くもり「年収300万円時代を生き抜く経済学」森永卓郎著より。¥

かなり刺激的なセンテンスがあった。それは「金持ちが再生産される仕掛けは、すでに確実に作られている」とあったからだ。その役割を果たすのが教育だった。

今では普通の公立中学、公立高校から東大をはじめとする一流銘柄の大学に入ることは非常に困難になっているという。ということで金持ちの層は費用がかかっても子供を私立に入れたがる。

実際幼稚園、小学校の段階からエリート層と非エリート層に分かれていた。有名大学への進学実績のある中学、高校へは幼いころからの塾通いが当然らしい。

つまり膨大な費用がかかるということは、親の経済力が必要になってくる。年収の差が、子供の学力の差にもなって現れるというのは、なんとも悲しい現実でもあるな。
AD
晴れ「年収300万円時代を生き抜く経済学」森永卓郎著より。黄色い花

かつてベストセラーになった本をたまたまブックオフで見かけたので読んでみた。この本の帯には“弱肉強食時代を生き抜く生活防衛術”とあった。ちょっと参考になりそうだと思った次第。

136ページには次のようにあった。「いまやすでに、大学や高校を卒業したあと、新卒で就職して、一つの会社に3年続けて勤務する人は、統計上でも4割を切っているのだ」と。

ということは6割以上の人が3年以内に辞めてしまうのだろうか。ちょっと驚きだった。いったん就職したら、一つの会社または組織に数10年にわたって勤務するのがかつては「普通のサラリーマン人生」だと思っていたものだ。

正社員の雇用機会が縮小して、パート、派遣社員、アルバイト、フリーターなどが増えていくということだった。今後はこのような労働形態の人がもっと増えていくようだ。

ということは、もし新卒で就職して定年まで同じ会社で勤められればラッキーな方だろうか。あるいは、ほかにこれといって能力もなく、ほかに転職もできずに、長年そこに留まざるを得なかったとも言えそうだが。

正社員になれなかったといっても、今後はそれが必ずしも「負け組」とは言えないと森永氏は指摘していた。それは従来の働き方とは違った新しい価値観を築いていく可能性もあるからだった。う~む・・・
AD
晴れ「声に出して笑える日本語」立川談四楼著より。富士山

ヨイショの達人というのがいるらしい。それは古今亭志ん駒師匠のことだと筆者はいう。カミさんにも子供にもヨイショするという。というのも、カミさんや子供の機嫌がいいと家の中が明るくなるというのが理由だった。

なるほど、そうかもしれないが、今までそんなこと考えたこともなかった。改めて気づかされる。ヨイショする対象が年上なら理解できるが、年下までとは考えられなかった。実際にそれをやれるのはやはり達人だろう。

ある日、談四楼氏は志ん駒師匠に、ヨイショの対象が年下ばかりでやりにくくないかと、聞いたときの答えが上記フレーズだった。しかも、「一歩外へ出ると、もう街を歩いている人のすべてが客に見えてしょうねえ」とまで語っていたのだ。

実に驚くべきヨイショの達人だと思わせられる。さらに、この師匠の座右の銘は「される身になってヨイショはていねいに」だという。ていねいとはどれほどのものだろうか・・・。相手がそれを聞いて気持ちが良くならなければ本物とは言えないのだろうなぁ。
AD
晴れ「フォローの達人」中谷彰宏著より。カエル

もしお客さん相手の仕事をしている場合、ついつい同じような情報を提供してしまうのではないだろうか。フォローの達人なら、そのつど新しい情報を提供しているという。

新しい情報をオマケとしてつけてあげるという発想も大事だった。その時は、必要ないと思われても、あとでそれが役立つかもしれない。またお客さんにとってオトク情報でもいいはず。

お客さんにとって初めての情報を提供するためには、それだけ自分も常に新しい情報を身につけておかねばならないということになる。それがあればこそ提案もできる。

また話す相手によって、どんな情報が喜ばれるか、また価値があるかを判断しておかねばならない。フォローの達人はこれがしっかりできる人なのだろう。

つまり、人と同じことをくり返しているだけでは、そんな能力は身につくはずはない。時間をかけずには、何ごともスムーズはいかないものだな。まずは事前に何を準備するか・・・
晴れ「フォローの達人」中谷彰宏著より。男の子

仕事上でなにかきまりを守るべきことがある場合、「違います、いけません、こうしてください」、というべきところをそのままストレートに注意してしまうとうまくいかない場合も出てくる。

それがお店の場合は、もう二度とこんな店には来たくないと思われてしまうものだ。一つの例があった。1、ここで携帯電話をかけないで下さい。2、かけてはいけないことになっています。3、すぐ切ってください。

こんな場合、「すみません。携帯電話のご使用はのちほどお願いできますか。」「ご協力ありがとうございます」「もしお急ぎの用でしたら、あちらのほうでしたらほかのお客様にご迷惑にならないので」とするといいようだ。

同じ内容でも、言い方で印象が変わってしまう。頼んで、感謝して、こうしたらという提案ができるかどうかがポイントだった。それにしても、まだまだケータイ電話を喫茶店の席で平気でかける人がいるのには、お客としても頭にくるな~。店の人にちゃんと注意して欲しものだと思った次第。
晴れ「フォローの達人」中谷彰宏著より。合格

