くもり「雑談力」百田尚樹著より。ゲラゲラ

意外な導入から入るというのも相手の興味を惹くものだ。相手がすでに知っていると思われることもさらに深く知っていると、話がしやすくなるようだ。

ここには一つ例があった。「地球上には、自然界で生きていけない動物が一種類だけいる」というものだった。それはカイコだったのだ。カイコは家畜化された昆虫で野生には存在しないという。

まず足の力が弱いから桑の木に止まらせても葉っぱにつかまっていることができないという。成虫になっても翅の筋肉は退化していて、羽ばたくことはできない。これでは生きていくことはできないと思われる。

人間に飼われている間に、生きる能力をすべて失ってしまったのだった。こんなことも意外な話だった。過保護は人間をダメにしてしまうことも頷ける。

 

AD