曇「知の巨人ドラッカー自伝」ピーター・F・ドラッカー著より。シャイクールチョキ

これは訳者の牧野氏の表現で、ドラッカー夫人のドリスさんのことだった。ここでの訳者の解説のタイトルは“元気なドラッカー夫人”というタイトルになっている。その時夫人はもう90歳を超えていた。

しかもパソコンを使っている。牧野氏がファックスるでドラッカーに連絡を入れると、ドリス夫人が自分のパソコンを使って、夫に代わって電子メールで返事をくれることがたびたびあったという。

もちろん明治、大正は日本の年号だが、それに匹敵するほどの年齢という意味で使ったものだ。日本では大正生まれの人でもパソコンを使っている人はいないだろうに、明治生まれの夫人が使っているとは驚きでもある。

ドラッカー自身も90歳過ぎまで健康的な生活をおくられたのは、このドリス夫人のおかげだと認めていた。彼女のおかげで定期的に泳ぎ、ハイキングに出かけ運動不足を解消していたのがよかったらしい。やはり健康の維持には無理のない運動が必要なのだろうか。
AD
晴れ「知の巨人ドラッカー自伝」ピーター・F・ドラッカー著より。驚きクールアメリカ

この本の元は日本経済新聞の「私の履歴書」だった。それに訳者解説を加えて出来上がっている。これは訳者の牧野洋氏がドラッカーに「暇な時には何をしているのですか?」と軽い気持ちで聞いてみた時の返答だった。

その前に逆に「暇な時とは一体何だね?」と聞かれてしまったのだ。もちろんこれはドラッカーのユーモアだった。牧野氏は返答に困ってしまうが、ニタッと笑いながら答えたのが上記のフレーズだった。そして、さらに「私の場合、仕事をしていなければたくさん本を読む。きちんと計画を立てて、それに従って集中的にね」と付け加えていた。

要するに、暇な時という表現はドラッカーにはあまり似合わない言葉だったようだ。つまり常に何らかの目的を持って時間を過ごしているのだという意味だろう。

そしてインタビューで「引退」の話になると自分の手帳を見せてくれたという。そこには、夏から秋にかけては、予定はびっしりと書き込まれていたのだ。その時ドラッカーはもう90歳を超えていた。しかもユーモアもたっぷりだったらしい。やはり巨人だと感じてしまう・・・
AD
晴れ「筋を通せば道は開ける」齋藤孝著より。退屈プレゼントクール

これは筆者の経験からくる言葉だった。受験の際、得意科目より、苦手な科目を克服するためにエネルギーを注いだ方がいいということだった。具体的には、得意科目の90点を100点に上げても10点のプラスだが、苦手な科目の40点を70点に上げれば30点のプラスになるからだ。しかも、そのほうがエネルギーは効率的だという。さらに、克服できたという精神的なメリットも大きかったそうだ。

かなり有能だとも思える筆者の弱点の一つは、書く文字があまりにも汚くて自分でも読めないほどだったという。そのため仕事や勉強に支障をきたすほどだったという。心理的にもコンプレックスになっていたようだが、とても信じられない。

ところが、それを救ったのがワープロの普及だった。今ではそれさえも古い言葉になってしまったが。パソコンの機能はすごい。齋藤氏は読める文章を残せるなら便利だと思い、本格的にタイピングの訓練を始めたのだ。

専門のタイピストに教えてもらい、ブラインドタッチの技術を習得でき、書くのが楽しくて仕方がないほどになったという。そのため、年に一本だった論文が七~八本にまで増えたようだ。これも苦手分野を克服した結果だった。

一般的なハウツーものでは「短所を直すより長所を伸ばせ」とよく書かれている。しかし、ここでの教訓は「長所を伸ばす前に、短所を矯正せよ」ということだった。時にはこれも使えそうな気もするが、地道な努力に耐えられるかなぁ・・・
AD
晴れ「筋を通せば道は開ける」齋藤孝著より。口笛クールおにぎり

つまりこれは、「何でも引き受ける」という耐性のことだった。フランクリンはこれを実践してきたようだ。クリエイターには、その経験こそが欠かせないという。

様々な経験が、仕事の幅を広げるということでもあった。そこからチャンスも生まれてくる。齋藤氏自身も学生時代は、雑事にわずらわされず、本質的な部分だけを追求したいと思って大学院に進んだという。

しかし、論文を書くにしてもそのためにかなりの地味な作業の繰り返しをせねばならなかったと振り返る。一割のアイデアを九割の地味な作業で固めるという感覚だったらしい。

そこで学んだのは、あらゆる仕事にとって雑事は避けて通れないということだった。つまりそれはその場で耐える「地味力」だった。これがないとどんな領域でも一つのことは成し遂げるのは難しいと語っている。
晴れ「筋を通せば道は開ける」齋藤孝著より。驚きプレゼント鉛筆

要するにこれは、見聞きした言葉のメモをつくったらどうだろうかという提案だった。読んだり聞いたりしている言葉の中には、たまに記憶に残しておきたいものに出会うものだ。

しかし、ほんの数分後にはすっかり忘れてしまって二度と思い出すことはない。あとで思い出そうとしても難しい。なんだか損をしてしまった気もする。

しかし、その場でメモしておけば、思い出す手掛かりになるものだ。映画などを見ていても、書き留めたい言葉に出会ってもなかなか手元で書けないもので、残念に思っている。

話し言葉に比べれば、本や新聞、雑誌なら何度も読み返してメモしやすい。これも習慣化することが大事なのだろう。それを手帳に書いておくといいと齋藤氏はアドバイスする。

そしてそのメモを、書いたり読んだりを繰り返していると、言葉の力が自分に乗り移ってくるという。それは本当だろうか。(フランクリンは若い頃、金言を集めてカレンダーに出版したところ長年にわたってそれがよく売れたという。)
曇「筋を通せば道は開ける」齋藤孝著より。驚きペン!?

