Marley marl

テーマ:

おはようございます。

オール明けで家に帰ってきて、書いてます。


Marley marlのDJを聴きに渋谷ナッツまで行ってきました。

本当に楽しみにしてましたよw

こんな機会滅多にありません。後何年待てば良いのでしょうって感じ。


DJの教科書のようなPLAYを聴けました。

荒れ狂う2枚使い。


「HIPHOPってのはDRUMとBASSがあれば十分なんだよ」


そんなメッセージが込められてるような、ビート!ビート!ビート!の嵐。

あっちのDJ特有の大胆な繋ぎ(ちょっとの繋ぎのズレなんて気にしない感じ)で、

全てはノリの熱いバイブスでガンガン攻めておられましたw


いやあすげえ。

溢れるBLACKNESS。

すげー!


一緒に行った大学のROCK好きな友達は彼のPLAYを聴いて

「ROCKだ」

なんて言って、衝撃を受けてましたw

わかるぞ。


個人的にはね、大事な事は何か、最近ちょっと忘れてた何かを再発見できるようなPLAYだった。

凄く基本に忠実な彼のDJを聴いて、学ぶところ、反省するところが凄くあった。

それは気持ちだったり、スキルだったり、音楽に対する好奇心だったりするんだけど、

今みたいに様々な音楽があって、これから次々新しいジャンルもできたり、変化していく中で不変なもの、それは

所謂基礎と呼べるものをしっかり吸収して、その上での自分のスタイルをバランス良く構築する事がやはり大切だと痛感したし、また色々迷いも出てきた。


これまでも常々心がけてはいたけど、まだまだだなと。

趣味でやってるものだし、これでやってこうなんて思ってないけど、

気持ちは前を向いてやってるから。


本当に久々いいPARTYでした。

ありがとうございます。


ちなみに今日は色んな人を見ましたw

リップのPES,RYO-Zさん等有名人もいたし、やっぱみんなそりゃ見たいよね笑



AD

ドキュメンタリー

テーマ:
Miramax Home Entertainment
Rhyme & Reason (1997)
ナウオンメディア(株)
スタイルウォーズ(日本語版)

よく通ってる地元のレンタル屋さんでも、やっとこういう僕の知的好奇心を充たしてくれるドキュメンタリーを置いてくれるようになりました。

「Style wars]は見たんですが、まだ「Rhyme&reason]は見てないので見次第、また感想をアップしますねw

なんせ「Rhyme&reason]はLaurynが出てるという情報が!!!

さっさと見よう!

「Stylewars]は一言でいうと、Bomの歴史です。Bomというのはグラフティの事です。

僕はグラフティをしないので、これまで詳しい事はよくわからなかったのですが、

なんとなくですがわかってきました。

映像は70年代、80年代のグラフティアーティストのドキュメンタリーになっていて映像は古いんですが

逆にそこがリアル感が伝わります。

挿入歌が時代性を感じさせるオールドスクールで、Grand master flashの「The message]とかがんがんです。

当時のPartyの様子(すげえ貴重!!)も映ってたり、

主体はBomingですが、BomとDance,Rap、DJが密接に絡み合っている様子を当時の映像のまま映し出しているので

HIPHOP好きはマストだと思います。



ではでは

僕の知っているBlack系ドキュメンタリーをいくつか参考に


ニューズベース
SCRATCH (日本語版)

DJの歴史。

内容、質ともに文句なしです。

是非!!


ナウオンメディア
FREESTYLE: THE ART OF RHYME

Freestyleの歴史。

90年代のUnder ground Artistが中心。

個人的にはビギーの17歳の頃のFreestyleを聞いて圧倒されました。

MosdefのFreestyleの時、周りを囲んでいる連中にQuiet stormを発見したり。


やはりドキュメンタリーは面白いなと改めて感じました。

事実を多角的に表現する事、しているのを見ると考え方、見方をリフレッシュできるし柔軟になる。

新たに発見する事も多いし、何より理解が深まりますよね。


他にも色々いいものがあると思うので、何か情報あれば教えてください!





AD

Zhane

テーマ:


[Saturday night] zhane


僕のALL TIME Favoriteアルバム。Zhaneの2ND。

R&B屈指の名盤。

5年位前に買って以来、ずっと癒され続けてます。


最近になってコンポにセットする機会が凄く多くなってます。

スムージーかつクール、オシャレでこのCDをかけてるとその空間がゆるくなってきます。

凄く心地いい。

17曲も収録されて、捨て曲が一つもない。

選曲のバランスとともに文句なし。


渋い。


Zhaneと言えば、クラブクラシックと言えば1ST収録の「HEY DJ」等が有名ですねw

この曲のPROと言えば、KAY GEE(元Naughty by nature)なんですが、

この2NDもKAY GEEが大半をPROしてます。

元々NaughtyはTommy boyの僕の愛すべきグループの一つで、今でもクラブで彼等の曲かけるくらい好きなので、

今回のKay geeの仕事もいつも通りドンピシャっす。


それにしてもこのアルバムは凄いなあ。

どんどん引き込まれくる。

もっと早く紹介すればよかったなあ。。



Ralph Tresvant [from US] [Import]

こちらはZhaneともKay geeとも関係はしないのですが、

存分に引き込まれる素晴らしいアルバムである事には違いありません。

何より2曲目「sensitivity]でしょう。


ヘッドフォン[sensitivitity]


Newjack期の名曲。

Jam&Lewis Produce。

この曲をかけるDJは多いですが、最近HASEBEさんの企画物のMIX CDにも一番最後にかけられていました。

HASEBEさん等世代の方はこのような曲を、リアルタイムで聴いて遊んでたんでしょか。

すげー羨ましいなー。



AD

Deja vu!

