愛聴盤

テーマ:


新しいヘッドホンに変えましたw

3代目!!

audio-technica ATH-PRO6です!耳のフィット感がはんぱないです。僕にとってこれ重要です!

重低音の鳴りもいい感じです。

これから何年もってくれるかな。。。w


そんなわけで、最近の愛聴盤でも。

ここ最近、数年前の作品を聴きなおしてます。


Slum Village
Fantastic, Vol. 2

ヘッドフォン 3 [I'Dont know]

ヘッドフォン11 [ Fall'in love]


ヘッドフォン17[ 2U4U]

Jill Scott
Who Is Jill Scott?: Words and Sounds, Vol. 1

2[ Do you remember]

4[Gettin the way]


16[Brotha]



どちらも名盤と呼ばれる程、素晴らしい作品。

今になってまた聴きなおして見ると、

改めてその良さを再認識します。


Slum villageはシングル12”だった「I Don't know]を今更ながら買いに行ったりとか、シングル集めに没頭してます。

ただこの作品は、シングルをソロでうんぬんというより、アルバムの構成、流れが素晴らしいです。

音楽性としてもトライブとは質感が似ているようで違った、独特なサウンドを聴かしてくれます。


Jill scotは16の「Brotha].

実はこれILL STREET BLUES使い。最近ちょっと誰だったか忘れたけど使ってたよねw

Touch of jazz風味効いてます。

全体的に綺麗な楽曲が凄く多くて、かつ癒し効果抜群すぎる。

土地柄なのか、ProにJAZZY JEFFが絡んでいます。

最近やばいなこれと思う作品には、氏が絡んでいる事が多いです。間を感じるトラックが凄く多いんだよね。

ここ最近来日の回数多いんだけど、なかなか見れてないんだよね。


ほんと全く長年に渡っていい仕事してますなw

フレッシュプリンス時代も僕は大好きですわ!!



ってなわけで

DJ Jazzy Jeff & the Fresh Prince
Code Red

どっかで掘り出し市で200円で購入した一枚。

シングルになった「I'm looking for the one]、「Boom!shake the room](Remix共に)、「Can't wait to be with you]収録

ですが、

5、8,9,11を中心にBPMを落としたメロディアスな曲も多い。

というか全体的にそんな感じ。

爽やかでだけど、決して嫌味にならない明るさで統一されてる。

キャッチーで、サンプリングのセンスがいい長く聴ける一枚。


DJ Jazzy Jeff
Lovely Daze/Summertime '98

これだよw

買おう買おうと買えてない一枚。

てか夏終わるし。。。


Summer time98はオリジナルと同じ位好きだけど、今聴くならこっちに軍配。

どこか夏の終わりを感じさせる名Remix.もちろんSummer madness。

でもこれで終わりじゃなくて、「Lovely Daze」収録。

Bill Withersですもちろん。


ヘッドフォン「Lovely dayz]


 ヘッドフォン「Summer time98]

AD

選曲リスト

テーマ:

先日の渋谷nutsラウンジでのプレイリストです。

ラウンジと言う事もあってR&B中心です。


1 Ain’t That The Way        Lutricia Mc Neal


2 Just the two of us        Gran D’ance


3 Angel                   Shaggy


4 Video                   India Arie


5 Caramel                 City High


6 Day&Night(Remix)         Isyss


7 Tell me how you feel      Joy Enriquez


8 I want you               Thalia


9 Don’t let up             Akon


10 Super star              Floatry


11 Curious                Lsg


12 Another Day            Kathy Sledge


13 That’s the way love goes(Remix)  Janet jackson


14 Never goona let you go        Tina Moore


15 Really into you    Aroud the way


16 I wish                  Gabriele


17 Believe in love            Teddy penderglass


18 She is                 Carl thomas


19 So sick(Remix)           Neyo


20 Right there(Micky remix)    Swv-Michael jackson


21 Free                  Debelah


22 Baby come close          Monkenstef


23 I may be single(Ocen Breeze Remix)  Elisha Lavrne


24 As(Cj remix) Jeorge Michael


25 Kiss of life(remix) Sade



最近のものから、90年代中旬のものまでメロディラインが綺麗だと思うR&Bを中心に入れました。

まとまっていたかどうかはわかりませんが、多少はいい雰囲気が作れたかなとは思ってます。

ナッツのラウンジはスピーカーが最強に素晴らしいので、音が凄く良いです。

以前尊敬するDjでもあり、大学の先輩でもあるDj Kentaさんがラウンジで回してるのを聴いてとろけそうになりましたw

Kentaさんの選曲は本当に癒し系でかつ踊れる。

本人も言ってましたが、一言でいえばGroove感が素晴らしい。

本人名義のMIX CD「Beautiful]シリーズも今や有名ですよねw





Beautiful 4 Elements Of The Earth DJ Kenta


最新ミックス。

やはりいいです。




AD

OLD NICK

テーマ:


ヘッドフォンDJ Jazzy Jeff & Fresh Prince / Summer Time - Old Nick Remix


影響を受けたDJの一人でもあるDJ HASEBEがクラシックをREMIXした作品。

個人的にHASEBEさんの作る、もしくはリミックスする作品はツボに入る作品が多いのでよく購入してます。

これはMaroon5[This Love]、The Brandnew Heavies[ You are the univerese]のリミックスに続いて3作目。


全て即買いアイテムです。

即買いですw


フロアの隠し玉かつ爆発チューンです。

マルーン5の時もやられたけど、僕自身が大好きなTBHの「You are the univerese]のリミックスが出た時はめっちゃ興奮したなwHASEBEさんは自他共に認めるこの曲のファンかつ、世界で一番この曲をフロアでかけたDJだそうで(本人談)笑

あのパターンですね。


「RUNAWAY」feat Grand master flash

  ↓

「You are the universe] The Brandnew Heavies

  

お約束ってやつw


DJ HASEBEさんのDJ PLAYはぶれない所が凄く好き。

新譜をかけててもすごくFUNKYに聴こえる。

これって凄い事だと思う。

新旧問わない、もっと言えばアングラ、メジャーも関係なくかっこいいと思うものをかけるそのスタイルはMUROさん同様すごく

憧れた(もちろん今も)

R&Bでも、歌物のよさをうまく引き出すその選曲がツボすぎてしょうがなくてw


制作に関しても、90年代日本語R&Bクラシックの「今すぐ欲しい」とか「いとしさの中で」とか。。。。

「今すぐ欲しい」はコウダクミがカバーしたもんだから、再評価のきっかけになったよね。

カバーされてから、久々もう一度オリジナルを聴いてみて、やっぱこの曲ヤベー、ジブラのライムかっけえなんて思った方少なくないと思います。

今はやりたい事をやりたいようにやっているのがなんとなく伝わるし、こういうクラシックのリミックスは僕にしては待ってましたなんてとこもあるから、素直に嬉しいw




全作品視聴付きで載せますw

すげえかっちょよし!



2作目


ヘッドフォンFull Flava feat. Ce Ce Peniston / You Are The Universe DJ Hasebe Remix



1作目



<><><>

<>ヘッドフォンMaroon 5 / This Love - DJ Hasebe a.k.a. Old NIck Remix





AD

[FREE YOUR MIND #33」 Dragon Ash

テーマ:


[FREE YOUR MIND #33」 Dragon Ash


A
01.Fever - featuring MIHO(free your mind mix)
02.Fever(instrumental)
03.陽はまたのぼりくりかえす

B
01.Baby Girl Was Born - featuring MIHO(daddy's mix)
02.Baby Girl Was Born(instrumental)
03.Under Age's Song(Album Mix)



MIXIでこのアナログが好きな人のためのコミュにも入ってる程、すごく大切にしてる一枚。

「FEVER」のMIXもこの盤ONLYだそうですが、

やっぱり「陽はまたのぼりくりかえす」と「Under Age's Song]が入ってるのが嬉しいです。

この2曲が僕が好きな事はうざい程、このブログでさんざん書いてきたのですが、

個人的に本当に大事な曲です。

聴くと、元気になるというかすげー強いパワーをもらった気になるんです。


試験前に聴くと、勉強してなくても落ちる気がしなくなるんです笑

それは気がしなくなるだけですが笑


どんな時も常に自分の傍にあった曲って、このブログを読んでくださっているみなさん何かありますよね?

悲しい時も、楽しい時も、むかついた時もどんな時も。

そんな時いつも自分にとって必要なサプリをもたらしてくれた曲。

僕にとってはこの2曲なんです。

そんな曲に出会ったことに凄く感謝してますw



Be Stronger, Fly Higher,Don't be afraid...(Under Age's Songサビより)


その足で踏み出せばいい誇らしく、ゆるぎない翼を広げればいい

Take time and Fly high.



