晴れ「憂鬱でなければ、仕事じゃない」見城徹・藤田晋著より。音譜

(前日のつづき)
これは藤田氏の言葉だった。いま行っているネットビジネスは、ある意味憂鬱な仕事だと言う。歴史も浅く先が見えないからだった。

手探り状態にならざるを得ない。悩みや苦しみ、痛みを感じながら仕事をしているようだ。だからこそ、いろいろな可能性もあるので、そこに価値があるともいう。

前日のフレーズでもとりあげたが、誰もが簡単に(=楽して)思いつくアイデアなど何の価値もないのだろう。

一度ネットで成功すれば、簡単なように見えても、それを生み出すまでには苦労も重ねなければならないのだ。大事なのは執念や執着心らしい。
AD
晴れ「憂鬱でなければ、仕事じゃない」見城徹・藤田晋著より。パンチ!

見城氏のことばだった。このあとには「憂鬱こそが、黄金を生む」と続いていた。また、その直前には「憂鬱なことが3つ以上ないと、かえって不安になる」ともあった。

こんなことは、誰も考えないのではないだろうか。気が小さい私など、憂鬱なことが一つでもあれば不安になってしまう。

氏は悩みがあって、それを乗り越えるところに前進があると考えていた。それは理屈では分かるが、実際その場になるとうまく避けて通りたいと思ってしまう。

氏は実に積極的な人間なのだろう。「迷った時は、前に出ろ」が信条だという。42歳のときに角川書店を退社して、幻冬舎を立ち上げたときが最大のリスクだったと振り返っている。

まだまだ楽な生き方もあったはずだが、闇の中で、力いっぱいジャンプしたと述懐している。だからこそ今があるのだろう。凡人にはなかなかできないことだな。
AD
くもり「憂鬱でなければ、仕事じゃない」見城徹・藤田晋著より。ラブラブ

これも見城氏の言葉だった。しかもシンプルでわかりやすい。気持ちの大きな人というものはいるもので、それは時には大物とも表現されることもあるだろう。

私などのような小さい人間には考えられないことも、スケールの大きい人は軽く考えて実行してしまうのだろう。そんな時はただただすごいとしか言いようがない。

世の中を動かすような、生まれつきスケールの大きい人はいるのだろう。見城氏が成功すると、同業者からは「あいつは、たまたま運がよかったのだ」ともいわれたらしい。

しかし、氏は血の滲むような努力をしたからだと考えていた。圧倒的な努力など人にはわからないからだ。なぜ、彼らは運というのかがわかったようだ。

それは彼らが本当の努力をしたことがないからだと考えたのだ。結局自分のスケールでしか考えられないからだ。見城氏のような極端な努力は人には理解できないのだろうな。
AD
晴れ「憂鬱でなければ、仕事じゃない」見城徹・藤田晋著より。音譜

こう語ってるのは見城氏だった。もうこれだけで、熱い人間であることが伝わってくる。極端であるからこそ、オリジナリティーが生まれるとも言えそうだ。

また当然ながらインパクトもある。人を惹きつけるのもそれがあるからこそだとも言える。当たり前のままだったら誰も関心を持ってくれない。どれだけ人と異なったことができるかがポイントだと思える。また極端を生み出すには圧倒的な努力が不可欠だった。

氏が1993年に会社の設立登記をしたときに、電車賃を節約するために代々木の自宅から会社のある四谷まで徒歩で通ったという。

そして、年末年始の休みの間中、書いてもらいたい書き手に毎日、便箋7,8枚の依頼書を書いていたのだ。朝9時から夜中の2時まで書いていたというから驚きだ。実に極端なことがうかがえる。そんな自負が氏を支えていたようだ。

また恩返しも、極端なくらいするようだ。そうしなければ、相手の心に響かないからと考えていたからだ。中途半端な恩返しは意味がないようだ。そこで人間力の差がつくらしい。考えたいものだ。
晴れ「自分らしさをうまく生かして成功する法」ミック・ウクレヤ、ロバート・ローバー著齋藤孝訳。メラメラ

単に仕事ができるだけでは面白くもない。むしろその他の時間でもどれだけ充実しているかが人生の価値ともいえるのではないだろうか。

生きていく上では人間関係は重要な問題だろう。ここには、次のような言葉もあった。「人生の質は、築こうとする人間関係の質に比例する」と。

つまりこれがフレーズにあげた意味だったのだろう。たしかに栄養価のあるものを適切に食べるのは必要なことだが、同時に適切な友人と付き合うことも同様に大切なことだった。

