曇「偉人たちのブレイクスルー勉強術」齋藤孝著より。ラブリークール水

この本のサブタイトルには「ドラッカーから村上春樹まで」とあった。実際はオリジナル勉強術を確立した偉人たち16名について書かれている。そのトップバッターがドラッカーだった。

学びのヒントとして、やる気はあるが、成果を実感できない人向けのアドバイスがあった。それは「目標管理とネーミング思考術」だった。まず彼は期間を区切り「アクションプラン」に沿って計画的に勉強を継続していた。

しかもそれは、心の中で思うだけでなく、よく目にするところに書いておくことがポイントだった。さらに短期目標、長期目標をはっきりさせることも重要だった。

またドラッカーは多くの人があいまいなものとしていることに対して、名づけをする名人でもあった。よく知られているのが「マネジメント」「経営コンサルタント」「目標管理」「分権化」「民営化」「知識労働者」などだ。

筆者は、ネーミングを考えることは、概念を的確に把握するコツを身につける勉強になると述べていた。自分で考えたアイデアやネーミングは意外に忘れないものだ。とくに耳に心地よい語感のものは覚えやすいと思える。

AD

晴れ「偉人たちのブレイクスルー勉強術」齋藤孝著より。ジョリークールみかん

ここでの決め球とは、自分の勉強スタイルを確立するというような意味だった。この本のタイトルにある“ブレイクスルー”とは、たまに目にするが、行き詰まり状況を突破するという意味だという説明がされていた。

勉強は本来状況を打開してくれるものではあるが、それも自分にフィットしていなければ、ブレイクスルーは起きにくいようだ。大人になったら、なるべくストレスがないように効率的に学びたいものだ。

そもそも学生時代の勉強は義務感でやらされるようなものに感じられた。しかし、本来は未知のことに対する好奇心から自発的に湧き起こってくる欲求であるべきものだった。

興味がある勉強を継続するには、「自分にあったペース」「自分の好きな方法」で「追求していく」のがベストだと提案している。また身銭を切るということもポイントだった。

AD

晴れ「パワーロジック」内藤誼人著より。カインド100

この章でのタイトルは「上司を動かすパワーロジック」となっていた。つまりどうしたら上司を動かせるのだろうかということで、タイトルにあげたようなこまめな説得が必要だという。

別に上司である必要はないと思うが、人を説得するためには、一度ですべてをやろうとしても、逆に肩に力が入り過ぎてうまくいかないものだ。営業の場でも同じことだろうが。

むしろ訴えたいことは、手を変え品を変え、くり返すことで確率は高まるという。また広告なども、何度も見せられているうちに、ポジティブな感情がわいてきてしまうようだ。

繰り返しの力は大きい。繰り返し説得を試みる場合、それを裏付ける根拠は小出しにする方がいいというアドバイスもあった。一度に出してしまいそれを否定されてしまうと苦しくなるからのようだ。

AD

晴れ「パワーロジック」内藤誼人著より。ストロールグッドおにぎり

話には情報を単に正確に報告するよりもむしろ、個人的な感情や意見を含ませたほうが聞いてもらえるということもあるらしい。

あるアメリカの大学博士に実験によると、話の内容それ自体よりも、「説得者」の話し方や性格のほうに大きな影響を受けることがわかったという。

たしかに同じような内容でも平社員が言ったのと上司や社長が言ったのとでは聞こうという気持ちも違ってしまうだろう。また同じ役職でも人柄、品格、人格のようなものでも差が出てしてしまうようだ。

モノを買う立場なら同じ商品を同じ価格で売っているなら、やはり感じがいい人から買いたいというのが本音だ。日頃から情感を出せるような話し方をしているだろうかと振り返ってしまった。会話の抑揚もポイントのようだ。

晴れ「パワーロジック」内藤誼人著より。ストロールクールマル

ここでのタイトルは“心に訴える「鮮明効果」を狙う”、となっていた。つまり人にわかりやすく説明して理解してもらうためには「たとえ話」は有効だということだ。

当然ながら抽象的な話を一度聞いて理解するのは容易なことではない。頭のなかでそれをまた自分にわかりやすく翻訳しなければならないこともある。

つまりいいたいのは、こういうことだろうな、というふうに。世界中の子どもが愛読するものに「イソップ物語」がある。そこに出てくる動物たちのたとえがあるからこそ、幼い子供たちにも理解できるし、納得できるものになっている。