就活できつかった時、このサビを聴いてすごく刺激になった。

いつの間にか何も考えずに生活してて、この曲を聴いてハッとしたり、

何かにチャレンジしたくなったりって事が多いです。

歌詞が直球なので、日常こんな事あんまり言えないですが、

だからこそ心に響いたりする。

中学の時にガツンとやられて、今でもガツンとやられる事があるって、

あんまり僕は変わってないって事なのかな。泣






ヘッドフォンEric B & Rakim / Paid In Full (Cold Cut Remix)


高2の時の事。

まだDJのセットを買って間もなくて、曲の知識が全くなかった。

ネットが本格的に普及する過渡期の時期だったから、当然家にネットを接続なんてしていなかったので、レコードの情報がほとんど手に入らなくて困っていた。

当時の情報はソウルトレインとサイファーくらい。後CISCOとマンハッタンの通販リストとか。


そんな秋のある日、地元のレコード屋さんでレコードを掘っていたDJだと思われる方におもむろに話しかけた時の事。

そのDJの方はすごく親切で、こんな何も知らない僕にいいレコ屋だったり、クラシックだったり色々教えてくれて、

挙句の果てに自作のミックステープまでくれて。

そのテープはR&B中心だったんだけど、それがすごく良くてテープが痛むくらい聴いた。

リストはなかったから、曲名はわからなかったけど、後々知識がつくにつれてわかってきた。


入ってたのはAROUND THE WAYだったりSWVだったり、TBHだったりINCOGNITE、TAMIAだったり全部R&Bクラシック。

あれが基礎となったし、あのDJの方には本当に感謝してます。



おっと脱線。。。


でね、その時のそのDJが今「ドルが表紙」のレコードを探してるんだと僕に言ったの。

それがすごくかっこよくて、タイトル忘れちゃったんだけどわかる??って。

分かるわけないじゃないですか笑


後々、レキシントン再発だけど「ドル」が表紙のレコードを発見してこれだったんだって。

びっくりしたよね。

あまりのかっこよさに。

そんな話を思い出したので、つらつら書いてます。


そういやスタジオボイスの2年前の8月号かな?

「80年代のクラブカルチャー伝説」特集で、須永辰夫さんがコールドカットが来日して飛び入りでDJをした時

この曲発売の半年くらい前で、このホワイト盤を直接もらった時もう死んでもいいと思ったって書いてあったな。

そりゃ死んでもいいって思うわw




IT'S FOR YOU

テーマ:


ヘッドフォン[ IT'S FOR YOU] Shanice


R&Bの奇跡。

この爽やかさと透明さ、抑制させたポップさ加減と明るさの絶妙な事。

僕的R&Bの理想系。


DJ KIYOのミックステープで飛ばされてから、血眼になって探した一枚。

やっと音源を見つける事ができたのでアップします。

Shaniceと言えば、「I Love Your Smile]だったり、「I Like]が有名なのだけれども、

R&B好きにはこれでしょう。


画像はプロモ仕様なんだけど、再発はわざわざ日本独占企画オリジナル仕様再発が出るほどの人気盤。

多くの人に聴いて欲しい名曲中の名曲。



MONKY BUSINESS

テーマ:
ブラック・アイド・ピーズ, ジャスティン・ティンバーレイク
モンキー・ビジネス

今更説明はいらない程、去年を代表する作品となったこのアルバムをBGMとして聴きながら

日本盤レビューを読んでいたら

非常に興味深いウィル・アイ・アムのコメントを見つけた。

抜粋すると


「ヒップホップは俺達の内側にあるものだから、どんな曲を作ってもみんな結局ヒップホップになってしまうんだ。

俺達は決して「ヒップホップのルールに沿って絶対にそれに従わなければならない」なんて感じの曲を作るつもりなんてないよ。俺達はブギーダウンプロダクション、トライブ、デラ、スリックリック、ビッグダディケインといったアーティストたちから刺激を受けた。

彼等は俺達に多大な影響を与えたんだ。自分達のレコードを作る時は幼い時に聴いていた曲だったり、その時のマナーや行い全てが彼等と同じようなビートを作り出す。そして、更にそこに俺達独自の音楽のアプローチが加わるんだ。

俺達はボサノバ・サンバ・ソウル・ロックなんかを取り入れたり、もしくはペルー音楽をミックスする。

そんな風に色々やってるけど、ヒップホップである事には変わりはないんだ」


と、自らのヒップホップ観と音楽性についてコメントしていた。



なるほどな。。。

すごく共感した。


BEPは1STから欠かさずチェックしてるけど、絶対ルーツはミドル、オールドだと思ってた。

だから好きだったし、エレファンク前まではジュラ5と同列で見てた。

で、正直「WHERE IS THE LOVE」が出た時は曲の素晴らしさに感動したものの、とうとうセルアウトかって思ったのを覚えてる。彼等は変わってしまったのかって。