これはかなり意識してやらないとできないことに違いない。ただ待っているだけでは素敵な時間は過ごせないものだ。自分から企画することが大事なのだろう。
晴れ「自分らしさをうまく生かして成功する法」ミック・ウクレヤ、ロバート・ローバー著齋藤孝訳。ドンッ

上記のフレーズはマーク・トウェインの言葉だった。シンプルだが、変化はそうそう簡単には起こせないものだから、まずはその通り実行することが必要だろう。

しかも、いきなり大きな目標が達成できるとは限らないから、より小さいステップに分割することもポイントのようだ。そこで、道のりを快適にするために「SMARTな目標」の立て方を提案していた。

1.具体的であること。Specific・・・曖昧さのないはっきりしたものだった。

2.進捗状況がはかれるものであること。Measurable・・・測れなければ管理もできいない。

3.達成可能であること。Attainable・・・限界ぎりぎりの力を必要とする目標を立てる。

4.適切であること。Relevant・・・未来の実現像に役立つか。

5.期限があること。Time-bound・・・最終期限のない目標は夢であり、実現性がない。

目標はできるだけ絞ることも大事だった。そのためにどれだけ集中できるかがカギを握っているようだ。
晴れ「自分らしさをうまく生かして成功する法」ミック・ウクレヤ、ロバート・ローバー著齋藤孝訳。キスマーク

このあとには次のように続いていた。「つまり、すばらしいのは、行いではなく習慣だ」この言葉を残していたのは、アリストテレスだった。

たった一行のこのフレーズが印象に残った次第。第5章のタイトルは『いちばん確実で、実りも多い「人生設計」法』となっていた。またサブタイトルには、“人生「これができるか、できないか」で結果に大差が!”ともあった。

まずは、人生を最良にするためには、計画をたてることが不可欠だという。自分が本当にやりたいことは何なのかを考えてやることだった。

そして、心から好きなことをしていれば、仕事だと感じなくて済むとも言う。変化を起こしたいと思えば、今すぐやることが必要だった。

何ごとも昨年の流行語のように「今でしょ」がポイントだった。今すぐに準備しなければ将来も何も変わらないことになってしまう。
くもり「自分らしさをうまく生かして成功する法」ミック・ウクレヤ、ロバート・ローバー著齋藤孝訳。グー

上記のことは、壮大なガラス張りの建築物(実験装置)を作って行った結果わかったことだった。本来なら、風がないことは成長には利点に思えるがそうではなかったのだ。

つまり無風状態では、野生の状態で育った同じ種類の樹木のようにはしっかり育たなかった。樹木にはストレスや緊張がないと強く育たないことがわかったのだ。

まったく同様のことが人にも言えるようだ。苦労や失敗といったものが、人生を考えれば後になっていい経験だったこともわかる。

自分が苦労することで他人の痛みもわかってくるとも言える。そんな繰り返しで人も成長していくのだろう。自分でつくったストレスをうまく利用すれば逆にやりがいさえ感じられるものかも。
晴れ「あせらず、止まらず、退かず」中谷彰宏著より。!?

ここでのタイトルは「他人と比較するより、過去の自分と比較しよう」となっていた。いつまでも負けたことを引きずっていても、意味がなかった。それは過去を変えられないからだ。

もし、過去に10点差で負けても、8点差になれば、2点地縮まったことになるから、成長したとも言える。つらくなる比較は意味がないらしい。むしろエネルギーは未来のために使うべきだったのだ。

過去の自分と比べてどれだけ成長したかにポイントを置くべきだった。そうすれば、エネルギーの使い方がラクになるという。落ち込むこともなくなるようだ。

年をとれば肉体が体力が衰えるのは当たり前のことだが、その分知性や経験やアイデアでカバーできるとも考えたい。若いころには思いつかなかったような発想が思い浮かぶこともある。常に前向きになれる何かを求めていきたいものだな。
晴れ「あせらず、止まらず、退かず」中谷彰宏著より。ドキドキ

(前日のつづき)
また同時に人をドキドキさせられるかどうかも、経験欲があるかどうかで決まるらしい。それはある意味変化とも言い換えられそうだ。

一般に物欲・金銭欲を通り過ぎると、経験欲が生まれるらしい。経験欲は別の言葉では名誉欲や出世欲とも言われるものだろう。旅行は経験欲の最たるものらしい。

そんないろいろな体験は人を成長させてくれるものだ。いくらいい服をたくさん持っていても、それを着て出かけるところがなければ意味がない。つまりそれが経験とも言える。

仕事なんだから仕方ないと思ってやるか、その目標にチャレンジしようと考えるかは大きい違いだった。ちょっとした気持ちの持ちようでイキイキと過ごすことができるようだ。