くもり「定年と幸福」鷲田小彌太著より。叫び

前のフレーズとはかなりページは飛んではいるが、ここでもボランティアの効用について述べられていた。ボランティアをすることで学ぶことも多いという。

またボランティアは自分の喜びのためにやることでもあったのだ。確かに何かの役に立つことができれば嬉しいと感じる。

いつもボランティアは自分の意志で行うものであった。誰にも強制されないところがいいのだろう。私の友人も毎年何度かボランティア活動で地方に出かけているが、その行為こそがやりがいなのだろう。今の自分にはその余裕はないが。見習いたいものだ。
AD
晴れ「定年と幸福」鷲田小彌太著より。パンチ!

ここでの一行目にあったフレーズで、定年後も仕事で稼ぐというのもありだった。つまりそのことで、毎日を張りをもって生きることができるということのようだ。それは容易に想像できる。

また高齢者は、ボランティアの対象になるよりも、ボランティアの主体になるほうがどれほどハッピーなことかわからないともあった。たしかにその通りだ。

金のために働くということよりも、自分の気持ちの張りのために働くのだろう。もし、自分の働きが対価を生むことができれば、定年後の人生も活力あるものになるのだ。
AD
晴れ「定年と幸福」鷲田小彌太著より。音譜

この本のサブタイトルには“男の老後力”とあった。なんとなく惹かれるフレーズだった。定年になれば、まわりから潮が引くように人がいなくなってゆくのだ。それを想像しただけで寂しい気もする。「去る者は日々に疎し」でもあるのだろう。自分もそうなることはわかる。

新たな人間関係を結ぶとは言っても、そうそう簡単ではないだろう。まず、自分に人間関係を結ぶに足る「魅力」が必要だった。それがなければ、人を引き留めることはできない。

また、ある意味語るべき自分の言葉をもっているかどうかでもあるかもしれない。結局大事なのは、今まで何に関心を持って過ごしてきたかでもあるのだろう。

簡単なのは仕事をして、新しい人間関係を持つというのも一つの方法でもあった。そこに面白い出会いがあればもうけものだろうが。また仕事以外でも自分が楽しめればいいのかもしれない。
AD
晴れ「武器になる会話術」内藤誼人著より。合格

人と話していて、思わず引き込まれてしまうのは、ある程度の内容があることと同時にユーモアがある人だろう。

話す側からすれば、冗談を言って相手にウケてもらえれば、話しがいもあるものだ。また冗談をいう人と一緒なら疲れることもほとんどないものだ。

真面目な話ばかりでは、聞いているほうも疲れてしまうもの。ここには、次のようにあった。「笑いは、ギスギスした雰囲気を作らないための処方箋としても役に立つ」と。

また、冗談をいうのがヘタだという人は、単純に、努力不足だという。なるほどそれはいえるのだろうな。アドリブで笑いを取るためにも、それなりの努力が必要だということだった。
くもり「武器になる会話術」内藤誼人著より。ドキドキ

これはこの本のコラムの部分にあったものだが、参考になると思った次第。また、自分でも前からそんな気がしていたのだ。

本を読んでいたりパソコンをやっていると眠くなってしまうことがある。当然そんな時は頭の回転がかなり鈍い。きっと血液の循環が良くない時だ。

やはり頭を目覚めさせるには、一度眠ってしまって起きるといいのだろうが、その後に起きた時がややつらい。思い切って顔を洗って体を動かせば少しはすっきりとするものだ。

普段から運動をしないと、脳みそも刺激を受けないので、どんどん劣化してしまうそうだ。いい会話ができるときは、脳みそが活性化されているときでもあったのだ。
くもり「武器になる会話術」内藤誼人著より。キスマーク

これも4年半前に気になった部分と同じだった。次のように書いていた。・・・

何かしてもらったときに、たった一言の「ありがとう」があるかないかで印象はかなり違ってくるものだ。この感謝の言葉は魔法のような効果もあるという。言われたほうは、気分は悪くはないはずだ。

感謝の言葉が口ぐせのように、出てくるようになればいいようだ。しかも、たんに口先だけの言葉だけでなく、その時の態度も重要だと思える。しっかりと目を合わせることも必要だろう。