そうじゃなかった。

彼等は進化している事に僕は長く気づかなかった。僕は止まっていた。

止まっていたから、それだけの視点でしか彼等の音楽捉える事ができていなかった。


でも、自分も変わった時、

彼等の音楽の楽しさがわかるようになった。

本当に楽しい。


「モンキービジネス」は最高にファンキーで、最高にポップで、最高にヒップホッフな作品。

ヒップホップを聴き始めた時の初期衝動を思い出させてくれる作品。



↑これは「モンキービジネス」収録曲をPREMIRE, PETE ROCK,JAZZY JEFF,LARGE PRO,等がREMIXした12"。

なんて豪華な。曲のクオリティも抜群に高い。

多分アナログのみ。


ヘッドフォン「They Don't Want Music] (Pete Rock REMIX)


ヘッドフォン「Feel It](JAZZY JEFF MIX)

ヘッドフォン[My Style] (PREMIRE MIX)

特にジャジージェフ師匠の「Feel It]が秀逸。

この曲はオリジナルでは僕の浅はかな知識によると、アルバムLPでしか収録されておらずシングルカットされていないので

リミックス仕様でも、12インチカットは知る限り初。




バスタ様

テーマ:


 ヘッドフォン [I LOVE MY BITCH] BustaRhymes


掲載するのは2度目なんですw

以前書いたように、今も新譜のチェックは欠かさず行っています。

今年上半期で、最後6月にぎりぎりドロップされたこのシングルは何度も聴いていくうちに、今年度において本当に重要な

一枚なんじゃないかと思ってきました。

前回はサイドB収録の「New York Shit]の視聴のリンクを貼っていましたが、今回はサイドAのこの↑の曲です。

両A面シングルになっていますが、両曲とも新譜系クラブでかからない事はないですし、

本当にどちらも使えます。


今や困った時のバスタライムズ様。。。。なんて状況です。

そんな状況は何年振りでしょうかなんて笑


個人的に初めはサイドBの「NewYorkShit]にベタ惚れだったんですが、

何故か今になってどんどん「I Love My Bitch]にシフトしていってます。

理由はその2006年のHIPHOPサウンドに代表されるクロスオバー感覚を感じ取れる曲だからといったところでしょうか。

決してやり過ぎず、NYサウンドに忠実ながらも多少の遊び心を感じた曲である事。

DJが繋ぎやすいような出だしも、ちょいしてやったり感もあるしね。

いきなりこのサビがきたら、首縦にふってしまいますわw


うーんやばい。


ハマッテマスw


Channel Two / Artful Time Reduction

テーマ:


[Channel Two / Artful Time Reduction]



ヘッドフォン[JAZZ MOVE]



"YOU'VE GOT TO HAVE FREEDOM"ネタ作品。

<>


まあ正直このネタには飽きてきましたなんて気もしないわけではないけど。

でもそんな気分は今だけで、絶対数ヶ月後にはしまった。。。なんて思うに

経験上決まってるので

とりあえず皆さん1000円ここは黙って出しときましょうw


でもね、肝心の曲の方なんだけど、それがなかなか良く出来ているのよ。

このネタはどう料理していくか。つまりはネタの質感を生かしながらか、

ネタを分解して全く違った風に見せるか。

こっちは前者。


でもね質感を活かしながらも、ピアノで味付けっていいじゃないですか。

好きですよ僕w


というかマーケティングされちゃってます僕笑


とりあえず買いですw









JOY IS FREE

テーマ:
シンク・トゥワイス
ジョイ・イズ・フリー

94年UK産。

これ、LPだと6000円から7.8000円はくだらない程レア音源なのね。

いつも都内レコード屋行くと壁がけされて、しかも値段もとてもじゃないけど手が届かないもんだからさ

どんなんだろうって眺めてた。

でなんだけどど、数日前に地元のレコファンに行くと100円CDセールがやってて、

なんと見つけてしまったの。





100円ナリ。






ぶはww

まあいくらなんでも100円は安すぎでしょ。

LPであんなに高いのに、CDでこんな安かったら、そりゃレコード売ってCDJだけに転向しちゃうわ。

DJとかやめたくなってくるわ笑

泣き笑いだったもん。


まあそんなんで買ってまいりました。

そして、家に帰って早速セットするんですが、率直な感想としては



「ナイス&スムース」



凄く洗練されてて、綺麗な楽曲が並ぶ。

ACIDJAZZをルーツにさらに今風に消化させてる感じでしょうか。

まあUKっぽいってことで。

でもこういうの基本的に大好きな僕としては、値段もさることながら(100円w)クオリティとしても満足いく内容です。