こんばんは
気づけば年末ですね。ガーナから一年が経とうとしています。
今年はあっという間でした。


ーーー
この日がラオス最終日&午後までということでまだ見てない博物館へ

前日のナイトマーケットで買った衣装でおでかけです。


ガーナで生活してみました 

ガーナで生活してみました 

これが今回の旅の最後の衣装チェンジでした。派手さは今回。
衝撃度はベトナムでしょうか。

ということで博物館へ。
ガーナで生活してみました 
なんか門が閉まってる

ガーナで生活してみました 
とりあえず早すぎたのだろうとの事で門の外から。

そして朝食

ガーナで生活してみました 
最終日にこんなにたくさんのラオス通貨(kip)が。。。

そしてガイドブックを見ると、今日は博物館閉館日ということが判明。。。

まあ仕方ないのでふらふらと散歩中にいろんな出会いが。
ガーナで生活してみました 
象に出会い

ガーナで生活してみました 
虎と戦い


そして博物館を通るとなぜか開いてる
ガーナで生活してみました 
中は空いてなかったのでとりあえず写真だけ。

ガーナで生活してみました 
こんな感じでラオスが終わります。


ガーナで生活してみました 
限界だったので飛行機でタイへ。

最終国タイへ向かいます。





AD

ルアンパバーン

テーマ:
大分というかかなり間隔が空いてしまいました。
とりあえず最後まで後少しなのでやりきります笑
ちなみにこの間はタイの結婚式に参加してきました。その話は又後ほど。


-ーーー
ルアンパバーンです。ここはラオスの世界遺産都市。
本当まったりとしてのんびりしております。

朝からのんびりとカフェで過ごしぶらぶら散歩


ガーナで生活してみました 
相変わらずド派手です。


ガーナで生活してみました 
セパタクロー広場もありました。

ガーナで生活してみました 
暑いのでお坊さんも傘をさしてます。

そして今回の旅恒例の衣装チェンジ
ガーナで生活してみました 

何かイベントがあるというのでメコン川を渡ることに。

ガーナで生活してみました 

お祭りがやってました。

ガーナで生活してみました 



ガーナで生活してみました 
メリーゴーランドもあります。

ガーナで生活してみました 
縁日みたいな事もしてます。

ガーナで生活してみました 
お昼を食べ

ガーナで生活してみました 
有名な場所へ。造りが本当各国微妙に違いますね。


ガーナで生活してみました 
暑すぎるので傘が必要です。

そしてメインイベント「プーシーの丘」
ガーナで生活してみました 
ルアンパバーンが一望できます

ガーナで生活してみました 
お坊さんもたくさん

ガーナで生活してみました 
ルアンパバーン夕陽、メコン川をバックに。

この後食事中にダックが店員と間違われて白人にサバイディーと
言われたのは秘密です笑

そしてナイトマーケット。タイみたいにがやがやしてなくてのんびりしながら
買い物ができます。
ガーナで生活してみました 

こんな感じでルアンパバーン初日終了。



AD
前日にホテルでヴィエンチャン~ルアンパバーン行きのバスチケットを購入。
20ドルくらい。ガイドブックでは約8時間。

ホテルピックアップをしてもらい、バスターミナルまで
ガーナで生活してみました 
多分メコン川

そしてバスターミナル到着

どのバスに乗るか聞いてみると
ガーナで生活してみました 
見づらいですが、真ん中に King of Bus と書かれています。

水曜どうでしょうに魅せられサイコロの旅in Ghanaを行った僕らにとって
行く前から楽しみなバスとなります。のちのちキングオブバスの恐ろしさを知ることになりますが。。。

朝8時に出発

途中のパーキングエリアに停まりながら
ガーナで生活してみました 

昼食を食べたりと順調でした
ガーナで生活してみました 


この後も山を進みます
ガーナで生活してみました 

まだまだ続きます。
ガーナで生活してみました 

ここで第一のトラブル発生

ガーナで生活してみました 
キングオブバスの調子が悪くなります。


ガーナで生活してみました 
皆外に出されしばし休憩とこの時はのんびりと写真など撮ってました。

30分くらい待たされた後に再出発。
ここからキングオブバスのスピードがありえないくら遅くなります。

そしてまだまだ山は続きます。


ガーナで生活してみました 

17時になりました。予定では到着なのですがまだまだ光が見えません。

日本と違うのは
ここは今どこなのか。
後どれくらいで着くのか全く分からない。
時々放置されたバスが見つかるということ。故障なのか山賊に襲われたのか。。。

不安はどんどん大きくなります。

1番まえの席の人はバス酔いがひどくなって来ました。

ここで第二のトラブル発生
ガーナで生活してみました 
キングオブバスの調子が更に悪くなります。
夜に外に出されます。

夕飯は食えるのか→今日中に着くのかという不安になります。

この暗闇の中、山の中なので光はありません。
そして登ったり下ったりしてるうちに隣のダックが突然笑い出しました。

もうつかないんじゃないかこれ・・・・この無限ループ状態が彼をおかしくさせたようです。

さらに隣にいたフランス人のおじさんも呟きます。

Oh.....ルアンパバーンシティー........おじさんも参ってしまったようです。

究極はその隣にいたフランス人の奥さん
必死で地図で位置確認・・・・・どこにいるのでしょうか。

私もバスにあるテレビの赤い電源スイッチを何度も街の灯だと勘違い。


キングオブバスの由来がわかった気がします。

結局到着は21時近く。
時間にしてたら13時間くらいと日本の深夜バスでもありますが
精神状態が違いました。間違いなく人生の中でもキングオブバスでした。

皆さんも一度は体験してみはいかがでしょうか。


次回は世界遺産都市ルアンパバーンシティーをお送りします。









AD