晴れ「朝日新聞」2008.12.14付けより。野球驚き

“朝日求人”の中の「仕事力」というエッセイのなかで野村克也氏が言っていたこと。4回連載のうちの2回目で、この回のタイトルは“自分の意識でプロに育つ”だった。

ここではおもに2つのことについて述べらていた。一つは「プロ意識は恥の意識だ」という。自分のプレーが学生やアマチュアと比べられること自体が恥ずかしかったようだ。要するに「恥の意識」が張り詰めていない人間はプロフェッショナルとは言えないと思っていたのだ。

二つ目は野村氏自身の人生訓で、「小事が大事を生む」というものだった。プロ野球は実力の世界だから、他人と同じことをしていたら競争に勝てない。そこで結果を出すために様々な努力と工夫が必要だった。これはもちろんどんな仕事にも当てはまることだろうが。

それに関するエピソードがあった。野村氏はホームランバッターになりたいという夢を持っていたので、試合前の練習で相手方のベンチに行き、当時の名だたるホームランバッターである藤村富美男さん、川上哲治さん、大下弘さんたちのバットをこっそり握ってみたのだった。

すると、どのグリップも細いという共通点を見つけたのだった。そこで、自身もまねてみたものの、結果は出なかった。そしてある時もらったバットのグリップがたまたま太かったので、それをつかってみると気持よく打てることに気づいている。

つまりそれまではホームランバッターのバットグリップは細いものという固定観念に縛られていたのだった。そこで、「固定観念は悪、先入観は罪」と実感したようだ。何よりも大事なことは、自分自身で「見つける」「探す」「感じる」ということだったようだ。

他人のノウハウは必ずしも自分にとっても同じくノウハウとは考えられないという意味でもあろうな。またちょっとした成功のヒントは意外な偶然からやってくることもあるもの・・・かな。
AD
晴れ「仕事が速くなるプロの整理術」吉越浩一郎著より。時計砂時計

仕事は自分でやりやすいシステムを作り上げれば、余裕ができるもの。どうしても、仕事に振り回されているうちは、自分の持ち味を十分に発揮できるわけがない。

そんな余裕を持つためには、普段から幅広い情報を持つように心がけていれば強いとも思える。その元となるのはやはり読書ではないだろうか。焦っているときは気がつかなかったことも、あとであの本や雑誌に載っていたなんてことはあるもの。

少し前まで、仕事の予定は机の上にある1か月分の予定表に書き込んで確認していた。最近では、それらの予定はすべてグーグルカレンダーに打ち込んでいる。緊急の場合には紙にさっとメモることも必要だろうが。

グーグルカレンダーには数か月先まで書き込んでも大して時間はかからない。一度記入したものは、一日単位、週単位、月単位でも一覧が見られて便利なものだ。一日のうちでも時間ごとの記入もできる。しかも、自宅のパソコンからでもすぐにアクセスできて、スケジュールを確認したり書き込んだり変更もできる。

と、まあこんな方法を実際にやってみようと思ったのも、この一冊を読んだ結果だった。ちょっとした情報にも関心を持てるかどうかも、自分の仕事を面白くしていくポイントでもありそうだな。
AD
晴れ「仕事が速くなるプロの整理術」吉越浩一郎著より。コンピュータダッシュ

仕事を続けていくうちに資料やデータなどの書類はどんどん増えていく。すべてがデジタルなら紙は必要ないだろうが、それは無理な話で紙の方が便利なときも多い。

デジタルとは違って、紙の書類にはちょっとしたコメントやメモを書き込める。矢印や図を描くことも容易にできる。また大量の資料を並べてさっと目を通して確認もできる。色をつけ加えれば、区別、目印も一瞬でできる。さらに移動中にはバッグから取り出して確認もできる。

このように紙に書かれ(印刷され)ていることで、便利なことも多い。パソコンが導入されたからといって一気に紙は減らせないもの。むしろ、実態はその逆で仕事場ではIT化される以前より紙の使用量は数倍に増えている。

もっとも、すぐにコピーがとれるから増えているともいえるが。不安だから、とりあえず一枚とっておくかという気持ちもあるのは確かだ。机の引出しのなかはそんなコピーのファイルがかなりたまってしまったな。そろそろ整理せねば。

仕事場ではパソコンは一人一台という状態で、そして家に帰っても家族の人数分ある。とはいっても、すべてが同じような頻度で使用しているわけではないが。家でも紙の印刷は頻繁に行われている。プリンターの稼働率は当然高い。でも、ありがたいことに機械は黙って働いてくれる。

だから無理に紙を減らそうとは思わなくていいのかもしれない。古いものから順に捨てれば済むことかも。むしろデジタルと紙をうまく融合させることで仕事のスピードアップは図れそうだ・・・な。
AD
晴れ「仕事が速くなるプロの整理術」吉越浩一郎著より。鉛筆レター

筆者の吉越さんは経営者として成功した人で、かなり以前から有名なのでご存知の方も多いことでしょう。とくにトリンプ・インターナショナル・ジャパンの社長在任中には、19年連続増収増益を達成していた。