この「・・・~」のあとには次のように続く。「~それほど力を込めなくても可能な仕事は「青」、そして遊びや息抜きの時間を緑」と、(手帳に)書き込んでいるとあった。

つまりこれは齋藤氏が考案した「三色ボールペン」で本を読む際の応用だった。読書の際に「最重要」は「赤」、「まあ重要」は「青」、個人的におもしろいと思う部分を「緑」で囲んだり線を引くのと同様だった。

そして、手帳も1週間単位で眺めるのがいいらしい。とはいっても、私はふだんほとんど手帳を持つ習慣がないので、今後どうすべきか分からないが。

私にはその手帳の厚みが気にかかっているのだ。また、使わない空白のページまで持ち歩くのが、なんだか無駄に思えているからでもあった。

齋藤氏が手帳にまで赤、青、緑を使っているのは、効率よくエネルギーを分散して結果を出すための工夫らしい。確かに便利だとも思えてくる・・・
晴れ「筋を通せば道は開ける」齋藤孝著より。笑顔音符ツリー

何かが変わる時、一気にがらりと変わることなどほとんどないのではないだろうか。健康管理にしても、それをしたからといって、すぐに効果が表れることはない。

ある程度の期間を継続して、初めて感じることのほうが普通だ。フランクリンは1週間単位で様子を確認していたようだ。よく似ているのが、レコーディングダイエットというものだった。

毎日体重を量って手帳に記入していくというものだ。習慣化すれば、それなりに効果があると齋藤氏も経験から語る。そして、少しでもその効果が実感できると書きこむのが楽しくなるという。

私の場合は、「徳」とは関係ないが、今のところ歩いた距離を(万歩計をつけているので)○から●に埋めていくことにしている。○一つで1キロときめているので、累計の距離はすぐにわかる。

これも記入する手間をできるだけ単純化したから継続できているのだろう。距離が増えるほど楽しくなる。毎日、その歩数や距離を数字で書くということだったらきっと1週間も続かない。今のところ8か月継続中(約590キロ)・・・
曇「筋を通せば道は開ける」齋藤孝著より。怒り家ツリー

ここには、「フランクリンの徳チェック表」というのがあった。その表の縦にはフランクリンの13の徳の項目があって、横方向には1週間の曜日が書かれていた。学校の時間割に似ている。

徳の項目には、節制、沈黙、規律、決断、勤勉・・・などが書かれていた。そして、毎日、達成できなかった項目に黒点や*を書きこむだけだった。

これほど単純に表を作っておけば、負担も少ないと考えたのだ。そもそもこれは、2000年前にピタゴラスが道徳の習慣作りのために考えたものをヒントにしていた。

これほど古いものからもフランクリンは自分流に作り上げてしまうのはすごいこと。ここでのタイトルは「徳マスターへの道は、一冊の手帳から始まる」とあった。

つまり手帳にこの表を作っておけば、いつでも簡単にチェックできたのだ。面倒というよりもむしろこれだけなら進んで書きこめそうだ。(しかし私は手帳を持つ習慣がない・・・)
晴れ「筋を通せば道は開ける」齋藤孝著より。ウインクいちごツリー

もし、褒められたり感謝されたりすれば、その人に対して親近感は持てることは確かだろう。自分に関心をもって評価してくれた人は意外に印象に残るものだ。

だから、人を褒めるということは相手を観察していなければできないことも多い。密なコミュニケーションがあればこそ、人を褒められる。

齋藤氏の感覚では多くの人は褒められたがっているという。しかし相手のことを理解もせずに褒めてもしょうがない。また心がこもっていなければ、逆効果になってしまう。

「一日一善」ではなく、「一日一褒(ひとほめ)」ということも提案している。もしこれが習慣化でたらいいのだがなぁ。ついつい批判ばかりが先に立ちそうだが、齋藤氏のおすすめしたい「徳」は「褒める」だった。
雨「筋を通せば道は開ける」齋藤孝著より。シャイおにぎり時計

(前日のつづき)
徳と言っても人まねというより、むしろ自分で探してみることが重要なようだ。自分に何が足りないのか、何があれば現状をブレイクスルーできるのかを考えるべきだった。

できるだけ具体的なものを思い浮かべるのがいいと、齋藤氏はいくつか参考として挙げているものがあった。まずその一つが、「上機嫌」だった。

いつも氏はこの言葉にこだわってきたという。数年前には「上機嫌の作法」という本も書いていたほどだ。たった一つのこの言葉を思いつくだけでも大変なことだ。

いいアイデアも心の経平静がなければ思い浮かばないというが、それは本当だろう。上機嫌を維持するのは大変だが、それを意識しなければ恐らくもっとできない。

単に感情的にものごとを相手にぶつけても解決しないことの方が多い。むしろ「相手に対して非常に厳しいことを、上機嫌に言えた」などはやはり訓練、習慣化しなければできないもの。