くもり「齋藤孝の30分散歩術」齋藤孝著より。合格

意識的に歩くという習慣が続けば、歩くことで心の状態をコントロールできるようになるらしい。これが、感覚が技として定着するということだった。

たとえば、歩く場合、「通勤で歩く時間を、ふるい落とし作業の時間にあてる」と意識して習慣化すれば、心に残っているいろいろなことも振るい落とせ、気分も一新できるという。

こんな習慣は毎日行わなくても、持続さえしていけばいいらしい。意識を持ち続ければ、効果も持続するようだ。

また筆者は歩くときには、目的意識を持つといいとアドバイスしている。よい発想を得ようとすれば、手帳と3色ボールペンを持って、懸案事項を頭のなかに抱えて、近くの公園などに散歩に出かけるようだ。

そして、アイデアが浮かんだら立ち止まってサッとメモするという。これは実にいい方法かもしれない。部屋の中でいくら考えても出てこないアイデアも浮かんできそうだ。
AD
雨「齋藤孝の30分散歩術」齋藤孝著より。あし

確かに、ちょっと汗が出るくらいの運動をした後は、気持ちがいいものだ。その後は仕事や勉強に集中しやすいという経験もある。

また、少し居眠りをした後も、けっこう頭がすっきりして能率が上がることもある。時と場合によっては、それらを組み合わせていけばいいのかもしれない。

身体を休めるか、エネルギーを使うかを意識できればいいのだろう。適度な身体の疲れは、心地よい。心にもいいらしい。身体がつかれていれば、自然と眠くなる。

そして、睡眠というのは、最大の治療薬だというがそれは本当だろう。まずは、動くことが最初にくるかな。
AD
くもり「齋藤孝の30分散歩術」齋藤孝著より。ひらめき電球

この本のサブタイトルには「心スッキリ、アイデアひらめく」とあった。本のタイトルもシンプルで手に取りやすい。なんだか新しい発想が含まれていそうな感じがした。

単に歩くだけなら誰でもやっているが、これをワザ化することで、心や頭の切り替えができるようになるという。しかも、それは筆者が実際にそれを実践したからこそ言えることだろう。

心や頭の切り替えが楽にできればメリットも大きい。つまり、スッキリさせたい心と、どうしてもこだわってしまう心の間に、身体を入れるということだった。

そして、齋藤氏が提唱しているのが、「歩く」という行為だったのだ。これなら誰でも、今すぐに出来そうだ。
AD
くもり「タモリさんの成功術」内藤 誼人著より。メラメラ

ここでのタイトルは、「知的に見えるような会話をする方法」となっていた。知的に見えれば、それなりのメリットがあるらしい。人を楽しませることができるのもその一つだろう。

たとえば、読書をしたら、その内容を他人におしゃべりして聞かせることもいいらしい。いくら頭に教養を詰め込んでも、それを外に出さなければ、人には通じない。

人に話すことで、自分の血肉にもなっていくというのも頷ける。知識は持っているだけでは十分ではなく、それを使いこなすことが大事だったのだ。タモリさんはそれができる人だった。
晴れ「タモリさんの成功術」内藤 誼人著より。グッド!

タモリさんは頑張るから苦しいんでしょ、という考え方だった。頑張るのはちゃんとした人だという。

いい結果を出そうとすればするほど苦しくなるのは当然だ。むしろ、どうだったいいじゃないと思えば気も楽になる。仕事もそう行きたいものだが。

どうでもいいと思えば、気楽に時間を過ごせるのだろう。むしろその方がタフにも、しぶとく生きるしなやかさにもつながるようだ。

深く考えたところで、解決方法など見つからないに決まっている、と考えたほうがいいのかもしれない。
晴れ「タモリさんの成功術」内藤 誼人著より。ラブラブ

趣味に没頭できるかどうかは、その人がどれくらい創造力のある人かどうかのバロメーターにもなってくるという。

なるほど、それは頷ける。大好きな趣味を持っていれば、楽しい時間を過ごすことができる。だからこそ創造力の芽が出てくるのだろう。

これは逆を考えればわかりやすいかもしれない。じっとしてつまらない時間を過ごしているだけで、なにかいいアイデアが浮かんでくるとは考えられない。

確かにガンガン仕事をしている人ほど、よく遊んでいるともいえそうだ。タモリさんは驚くほどたくさんの趣味を持っているようだ。だからこそ話題も豊富なのだ。調べることが趣味というのがすごいことでもあるな。
晴れ「タモリさんの成功術」内藤 誼人著より。キスマーク

心理学者である筆者は、自分を突き放して、もうひとりの自分で自分を眺めるようにすると余裕が出てくると述べている。

その一つの方法として、自分自身と会話をするクセをつけると、プレッシャーも吹き飛ぶという。相談する相手は、自分自身でもかまわないということだった。

こんなことで、自分の心が落ち着いて、余裕が持てるなら簡単そうに思える。そういえば、プロテニス選手もラケットに向かって話しかけたり、プロ野球の投手がグローブに話しかけたりしたのを見たこともある。
晴れ「1分で大切な仕事を片づける技術」齋藤孝著より。ひらめき電球

齋藤氏の研究室には、本や資料などが無造作に山積みになっているという。よくこれで仕事ができますね、などといわれるらしい。

しかし、氏の研究室は物置でしかないと考えていたのだ。仕事は主に喫茶店などで行っているという。要するにこれが片付いている机になるのだった。

喫茶店ならテーブルは片付いているから、仕事もやりやすい。また場所を変えると気分転換も図れるのだった。そして、仕事に集中できるらしい。

そして、必要な資料だけ持ちだせば仕事ができるということだった。必要なのは、パソコンと携帯と、必要な資料だった。これは有益だろう。
晴れ「1分で大切な仕事を片づける技術」齋藤孝著より。メラメラ

一見クリエイティブだと思える部署でも、実際はほとんどが砂をかむような作業の連続らしい。その雑用の中から創造の芽がでることもあるようだ。

クリエイティビティを追求する際には、雑用は不可欠なことでもあった。例えば、コピーに強くなれば、コピー職人にもなれるのだった。

地味な作業ができることで、仕事力も向上するというわけだ。むしろ雑用をするからこそ、クリエイティビティは生まれると筆者は主張している。
晴れ「1分で大切な仕事を片づける技術」齋藤孝著より。ニコニコ

ここでは、実際に齋藤氏が大学の授業で行った実例が示されていた。それは、新聞の紙面から興味・関心のある記事を一つ選び、切り取ってノートの左側に貼り付けてることだった。

そして、右ページには記事の骨子を図解化して、上に書くのだ。その下には、その記事を選んだ理由、感想、疑問、意見や提案などを書き込んでいる。

つまりアナログで、切って貼って、手書きするという作業が大事なことだったのだ。このように意見を述べることを前提に読むことで吸収度も違ってくるようだ。それは頷ける。