空手と火の呼吸ヨガが学べるのは修気道だけです!【東京都中野区】

火の呼吸ヨガ・意拳も学べる武術空手。ケガが心配な中高年やビジネスマン、女性など初心者も安心して練習できる体系です。健康に役立ち脳も活性化する修気道空手!東京都中野区沼袋/本部道場

修気道は達人の強さを目指します!


修気道は達人のような境地を目指しています。スポーツ的な体力では年齢と共に衰えてきます。しかし、武道とは本来年齢を重ねても力は衰えません。

その秘訣は「内功」にあります。西洋型のトレーニングは外 側の筋肉を鍛える事が中心なので年齢を重ねて維持してい くのは難しくなります。また、真面目に練習をするほど活性酸素が溜まり健康を害することがあります。

それに対して身体の内部を強化する「内功」の練習は身体に過度な負担をかけずに年齢を重ねても武術としての力を高めるのに役立ちます。


現に歴史を通じて達人と呼ばれる人たちは60歳、70歳になって筋肉はなくてもその力は強靭です。

修気道は「火の呼吸」や「站椿功(たんとうこう)」を取り入れることで「内功」を強化し、年齢を重ねても衰えぬ強さを養い、尚且つ健康でいられるような技術体系があります。

50代、60代から始めても上達できる空手でるので安心して練習できます。





★見学・体験は随時OKです。事前にご連絡ください
体験料:1,000円

 
突き・蹴りに加えて投げや足払いも駆使する護身術!

◆初心者でも参加できる「武術ヨガクラス」がスタート!
レッスン内容・申込は
こちら

ケガをさせない空手!女性・初心者に優しい修気道空手! 

火の呼吸ヨガや中国養生法も取り入れて心身強化&脳力活性化! 

本部道場:東京都中野区沼袋(一般部:日曜、火曜、木曜) 

小平道場:花小金井武道館(少年部:月曜、水曜)



NEW !
テーマ:
一般的に廻し蹴りは腰を回転させて、大きく遠心力を使って蹴るものです。

フルコン空手やキックなどではこういう蹴り方を教わります。

特に上段蹴りの時には軸足の膝を伸ばして全身のバネを使います。

しかし、首里手式の廻し蹴りはちょっと違います。
廻し蹴りであっても、身体は廻しません。

突き同様に中心線を堺に身体を割って左右別々に使うというものです。

従って軸足は伸ばさずに膝抜きによって落ちますから、蹴った時には膝は曲がったままです。
蹴る方の膝は上に、逆足の膝は下に・・・とエレベーターが左右で逆方向に進むような感じになります。

従来の蹴り方とは変わりますので、フルコンを長く経験している人ほど難しく感じられるでしょうね。
私自身も初めはしっくりこなくて苦労しました。

一見インパクトは弱そうに思えますが、実際にこのやり方でミットを蹴ってみると腰を回す蹴りと同等の重みは加わりますし、次の攻撃までのタイミングは早くなります。

廻し蹴りが上手くできれば、前蹴りも横蹴りも後ろ蹴りも原理は同じ(膝抜き)なので、スムースに出来るようになると思います。

色々課題が出ると大変ですが、やりがいはありますね。





◆女性・初心者でも武術の本質が学べるのが修気道空手【東京都中野区】
入会キャンペーン情報はこちら
火の呼吸や意拳を取り入れ、ケガの心配なく身体の使い方を向上させます!
公式サイトはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今年も僅かとなりましたが、大きく変化があった点としてば何と言っても少年部の道場移転。

武道館は広さでは文句無しでしたが、暖房(冷房)がないため、冬場は極寒となり練習開始まで寒さを凌ぐのが苦労しました。。。それでも10年以上続けてきた場所なので離れる時はちょっと寂しい気持ちになりましたね。

子供たちは新しい環境にも慣れてきましたが、慣れすぎてしまうと今度は緊張感がなくなってしまいます。

また、入会時に「猫を被っていた子」も本性を表してくるので、暴れキャラだと手を焼きます。

新しい子が入るとちょっと雰囲気が引き締まる時もありますが、またすぐに戻ってしまいます。

来年は慣れてきた気持ちを引き締めるために数人は上級生クラスの方に移動させようと思っています。
体格が小さかったり兄弟の場合は4年生以上でも同じクラスでの参加を認めてきましたが、学年が上がっても真面目に取り組まないような態度が見られる子については、環境を変えるのも方法です。

現4年生はもう来年は上級生クラスに移動してもらわないと、本人のためにもなりません。

環境が変わる事で気持ちも引き締まってくれればいいのですが。。。

リーダーシップが取れる子を養成したいですが、時間がかかりますね。
候補は誰だろうか??? ん~難しい。。。







◆女性・初心者でも武術の本質が学べるのが修気道空手【東京都中野区】
入会キャンペーン情報はこちら
火の呼吸や意拳を取り入れ、ケガの心配なく身体の使い方を向上させます!
公式サイトはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
捌きの技術は「掴む」という事を技に転嫁させたのが大きな特徴です。

戦いにおいて人間の本能ともいえる「掴む」という動作を全く無視したものを「実践」と定義していいのだろうか??
空手には掴み・投げはない・・・というのは間違いです。

型の中には投げ・掴みも出てきますし、元々は素手で武器に立ち向かう戦闘技術でもあったので掴まない方が不自然ですね。

競技が広まり突き・蹴りという空手らしい技を磨くという要素もあってかルール上は投げ・掴みが禁止になり、それによって道場での練習も掴まない・投げないものが一般的になったのだと思います。

修気道では捌きの技術をベースにしていますので、投げ・掴みも多用します。

キックのように上半身裸で戦うものでなく、空手は路上での実践がベースとなりますので、服を着ているということを考慮すれば服を掴んで技に活用するのは非常に効果的であると考えます。

ただ状況によって服が掴めない、あるいは掴みにくい事もあります。
例えば、半袖・Tシャツの場合。通常の捌きで行っている袖を掴むという動作は難しくなります。

しかしタイミングは同じです。服は掴まなくてもポジションによって死角に周り、首がフックできれば同じ技は使えますし、掴まない代わりに腕を巻き付けるようにロックして崩すことも可能です。

そうすると掴めない状況下でも捌くことはできます。

捌きというと=掴む技術だと思われますが、それは一部であって死角に入るポジショニング、スイープ(足払い)によってバランスを崩す、など様々な技術が含まれます。

正に空手は総合武術と言えますね。
ルールに限定されず幅広い技術を身に着けるようにしたいですね(あくまで空手として)。





◆女性・初心者でも武術の本質が学べるのが修気道空手【東京都中野区】
入会キャンペーン情報はこちら
火の呼吸や意拳を取り入れ、ケガの心配なく身体の使い方を向上させます!
公式サイトはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。