くもり「30分の朝読書で人生は変わる」松山真之助著より。ニコ

ここでは、本はどんどん書き込みをしようとなっていた。本を読んでいるとたまにツッコミを入れたくなることや、覚えておきたい箇所がある。

ペンがなければページの端を折っておくことが多い。その後、ペンで書き込みをしたり線を引いている。だから、読んだ本はブックオフには売れない。もともと古本屋で買ったもののほうが多いから気にはしていない。

書きこむことは、脳内化学反応が起きていることのようだ。そんな時は、いろいろなイマジネーションがわいているときでもあるのだろう。

 

AD