ロシアの子ども

テーマ:

ロシアの子ども1


アジアの子どもとは違うかわいさがありました。


でもやっぱり子どもは子ども!!!


かわいくない子どもはいませんね~。


ロシアの子ども2

 

うそ、います! かわいくない子ども。

 

も~ほんとーに、にくったらしいガキが・・・。



そんな時はこっちも子どもになって


本気で戦います・・・。

AD

ロシア人美女~その2~

テーマ:

21人目の読者さんに感謝を込めて


本日もロシア美人をお届けします!



街中を歩くと、ビックリするんです。

 

「えっ、今のモデルさん?」と思ってしまう

 

女性があまりにも多くて・・・。


ロシア人美女2


この写真はパーティーの時の写真だったかな。


外はとっても寒いんですが、


家の中はセントラルヒーティングで


ポッカポカ (←オススメ)! 


だいたい20℃くらいはあるんです。


だもんで、女性はこんなに素敵なドレスを


着ても家の中では寒くありません。



でもね・・・


外出のためにポカポカの家の中で


ももひきをはいて(それまでは短パン)、


靴下を二重にはいて(それまでは裸足)、


ズボンをはいて、


長袖を着て(それまではTシャツ姿)


トレーナーを着て


セーターを着て


ジャンパーを着て


更にスノボ用のジャケットを着て


毛糸か毛皮の帽子をかぶって


手袋を着けたときには


もう、汗ダクダク・・・。


けっこうなダイエットになりそう・・・。



でもね・・・


あちぃあちぃと言いながらアパートを出たとたん、


きょえ~~~!!!!!!


さむいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~!!!


汗がいっきに引いて、


口で息を吸い込むと、


肺の中にまで冷たい空気が流れ込んで


おぉぉぉ~~~~~~~~~!!!


と固まってしまいます。


(そんなわけで、「鼻で呼吸しなさい!」

 

 と本気で注意されました。)



そんな寒さの中でいくつか


おもしろい遊び(?)を発見しました!


しばらくまばたきをしないでおいて、


目をつぶってみると、まぶたが冷たくなってて


目がひゃっこくておもしろいんです。


(と文章で書いてもこのおもしろさは伝わりませんねぇ)


単純に言うと、目をつぶると「あっ、目が冷たい!」


って感じる! それだけのことなんですが楽しいんです・・・。


あとはねぇ、鼻から白い息が出るんです!


寒い日に口の奥から息を吐くと白い息がでますよね。


それが鼻からも出ちゃうんです!


まるでマンガの世界のように


鼻息を荒くできちゃいます!!!



そんなおバカな現象だけでなく、


冬のロシアでは(北海道でも!?)


ダイヤモンドダスト」が見れるんです。


空気中の水分が氷の結晶となって


キラキラ輝き、それはそれは


美しくて神秘的な光景です。


写真を撮ろうと試みたんですが、


見事に写っていませんでした、


キラキラが・・・。


代わりにこ~んな↓ステキな写真を・・・。


み、水がぁ~!


自分的にはかなりの傑作だと思ってます!

AD

ロシア人美女に

テーマ:

癒されちゃってください!


アメブロのメンテナンスで泣かされた皆様!


えっ、わたしのこと? ・・・・・・。


ロシア人美女!


残念ながら写真の彼女、既に結婚されておりました。


まだ学生さんなのですが・・・。


ロシアでは学生結婚がめずらしくないようです。


しかし離婚率は世界第3位(ちなみにアメリカが1位)だそうで、


彼女が今も幸せに暮らしていることを心より願います。



でもね・・・


結婚前はスリムで美しいんですが


ロシアのおばちゃん達の


おしりの大きいこと大きいこと!


おそらく結婚当初の4倍くらいにはなっているはず!?


「昔は私も細かったのよ!」と言われても


説得力がないのですが信じてあげましょう・・・。


太る理由はいたって単純、


「寒いから食う!」わけでありまして


若いお母さん二人が左手で乳母車を押しながら、


右手にはビール瓶を持ち、ぐびぐび飲みながら


公園を散歩している姿にも正直ビビリました。


しかもロシアのビールはアルコール度が


10%くらいだったはず。


やっぱり冬は、肉のカーテン (←懐かしい)か


お酒の力が必要らしいっす。



2000年の1月中旬、ロシアの極東:イルクーツクに着いたとき


「お前はラッキーだ! 先週までは-40℃あったんだぞ!」


と言われましたが、


内心-25℃でもアンラッキーと思ってました。



でもね・・・


人間って慣れるんです。


-15℃の日が暖かく感じてくるんです!


(もちろん着込んでますけどね・・・)


そんな日はアイスクリームを食べました。


(ロシアのアイスの美味しさには驚きます!)


冬でも道端でアイスを売っています!


なんせ、天然冷凍庫! 電気は必要ありません。


真冬のロシアで、お日様をかすかに感じながら


お散歩しつつアイスを食べるのが


幸せな日々でした。


ロシアの街並み  

AD

どちらもごちそうさま!

テーマ:

レバー(「燻製はうまい! 」のコメント欄より)で

思い出したことがある!


それは2000年ロシアでのこと・・・。

遊びに行ったとある新婚さんのお家で

ごはんをご馳走になったんです。


市場

あっ、ごちそうの前に(当時の)ロシアお肉事情を…。

 市場(マーケット)では、肉がカタマリで売っていて

 スライスになってトレイにのっていることはなく

 カウンター越しのおねーさんに「300gちょうだい!」

 と言うと、てきとーに切って計りで重さを確かめ、

 どんなに重さが違っててもそのままそれをくれる・・・。

 で、そのカタマリを家でスライスして調理する。


フルーツ売り場


レバーも当然かたまりで売られており

握りこぶし二つ分くらいの大きいレバーを

かたまりのまま奥さんはグツグツ煮ていました。

レバーを煮るにおいの臭いことといったらもう!

食べる気なんて到底おきない・・・。


でもって、茹で終えたレバーのかたまりを

適当な大きさにぶつ切りにして

4分の1くらいのたまねぎと一緒に

挽肉機(ミートチョッパー)に入れ

ハンドルをグルグル回すと、

レバー!

でてくるでてくる! レバーの挽肉。

おもしろそうだからやらせてもらうと、

自分がハンドルを回す速さのペースで

にょろにょろ出てきてとっても楽しい!


自分が作ったもんだから(?)

恐る恐る食べてみると、

お~~~いし~~~い!!!

ぜんぜん臭くなくて、まろやかなコク!

(これはたまねぎのおかげ???)

ビックリたまげたぁ~~~!


日本で食べたことないけど、

きっとこんなにおいしいレバーペーストは

二度と食べれないかもっ!

新鮮なレバーとたまねぎだけで

調味料も何も入れないで(入れないからこそ?)

こんなにおいしくできるなんて・・・。


本気で感動した一品でした。

しかししかし、それだけでは終わらなかった・・・。


新婚さん


仲のいい新婚夫婦に「写真を撮っていい?」

って聞いたら、何を血迷ったか


ごちそうさま


2枚目には、こうなっちゃいました・・・。

こっちが恥かしいっちゅうねん!


レバーも夫婦もどちらもごちそうさまでした。