テーマ:


ヘッドフォン[Deja vu] Beyonce


やっと正規発売。

ちょっと遅すぎなんでないかい??なんて気もしなくないですがw

だって、僕ハウスのREMIXしか入ってないないやつをオリジナルが入ってるもんだと勘違いして買っちゃってるんですよ泣


それは単に僕がミスっただけなんでどーでもいいんですが。

だけど、そんなに僕がこれを買いたい理由、12”発売を望んでいた理由は一つ。

かっこいいから。

売れ線だからとか、そんなの関係ないですよこれは。いいものはいいって事。

センター街とかキャンペーンの催しかなんかで一日中かかってたり、HMVとか大手のレコード屋さんでもアルバムがかかりっぱな位

数ヶ月前から何度も何度も聴いてるけど、その都度思わずノッてしまう。


ほんとかっけーよw(2回目)

まじかっけーすww(3回目)


新譜再評価をし始めて、また改めてデスチャといいビヨンセもじっくり聴き直して、

やっぱりいいね。ぼくはどちらかと言えばSLOWの方が好きですがw



PVも一緒にw


パソコン「Deja vu] 

武道館で一万人動員した誕生日のお祝いも兼ねたプロモーションイベントとか

なんか規模が半端ないよねw

いきなり武道館でプロモーションとかしないよね。

でもでも、ぶっちゃけ行きたかったんですが僕w

とりまアルバムともに、この曲2006年のクラシック確定ですね。






一日

テーマ:
Alicia Keys
The Diary of Alicia Keys

YOUTUBEで「If i ain't got you]のPVを見てて、何度見ても聴いても飽きないです。

それどころか、ますます味が出てきて、自分の中の特別な存在の曲になってきている事に気づきました。

本当に素晴らしいです。


この曲を聴いてると、一日を大切に、感謝を忘れずに生きていこうって気になります。

嫌な事とか凹む事はしょっちゅうだけど、それ以上にいい事も嬉しい事もすごく多いと思うし、

前に進んで行こうという気になります。

恋愛の歌なんだろうけど、感覚的にそんな気分になるのです。


今日PRIDEを埼玉まで見に行ってきました。

前回に続いて2度目。

ちょうど無差別級GPが行われているので、今日は準決勝、決勝でした。

優勝はミルコクロコップという選手でしたが、各選手準決勝から最高に素晴らしい戦いで、とにかく感動してました。

今日感動するって、すげえ事だと改めて認識した。

感動を与える人は当たり前だけど半端ないエネルギーを使ってる。その感動を与える人のパワーを、自分らは集中して感じて

みなで共有する。すごい力だと思う。

今日は埼玉スーパーアリーナにいた全ての人が同じ力を感じて、それに感動してた。

マジ最高だった。

感動すると、どっと疲れが出るんだけど心地いい感じなんだよね。

その日一日が幸せになる。

まるで美味い飯でも食った気分だよ。

今日はそんな気分。


まあそんなわけで


YOUTUBEで見つけた癒しの素晴らしい曲を。。。。是非w



パソコンUNBREAKABLE 」 Alicia keys


unplugedからの1stカット。


パソコンGIRL 」 Destiny's child


9th wonder pro

さらっと歌いこなすbeyonceの歌声に癒されます。

本当に上手い。


パソコンNUMBER ONE 」 John legend


もうたまらんす笑

癒されますわw



Moka Only / Live From Rio

テーマ:


Moka Only / Live From Rio


ヘッドフォンLive From Rio



とうとうきたか!!


再発!!!


地元のレコード屋で9999円という超端数な価格かつ高価格で売られているこの一枚が。。。

ネットでは常に万越えかつ出品される事も殆どないこの一枚が。。。

ホント何でも買えちゃうね。

すごいね。この流れ。


今は再発とか、クラシックのRe edit物の方が売れるんだよな。

だから業者、レコード屋さんはこぞって再発の企画をするんだよな。

良質な音楽が簡単に買えるっていうのは喜ばしい事なんだけど(僕も再発には凄くお世話になってるし)、

この手のレコードは何年もレコードを掘ってきて、やっと出会えるっていう部類の物のような気がするんだよね


例えば「Street life] intelligent hoodlumなんかは、リアルタイムで通過した世代じゃない僕なんかはHIPHOPを聴き始めて

2,3年経って初めて知ったの。再発もされてなかったから、行きつけのレコ屋の店長さんに聴かせてもらって。

そん時の衝撃っていうか、今でも感動は忘れられない。

でも今年に入って、ジャケ付で完全再発されて。

しかもまだ売れ残ってるっていう現状。。。再発したはいいけど、再発したっきりになってるんだよね悲

マーケティング的に再発した方が売れるから、じゃあ再発してって感じで後は知らないよじゃなくてさ、

大事なもんは大事なもんでとって置くのもいいんじゃないかってちょっと思うんだよね。


そりゃ高値でしか買えないもんは、なかなか買えないから辛いけどさ。

でもそういうのがある環境っていいと思うんだよね。

基本僕はこのブログでも、高値でも安値でも関係なくいいものは紹介するってスタンスで書いてるし、DJをやる時もそんな感じでやってるから、高い物はもったいないからブログで紹介しないとか、DJする時もかけないとか、

