晴れ「雑談力」百田尚樹著より。アップ

いろいろなものを読んで知識が多いほど、話すことができる。つまりネタを仕込んでいることが大事だった。それは本を読むばかりではなく、人の話を積極的に聞くことも大事だった。それは積極的な聞き役という意味だった。しっかりと質問できることで記憶にも残るものだ。

まずは面白い情報を仕入れて、その後に大事なことは話術だった。面白さの7割以上が話術だと筆者は語っている。それはある意味自信を持って話すことも入るだろう。

落語にしても、繰り返すことで話がブラッシュアップされてより面白くなっていくようだ。結局コツがあるとすれば、実践あるのみだった。間、抑揚、リズムは繰り返すうちに身につくという。

 

AD