ふと見つけた路地裏のように

“ふらっと寄り道したら偶然にも良い感じの路地裏だった”そんなちょっとした思わぬ幸せを感じた時、僕はとても嬉しくなります。
このブログを読んでくれた人にとっても、そんな嬉しい発見であれたら良いなと思います。


テーマ:

4月15日(水)の19時から福岡市天神北の書斎りーぶるさんで「第13回ボードゲームで楽しもう!津村修二のハートフルタイム」を開催しました。







今回の参加者は13名。うち3名が初参加の方でした。今月で開催して一年になりますが、こんなにたくさんの方に参加してもらえてありがたく思います。

まず始めに自己紹介。私は今回も皆さんに「福岡市大すごろく」を見てもらいました。これは私が小学6年生の時に作った、福岡市を舞台にした巨大すごろくです。このすごろくをお見せすることが私の一番の自己紹介になると思い、毎回お見せしています。



今回のテーマは「視覚に訴えるゲームの世界」ということで私が惚れ込んだ、見た目にワクワクさせるゲームをご紹介しました。戦略型バランスゲーム「ヴィラパレッティ」(Zoch)や電算数字を用いたカードゲーム「Digital Numeral」(青い街)、再会の約束をゲーム化した「再見」(青い街)を自作のテキストとともにお伝えしました。

その後、先日、私が伺った大阪商業大学アミューズメント研究所の話や同じく大阪の鶴見緑地公園にガイスター像を探しに行った話などをして、ゲームプレイの時間へ入りました。

最初にプレイしたのは「ヴィラパレッティ」。下の層にある自分の色の柱を抜いて、それをプレートの上に立てていくバランスゲームなのですが、どれを抜くか、どこに立てるかなど戦略的に考える要素がきちんとあるところが面白いゲームです。イベントでは4チームに分かれてのプレイでしたが、ハラハラドキドキの連続のエキサイティングな展開となりました。









そして最後にオリジナルボードゲーム「Amen」をプレイ。DX版2台、通常版2台を使用した4台での同時プレイ。ここまで盤を集めて一斉にプレイしたのは初めての経験でした。チェスや将棋、囲碁の大会で見るような光景に胸が熱くなりました。







さて、第13回となる次回の開催日は5月20日(水)。「ドイツ年間ゲーム大賞受賞」と題し、第1回の受賞ゲーム「ウサギとハリネズミ」(1979年受賞)をご紹介します。皆さんのご参加をお待ちしています。



◆過去のイベントレポート

・第12回「アレックス・ランドルフの仕事」(2015年3月18日)

・第11回「アブストラクトゲーム」(2015年2月18日)

・第10回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年1月21日)

・第9回「視覚に訴えるゲームの世界」(2014年12月17日)

・第8回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年11月19日)

・第7回「世界の伝統ゲーム」(2014年10月15日)

・第6回「すごろく」(2014年9月17日)

・第5回「かるた」(2014年8月20日)

・第4回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年7月16日)

・第3回「世界の伝統ゲーム」(2014年6月18日)

・第2回「すごろく」(2014年5月21日)

・第1回「かるた」(2014年4月16日)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

津村修二(ツムラクリエイション)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。