くもり「生きるのが楽しくなる15の習慣」日野原重明著より。音譜

健康で長生きをしているこの筆者の前では、すべてが納得できそうだ。この言葉は短いがさすがだと思わせられる。そう言えば生活習慣病というのも、この日野原先生の発案らしい。かつては成人病と言われていた言葉もよりわかりやすっくなった。やはりいい習慣は健康の基本だろうな。15の習慣については次のものだった。

1、 愛することを心の習慣になる。2、「良くなろう」と思う心を持つ。3、新しいことにチャレンジする。4、集中力を鍛える。5、目標となる人に学ぶ。6、人の気持ちを感じる。7、出会いを大切にする。8、腹八分目より少なく食べる。9、食事に神経質になり過ぎない。10、なるべく歩く。11、大勢でスポーツを楽しむ。12、楽しみを見出す。13、ストレスを調節する。14、責任を自分のなかに求める。15、やみくもに習慣にとらわれない。

実にたくさんいろいろな習慣があるものだと気づかされる。いっぺんにはムリだろうが、そのうちいくつかは実践したいものだ。8の腹八分目より少なくというのは、かなり難しそうだ。健康であればついつい満腹まで食べないと気が済まないからだ。

AD

晴れ「大人の精神力」齋藤孝著より。ほっこり

もし、壁に当たった時に、いろいろな考え方を知っていれば、気持ちを切り替えられることもできるという。たしかに、たった一つの言葉の出会いから、気が楽になることもある。

そういえば、先月健康診断の結果、数値で気になったことがあったが、たまたま草野仁さんの新書版のオビに「考えても仕方ないことは考えない!割り切って前進あるのみ。」とあったのが救いになったものだ。

 

読み進むうちに草野さんの生き方が心強く思えた次第だ。とても捨てる気にならない一冊になった。

ここでの小タイトルには「引用を習慣化して『万有引用力』をつける」とあった。いい言葉に出合ったら、メモをしてどんどん使っていくことで、引用が習慣化して武器にもなるという。それが「万有引用力」だった。この本も以前読んだことがある。

AD

くもり「大人の精神力」齋藤孝著より。ハート

脳研究者の池谷裕二さんによると、脳はそれほど疲れないから、加齢によって記憶力がガタ落ちするとは限らないらしい。しかし、それも日ごろからの訓練だと思える。

しばしば、何かを思い出そうとしても、その言葉が出てこないことがある。齋藤氏は記憶を定着させる最良の方法はあるという。

それは実にシンプルで、「使うこと」だった。覚えがいいか悪いかというのは記憶力もあるだろうが、むしろ使うかどうかの問題だったのだ。

日頃から使っているなら、忘れることも少ないと思われる。つまり誰かに話そうというアウトプット前提であれば、記憶力は格段に違ってくるのだった。

 

どんどん話すことが記憶を定着させるポイントだったのだ。たとそれが、犬、猫などの身近な動物であってもいいらしい。

AD

くもり「大人の精神力」齋藤孝著より。ニコ

この習慣づけが大切だという。そういえば、この10年間以上にわたって、このブログでは日ごろ読書などで気になった言葉を取り上げていた。それも言葉を拾うことと同じことだと思った次第。

一冊の本からいくつもの気になるフレーズが見つかる。気になる箇所は人によってさまざまだろう。たとえその時にいいと思った言葉も、ページをめくるとすぐに忘れてしまうものだ。しかしできるだけ記憶にとどめたいと思って抜き書きするようにしている。

ここでの小タイトルには「日記兼名言ノートを作って言葉を蓄える」とあった。実際にノートに書けばいいのだろうが、時間がかかるので、PCで書いている次第だ。大事なのは読み返すことだろうな。

くもり「大人の精神力」齋藤孝著より。ニコニコ

精神と言われても抽象的でよくわからないことだと気づく。ここでは教養との違いについて述べられていた。

教養とは、物事を知っているかどうかであるらしい。しかし、精神は身についているかどうかだった。精神を身につけるためには、身体的な習練が必要らしい。そう言えば、武士道精神という言葉も思いだした。

