NE-YO

テーマ:


[SO SICK] (REMIX) NE-YO feat LL cool j

もう説明はいらない大ヒットNE-YO君。

このSO SICKは原曲もエロチックで色気溢れる感じでかなり黒いですが、

白ブートのpromo盤でなんじゃこりゃと巷で噂だったREMIXがとうとう正規盤で。

なんていってもHUMAN NATURE使い。

一本取られたな。。

ビートはGANGSTAR [YOU KNOW MY TEEZ]。

驚きでしょう。

なんて組み合わせなんじゃ。

これで食いつかない人はいけませんw

ここ最近マイ大ヒット確実!!



AD

SERGIO

テーマ:


[ timeless ep ] sergio mendes



これは最近発売されたSERJIO MENDESのアルバムからのカットEP。

アルバム全体を聴けていないのでなんとも言えないのですが、

BEPのWILL I AMがほぼ絡んでいる様子でして、絶妙なクロスオバー感が堪らない仕上がり。


誰もが知ってるクラシック 「MAS QUE NADA] をラップと絡めてビートを強めて新たに作り直して来るところがにくい。さすがツボを熟知してらっしゃる。

これは聴きたかった。


そして、何より「THE FROG] feat Q~TIP!!。完全に食ってます。SERJIOの曲じゃなくてこの作りは!!と往年のトライブファン(特に後期)は唸ってしまうでしょう。

え??これ誰が作ったの??WILL??

果たしてそれはわかりませんが、もしWILLが作ったのであれば、あんたは相当好きですな。

わかりますぞ


まあ聴いてみてください


「THE FROG]  SERJIO MENDES  feat Q~TIP







AD

SPICE

テーマ:
シャンテ・ムーア
プレシャス

渋谷の名店「spice records]にてやっと収録曲である「it's alright]を捕獲。

値段300円なり。

1500円くらいでも買おうと思ってたのなんてラッキー。

この曲、keith sweatの名classic「make it last forever]と同じネタであると共に

dj kiyoのtapeにも収録されているんですね。

涙が出るほど美しい曲です。


というかspiceさん安すぎですわ。

実は買おうか迷ったんだけど、pete rock&clの2nd(もちろんオリジナルプレス)が



ピート・ロック&C.L.スムース
メイン・イングリーディエント

これが、3000円。。。。。。

マジすか????これをオリジナルでそんな値段で売っちゃいかんよ。

買おうか死ぬほど迷う。壁掛け棚の前で小1時間(うそ)脳内で今月の出費を考える。。

結局買わず。

というか買えず。


他にもね、



「the fabulous chi-ali]  chi-ali


これも3000円(もちろんオリジナルプレス)

え~。。。

それはありえんでしょ。。

皆さん知っておられますでしょうか??

実はネイティブタンの秘蔵っ子だった彼。produceはbeat nuts!!!!!!

激激レアだった「funky lemonade]収録のこのアルバムを。


funky lemonade


もちろんこれもまた小一時間悩んだあげく買えず。

っていうか財布に2000円しか入ってなかったんだyo(没)


AD

でらそうる

テーマ:
De La Soul
Stakes Is High

これまで、8つ??だったかのデラの作品の中で、最も精神的なアルバム。

確かに、横3つ並べてもこれだけ暗い。


でも今聴くとこれが一番耳馴染みは良い。

優しくて含蓄のある深みが伝わってくる。これを聴いて改めてデラの凄さを認識する。

というのも彼等はどんなスタイルでも難なく対応できるのだ。

1ST[ 3FEET HIGH AND RISING]である意味ビート革命を起こしてから、デラは死んだと2NDを発表するが、本当に死んだ(悪い意味ではない)のは4作目。

つまりこれ。

両極端過ぎる。

しかし、ずば抜けた完成度。

これを聴いてて一つ後悔した事があって。ちょうど同時期にBOOT12”のみで出てたPETE ROCKPROの「STAY AWAY]という曲を、これまで買い逃してたのだ。

ありゃありゃ。

忘れてた・・・・


ともかくいつの時もデラは時代の先を行く音を作ってきた。

はっきりいって僕はデラびいきです。




なんせ

De La Soul
3 Feet High and Rising

これが全ての始まりだったので。

spinna

テーマ:


[holiday] roy ayers


spinna mix


かのroy ayers氏の名曲を今をときめく旬のartistが渾身のremixを施した作品からのカット。

確かにこのアルバムから12”カットされたのは3作だったか。

その中で、kenny dope,spinnaのremixが収録された本作は、HIPHOP、HOUSE好きの方には

とても嬉しいサプライズだった。

異色の出来を誇っているのはspinna remix.

ちょうどspinnaが90年代に好んで作っていたいわゆるスペーシーなトラックが、今のhiphopの旬な音とリンクしたせいか、はてまた時代が彼の音楽性に追いついてきたのかわからないが

ここ数年でspinnaの評価はうなぎのぼり。


今回収録されたこのremixは2005年spinna remixのbestの一つにも入るんじゃないか。

jazzy sport系90年代好きはマストの方向で。


our house

テーマ:


[our house ] our house


言葉にならないとはいい過ぎかなとは思うんだけど、

初めて聴いたときは、少なからずそう思った。


HIPHOPにしてもR&Bにしても、突き詰めていけばいくほど、

こう身震いするような素晴らしい曲に出会えたりする。

この曲が再発された時は、多くのレア物ハンターはため息をついたそうな。


逆にこんな曲がずっと多くの人に知られていなかった事がすごく悔しい。

なら早く紹介しとけよ。って感じなんですが、音源がなかなか見当たらなかったので。

音楽的にはnice&smooth好きな人、初期de la soulが好きな人向け。

だがここは素直にメッセージに耳を傾けてみよう。


rapで何を言ってるか未だわからない僕でもわかる「our house]。

みんな一つなんだよ。

すげーいいこと言ってるよ。

是非視聴してみてください。

amel

テーマ:
Amel Larrieux
Infinite Possibilities

どんな忙しくても、音楽には影ながら貢献したいと思い返しました。

こうやって少しでも多くの音楽を紹介する事が、自分のためにもなると気づきました。

せっかく前から地道に続けてきたわけだし、ここで止めるのはもったいないね。


適度に更新していきますよw


groovetheory時代からamelの音楽性としては、全く変化していない。

彼女はきっとこういう音楽を作りたかったんだと思う。

もう何年も前のアルバムだけど、出来てよかった。

凄く素敵で癒される。

jazzyでsmoozy。


僕の勉強不足を露呈してしまうかもしれないけど、是非dred scottとやって欲しいな。

kid sublime辺り、9th wonder、kanyeとやらせても面白い。

だったらpete rock, premire。。。


妄想。


前にstevieと一緒に仕事やれたらこれに越す喜びはないって言ってたけど、

凄くわくわくするね。

きっと面白いものが生まれてくるよ。


だってあなたの歌声は最高だから。

groove theory時代の名曲「angel」は今も心に残ってますよ。