ふと見つけた路地裏のように

“ふらっと寄り道したら偶然にも良い感じの路地裏だった”そんなちょっとした思わぬ幸せを感じた時、僕はとても嬉しくなります。
このブログを読んでくれた人にとっても、そんな嬉しい発見であれたら良いなと思います。


テーマ:

7月15日(水)の19時から福岡市天神北の書斎りーぶるさんで「第16回ボードゲームで楽しもう!津村修二のハートフルタイム」を開催しました。







参加者9名。初参加の方は3名でした。参加して頂いた皆さん、ありがとうございました。

始めに私が現在制作中の「福岡県大すごろく」の一部を見てもらいました。大げさに言えば、本邦初公開となります(笑)こういった制作途中の段階を見てもらうことで完成までの過程を楽しんでもらえたらと思っています。

今回のテーマが「ゲームデザイナー ライナー・クニツィアの仕事」ということでいつも通り自作の資料を元にまずはクニツィアについてお話しました。当日は参加者の方からこの資料を毎回貰えるのが楽しみと言って頂けて嬉しかったです。第1回目から資料作りには力を入れてきましたが、こうして喜んでもらえて続けてきて良かったなと思います。

座学の後はクニツィアの傑作ゲーム2本をプレイ。最初にいも虫タイルを集める「ヘックメック」を遊びました。内容物は8個のサイコロと21~36の数字の書かれた16枚のタイル、たったこれだけ。こんな少ないパーツで誰もがうなってしまうジレンマ=面白さを生み出せるのですから凄いです。2人1組で5チームに分かれての対戦でしたが、首位が独走する形で、2~5位の間でタイルの奪い合いをするという展開に笑いが起きました(笑)







続いて、9個のフラッグを3枚のカードで役を作って取り合う「バトルライン」をプレイ。5人2チームに分かれて戦いました。カードには1~10の数字6色分(60枚)の部隊カードと特殊効果の戦術カードがあり、部隊カードで同色連番などの役を作り、相手よりも強い役を作れた方がその配置場所のフラッグを貰えるというもの。かなり戦略的で複雑な思考が要求されます。各チーム、作戦会議をしながらの真剣勝負!結果、1時間の長期戦となり、5対4という大接戦。何だか本当に戦っているみたいで疲れました。でも、楽しさを伴う清々しい疲れというか、すごく心地良い疲れ。









今回もとても楽しい会でした。ボードゲームを通じて皆さんと色々と会話する、冗談を交わす。こういったところが結局ボードゲームの一番の魅力なんだと最近特に強く感じています。年齢も性別も職業も関係なく、皆が同じ目線で童心にかえって一緒に楽しめるって素敵なことじゃないですか。やっぱり、ボードゲームって素晴らしい。

次回は8月19日(水)。オリジナルボードゲーム「Amen」の初となるトーナメント大会を開催します。初めての方でも事前にルール説明を行ないますのでご安心ください。皆さんのご参加お待ちしております。



◆過去のイベントレポート

・第15回「ライナー・クニツィアの仕事」(2015年6月17日)

・第14回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年5月20日)

・第13回「視覚に訴えるゲームの世界」(2015年4月15日)

・第12回「アレックス・ランドルフの仕事」(2015年3月18日)

・第11回「アブストラクトゲーム」(2015年2月18日)

・第10回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年1月21日)

・第9回「視覚に訴えるゲームの世界」(2014年12月17日)

・第8回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年11月19日)

・第7回「世界の伝統ゲーム」(2014年10月15日)

・第6回「すごろく」(2014年9月17日)

・第5回「かるた」(2014年8月20日)

・第4回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年7月16日)

・第3回「世界の伝統ゲーム」(2014年6月18日)

・第2回「すごろく」(2014年5月21日)

・第1回「かるた」(2014年4月16日)

津村修二(ツムラクリエイション)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。