朝日新聞土曜版(6.18)“フジマキに聞け”のコーナーより

藤巻幸夫氏はタイトルのような考えには同意できないという。まあ、大抵の人はそう思うだろう。
確かに近年は「勝ち組」「負け組」という表現を時どき耳にする。
先々月亡くなった二子山親方は藤巻氏にとってはヒーローだったという。しかも、現役時代の千秋楽では8勝7敗でカド番を脱するというパターンが多かったことまで記憶している。私も見てはいたが、そこまでは覚えていなかった。彼によると8勝7敗には美学があるという。大関在位50場所(歴代1位)という最高記録はその結果だろう。
相撲でもダントツに強ければ、それだけで人気が保てるというわけでもないだろう。たとえば、現在横綱の朝青龍は強いが、人気を比べたら現役時代の大関貴ノ花(二子山親方)のほうに軍配は上がるだろう。
さて、話しはもどって藤巻氏は勝ち負けで人生を分けるより、むしろ「満足組」「不満足組」で分けたほうがしっくりくるという。だから当然金持ちイコール幸福ということにもならない。むしろ、金持ちほど不満が多いかもしれない。
たとえば、私たちが大衆食堂で美味しいと思えても、金持ちは高級レストランで食事してもこんなもの口に合わないというかもしれない。
家族、友人、健康・・・どれをとってもお金で計れないことのほうが多い。どうせ金持ちになどなれない僻みでもあるが、一つでも多くの満足をひろって生きてゆきたいと思った次第・・・

AD

『自分を「売る」力』斉藤孝著より

つまり、スランプに陥るのは、調子のいいときに比べて、フォームが崩れてきているということなのだ。
それは時によっては、疲労の蓄積も含まれるかも知れない。打者なら相手投手が最高の状態ならそうそうヒットを打てるものではない。しかし毎試合最高のコンディションの投手が登場するわけでもないからいずれは打てるはず。ところがスランプ状態が思いのほか長引くときがある。
そんなとき選手はフォームのチェックをする。つまり好調時のフォームに戻す努力をするということだ。
チェックが必要なのはなにもスポーツ選手に限らない。私たちの日々の健康状態、学ぶスタイル、食事、服装などのコーディネート・・・まで幅広い。
これらは時どきはチェックしてみる必要がありそうだ。何事もバランス感覚が大切かも。
体重が増えすぎたとき・・・これを戻すのが難しい。とりあえず食事と運動のチェックが必要そうだな。これは医者から言われたりすることでもあるか。


AD

『自分を「売る」力』斉藤孝著より

年齢を重ねるとクセはほとんど直らない。まず、そのクセが何であるかを意識できるかがスタートだ。無理して直そうとせず、それを自らの強みにしてしまおうというものだ。
意味のないクセもある。できれば、クリエイティブに変化するようなクセならいいのだが。極端な例は今月日米通算200勝を達成した野茂投手の投球フォームだ。あの一見ムダな動きとも思えるトルネード投法はクセであり、同時に彼独自の技ともなっている。クセを技化し自分のスタイルを作ったいい例だろう。
人の生き方自体にもクセはあるはず。それも磨いて独自のスタイルを確立できれば、技化したことになる。「あいつがそう言うんじゃしょうがない」というのも周囲がその人のクセを認めさせたことにもなる。
さて、自分はそれなりの持ち味を出しているだろうか・・・

AD

『自分を「売る」力』斉藤孝著より

たとえば作家になりたい人がいたとしたなら、実際すでに小説を書いていなければなれるわけはない。
まず大事なことは「具体的な“かたち”にする努力をしているか」なのだ。素晴らしい才能がありアイデアが優れていようが、具体的な“かたち”つまり目に見える状態になっていなければ、評価のしようがない。
ビジネスの世界も同様で、必ず儲かると思えることも、話しだけで終わってしまうことがほとんどではないだろうか。
“種を蒔く”とは具体的な形にするということなのだ。もちろん種はすべてが育つわけではない。たくさん蒔いて一つでも発芽すればもうけもの。
ダイエットもそれなりに実行して継続しなければ期待もできないだろうし・・・いろいろ耳が痛いですよね。

『自分を「売る」力』斉藤孝著より
対談の中で立川談四楼は、こんなことは「冗談じゃない」という。
著者の斉藤はそれに対して「どの世界にちゃんとした型や技術を身につけないで表現できる領域があるか」とまで述べている。
型や技術の習得が自由な発想や上達のためにはいかに重要であるかを2人の偉大な人物を例にあげている。
1.モーツアルト・・・あんなに独創的なのは音楽の型をすべてマスターしているから自由にできる。
2.イチロー・・・野球の技術を徹底的に訓練しているからこそ、クリエイティブな動きができる。
何事も型、基本技術を覚えることは常識なのだ。
だから、ゆとり教育だとかいって子供の自主性に任せたところで、たいした期待などできない・・・と思えてくる。