また感謝の言葉は、即座に言えなければその価値は落ちてしまいそうだ。また、人に感謝する気持ちを持っていたほうが、自分自身も楽しく生きられるようだ。

さらに、感謝の言葉は、少しぐらい大げさに喜んで見せるというのもポイントだった。そうすることで、また次の機会にも助けてもらえる可能性も高くなるからだった。感謝の言葉はいつでもタダというのもありがたい。
くもり「武器になる会話術」内藤誼人著より。ひらめき電球

この本を4年半前(2012-08-18)にも読んでいたことをすっかり忘れてまた購入していたようだ。しかもその時にちょっと気になったフレーズは今でもやはり気になっていたのだ。

やはり何年たっても気になる箇所は同じだったというのもやや驚きと同時に、成長していなかったということでもあるのだろう。その時は次のように書いてあった。

・・・・・

これは“人の心を動かす話法の秘密”という章にあったフレーズだった。話のうまい人は、たとえ話もうまいものだ。やはり抽象的な言葉より、具体的なたとえばあれば、内容も頭にすっと入ってくるものだ。

キリストはたとえ話の天才でもあったという。どんな人にもわかりやすく話をするためにはそれが必要だったのだ。「話を聞きたくない人に話をしてはいけない」なら「ブタの前に真珠を置いてはいけない」と言ったそうだ。

実際に使われている名言なら身近にもいくらでもある。専門家やプロに余計なことを言うな、なら「釈迦に説法」といえば実にわかりやすく簡単に済んでしまう。

またオリジナルなたとえが思いつかないときは、比喩でもいいようだ。「頑固な汚れを落とす」は「頑固な汚れをブルトーザーのように落とす」と表現すれば、迫力が増してくる。

いかに相手が理解しやすいかがポイントのようだ。また。引用というのも会話で使えれば、説得力が高まってくる。同じことを言うにしても、平社員が「企業の目的は顧客の創造だ」というより、”ドラッカーによれば”、と権威がある人物がいったことならなおさら聞いてもらえそうだ。
晴れ「落語力」立川談慶著より。ドンッ

これは筆者の学んだことらしい。つまり出会った方々とのご縁を大切にするということだった。このような前向きな考え方は、いずれいい結果を残すのだろう。

氏はまた「カネもうけ」ではなく「人もうけ」とも表現していた。とくに年をとるとこれを意識した方がよさそうだ。いずれにしても、収入はほとんど年金程度になってしまうからだ。

ここでは経験から学んだ人脈の作り方について述べられていた。

1、 本業を大事にする。・・・例えば異業種交流などではなく、落語家ならそれを通じて知り合った人を大事にすることだった。

2、 非効率に訴える。・・・人との出会いというチャンスには効率化を求めてはいけないという。非効率にふるまうことで、時間を相手にプレゼントするという意識だった。談志師匠は恐ろしいほど筆まめだったという。

3、 覚悟を決める。・・・「出会いは相手の貴重な時間を奪った上に成立する行為」だと述べていた。やや難しい表現だが、その通りだ。だからこそ相手に感謝すべきだったのだ。
くもり「落語力」立川談慶著より。爆弾

これは実にいい表現だと思った次第。覚悟の言葉に思える。そして、どんなことにもチャレンジして頑張って成果を出そうという気持ちになったのだろう。

こう考えれば、決して悪い結果などないとも思われる。苦労はすべて経験だと書き換えたのだ。こんな気持ちがあれば、サラリーマンの仕事も面白くなってきたそうだ。

これは落語家になりたい気持ちがあるのに、実に皮肉なことにも思える。しかし、人生は一度限りでやはり始めからやりたいことにかけたのだ。会社を辞めて背水の陣をとったのだろう。
くもり「落語力」立川談慶著より。メラメラ

筆者は落語家になりたかったが、3年以内でサラリーマンをやめたら談志の弟子として務まらないと自問自答したという。そこで、3年だけは我慢しようと期限を区切ったのだ。

すると発想の転換で怖いものがなくなったという。逆にその期間に会社のことを理解しようと考えたのだ。3年たてば辞められるという気持ちがよく作用したのだろう。

残業も進んでやり、誘われた飲み会にもつきあったという。確かにそういう気持ちがあれば学べることも多いだろう。とはいっても、会社のごく一部にすぎないことは確かだ。しかし先が見えると我慢できるというのは強い。