実に面白い表現だと思った次第。品種改良といえば、動植物ばかりだと思っていたから、意外でもあった。この部分の最初のワンセンテンスは「フォローとは、たえまない品種改良の努力です」とある。

日本人が今食べている野菜や果物は、すべて品種改良されたものだった。そういえば、子どもの頃食べたリンゴは硬くて酸っぱかったのを思いだす。しかし、今では柔らかくて甘いものがほとんだ。

野菜や果物もすべて見栄えや味もどんどん向上していっている。その分素朴な味わいが失われているということも考えられるが。食べるものに限らず、身の周りのものはどんどん良くなっている。

いつも同じようなフォローの仕方ではなく、より良いものにしていくということも必要だったのだ。今すぐ売上げや成果に結びつかないようなサービスも工夫が必要なのだろうな。
くもり「フォローの達人」中谷彰宏著より。しっぽフリフリ

サブタイトルとして、“「また会いたい」とと言われる54の具体例”となっていた。確かに仕事でフォローをしてもらったり、したりということはしばしばだ。しっかりフォローしてもらった人にはお返ししなければとも思う。

フォローは「つなぎ」ということでもあった。それで次の仕事がスムーズにいけばうれしいものだ。ある意味メインではないオマケのようなものでもあった。チームでするスポーツならフォローは当たり前に大事なプレーだ。

ここに意外な例があった。それはかつて荒川静香さんがやっていたイナバウアーだった。それ自体は、いくらやっても得点にはならない演技だった。またマニュアルにものっていないことだった。

このつなぎの技をやって失敗すればマイナス、うまくいってもプラスにはならなかった。でもそれをやることで彼女らしいオリジナルになっていた。自分の仕事の上でも、こんなことをやるのはあの人に違いないというようないいフォローを持っていたいものだ。

決まりやマニュアル通りにやってそれなりの成果を上げたとしても、決してフォローの達人にはなれなかった。またそれだけでは、始めにあげたこのサブタイトルのように、また会いたいと言われる人にはなれないようだ。
晴れ「笑われた人が、ヒーローになれる」中谷彰宏著より。ブーケ2

いきなり次のようなやや刺激的な言葉があった。「ただのオヤジにならないようにするためには、居心地のいいネットワークから抜け出すこと」と。いつもの仲間といつもと同じような話ばかり繰り返しているというのはほとんど刺激がない。成長もなくただ歳をとっていくだけとなってしまう。

居心地のいいネットワークは同じような価値観の人が集まっているが、それだけでは良くないのだ。皆が同じ意見だというのも価値がない。賛同、同調だけでは盛り上がらない。「私もそう思う」というのは個人の意見としては弱すぎるな。

だからこそ、違う価値観を提示することも大事だったのだ。確かに議論は居心地はよくない。誰もが納得してくれるとは限らないからだ。しかし新しい価値観を生み出すためにはそんなことも時には必要だったのだ。

やや関係ないが、同僚とランチに行って、みなが全く同じモノを注文したときほどつまらない。4、5人で行って、全員異なるものだったら、その場で現物見本を見られたり味を聞くこともできる。そして次回は違うものを頼もうかという情報にもなる。
晴れ「笑われた人が、ヒーローになれる」中谷彰宏著より。フグ

ヒンシュクを買う人には、2通りのタイプがあるらしい。それは、器用な人と愚直な人だった。今では多芸多才で器用な人の方が成功できるという。一芸に秀でるだけでなく、二芸、三芸の組み合わせが必要らしい。

そういえば、お笑いで成功した人は、司会や役者としてもうまくやっている。また全く別なスポーツや芸術面でも意外な才能を発揮したりしている。また役者さんでも優れた小説やエッセイを書く人も多い。

また愚直とは逆に、職人芸のように一つのことを貫き通した人だった。人からは「あの人はつぶしがきかない」と言われるかもしれない。多数派からは否定されるような人だろう。

しかし、成功するためには、この二つの要素が必要らしい。器用貧乏とか、愚直すぎる人、要領の悪い人のほうが成功する場合が多いようだ。こんな人はしばしばヒンシュクを買っているようだが。
雨「笑われた人が、ヒーローになれる」中谷彰宏著より。ウサギ

この二つの言葉について深く考えたことなどなかった。もともと私自身マナーはいい方だとは思ってはいなかったからでもあるが。まず、中谷氏は、ヒンシュクを買うということは、モラルを破ることだという。

そして、このモラルとは、多数派が信じている考え方だった。それは必ずしも正しいというわけでもなかったのだ。時代によってモラルの考え方も変わるからだ。

多数の人がそれが正しいと思えばそれがモラルになってしまう。その範囲に入っていればラクなことは確かだろう。しかし、その中に入ってしまうとマナーの意識が低くなってしまうらしい。

マナーとは礼儀のことで、人に迷惑はかけないということだった。しばしばマナーの悪い人を見かけるが、もしかしたら人から見たら自分もマナーは悪いのかもしれないな。気をつけねば。

ここでの結論はヒンシュクを買っても、マナーは守らなければならない。つまり「礼儀正しく、ヒンシュクを買おう」となっていた。できるかな・・・