テーマ:恋愛について・・・
2005年06月02日(木) 14時07分50秒

すれ違い・・・2

彼の中に彼女の存在が薄れゆく・・・季節は秋。


彼女にとってながい、ながい季節がやってきた

こんなにも彼の存在が大きい事にとまどいは隠せず

彼の優しさもいつしか切なさだけを残し

今日も別れ際の「ばいばい・・・」涙が出そう・・・

 


       わけなんていい会いたい時がある

     ”こんなことがねぇあったよ”ってそれだけ

 

愛していると言えない愛もあるの こんなにも出逢っているのに

 どんな思いも届くと信じたあの日 恋だけは そうはいかなくて

  近づかずにいられなかった”まぶしさ”だけ見つめてる


                   愛していると言えない~西脇唯~

 


 

 彼は彼女の気持ちも言葉も重荷になり始めていた・・・

彼女もそんな彼の心に気付きながらも

彼の心が離れてゆくのにどうする事も出来ない彼女

 

時期と時間だけが過ぎてゆく・・・

 

「会いたい、会いたい、彼に会いたい」

もうすぐ彼が仕事を終えて帰る頃、逸る心 胸の高鳴り

彼がいる駅に向かう電車もうすぐ彼の元へ・・・

「驚くかな・・・どんな顔するかな・・・」

ホームの人並み、それぞれの恋

みんなどんな恋愛しているのかな・・・

 

窓から彼のいる町の駅がもうすぐ見える

彼女の瞳に彼の姿・・・心臓が破裂しそう

ホームに立つ彼。こんな偶然だけが重なり合う

彼女は心の準備などしてはいなかった・・・

ただ、会いたくて逸る心抑えられず、

ここに来たこと、会いに来たことの「言い訳」を・・・

 

ドアが開く・・・

 

彼は彼女の姿に驚きと「あっ・・・・」と言う一言だけ残し

彼女の乗ってきた電車に飛び乗る。訳もわからずに・・

そして彼女は何も言葉を発せず、彼のいたホームへ。

 

すれ違うふたり・・・

 

「なぜ?なぜ?なぜ??」

「何故彼は電車に乗ってしまったの・・・?」

「何故引き戻してくれなかったの?」

「何故私が会いに来たと思ってくれなかったの?」

 

何の為に、何をしにここへ来たのかさえ

見失う彼女にこの町はあまりにも寂しすぎて

ただただ涙をこらえるのが精一杯の彼女には

何も考える事など出来ないでいた・・・長い秋の夕暮れ

 

つづく・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:恋愛について・・・
2005年05月31日(火) 12時25分13秒

すれ違い・・・1

優しくされると切なくなる

冷たくされると泣きたくなる

 

この心はざわめくばかりで


追いかけられると逃げたくなる

背を向けられると不安になる


誰より好きなのに


          by.music古内東子


            ~すれ違い・・・~


彼女にとって初めての恋ではなかったが、

でも初めて愛した男性(ヒト)だった。


「愛する」ということの受け入れ方がわからず

とまどうばかりの彼との愛に

恋することはとても簡単だけど、愛し合うことが

こんなに難しいものだと気付いた彼女・・・


不器用さゆえ、彼のストレートな愛情表現が

彼女には受け入れられる余裕すらなく

愛してるはずなのに・・・いつの間にか

愛されてる余裕が彼女の中に存在していく・・・


彼女の彼を愛する気持ち表現は変わらず不器用で、

いつしか彼は彼女に問いかけてみた・・・・

「僕のこと、ほんとうに好き?」

何度も、何度も彼女に聞いてみた。

 

彼女の彼に対する「答え」はわかってはいたが

でも彼女にはどうすれば彼にその気持ちを

伝えればいいのか、やはりわからないでいた。

いつしか彼の心にぽっかり穴が開いてゆく・・・

 

彼女が彼に対する愛情表現も

近くに居過ぎて見えなかった恋心・・・

気付いた時にはあまりにも費やした時間がかかり過ぎ

そして切なさだけが彼女に残された

 

彼の寂しさの心の穴を埋めるには

その費やした時間以上にかかることを

彼女はまだ気付くはずもなく

彼が背を向け始めるのにそう時間はかからなかった。


つづく・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。