曇「メトロミニッツ」2010.4月号より。シャイ桜ビール

特集は“東京ARTステイケーション”となっていた。以前も一度取り上げたことがあるが、このステイケーションとは英語のstay(とどまる、滞在する)+vacation(休暇)のことだ。わざわざ長距離の移動をしないで、自宅や近場で過ごす休暇という意味で、アメリカで生まれた造語だった。

今回はアートはどうだろうという提案だった。アートというとなんだか特別なもののような気もするが、べつに美術館や博物館、ギャラリーに展示されているものばかりを頭に浮かべる必要はないのだ。

むしろ先入観をなくせば、生活の中や街の風景にもそれを感じられるかもしれない。たまたま街に出てみて、そこで知らない作家の展覧会があれば覗いてみるのもいいかもしれない。そんなところから意外な発見や刺激が得られる可能性もあるし。

また、この季節は庭や道端、公園にはさまざまな草花が咲きだしてくる。それらを眺めるのもけっこう楽しいひと時でもある。また、さらに樹木や花の名前を知ろうと植物図鑑などを眺めるのも楽しいかもしれない。身近でも知らなかった植物が多いことにも気づく。

また、先日地元の図書館に行ってみたら、そこに県内外の美術館や博物館の展覧会の案内パンフが置いてあった。それらのいくつかを眺めてみるともう、それだけでもアートの予感がする。A4サイズのパンフには作品の写真が実にうまくレイアウトされていて、眺めているだけでも楽しく感じた次第。

さらに数日前のこと、都内の大きめの書店で、ふだんは行かない洋書コーナーに行ってみたのだ。しかも漫画コーナーだった。日本でベストセラーとなった漫画の英語版(きっとアメリカで売られているのだろう)は表紙を見るだけも興味深い。ドラゴンボール、のだめカンタービレ、おいしんぼ、ワンピース・・・実に多くの漫画が英訳されていた。

そういえば、「花より男子」は英語で“BOYS over FLOWERS”となってた。そのほかアートなステイケーションとしては、地元の古い建築物、切手、包装紙、手提げ袋、お菓子のパッケージ、本の表紙・・・。こう想像をめぐらしてみると、アートは思いのほか身近にあることにも気付いた次第。
AD
晴れ「齋藤孝の企画塾」齋藤孝著より。ウインク桜OK

企画部という部署は確かにある。しかし、そこですべての企画が考えられ出来上がるわけではない。「新製品の企画」「番組の企画」「本の企画」などだけがクリエイティブなものだと考えがちだが、そうではなかった。

「余った在庫をどうするか」「売れない商品を売り込むには」「効率的な決算業務を考える」など営業、経理部門でも常に企画は必要とされている。宣伝や経営企画の部署にいる人だけが企画を考えればいいという時代ではなくなってきている。

日常のルーティーンワークは外部業者やパートさんでもできるようになってきた。正社員に要求されてくるのは、自分で企画を立てて、チームを組んでプロジェクトリーダーとして働くことになってくるようだ。

企画力はもうクリエーターと呼ばれるような人たちだけのものではなくなっている。今いる部署の問題はいくらでもあるに違いない。それをそれをどうやって解決するかは企画力にかかわってくる。それで人も自分も組織も幸福になれれば理想的なんだがなぁ・・・
AD
曇「齋藤孝の企画塾」齋藤孝著より。口笛爆弾マイク

前日のジャニーズ関連の内容になるが、もう5年ほど前(2005年)に大ヒットした『青春アミーゴ』は「あのころ」の感じを思い切り突いたタイトルだった。

しかも歌詞のなかにある「地元じゃ負け知らず」というワンフレーズもオヤジさんたちの郷愁を誘っていた。実際には子どものころに勝ち続けたというわけではないだろうが、“幻想の世界”ではそうだったのだろう。

上京して盛り上がったあの頃を思い出したのかもしれない。そして、ふだんはCDを買わない50代、60代のオヤジさんたちも、男女の若者に加えてCDを買いに走って、宴会やカラオケで歌ったのだ。その世代にとってはCDなど安いものだ。

もちろん楽曲が新鮮なサウンドで耳にも心地よかったことも成功要因だろうが。これも別のグループのエースのタレント同士を組み合わせたカップリングのうまさが成功した企画例でもあった。

今後も繰り返し「あのころ」を刺激する企画は生まれてくることだろう・・・な。たんにカッコいい男の子を集めればいいわけではなかった。ジャニーズ帝国の企画、恐るべしだな。
AD
曇「齋藤孝の企画塾」齋藤孝著より。クールすっぱい最低

ここでは「成功した企画のエッセンス」というトピックで書かれていた。そのなかで、テンションを上げると、力が抜けてしまうという人がいるとあった。それはタレントのKinki Kidsの堂本剛君だった。彼がやっていた『堂本剛の正直しんどい』という番組もあるくらいだから笑える。