そんな事絶対しないけどさ。


でもどっちも愛情を持ってやってるものだから、売れるからってだけで再発されて、価値があるものが相応の価値がつけられてないとか手荒く扱かわれたりするのちょっとって感じ。


再発物に今までもこれからもすごくお世話になるであろう僕が言うのも矛盾してるような気がしなくもないんだけど、

再発するなら愛情を持ってして欲しいし、何でもむやみにして欲しくないと思う。


でも音源を見つけたら、いくらだろうが関係なく僕はこのブログに載せますが笑



次のターゲットはCPH(コペンハーゲン)かな。。。

DJ!!

テーマ:

ヘッドフォン DJ Milky / Happy Jam



僕が地元のDJで尊敬している人は二人いました。

一人はDJ TAKUMIさん

そして、もう一人DJ MILKY君です.

彼には以前青山蜂で僕がオーガナイズしたイベントにも出演してもらった事もあります。



二人とも選曲、音楽性において凄く僕に影響を与えてくれました。




TAKUMIさんは今やMSの漢らとともにLIBRAの看板DJとして、もはや全国区で活躍してます。

この前のUNITYJERUが来た時も僕はしっかり見に行ってました

相変わらず選曲抜群でした.。

JERUに直でシャウトされている姿を見て、すげーなーとしみじみ思ってました。

絶対活躍できると思ってた人だから、本当に嬉しい。



でも今回紹介するのはDJ MILKY君のMIX CD



2枚組みなんですが、凄くHIPHOPの愛情に溢れた作品になってます。

彼は凄く手先が器用で、繋ぎが本当に上手。

曲の出だしで絶妙に絡めてくる。

これは何度見ても、すごいなって思わさせられます。

そして、選曲のセンス。

僕はどちらかといえばTAKUMIさんは理論を踏まえた選曲をするタイプだと思ってて、

MILKY君は感覚的。

本人にとっては、そうじゃないかもしれないけど、天才肌タイプな選曲をする。

まあどちらも素晴らしい事には変わりないし、確かな技術と何より音楽の知識の豊富さに裏打ちされたMIXをするので、昔も今も僕の信頼できるDJです。


TAKUMIさんが、二人の中では先に活躍してる感じだったんだけど、

最近DMRのサイトでMILKY君の以前出た「HIPHOP IS LIVIN]のMIX CDが紹介されたり、UNIONとか、色々なレコード店でよく見かけるようになってきて、着実に注目されています。

応援してるので頑張って欲しいです。


音の細道

テーマ:


ヘッドフォン[音の細道」 ASAYAKE PRODUCTION


2年前の5月頃だったか、下北のJETSETでこの7インチを手にとって視聴して以来、

イベントに出演する時はほぼ8割方、この曲をかけた。

それくらい初めて聴いた時は衝撃だったし、


「ファンキーで踊れる」


とにかく最高だった。

フロアを爆発させるための自分の隠し玉シットだった。

まあ、フロアは爆発した事はあんまりなかったけど。。。泣

でも、良さが分かる人はこの曲をかけた後、ブースまで来てくれたり、終わった後で話しかけたりしてくれた。

この曲をきっかけとして、日本人産のブレイクを漁ったり(HALFBYを知ったのもこの時だし、京都のULTICUT UPSとか他にも色々)

後はREADYMADEとかね。。w

こういったアーティストから、HIPHOPをルーツにジャンルを軽くぶち壊す良い音楽を創造している人達がいるんだと言う事を学んだ。メインのHIPHOPではないから、さほど注目はされないし、HIPHOPなのかどうなのかもわからなくとも、

どうしようもないHIPHOP愛だったり、それ以上に音楽愛を感じた。

それはある意味自分の中では大発見で、凄く影響を受けた。

それ以来、どんなタイプの音楽も貪欲に良さを吸収しようと努力するようになったし、

聴く音楽の幅もどんどん広がった。

決してメインを否定するのでもなく、それすらいいものを取り入れていけるように。

まあ色々な意味で最高だったと言う事で。


それ以来、殆どのシングルを揃えて(もはやファン笑)

ミクシのマイミクにもわざわざなって頂いてね(嬉)


いい思い出をありがとうございます。

この曲はミドルをルーツに、UGLYやジュラ好きはツボだと思います。

今の方が、音楽的な流れ的にきっと評価が高いんじゃないかと思います。