ただ単に、こうしなければいけないといわれても理解しにくいものだ。ところがそればウサギやカメ、キツネなどが登場すると実に話が鮮明になってくる。

もし説得効果を高めたい時は、相手の記憶に残りやすいたとえ話が効果的だという。しかし、そんな比喩が簡単に出てくるにはやはり訓練も必要そうだな。

晴れ「パワーロジック」内藤誼人著より。ファニークール音符

たとえば映画の説明などもいきなり長い文章があると読むのに心構えが必要そうだ。しかし、要約してあったり、ワンフレーズだけならすぐにでも読める。ブログも文字がびっしりだと読む気もしないかな。

説得には「長さ」よりも「質」が大切なようだ。短い文章でも面白そうだと思えば、その先を知りたくなるものだ。人の話も長引くと嫌になってしまうものだ。

有名な俳句や名言も短いからこそ頭に残りやすい。広告のコピーも数十年前のものでも、短いほど覚えている。たとえば、「男は黙って~」や「スカッとさわやか~」などはすぐに思い浮かぶ。

ある博物館でのラベルの説明文を150ワードから50ワードにしたら、それを読む訪問者は2倍以上も増えたという。やはり誰も長ったらしい情報は好きではないということだろう。

晴れ『人生を変える万有「引用」力』齋藤孝著より。ファニー足ギター

この章のタイトルは「幸福になるための身体能力を引き出す」となっていた。実に積極的な意味合いがありそうだ。そこではストレスを解消することが大事だという。

ここでの引用は次のものだった。「エネルギーが余るとだるくなる、暴れたくなる。けれども、ちょうどいい時は快い。」(『整体入門』野口晴哉著)となっていた。

ついつい「疲れた」も「だるい」も一緒のものと思っていたが、別ものだったのだ。「疲れた」はもうこれ以上、体が動けない状態で、「だるい」はエネルギーが余っている状態だった。

たしかに適度の運動をして汗を流した後は気分もすっきりする。疲れたと思っても、神経だけが疲れていて、体にはエネルギーが余っていることが多いのだろう。

だからエネルギーの発散は大事なことだった。体力があるのに会議や授業で長時間座らされていればだるくなるのは当然のことだったのだ。

曇『人生を変える万有「引用」力』齋藤孝著より。コムみかんDVD

齋藤氏は小学生も教えているが、そこで大事なのは集中する体をつくることだという。とくに子どもは同じ姿勢でいるのはむずかしいらしい。

大人の仕事でも同じ姿勢で集中力を持続するのは大変なことだ。筆者はスポーツ好きだが、筋力トレーニングは筋肉を硬くすると思って、積極的ではなかったという。

しかし、実際筋力をつけてみると、基礎代謝が高く、疲れにくくなったという。今まで重かったカバンが軽く感じられたようだ。

筋力をつけると、日々の生活から起きるストレスを減らせることにも気づいていた。つまりそれが、メンタルのタフネスにもつながるということなのだろう。

雨『人生を変える万有「引用」力』齋藤孝著より。イージーおにぎり映画

人を褒めるということは、できそうでできないことだと感じている。まず、その人のいい点を見つけ出すには観察が必要で、それをまた言葉にするのも大変なことだろう。

筆者は対人関係を円滑にして、人望を集める一番効果的な方法は、相手を評価し、リスペクトすることだという。だからこそ、それが普通にできるなら武器にもなるということかもしれない。

人を褒めることは、自分にもプラスになるということだ。とくに子どもは評価して褒め続けると伸びていくものらしい。誰でも褒められればやる気も出るものだ。

ここにわかりやすいイラストがあった。それは「聞いてもらえる注意の仕方」とあって、「ほめる(80%)」と「アドバイスする(20%)」とあった。ここでのポイントは「注意」ではなく「アドバイス」だった。

雨「ワクワクするビジネスに不況はない」小阪祐司著より。ビープレゼントデジカメ

どこにでも同じような価格で売られているものは多い。たとえば、米はどこの町にでも売られているが、ある米屋には、ファンレターが来るほど繁盛しているという。

ここに例として取りあげられていた米屋では、ニューズレター(会報のようなもの)を発行していた。そこには、その店の店長がテレビなどを見て感じたことが書かれているようだ。

これは普通のダイレクトメールと違って「セールの案内」などの売り込みは一切ないという。しかもそれを継続してお客さんに配るというもの努力がいるだろう。

せっかく会報を書くならといって、商品の売り込みもついでに一緒にしてしまいたいだろうが、それがないようだ。彼は米屋であるだけでなくある意味人を楽しませる「芸人」でもあったのだ。

これもまたある意味エンターテイメント・ビジネスということのようだ。この章のタイトルは「顧客をエンターテインせよ!」となっていた。これで実績があがればやりがいを実感することだろう。