以前齋藤先生がCMのために無理に「ミッション!パッション!ハイテンション!!」という氏のフレーズにつき合ってもらった直後に「先生、悩みとかないんですか」と言われて、二人で脱力したそうだ。

ジャニーズはタレントをカップリングさせて売り出す手法に成功している。これは企画が成功しているからだった。Kinki Kidsでは、二人の持ち味の違いに新鮮さがあったのだ。

剛君はどちらかというと、外に出るより家にいるほうが好きらしい。家で魚を見ていると落ち着くという。一方、光一君は美少年で絵に描いた王子様タイプだが、しゃべるとかなり攻撃的という意外性があった。

これがこのカップリングが成功した要因でもあったのだ。SMAP、V6、TOKIO、KAT-TUN、嵐、NEWS・・・どれも主役を置いて、さらに個性的なメンバーを揃えてチーム編成しているのが成功要因でもあったのだ。
晴れ「齋藤孝の企画塾」齋藤孝著より。笑顔キラキラ新幹線

日本で「あのころはね・・・」と言ったときの「あのころ」とは、昭和30年~40年代の感じだという。つまり昭和らしい感じが残っていたころのことだろう。この期間は約20年間にわたっている。

とくに今に生きる中高年世代、40代後半から60代の人にとっては特にそう思えるのではないだろうか。日本の高度成長期だったころが懐かしく感じられる。平成になったころのバブルの期間は2~3年の短い期間で、その後長い低迷した時代に入っているからその期間は「あのころ」という思いはない。

昭和30年代から40年代は、努力すれば、それなりに報われた時代だったのだろう。海外からは日本はエコノミックアニマルなどと呼ばれていた時代もあった。エネルギーを感じる頃だったのではないだろうか。

あのころには、新幹線開通、東京タワー完成、長島、王が活躍、「巨人・大鵬・たまご焼き」などの言葉も生まれていた。東京オリンピック、大阪万博・・・いろいろ輝いていた昭和時代を思い出す。

成功した企画という面からみれば、映画の「フラガール」「三丁目の夕日」などはその時代を懐かしめ、勢いがあったからこそ多くの人の共感を呼んだのだろう。このような「あのころ」を描いた作品が2年連続で日本アカデミー賞を受賞したのもそこに描かれた物語、風景、人情、エネルギーなどすべてが人の心に訴えたからなのだろうな。
曇『「買いたい!」のスイッチを押す方法』小阪祐司著より。シャイテレビバッグ

考える総量が、相手を啓発する力を左右する。つまり売るためにたんにテクニックだけを磨いても長く続くビジネスとなるわけではに。上手にDMがつくれることは一つの要素に過ぎない。

考えに考えている人は、考える総量が違っているようだ。エネルギーが違えば、そこから生み出されてくるものは違ってくる。それを継続できたとき消費者はついてくるのだろう。

相手を喜ばせようと、相手の気持ちを読み考え、具体的なプランを組み立てられるか。人の心をつかむには、そんな活動を継続できるかどうかにもかかっていたのだろう。消費者は今では、モノやサービスよりもむしろ「未来の私」を買いたがっていたのだ。

どうしたら、人がワクワクできるのかを具体的に示すことができた人だけが、それなりの結果をつかむことができるのだろうな。できれば、その本人さえも気付かなかった素晴らしいものを見つけられれば理想的なんだろうが。
雨『「買いたい!」のスイッチを押す方法』小阪祐司著より。驚きワインクール

初めて目にする言葉だった。いったいどんなものだろうか。人を動機づけるカギは、人の感性に影響を与えることのできる情報、「感性情報」だったのだ。

そして、買い物する脳のスイッチを押すのは実にささやかな働きかけでもあった。あるフランスワインは一枚のスライドで、椅子は一枚のDM、模型飛行機はPOPに書いた二行だけで可能だった。

別の具体例があった。それはソファで、ある家具店の店主は味のある手書きのDMを送っていた。そこのはじめの部分は次のように書かれていた。「夫婦円満♡ソファ」って何だあ?から始まっていた。次は「三人用ソファにお父さんがゴロリと横たわっている・・・その逆もあるかもしれませんが・・・(笑)

こんなふうにかなりくだけた調子で書かれていた。かなりの文章力が必要かもしれないが、お客さんの立場に立ってわかりやすいことが何より大事だとわかる。

また、どこにでも売られているプリンを一カ月で1,000個も売れるようになった例があった。その店の店主はチラシに商品説明や価格の訴求はしてなかった。次のような文面から始まっていた。

「いろいろお話を聞いていくうちにこのプリンが何でこんなにおいしいのかがわかったんです! 実はこのプリンを開発した人はTVチャンピオンのプリン王だったんです!・・・」と。これを最後まで読むとなかりの名文になっている。なんだかそう言われると一度そのプリンを食べてみたくなってしまう。

