2011-02-22 15:16:15

就活で心が折れそうになったときに救ってくれた言葉

テーマ:ブログ
ツイッターでは、この時期になるとそろそろ就活に対する悲観的なつぶやきが多くなる。そこで、就活生終了者に、就活で心が折れそうになったときに救われた言葉にどんなものがあるか聞いてみた。以下、この時点でよせられた回答。



Miki .U
@ 父親に「何も心配してないよ、大丈夫だよ」って言ってもらった時、信頼してくれてるんだなってすごい元気でました!

>なるほど。づっと見ていてくれてるんですね。見守られているって安心感ありますね。逆に、かつて私の生徒
 で、心配性の母親がその生徒に「大丈夫?ほんとに今のままで第一志望に内定もらえるの?」と目を合わせる
 度に聞かれて、萎えたという話しもあった。これ、ピぐマリオン効果ってやつだね。



Masashi kuno
@ 就活で心が折れそうな時は大事マンブラザーズの「それが大事」を聴いていました。面接で落とされるって自分を否定されてるように感じるんです。「豪華な墓石を建てるより安くても生きてる方が素晴らしい♫」生きてるのが素晴らしいならがんばってる俺はもっと素晴らしいじゃん‼と

>なるほど。だれかの言葉と言うより、歌の歌詞ですね。他の就活生に聞くと、色々と出てくそうですね。



Masashi kuno
@ もう一つ。就活で心が折れそうな時は人から聞いた相田みつおさんの詩を思い出します。「なまけるとこころがむなしい。 一所懸命になると自分の非力さがよくわかる」手を抜いてないからこそ苦しい。苦しい今こそ、上へ登ってる時だと言い聞かせてました。

>これはかな前向きな気持ちになりますね。コーチングでも、リフレームと言う(逆の見方)スキルがあります。1
  つの事象を裏側から見ることでポジティブになるということです。就活生、この相田さんの言葉と、
  masaboo0825さんのとらえ方、参考にしてほしい。



Takahiro.S

誰のというか、漫画とアニメに救われた。すごい現代っ子チック。もう少し掘り下げると、漫画の著者、アニメの製作者となるのかな

>さっきは音楽だったけど、アニメってのもありなんだね。これは個人によってどのアニメによって救われるかっ
 てのは変わってきそうだ。


今後、ツイッター寄せられた意見など、ブログで紹介していきます。現役就活生の方も、「自分では聞けないけど、こういうこと聞いてほしい」というものあったら、ツイッター上でリプライください。君に代わって聞かせていただきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

就活コーチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。