くらい出しましたが。。。


で、今は流れるKemuri productionのElectrical paradeのナイスなBreakに合わせて

もうすぐ卒業のかかったテストが始まるっちゅーのに、のん気にスクラッチングしてます。


いやー待ったなー。



Dear mama

テーマ:



[Dear mama] 2Pac(PV)


http://www.youtube.com/watch?v=JNcloTmvTeA



久々に聴いたけど、いい曲だねやっぱり。

向こうの人って、どんなワルでも母親を大切にするよね。

ドキュメンタリーとか見てても、ラッパーが

カメラの前でだと、「FOCK!! FOCK!!」連発してDisってばかりいるのに、

母親ネタになると、目が急に優しくなって親を大切に思いやる子供に変わったりする。


この曲の2Pacだってそう。普段は自分のサグライフをラップしてるんだけど、こういう曲も作ったりする。

母親的に言わせれば、大切にされるのは嬉しいけど、子供がカメラの前で危ない事ばっか言ってるのが

よっぽど心配なんじゃないかと思うけどね。


まあでも、こっちだと中々親の前で面と向かって感謝の言葉なんて、照れくさくて言えなかったりもするけど

向こうだと普通なんだよね。

それっていいよね。

今一部だけど、母親が子供を虐待したり、逆に子供が親を殺したり、刺したりとか、

そんなニュースをよく耳にするしお互いのリスペクトって凄く大切だよね。

子供も親の事を思う気持ちがあれば、こういう事は起こらないと思うし、逆もしかりだよね。


僕が母親、両親に対して感謝を言葉にした歌で衝撃をうけたというか、そういう気持ちが芽生えてきたのは

ドラゴンアッシュを聞いてからなんだな。



「陽はまたのぼりくりかえす」


http://www.youtube.com/watch?v=9qDGhKPZ__4


「父への尊敬、母への敬意

過ちを繰り返さないための努力・・・」と続く3バース目




「Grateful days]


http://www.youtube.com/watch?v=A-B5heAmIiY


もうあり得ない組み合わせですが笑

でもね、たとえいわくつきの曲でもその今に続く総合的な影響力を含めて

HIPHOPとしてではなくとも、音楽として後に残るクラシックである事は間違いないと思う。

でもHIPHOPの中にも、ドラゴンアッシュを聴いてHIPHOPを知って始めたっていう人が大勢いると思う。

ただそれを言えないか、話してないだけかもしれないね。

僕等世代はそういうとこ気にするんだよね多分。

僕はきっかけは確実に彼等だけどねw


この曲の

「父から得た揺ぎ無い誇り、母がくれた大きないたわり・・・」と続く1バース目



中学3年から高校入るくらいだから、自我に目覚める時期というか、

一番多感な時期に彼等の詩を聴いたのは、前にも書いたけどすげえ影響を受けた。

あの時期の彼等が一番好きだし、彼等もまた成長してる途中だったから価値観がリンクした。

今もね新譜が出るたびチェックしてるけど、音楽的にも思想的にも既に境地だよね。

新しさがあるとかじゃないけど、安心して音に溶け込めると言うか、気がついたら聞きこんでるんだよね。

公開処刑されようがされまいが、日本の偉大なグループだよ。





Nice&Smooth

テーマ:



Nice&Smooth [Let it go](PV)


http://www.youtube.com/watch?v=8eDH_Nvn_qY



ここ最近はY-Tubeの動画紹介ブログ化してますが。

ホントここは動画の宝庫ですよw

いつの時代の動画もほぼ揃ってます!


Nice&Smoothは

どれだけ自分のHIPHOP観ましてや音楽観に影響を与えたのか推し量る事ができないくらい(いい過ぎ)

偉大なアーティストです。

1ヶ月程前ですが「Funky for you]と言う曲のレコードをUSオリジナル盤を買いなおしました。

それまでは再発盤を持って、イベントでもよくその再発盤をかけていたのですが、

やはり自分にとって凄く思い出深い、大切な曲なのでオリジナルを買おうと思い探していたところ

4000円で見つけました。

もちろん相場より格段に安いですが、普段僕がレコードを平均して購入する値段より凄く高い。

でもでも、やはりそこは相場の価値より、気持ちの方を大事にして購入しました。

で、今大切に部屋に飾ってます笑

上のLet it goもDJにとっては定番の曲です。

かっこいいです。是非ご覧くださいなw



「Funky for you] (PV)


http://www.youtube.com/watch?v=GYMDdTImwl4


で、彼等の名曲は他にも「Sometimes I rhyme slow]とか「Hip hop junkies]とか

「Return of the hiphop freaks]とか数あれど、忘れたくないのはこの曲↓




「Cake&Eat it too]


http://www.youtube.com/watch?v=sYf_J7jFHFc


初めて聴いたとき、こんないい曲あんのかHIPHOPはって、

ホントに驚いた。

探せば探すほど、自分の感覚にヒットする曲がわんさか出てきて

止まらなくなった。

ちなみにスチャダラパーの「ブギーバック」はこの曲が発想の原点。

要するにこの曲がなかったら、あの名曲ブギーバックは生まれてこなかった。

ホント様様だよねNice&Smooth。


Block party

テーマ:



「Block party]


見に行ってきました。

映画についての詳しい事は読者登録させて頂いているfabtalkさんのこちら の記事をご覧くださいw


映画はとりあえず、最高でした。

お客さんも出演者。

みんなで一つの事を作り上げていくって素晴らしい事。

胸を打つのは、お客さんも出演者もみんな笑顔なんだよね。

ラップでは現実をライムしてるだけあってその内容も黒いものも多いんだけど、

そのラップを聴いて深刻になるんじゃなくて、共感して楽しむ。


このポスターの右上に「この音楽は世界を変えられる」って書いてある。

それはBlack musicに限った事ではないけど、


「音楽は世界を変えられる」


ってフレーズ。最高の広告表現だなって思って。

この言葉マジ好き。

というのも、僕は「音楽は世界を変えられる」と昔からずっと思ってた。

ライブでも、何でも音楽を聴いて感動したり、何かを感じたりする事って何かしら実生活に影響を与えてるんだよね。

それは気持ちを落ち着かせたり、豊かにしたり、ハイにしたり、落としたり。。。

もちろん、それはいい事ばかりではないかもしれないし、

その影響がほんのちっちゃな事で、たとえ世界は変えられなても、それが積み重なって同じ意思を共有すれば

世界を変えられるってぶっちゃけマジで思ってますw


そうPeaceが一番だって事。

その上で現実世界をどう生きるか、


ワイクレフ(fuggees)の「人のせいにして生きるな。何か思う事があったら自分で勉強しろ」


マーチングバンドのお兄ちゃんのエミネムの言葉の引用で


「チャンスは一度きりだ。絶対に逃すな」


と言う言葉が凄く印象に残りました。

要するに、チャンスを逃さないためにしっかり自己研磨を心がけておく事事。

今いる環境が不満なら、それにあれこれ文句を言わないで環境を変えるための努力をするって事。

それがたとえすぐには変えられなくとも、努力を続ける事が大切だって事。

Mama said knock you out!!

テーマ:




Mama said knock you out!!(PV) LL cool j


こちら↓



http://www.youtube.com/watch?v=TcqgqKTrjEw



ここ数日夜な夜なこの曲を荒々しく2枚使いをしております。

ずっと、メロウな歌物、HIPHOPを紹介してきましたが、

僕のルーツは紛れもなくミドル、オールドですw

レコ掘りでも、いつも初めに手に取るのはこんな感じの曲w


今日偶然このPVをいつもお世話様Youtubeにて発見し、

この曲の思い出を回想してました(暇人。。笑)


この曲に出会ったのは高2の時。

当時深夜BSで宇治田みのるさんが司会のNHKのスタジオを貸しきってクラブ化して、

DJ交えてガンガン音楽かけてしまおうという、今考えれば中々頑張ってた番組があって。

まあ企画自体に無理があったのか、3ヶ月位で終わってしまったけど笑


でも出演してたDJは今も一線クラスのDJばかりで。

当時ターンテーブルを購入したての僕は、レコ情報に非常飢えてまして

番組の冒頭にDJのPLAY LISTが出るんだけど、がっつり紙とペン持ってチェキチェキしてたわけです。


そんなある日に出演のDJがこの曲をかけてたんだけど、

それが2枚使いで10分位延々とかけるという衝撃的なかけ方でして


Mama said knock you out!!×20


くらい続いたため

当たり前ですが今でも鮮明に覚えているわけです。


あくる日町田ユニオンに速攻かけこんで笑

まあそんなエピソードがありながらも、

この曲はヒップホップヘッズでこの曲嫌いな奴の神経がわからんくらいのクラシック中のクラシックである事は間違いないです。

Marley marlプロの傑作中の傑作。


この疾走感溢れる攻撃的なトラックと、勢いに任せたラップは

聴いててスカッとする事必至です。

上がりたい時に是非!

2Pac

テーマ:



テレビ[Pac's Life] 2Pac (You tube)


渋谷宇田川界隈ではいっつもかかってるこの曲。

耳から離れなくなりました笑


あーまた2Pac出したんだーって、何気なく思ったけど

そういやもう亡くなってるんだって、すぐに気づきました笑

出すぎでしょマジで。

死んでから家を捜索したら未発表音源、リリック音源の倉庫が見つかったとしかいいようがないw

レコード会社としても、出し続けるのは今も需要があるからで。

そう考えたら、その影響力は計り知れないよね。

もう10年近くも経つんだぜ。


でもまあやっぱり2Pacは生きてるんでしょうね。

根拠はないけど。

どこに隠れて住んでるんだろ。

国に保護されてるのかな?


Youtubeで2005年に2Pacが目撃??された映像がこちら↓



http://www.youtube.com/watch?v=8PLBltdou8I


なんでしょうかね。

映像としてもヤラセっぽさは否めないんですが。

どうなんでしょう実際は。