感性情報といわれるものを、どんなツールを使ってどうやって人に伝えようとするのか、それを「感性情報デザイン」と読んでいるのだろうな。お客さんはたんにプリンを買いに来たのではなく、ワクワクするような話題を、未来を買いに来たのだった。
雨『「買いたい!」のスイッチを押す方法』小阪祐司著より。ニヤ唇鉛筆

これだけ取り出してみても何のことかわからない。これは地方のある家具屋さんで、毎年1脚か2脚しか売れなかった椅子が大量に売れるようになった話からのフレーズだった。

その家具屋の店主は、顧客に対して動機づけを考えたのだ。まず自店の顧客名簿をもとにDMを送ることにしたのだが、問題はそこに何を書くかだった。「人間工学を駆使した椅子。座ってみませんか?」や「特別に2割引き」と書いても関心は持ってもらえない。

店主は次のように書き始めたのだ。「いやぁ~、もう、読書するならこの椅子やと思いましたね!」椅子のことよりも読書の話を中心に持ってきた。主な内容は次のようなことだった。

1、誰にも邪魔されずに大好きな本をじっくり読むことが至福の時間。2、ここでの邪魔とはお尻や背中が痛くなってくるという不快感のことだった。3、それを解決できるのがこの椅子かもしれない。4、自分がこの椅子で五木寛之の『林住期』を読んだときがいかに至福の時だったか。

商品の機能についての説明はしていない。するとこのDMを読んだ顧客が多く来店して「あの読書の椅子はどれ?」といって座ったのだ。そして、実際にその心地よさを実感した人が購入したのだ。まずは来店して座って試してもらうことがスタートだった。

購入者は感動して「人生観が変わったよ!」と電話をしてきたという。すると店主は今度はそのフレーズを入れたDMを作成して再度顧客に送ったのだ。お客さんの生の声は説得力があるらしく、また多くの来店があり購買に結びついたという。

つまり、「人生観が変わった椅子」に座りに来たからこそ、買う気になったということになる。購買行動を作りだすマーケティングはちょっとした工夫から始まっていることがわかる。実はそのちょっとしたことは意外に思いつかないものだが。
曇「R25」2010.3.19号より。すっぱいバツグー

久しぶりに、このフリーペーパーを手にすることができた。もちろん読もうと思えば、ウェブでも読めるだろうが、やはり紙に印刷されたもののほうが読みやすい。

これは最後のページにあった連載エッセイ「空は、今日も、青いか?」(石田衣良)からのワンフレーズだった。3月といえば、卒業と別れのシーズンでもあり、また就職や入学の時期だ。

そんな時、既に仕事に就いているものには、不本意な異動や転勤が付きまとったりもするもの。しかし、その組織に属している限りはかなり理不尽なことも受け入れざるを得ない。場合によってはリストラ対象にもなってしまう。こんなことも石田氏のいう、覚悟と犠牲というものだろう。

いったん、会社や役所にしても何らかの組織に所属し、そこから給料をもらっているなら、その組織のいいなりになるしかない。とくにこの不況の中では、そこにいることで守られているという意識を強く感じるものだ。

人件費の削減で労働条件はますます悪くなっている。近ごろマスコミによれば、35歳の平均年収が10年前より約200万円も少なくなっているとの報道もあったが、それは実に大変なことだと思えた次第。

就職氷河期はまだまだ続きそうだ。まずは正社員として就職できればましだろうが、それでもその後は厳しい現実が待っている。今は当分地道にコツコツやって耐えるしかないのだろうか・・・
曇「齋藤孝の企画塾」齋藤孝著より。うるうるプレゼントチョキ

ここではまず、放送作家の小山薫堂さんのことについて触れていた。彼の企画はテレビ番組以外でも店舗のプロデュースも含めいろいろな分野で成功をおさめていた。エピソードのなかでは、小学生のころから誕生日プレゼントマニアだったという。

プレゼントして喜んでもらいたいというのは、視聴者やお客さんに喜んでもらいたいのと同じことだったのだ。だからスタッフにも、番組作りには誕生日プレゼントを贈る気持ちで作るように指示しているそうだ。

「なぜ企画を立てるのか」は「人を喜ばせたいから」を原動力として習慣づけることが大切らしい。「誰を、どう喜ばせたいのか」と考えるとより具体的になるのだろう。そうすることで、企画そのものがより見えやすくなってくる。

たとえば、人を喜ばせるという観点で成功したのがプリクラだった。これを思いついたのは、ゲーム会社の営業部の女性社員だったのだ。友だちとの思い出を作って楽しみたいというときこれはお手軽なものだったのだ。

その後、爆発的なヒット企画に発展している。まだまだ続いているロングセラー企画商品ともいえる。いいアイデア、思いつきには別に企画部や開発部である必要はないということもわかる。消費者に一番近いところにいる営業部門からのヒントは大きそうだ。