曇「iPod成功の法則」竹内一正著より。チアフルクール紅葉

ジョブズが目ざしていたのは常にAプラスの仕事だったそうだ。他の企業がよい仕事をしたことで満足しても、彼はそのレベルでは満足してなかった。

ジョブズが世に問う商品は、美術館に展示されるほどすごいものでなければならなかったのだ。つまり仕事には厳しく妥協は許さなかったようだ。

こんな人についていくのは大変なことだろうとも思える。高い困難な目標を掲げる上司と仕事をするとなれば、苦労も多いことは想像できる。

しかし、自分の能力を伸ばすにはそれも必要なこととも言えそうだ。スポーツにしても営業の仕事にしてもたとえ勉強にしても、すべてのことは、限界への挑戦をくり返してこそその能力は伸びる。

また逆にだらしのない上司に巡り合った場合には、それを反面教師として自覚を持って仕事をすればいいのかもしれない。かつて若い頃そんな上司に出会ったことがあるが、振り返ればすべてがマイナスということはなかった。

AD

曇「iPod成功の法則」竹内一正著より。チアフルコンピュータびっくり2

この本のサブタイトルは“仕事は「ワガママ」を通せ!!”となっていた。確かにiPodを世に送り出したスティーブ・ジョブズはかなり強引でわがままだったとも聞く。

そのわがままを通し切ったからこそ、いくつもの今まで世の中になかったメガヒットの商品を作り出せたのだろう。フレーズにもあるように、多くの新しい商品は、しばしば周りから理解されず、途中でダメになってしまうものも多いようだ。

つまりそれが「常識というゴミ箱に捨てられる」という表現になっていたのだ。奇抜な発想や商品は実際に消費者の手に渡ってみなけば、本当にいいのかどうかなどはわからない。

たいていは「失敗するに違いない」「ムダだ」ということで、事前に企画自体が葬られるのだろう。出る杭は打たれるというのが常識だった。ジョブズの考えた商品はわがままを通した結果世界中の支持を受けているのは驚き。

時には周囲の否定的、消極的な言葉よりも、自信を持ったわがままも必要な場合もあるのだろう。途中で常識に負けないほどの強い信念を持てるかどうか・・・かも。

AD

曇「プラス1%の企画力」中谷彰宏著より。カインドクールグー

タバコや酒にしても、本当に好きな人は値段よりも、自分の好みで買っていることが多そうだ。自分がうまいと思えば値段が高くても買ってしまう。

逆に高いと感じるのは、食堂で食べたあとでまずかったと感じるときではないだろうか。失敗したと思っても、食べたあとではもう遅い。そんな時はたとえ数百円でも損した気になってしまう。

その人にとって必要のないもの(価値を感じられないもの)なら、高く感じられる。またどうしても必要なものなら、安く感じられることがある。

ファッション的なものは、そのモノに関心がなければ、たとえ値段を半分に下げたとしても買うことはない。一方、そのモノに強い関心があれば情報だけでも飛び付く人がいる。

つまりターゲット意外の人には無駄なものも多いとも言えそうだ。本も楽しめる人には安いと感じるものだ。本も読んでみて内容によっては、安いと感じたり、高いと感じたり・・・

AD

晴れ「プラス1%の企画力」中谷彰宏著より。カインド家天丼

はじめから狙っているより、むしろ撃つことを先に考えるようにすべきだという。通常なら外すまいと、しっかり狙い撃ちを考える。

とりあえず、撃ってみればどれだけ外れるかがわかる。確かに初めから当てなければと力んでしまうと難しい。むしろそれで外すとショックを受けるだろう。

むしろストレスがたまったり、疲れるものだ。もっとお気楽に「お試し」で撃ってみる気持ちが大事なようだ。そんな場合の「とりあえず」はいいのかもしれない。

「企画」と考えると重すぎる。ちょっとした工夫でいい場合が多そうだ。料理なら調味料を少し加えれば、味が引き立つ。それと似ている。企画は磨いていくものだった。

晴れ「プラス1%の企画力」中谷彰宏著より。カインドみかんクール


筆者は企画とは「常に新商品を考えること」と述べていた。ここでの新商品とはモノでなくてもいいのだろう。サービスや方法も含まれるはずだ。

しかも、前からあったものでも、新しく感じることができたら、それは新商品とも言えるようだ。ということは、別に新しい商品ではなくても、新しい使用方法や効果を提案するというのも企画とも言えるだろう。

