ふと見つけた路地裏のように

“ふらっと寄り道したら偶然にも良い感じの路地裏だった”そんなちょっとした思わぬ幸せを感じた時、僕はとても嬉しくなります。
このブログを読んでくれた人にとっても、そんな嬉しい発見であれたら良いなと思います。


テーマ:

10月21日(水)の19時から福岡市天神北の書斎りーぶるさんで「第19回ボードゲームで楽しもう!津村修二のハートフルタイム」を開催しました。







参加者は14名(初参加3名)。参加して頂いた皆さん、ありがとうございました!

今回のテーマは「ドイツのゲーム特集」でしたが、その本題に入る前にまず私が初参加してきたドイツ・エッセンの「シュピール」の体験談をお話しました。「シュピール」とは毎年エッセンで開かれるボードゲームの世界的祭典で、今年は10月8日~11日の4日間開催され、来場者16万2000人、出展者910団体(41カ国)と過去最高の盛り上がりを見せました。

私はその感動や現地でのエピソードを皆さんに色々とお話しました。そのスケールの大きさや熱気の話、ライナー・クニツィア氏にサインを貰った話、カタンギネス記録に挑戦した時の話、出展している日本人の話、その他、ボードゲーム図書館の話、ケルン大聖堂の話など。



皆さんには会場で販売されていた「チョコレートカタン」を御土産としてお配りしました。資源が袋入りのチョコレートになっているカタンで、御土産として大変人気のあるものです。ルーレットで出た所の資源のチョコレートを貰っている方もいらっしゃいました(笑)



その後、シュピール会場やドイツのボードゲームショップ、おもちゃ屋で私が買ってきたものの紹介をしました。マッチ箱サイズの木製パズル10種、ブタを振ってその振られたブタの体勢で得点を決めるゲーム、パラパラ漫画、木製おもちゃ、立体錯視木製パズルなどなど。













そうこうしているうちに1時間近くも体験談と買ってきたものの紹介で経ってしまい(お伝えしたいことが多過ぎました!)、「ゲームプレイの時間が無い!」と焦り、それからすぐにゲームプレイに入りました。

1つ目にプレイしたのはZoch(ツォッホ)社の積木バランスゲーム「BAUSACK(バウザック)」。










大小、形も様々なブロックを積み上げていくバランスゲームですが、土台の上に乗せるというルールの上ではどのように積んでもOKなので、発想次第でどうにでも乗せられ、そこがすごく皆さんも楽しいポイントのようでした。どの形を選ぶかもプレイヤーの自由なので、安定したブロックを選ぶ方もいれば、あえて不安定なブロックを選び、次のプレイヤーにプレッシャーを掛ける方もいらっしゃいました。「これ、どこに乗せるの?」っていう、いびつな形や丸い形、棒状の細長い形のパーツが見事に乗せられた時には歓声が上がりました。



2つ目にプレイしたのは老舗メーカー、Ravensburger(ラベンスバーガー)社の迷宮の宝探しゲーム「LABYRINTH(ラビリンス)」。






迷路の道をカードを差し込むことで変えていけるという素晴らしいギミックを持った、普遍の名作!とも言える傑作ゲームです。いつものようにチームに分かれ、全員でプレイ。どの宝を見つけるかはそれぞれのチームで分からないので、皆さん最初は自分のチームの宝を獲得することに必死になります。しかし、すべての宝を見つけたチームが出ると、そのチームがスタート地点に戻ってくるまでをいかに邪魔出来るか(スタート地点に戻るまでがゴール。家に帰るまでが遠足 笑)に必死になります。この「ラビリンス」は運の要素もありつつ、どうすれば自分の思う通りの道を作れるか思考する要素もしっかりあって、バランスの取れた面白いゲームだと改めて思いました。

さて、次回開催日は11月18日(水)です。「TsuMuSiTで遊ぼう」と題し、84枚のイラストを使ったフランス生まれのコミュニケーションカードゲーム「DiXit(ディクシット)」のオリジナル拡張版、その名も「TsuMuSiT(ツムシット)」で遊ぶ会を企画しました。使用するのはイラストではなく、写真。私がこれまで撮り貯めてきた2000枚ほどの写真の中から空想を広げられそうな写真84枚を厳選。それを素材として使って遊びます。前回に引き続き、ドイツで買ってきた色々なゲームの紹介も行ないます。ご参加お待ちしています。



◆過去のイベントレポート

・第18回「ファウナで遊ぼう」(2015年9月16日)

・第17回「Amenトーナメント大会」(2015年8月19日)

・第16回「ライナー・クニツィアの仕事」(2015年7月15日)

・第15回「アブストラクトゲーム」(2015年6月17日)

・第14回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年5月20日)

・第13回「視覚に訴えるゲームの世界」(2015年4月15日)

・第12回「アレックス・ランドルフの仕事」(2015年3月18日)

・第11回「アブストラクトゲーム」(2015年2月18日)

・第10回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年1月21日)

・第9回「視覚に訴えるゲームの世界」(2014年12月17日)

・第8回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年11月19日)

・第7回「世界の伝統ゲーム」(2014年10月15日)

・第6回「すごろく」(2014年9月17日)

・第5回「かるた」(2014年8月20日)

・第4回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年7月16日)

・第3回「世界の伝統ゲーム」(2014年6月18日)

・第2回「すごろく」(2014年5月21日)

・第1回「かるた」(2014年4月16日)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

津村修二(ツムラクリエイション)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。