本をざっと一回読んだだけでは、教養止まりで、5,6回読んで、大事なところを音読すると自分の精神になってくるという。つまりそれで身につくということらしい。

ここには、「心は毎日揺れるが、精神は揺るがない」とあった。精神がしっかりしているとは、心がブレないことだった。これでようやく精神がどういうものかが理解できる。

くもり「大人の精神力」齋藤孝著より。ポーン

そもそも上機嫌を続けることは難しいと考えがちだ。むしろ不機嫌でいることの方が多そうだ。しかし、そんな状態では決して得することはないのだった。

今ではとても考えられないことだが、筆者の齋藤氏は二十代の頃は不機嫌な人間だったと振り返っている。テレビで見る氏の姿はいつも笑顔だからだ。

今はなにかとストレスがたまりやすい時代だそうだ。だからこそ、人前では上機嫌でいることも大人の精神力の一つだという。なるほどそう言われれば頷ける。

くもり「たった一人の熱狂」見城徹著より。ニコ

これも面白い表現だ。親友に最後などあるのだろうかと思ってしまう。それほど相手を信用して強い友情を感じているということだろう。

筆者が33歳の時に「月刊カドカワ」の編集長に就任したが、そのころ秋元康に小説を書いてもらったという。そして、修正依頼をしたものの、原稿は直さないといったのだ。

しかも、その頃は一人の人間の仕事とは思えないほど大量のプロジェクトを手掛けていたのだ。そして何でもかんでも成功させてしまうというのも驚きだったようだ。また見城は秋元のことを次のように評してした。

「秋元という人間の全てが大好きだ。秋元がいるだけで、僕の人生は捨てたもんじゃないと思う。秋元は天才である。さりげないひと言の中に次々と噴出する発想には舌を巻く。秋元のためなら、僕は命を張れる」

これほどまでに言い切ってしまえるほど入れ込んでいるというものスゴイ。相手をそれだけよく理解しているという証拠でもあるだろう。

くもり「たった一人の熱狂」見城徹著より。合格

実に面白い表現だが、見城の長い付き合いからはそう見えるのだろう。また藤田については、次のようにも評している。

「信用できる。懐が深い。金にキレイ。謙虚だ。他にも一杯ある。藤田晋は見事な男だ」と。

辛口で実力のある見城がこれほどベタぼめするのだから、そのすごさがわかる。プランが出てからたった2~3か月で新会社を作ることもあると見城は驚いている。

また藤田は、堀江が出所してくるや否や、二人ですぐさまSNSの755を立ち上げたのだった。それは友情の証なのだと見城はいう。

晴れ「たった一人の熱狂」見城徹著より。ハート

ここではサーバーエージェントを例として取り上げていた。この会社は今や3000人の精鋭集団に成長していた。社員はすさまじい情熱の燃えているという。

誰にも支持されることなく、自主的に「先送り撲滅会議」を開いているという。先送りはビジネスの敵だと感じていたからだ。

確かに組織が大きくなれば、一つのことが決まるまで長い時間がかかるものだ。しかしサイバーエージェントでは、スタッフ一人一人が打破して、驚嘆すべき機動力で次々と事業を形にしていくという。

この社内では部署異動が頻繁で、自分が働きたい仕事場を選べるというのもスゴイ。やはり選んだ部署なら頑張ろうという気持ちにもなるはずだ。

くもり「たった一人の熱狂」見城徹著より。ドキドキ

実にシンプルで分かりやすい。確かに売り上げがあって利益を生み出せなければ、失敗だろう。民間の仕事はすべてそういうものだ。数字イコール売り上げ、利益ということだ。

社員の給料を上げるためにはその会社が儲かっていなければありえない。また存続していけないだろう。とくに経営者は常に数字にこだわっていなければならない。

筆者はビジネスは数学と似ているという。つまりそれは成功を証明する解答はたった一つしかないからだった。

世の中を良くしたい、とか社会貢献をしたいとはいっても、儲かっていなければ意味はない。売れるかどうかは、結果次第でもある。いくらいい商品だからといって、すべての人に受け入れられるとは限らないからだ。