1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-09 20:00:00

山内秀一試験導入公演「遭難」

テーマ:稽古日誌
というわけで、初脚本&初演出&主演・プロデュースの公演が2日で3つ…無事終わりました。
お越しいただいた皆様、応援してくださった皆様、、ありがとうございました!!
 
ミウラケンこと栁澤さん、永岡さん、家康さん、DEZERTさん…お友達のご厚意に助けられまくった公演でした。感謝。
 
はっきり言って良い芝居だったと思うし、千秋楽終わった時に、なかなかすげーもん創り上げたな!と軽く心の中で勝利宣言しました。
 
ご来場いただいたすべての方に感謝。
 
この皆さんへの感謝を来週も来月も来年もその先も…忘れない人間にならなくちゃなと思っています。
 
ネイキッドロフトのスタッフさんのご来場も死ぬほど嬉しかった。
 
舞台上での飲酒・喫煙・発砲…お客さんには駄菓子や焼酎をふるまうという演劇のタブーのような内容でしたが、誰の目にも明らかなくらいにその実態は「舞台」でした。
 
しつこいくらいに「自由に生きよう!」と連呼している私ですが、自由を与えられたところで結局、人と同じようなことを始めるのです。滑稽でしょ。笑えよ。
 
 
散々、演劇をバカにしたような発言をしながらきわめて演劇的な作品をドロップするあたりに私のコンプレックスが見え隠れしますね。ふふふ、笑える。
 
 
上演中の飲食ですが、これは”演劇は娯楽であれ”という持論によるところが大きかったです。
楽しみ方は人それぞれなのは承知の上で、、
 
6年ほど前の痛ましい天災を機に、娯楽の重要性と、自分があくまで娯楽の歯車であることを認識したことに起因しているのかも。
娯楽であることの大切さ。思えば、あれだけ嫌いでしょうがなかったアイドルにハマりだしたのもそのころかも。
考えがまるで変ったんだ。価値観も。
 
 
私はアーティストではない。アーティスト性の放棄。歯車、娯楽。
 
 
しかし、あの1年くらい後にずっとあこがれ続けていた人と出会ってしまい、娯楽の構築とアーティスト性の放棄はイコールでないことを嫌というほど思い知らされたのです。
 
 
娯楽を創るアーティストであれ、、そう微かに言い聞かせながら産み出したのが今回の「遭難」。
 
 
この汚れた声はあなたに届きますか?
 
 
たくさんの仲間との出会いのうえに「遭難」は存在します。
とりわけ栁澤くんは素晴らしい表現をしてくれました。彼なくしてあり得ない作品だったでしょう。
 
 
心の奥のほうに眠る憎しみや怒り…哀しみを詰め込んだ…その本質に触れて。
 
 
山内は今年も止まりません。
いい歳してとがりまくってます。雑魚なんで攻めるしか生きていく術がありません。
 
 
俺はここにいます。
まだ、今しばらくのお力添えをお願いね。
 
 
次はおそらく詩集をドロップすることになると思います。
AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

このページをご覧いただくには最新のFlash Playerをインストールし、JavaScriptを有効にする必用があります。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み