『「コメント力」を鍛える』有田好生著より

これは筆者の取材を通じての実感であろう。

人を通じて何かを知ろうと思ったところで、その前に心に響く言葉で語っていなければ、なにも伝わらないもの。つまり信頼関係が築かれていなければ、真実を捉えることは難しい。

「あの人だったら話してもいい」という関係になっているかどうかがポイントだ。

これは直接話しを聞く場合意外でも同様なことがいえそうだ、例えば、ウェブ上での交流でも、それまでその人が何を語っているか、何をどう判断しているかによっても情報の質や集まり方に差がでるだろう。

「情報は信頼できるところに流れてくる」はふだん忘れがちのことでもあるな。



「コメント力を鍛える」有田芳生著より
これはしばしば感じることでもある。アイデア商品やヒット商品のほとんどは、そうした不満や期待から生まれてきたのだろう。
「どうしてこうなんだ、もっと別の方法があるはず」なんていうことも含まれよう。不満や意欲が何かを生み出してくれればいいが、それが停滞してしまうと自分の中でストレスになってしまう。
大した不満がないということは、幸せなことかもしれないが、その状態が長引けば何の意欲もなくなりそうな気もする。現状を打破しようとする意欲の強さは活力のバロメーターともいえそうだ。
ちょっとした不平不満は次のステップへ進むための燃料と考えたらどうだろうか。うまく燃やせれば、それなりのものが生まれる・・・かも。

「コメント力を鍛える」有田芳生著より
たった一つのコメントでやる気が出たり出なかったりするもの。「燃える一言、冷める一言」というのが掲載されている。本文によると「冷める一言」の代表格は「君は使えない」「君には無理だ」「余計なことはしないように」などの否定の言葉らしい。確かにそんな言葉はがっかりさせ、仕事への意欲を失わせる。
反対に「燃える一言」の代表格は「君に任せる、頼むぞ」「失敗はおそれずにやれ、後の責任は俺が持つ」ということらしい。しかし、実際にこんなドラマみたいなセリフを吐く上司ってどれほどいるのだろうか。やや疑問・・・
いずれにしても、意欲が出るコメントは大切だと思える。人は適切な評価や力強いアドバイスをもらたときほど嬉しいことはない。
自分がされて嬉しいことを人にもしてみよう・・・かな。おっと、これ自体もフレーズに対するコメントになっているのだろうか。

「はがきの極意」金田晃著より


筆者の言葉のうまさには思わず引き込まれる。もう、それだけで下手な解説やコメントなど必要ないほど。
つまり極意のひとつは拙速(せっそく)なのだ。この意味は「下手ではあるが出来上がりの速いこと」だという。

スピード、それは相手への思いやりのバロメーターでもある。思う度合いが低いほど遅くなるのだろう。
はがきはスピードがある(つまりさっと書いてすぐ投函)というだけで書いたものに付加価値がつくのだ。

さらにその拙速を実行する際に筆者は次の3つの「ム」を提案している。
1.ムキになる。・・・むきにならないと書けないもの。書くぞという意気込みだ。
2.ムリをする。・・・たとえ疲れていても無理をして書いてしまう。
3.ムシをする。・・・書いてちょっとしたミスがあっても無視をする。

直筆はがきで大事なことはイキオイとノリで書いてしまうことなのだ。
お客さんを持っている人はまず、手元にはがきを用意することからはじめなければならないかな。

「はがきの極意」金田晃著より
筆者は“もうワンランク上の~”と述べている。そのフレーズの前には次のセンテンスがある。
・・・“「ふんふん、そうか」というのが理解だとすれば、・・・”
一般的に多いのは、理解はしてるが納得まではいかないという状態だ。この本の中にははがきの極意と思われる具体例が満載されている。
筆者自身、毎月300~400枚のはがきのやり取りをしている。そんなことから、はがきは実際営業の現場にいる人たちには仕事の武器になっていることを多くの実例を示しながら解説している。実例ほど納得できるものはない。
この本のサブタイトルには「IT時代だからそこ心に響く」とある。ああ、実感!ですね。
復習してみよう。読む→理解する→納得する→試してみる(実行)→継続する。ここまでいかければ、結局どんなにすばらしいアイデアも絵に描いた餅に過ぎない。
とまあ、こんなこと書いても納得できないでしょうが・・・