ふと見つけた路地裏のように

“ふらっと寄り道したら偶然にも良い感じの路地裏だった”そんなちょっとした思わぬ幸せを感じた時、僕はとても嬉しくなります。
このブログを読んでくれた人にとっても、そんな嬉しい発見であれたら良いなと思います。


テーマ:

6月15日(水)の19時から福岡市天神北の書斎りーぶるさんで「第27回ボードゲームで楽しもう!津村修二のハートフルタイム」を開催しました。







この日は8名の方にご参加頂きました。ありがとうございました。




今回はハートフルタイムで初めて遊ぶことになる「福岡市大すごろく」をご紹介しました。こちらは私が小学校6年生の時に画用紙17枚(縦135cm×横132cm)を繋ぎ合わせて作った福岡市全住所が登場する巨大すごろくです。完成20周年の年ということもあり、企画しました。



まず始めに「福岡市大すごろく」の実物を見てもらったのですが、毎回皆さん驚かれます。「鬼気迫る」と表現する方もいらっしゃいましたが、それくらい見た人を圧倒するものがあるんだと思います。この緻密さは凄味があると自分でも思います。







自作の資料や当時(小6)の日記とともに制作経緯についてお話しした後、ゲームプレイの時間へ移りました。今回は2人ずつの4チームに分かれて遊びました。





この「福岡市大すごろく」は毎回サイコロで決まる目的地を目指していきます。福岡市内を一般道、国道、高速道路、フェリー等を巧みに使って移動し、いち早く目的地に着いたら賞金2万円がもらえます。所持金は3万円で、最終的に一番お金持ちのプレイヤーが勝ちです。

スタートは自分の住んでいる住所から。市内に色々と散らばりましたが、小6の当時、友達と遊んだ時は同じ校区の橋本や壱岐団地、野方などに集中していたことを思い出しました。もこもこと渋滞しながら駒を動かしていた記憶が懐かしい(笑)

最初の目的地は東区の「西戸崎」でした。



どんなルートが最短か、または最善かを考えながら進んでいくのが面白いところ。昨日はサイコロの神様が味方したのか、すんなりと目的地へ到着するケースが多く見られました。「能古島」「雁の巣」「西新」「蒲田」と目的地は次々と変わっていきました。

特に面白かったのはパチンコ、競艇、宝くじといったギャンブル系のマスがあるのですが、そこにばかり止まって目的地を目指さないチームがいたことです。人がギャンブルに依存していくってこういうことなんだ、とギャンブルの怖さを改めて思い知りました(笑)








人影がまるで雲の影のようです。

結果は優勝チームが8万円、2位チームが7万9千円と僅か千円差というドラマチックな好勝負。もちろん、誰かが意図してこんな結果を用意したわけではないのですから、偶然の力ってすごいですよね。



ゲーム終了後、優勝チームと2位チームに賞品をプレゼントしました。賞品は東区の大好きな文具店「アイデアスイッチ」で買ったお洒落なメモ帳と奄美大島の「原ハブ屋奄美」のハブカム(スマホスタンド・イヤホン巻きに使える便利アイテム)でした。喜んでもらえたようで良かったです。











今回の「福岡市大すごろく」は自分も見ていて面白かったですし、皆さんも遊んですごく面白かったようなので、また遊ぶ企画を設けようと思います。ある程度の広い場所が必要ということでこれまで数えるほどしか遊んでなかったのですが、それはあまりに勿体ないと思えるほど、面白いゲームだと思いました。

さて、次回は7月20日(水)に開催予定です。「彦根カロムとアクションゲーム」と題し、おはじきビリヤードとも呼ばれる彦根カロムを始め、ピンボール、テーブルボーリング、チロリアンルーレットといった手や指先を使って遊ぶアクションゲームを中心にご紹介します。




◆過去のイベントレポート

・第26回「視覚に訴えるゲームの世界」(2016年5月18日)

・第25回「Amenトーナメント大会3」(2016年4月20日)

・第24回「フランス・ギガミックのゲーム」(2016年3月16日)

・第23回「ドイツのゲーム特集」(2016年2月17日)

・第22回「ドイツで見つけたゲーム特集」(2016年1月20日)

・第21回「Amenトーナメント大会2」(2015年12月16日)

・第20回「TsuMuSiT」(2015年11月18日)

・第19回「ドイツのゲーム特集」(2015年10月21日)

・第18回「ファウナで遊ぼう」(2015年9月16日)

・第17回「Amenトーナメント大会」(2015年8月19日)

・第16回「ライナー・クニツィアの仕事」(2015年7月15日)

・第15回「アブストラクトゲーム」(2015年6月17日)

・第14回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年5月20日)

・第13回「視覚に訴えるゲームの世界」(2015年4月15日)

・第12回「アレックス・ランドルフの仕事」(2015年3月18日)

・第11回「アブストラクトゲーム」(2015年2月18日)

・第10回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年1月21日)

・第9回「視覚に訴えるゲームの世界」(2014年12月17日)

・第8回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年11月19日)

・第7回「世界の伝統ゲーム」(2014年10月15日)

・第6回「すごろく」(2014年9月17日)

・第5回「かるた」(2014年8月20日)

・第4回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年7月16日)

・第3回「世界の伝統ゲーム」(2014年6月18日)

・第2回「すごろく」(2014年5月21日)

・第1回「かるた」(2014年4月16日)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

津村修二(ツムラクリエイション)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。