2004年には「平成の名経営者100人」(日本経済新聞)の一人に選出されている。そんな経営者だからこそ、“プロの整理術”と言われれば、ちょっとは耳を傾けたくなるものだ。単なる机上の学問ではなく、実践を通じての話には興味深いものがある。

さて、紙とはいってもこの場合、A4サイズの用紙ということになる。気がつけば仕事でも、自宅でも一番よく使うのはやはりA4の紙だった。最近では電子メールでの情報提供や交換が多いが、そのメールとA4の紙は相性がいいらしい。それはメールを印刷するときはA4サイズになるからだった。

紙であれば、デジタルと違って書き込みもその場で簡単にできる。個人的には、仕事ではしばしばファックスで送信されてくるものもあるが、たいていはそれに直接記入するか、コピーをとって必要事項やコメント書き加えて関連部署へ渡し指示している。

こんなことでも、実に簡単、確実でスピーディーでもあることを実感している。どんなに仕事がIT化されても、それだけですべてが間に合うわけでもない。やはり紙をどう使いこなしていくかも日々の仕事のスピードアップには欠かせないな。
晴れ「朝日新聞」社説2008.12.23付けより。唇学校

これはちょっと気になるフレーズというより、テレビのニュースでもどの新聞にも掲載されていた記事で、むしろ数日たっても気になることだった。この社説のタイトル部分には「高校指導要領」とあって、“英語で授業・・・really?”とあった。このアルファベットの単語(本当?)は実にインパクトがある。

そして、冒頭は「高校の英語の先生たちの中には、頭を抱える人も少なくないだろう。」と始まっている。要するに平成13年度からは、英語の授業は全面的に英語でやりなさいと言うことだった。

でも、本当に5年後には実施できるのだろうかと思った次第。簡単な会話をするのではない。テキストを見ながら説明も英語でしていく、さらに文法の説明までしなければいけないということになる。

いくら英語の教員免許を持っていても、正確な発音で喋れる先生はそれほど多くはいないだろう。大学入試にはリスニングのテストはあるとはいっても、読解や英作文が中心らしい。入試を考えたら、英語だけで授業を進めたらどれだけ理解度が深まるかも疑問だな。

あと5年で英語がちゃんと喋れる先生がどれだけ育つのだろうか。先生も大変だろうが、もともと英語が得意でない生徒にとってはますます、英語が嫌いになるばかりではないだろうか。中には英単語を覚えるだけでも苦労している生徒もいるだろうに・・・。

全員が平等に英語による指導を受けるよりむしろその対象者は、とくに関心がある生徒だけでもいいのではないだろうか。そして、やるなら徹底して英語が流暢にしゃべれる英会話学校の先生またはネイティブスピーカーを招いてやる方が効果が上がりそうだが。

むしろ初めから、「英語の“教師”は英語で“指導できる”ことを“条件”とする」とした方が先かも。生徒に期待するのはそれからあとのことかな・・・と思ったりしてね。
晴れ「苦情クレーム博覧会ホームページ」より。驚き携帯

2008年『解決』“苦情クレーム博覧会”の当日(10月23日(木)・24日(金)開催)実施したアンケートによる来場者の展示物への意見・感想のなかより気になったものが上記のものだった。というのも、これはもしかしたら私が先日買った製品のことだろうか、と思ったからだ。

とくに今年からはワンセグでテレビを時どき観ているので電池の消耗が激しい。何度かスポーツを観ている途中で電池の残量が少ないという表示とともに画面が消えてしまって、ちょうどいい場面で見られなかったことが数回あった。

それではワンセグの良さも半減してしまう。メール程度なら操作できても電池の残量が急に少なくなると不安なことが多い。そのうち充電器を買おうと思っていたがどれにするか迷っていた。単三電池2本を使用するものもあったが、ちょっと重さが気になったので、ソーラー式のものを購入したのだ。これは小さくて軽いのでかなり重宝している。

電源からも太陽光からも充電できるので結構便利なものだ。ただし自然の太陽光からの場合は時間がかかるのがやや不満が残るが。しかしエコというところも悪くない。これを持っているだけでもかなり気が楽なもの。ソーラーなら乾電池を何度も買い替えるより“エコ”ノミーでもあるかな・・・(な~んてね!)

晴れ「人生の答え」テリー伊藤、中谷彰宏著より。驚きコメント

よくおしゃべりが好きな人がいるが、その内容を聞いていると意外にも誰かが言っていそうなことばかりだったりする。で、いったい何が言いたいのかも曖昧だったり。

そして、一般的な話をされても聞いているだけ時間の無駄だとも思える時もある。本を読んでもどこかに書いてあるようなものだったらつまらない。やはりせっかく時間を費やすなら新鮮な感動や未知の情報を得たいと思う。

それと、このフレーズのように自分がどう考えるかでなくて、一般論ばかりだとその人に親しみも感じられない。よく自分のことは話さずに他人の話ばかりしている人もいるが、それも自分をガードしているようにも思える。何ごとも程度もので自分のことばかり話したがる人もまた敬遠されるのは事実だが。

