ふと見つけた路地裏のように

“ふらっと寄り道したら偶然にも良い感じの路地裏だった”そんなちょっとした思わぬ幸せを感じた時、僕はとても嬉しくなります。
このブログを読んでくれた人にとっても、そんな嬉しい発見であれたら良いなと思います。


テーマ:

1月18日(水)に書斎りーぶるさん(中央区天神)で開催した「第34回ボードゲームで楽しもう!津村修二のハートフルタイム」は盛況のうちに終了しました。6名(うち初参加1名)の方にご参加頂きました。ありがとうございました。

今年最初の「ハートフルタイム」では私のオリジナルボードゲーム「Amen」の第4回目となるトーナメント大会を開催しました。前回の開催が昨年の4月でしたから、実に8か月ぶりです。
 

まずは自作の資料をもとにAmenをどうして作るようになったのか、といった誕生の経緯を話しました。そして、それを形にするまでにどう動いていったのかの話まで。途中、手振りが激しかったせいか、自分の珈琲カップを倒してしまうというアクシデントがありました。でも、皆さんが一緒になってテーブルを拭いて下さって、その優しい気持ちに嬉しくなりました。

 

↑こちらがこぼした熱々の珈琲で印刷が溶けてしまったAmenの盤面。ものすごくAmenをやり込んだ盤面のように見えると参加者の方が言われていました。そういうふうに発想の転換をして、良くない出来事をなるべく前向きに捉えようとするのって素敵です。この盤面、思い出に取っておきます。


大会に入る前にルール説明と練習試合を2戦。6名中3名は初めてでしたが、Amen自体そこまで難しいゲームではないので、すぐに理解して楽しまれているようでした。

 

 

そして、大会スタート。参加者6名ということで3人ずつ予選で対戦してもらって、それぞれの1位と2位が集まって決勝戦を行うという形にしました。Amenの2色の石を皆さんに1個ずつ渡して、その石がどちらの色かで対戦組み合わせを決めました。

 

Amenにはオリジナルの音楽があって、それをBGMにして遊ぶのですが、今回の大会ではAmenの音楽の作曲者・若林正訓さんによる新ヴァージョンを流しました。夜明けをイメージした、という新ヴァージョンは妖しくて、雰囲気がよく出ていました。こうも音楽でがらっと印象が変わってしまうんだ、と感動しました。

 


ゲームではそれぞれの戦略が見えて、それを横から見ているのが面白かったです。ただ、その戦略が必ずはまるというわけではなく、サイコロの出目に泣くこともあって、そのあたりに皆さんも興奮されているようでした。逆に上手くはまった時は気持ち良さそうでした。
 

結果、見事優勝されたのはAmen初体験のあっこさんでした。あっこさんはなんと予選から全戦全勝されていました。本当に強かったですね。私から手作りの賞状と、副賞としてロンドンのポスターを柄にしたトランプ、それから一昨年参加したドイツのエッセンシュピールで貰った「カタン」のバッグを贈りました。2位から4位までの決勝進出者の方々にも奈良のブランド「中川政七商店」の小物をプレゼントしました。皆さん喜んでくれて嬉しかったです。

 


↑嬉しそうな表情。この笑顔を作れただけでも、Amenを形にした甲斐が充分あった。そう思えます。

 

自作の賞状。

 

副賞のロンドンのポスター柄のトランプ。54枚、全部柄が違います。

 

2~4位の方への賞品。袋が凝っています。

 

さて、次回は2月15日(水)。「造形芸術的ゲーム」をテーマにバランスゲーム「古代建築賢者の塔」「HAU LA(ハウラ)」をご紹介予定です。ぜひご参加ください。

 

前回のレポート(2016.12.20)

http://ameblo.jp/shu-poyon/entry-12231139021.html

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

津村修二(ツムラクリエイション)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。