お金をかけなくてもできることはありそうだ。たとえば、サービスの仕方を変えるなども入る。レイアウトを変えてみれば、新鮮に感じたりもする。

つまりちょっとした工夫がモノを新鮮に感じさせてくれるということだ。同じものでも、切り口を変えてみれば、新しい発想が思い浮かぶかもしれないな。

晴れ「身体から革命を起こす」甲野善紀、田中聡著より。カインドチョキ足

身体は実に「微妙」な組み合わせでできている。だからスポーツの上達のためには、ウェイトトレーニングで筋肉を鍛えるということが、必ずしも正しいことではなかった。

そんなことを述べるのに、ここでは、城の石垣やアーチ状の橋を引き合いに出していた。城の石垣は、微妙に力を分散するようにバランスがとれているため崩れなかったのだ。

阪神大震災の時も、現代工法の石垣は崩れたものの、古い石垣は崩れなかったそうだ。しかし、建設省には「微妙」ということが何だかわからない。そのため、コンクリートで固めないと許可にならないようだ。

またアーチ状の橋も、上部は薄くなっている。だからといって、その部分を補強したりすれば、そこに力が一箇所にかかるため、逆に弱くなってしまうのだった。

筋トレをして、筋肉を太く大きくすると、かえって肉離れなどの不具合が起きてくるのとにているようだ。こんなことからも人間の体も同様にバランスが大事だというのだろう。

晴れ「身体から革命を起こす」甲野善紀、田中聡著より。ストロールサッカーバツ

ここでのタイトルは「科学的トレーニングの危うさ」となっていた。以前甲野さんは、J1のあるチームに指導を依頼されたことがあった。そこで走り抜けようとする甲野さんを止められるかどうかを実演していた。

甲野さんを止めようとしてくる相手をかわして先へ行くことができるかどうかだった。するとどの選手も甲野さんを止めることができなかったという。べつに強く体当たりするわけでもない。

そんなことからも、プロのサッカー選手もやはり科学的トレーニングに目かくしをされていると感じたそうだ。その時甲野さんが見せたのは、走ってきた相手が甲野さんの前に出てきた時に、相手の力をもらってもっと前に飛んでいくというものだった。

力を抜くでも入れるでもない、このごく微妙な状態で、釣り合いをとっていたのだ。つまりその微妙な状態というのが、科学に受け入れられないものだと述べている。

曇「プラス1%の企画力」中谷彰宏著より。コム紅葉クール

そう言われれば、映画でも読みものでも、シリーズ化されているものは、企画として成功しているのだろう。テレビ番組でも長寿番組と言われるものは視聴率も安定しているに違いない。

また商品なら、長年にわたって売れ続けているものは、いい企画の商品なのだろう。とは言っても、まったく同じものが続いているわけでもない。

その時代に応じて変化させているからこそ、支持されるのだろう。企画は決して派手なものではなかった。当然ながら無理をすれば長続きは難しくなるもの。

お店でも常連さんが多い店は安定しているもの。派手な企画だから来たというお客さんは、長続きするとは限らないようだ。バーゲンや値引きだけで来店するお客さんは、ほかの店にもすぐに移ってしまう可能性が大きい。

もっとも万人受けする企画などないだろう。一部の人にとって魅力的な企画であれば、それは長続きするかもしれない。つまり口コミなどで、固定ファンが広がっていくような企画ならベストと言えるのだろうな。

曇「プラス1%の企画力」中谷彰宏著より。コム自転車学ラン

筆者は「企画」を「趣向」という言葉にも置き換えられるという。たとえば「こんな趣向で」ということはあるアイデアを出すということだろう。

いつも通りのやり方では、決して評価されるネタとは言えないだろう。またいい意味でのウワサにもならないに違いない。そこに何か従来とは違ったやり方があるかどうかがポイントと思える。

人と会ったあとで話したことなどが、その家族があとで食事時に話題やエピソードとしてあがるようであればネタを残したことになるだろう。遊び心もあるといいのかもしれない。

できればオリジナルなネタを残したいもの。もしこちらの都合でカタログやパンフレットを渡すのであれば、ちょっとしたひと工夫がなければ見てもらうのは難しそうだな。

タイトルのフレーズにある「人に話せるネタ」とはそれなりに成功した企画であるのだろう。人とは異なるひと工夫を加えたからこそ人に話せるネタになるとも言えそうだ。

曇「プラス1%の企画力」中谷彰宏著より。コムみかんトランプ

一見、企画というとメインは企画部で行う仕事のように思えるが、別にそういうものでもなかった。日々の仕事はすべて企画が必要なものばかりだった。

仕事が面白くないのは、そこに工夫をしてないからだということが述べられていたが、まさにその通りだろう。人から言われたままにやっていても面白さはない。

むしろ人とはちょっとだけ異なる工夫を加えることで仕事も面白くなるものだ。もともと面白い仕事などないと考えたほうがいいようだ。

たとえ雑用と思われることでも、1%程度でも自分なりの工夫をすれば、前向きな気持ちになれそうだ。あとはそれを習慣化して継続できるかどうかかもしれないな。