そう考えると、ガードがきつい人ははじめからブログで日記など書いたりしないだろうな。もっとも、ある程度匿名性というガードの中で書いているから、自分のことも書けるともいえるかもしれないが。もしそれが本名だけだったらこれほどブログは広まらなかったに違いないな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんなもの来てましたね♪

おまけ・・・

アメブロサンタさん、ありがとう♪グッド!shozando

曇「人生の答え」テリー伊藤、中谷彰宏著より。泣く汗

だれでも、勝負のときには負けないと思ってやっている。とは言っても永遠に勝ち続けることも難しい。あの日本を代表する優良大企業のトヨタでさえも前年の驚くほどの利益から、今年は一転して1500億円の大幅赤字だという。結果、社長は辞任することになった。1年前のあの余裕がまるでウソのようにさえ思えてくる。

話がずれてしまった。個人レベルの生き方としては、勝ち負けの基準はひとつだけじゃないという。とくに学校では勉強はできないが運動はできるとか、またそのどちらもダメな場合はお笑いで勝負にいったら意外にいいところまでいったりとかいろいろな価値観があるもの。

あるものがダメなら別なものに価値を見出していくことも必要になってくる。だから負けることによって初めてわかるものもでてくる。理数系がダメだから文系にいくというのも多くの人が経験していることだ。その逆もあるが。人それぞれ自分だけの勝負できるフィールドを見つけられるかどうか。

例えば、おしゃべりの得意な人よりも口べたのほうが営業成績がよかったりというのもよく聞く。人にいかにしたら自分のことが伝えられるかは、たんに口先だけの問題ではないこともわかる。気持ちや熱意がどれほど伝わるかが大事なのだろう。なんであれほどの美人があんな男と付き合っているのか不思議に思えることもあったり。

ものごとの勝ち負けの価値基準は意外なところにあるかもしれない。ここに面白い話があった。それはどんなマイナーなバンドにもファンがいるということだった。ほとんどの人はその存在すらも知らないことが多いもの。何がよくて何がダメとはなかなか言い切れないもの。世の中理屈では割り切れないところも多いものだなぁ~。(話がまたまたずれてしまったか、アルコールのせいかも・・・)
晴れ「人生の答え」テリー伊藤、中谷彰宏著より。コメントパー

実に大げさなタイトルの本だ。でも中身は二人の対談にスピード感があって意外に面白い。いずれにしても、人が既に作ったマニュアルに従っている限りそれを超えることはできないという意味でもあるだろう。

だからもし、勝とうと思えば、自分にあったルールでゲームを作っていくしかないのだ。それはつまり生きるスタイルとも考えられる。自分のスタイルで人を納得させてしまうほどの個性があれば強い。

たとえば、最近では柔道から総合格闘技に転向した石井慧などはどうだろう。何となくそんな雰囲気を醸し出していそうだが。彼はオリンピックに出場する前から格闘技を目指して「オリンピックは通過点に過ぎない」とまでいってのけている。若いのに実に強い言葉にも思えた次第。あとはいつその結果を出せるかどうか。

作家が自分の得意とするジャンルで勝負するのも、自分で勝てるルールに従っているとも思える。古い例なら、松本清張は社会派推理のスタイルとか、司馬遼太郎なら歴史小説、星新一ならショートショート、藤沢周平なら時代小説みたなものかも。

しっかりした自分だけの世界を確立して、その中で勝負をしてしたら最高ではないだろうか。そういえば、いろいろな契約書などは結局は作った方が有利に出来ていることがほとんどだ。古いマニュアルとは、結局人が作ったものに過ぎない・・・か。
曇雨「どらく」(朝日新聞ホームページ)より。時計ジョリー

(さらに前日のつづき)
サードステージとして、「65歳以降のことは考えていますか?」という質問に対して「小説を書きたい、山あいの無医村の医者になりたい」と語る。常に自分のた人のためにメッセージを発信していこうという気持ちがあるようだ。

さて、実にエネルギッシュで活動の幅が広い鎌田さんだが、その原動力の秘密があったのだ。それは早朝の3時間にあるらしい。18歳から60歳まで朝は4時30分に起きて7時30分までは自分の自由時間として使っていたのだ。

その3時間は誰にも邪魔されず、本を読んだりCDを聴いたり、散歩もできたという。医学の勉強にいそしんだ時期もあり、今では本も書いている。そんな宝物のような時間を確保してきたことに原動力の秘密があるようだ。

もっともこれはかなり強い意志がないと続けられない。私のような軟弱人間には無理かも。早朝から仕事として活動をしている人は実に多い。交通関係、テレビ、ラジオ報道などのマスコミ関係者、深夜人が熟睡している時間にも必ず誰かが働いている。

しかし、それは人生の一時期であり、仕事だからやむ負えないともいえる。しかし、鎌田さんはそれとは別に自分の意志で早朝に起きて40年以上も勉強を続けている。こんなことは凡人では無理だろう。ここで、もう一度三日前の日記を思い出した。・・・がんばらない、でもあきらめない、ということ・・・かな。