くもり「生きるのが楽しくなる15の習慣」日野原重明著より。合格

実に単純に思えることだが、まずはそれなりに健康でなくては歩く気にもならない。朝起きてだるいと思えば億劫になってしまう。

現在日野原先生は105歳だが、これを書いている時でも90歳を越えていた。しかも足腰が元気なのは、歩く習慣のおかげだと述べていた。

病院や大学内ではエレベーターを使わず、5階まで歩いてしまうというから驚きだ。それを何度も繰り返しているらしい。さらに空港では早歩きで何人も追い越してしまうともいう。凡人には考えられないことだ。

私は仕事の日には、できるだけ万歩計は腰につけてるようにしている。それで歩く距離を確認できると気分が違うものだ。忘れるとがっかりすることもあるが。

AD

晴れ「生きるのが楽しくなる15の習慣」日野原重明著より。真顔

食習慣は大事なことはわかるが、そのルールにばかり縛られていたらせっかくの食事も味気ないものになってしまう。日野原先生もあまり神経質にならないようにしているという。

そのため日常の食習慣はシンプルにしているという。まず、毎朝オリーブ油入りの野菜ジュースを飲むという。これにはコレステロールを下げるオレイン酸が含まれているのだった。

このオレイン酸はナッツ類や菜種油にも豊富に含まれているようだ。自分もオリーブオイルは週に5日はとっているが、なかなかコレステロールは下がらない。

また、何を食べてはいけないとか、食べなくてはいけないとか、神経質になり過ぎないのが、健康の秘訣だということだった。新しい料理との出会いは楽しみだと考えているようだ。

AD

晴れ「大人の精神力」齋藤孝著より。ウシシ

この「人生の三楽」とは昔から言われてきたことらしい。つまり、人生も半ばにきたら、あまり欲張らずに、「この3つがあれば幸せだ」というものを持つといいようだ。

孔子は「益者三楽。損者三楽」といったそうだ。その1つ目は音楽をはじめ、教養を楽しめること。2つ目は、人の美点を褒めること。3つ目は優れた友を多く持つことだった。

逆に、わがまま勝手に楽しみ、怠けて遊び楽しみ、酒を楽しむのは害だということだった。実に頷けることばかりだ。

また貝原益軒の「養生訓」には次のようなことが書いているという。「人の道を心得違いせずに全うし、健康で、長生きすること。いくら財産があっても、この3つがなければ、意味がない」と。

「命長くして、久しくたのしむ」には、生きるはりが必要だから、何か目標を持つことが大切なことだった。これ肝に銘じるべきことのようだな。

AD

晴れ「大人の精神力」齋藤孝著より。キラキラ

何事も、結局は一人でやらねば身につかないことが多い。学生時代の勉強がその代表だろう。社会人になっても、何かを身につけようと思えば自分で時間を割いて取り組まねばならない。

ここでの、小タイトルは「小人閑居して不全をなす、とならないための孤独の癒し方」となっていた。孤独を癒すには、どんなことがあるのだろうかと気になる。

ここには、筆者がかつてから今まで実践したことが4つ挙げられていた。
1、動物の力を借りる。
2、身体や手先を使ってできる趣味を持つ。
3、内観法で自分の内面と向き合う。
4、日記・ブログを書く。

などだった。1について、ペットが身近にいればかなり癒されることは確かだろう。しかし、その面倒をみる根性も同時に必要とされる。途中放棄はできない点が大変そうだ。

2については、家庭菜園、や散歩でも良かったのだ。これは簡単に出来そうだ。
3は、いいことも悪いことも思いだして、人生の収支決算をするということらしい。人からしてもらったことは忘れていることが多そうだ。
4の日記・ブログに関してはもう10年以上ブログを継続している。いずれにしても孤独を楽しめることが大切なようだ。

晴れ「大人の精神力」齋藤孝著より。クローバー

これはいいことだと思える。とくに定年後にはなんでも美に関することを探していくというのも生き甲斐につながりそうだ。

筆者は「絵画や風景の中に美しさを見出す」という自分の認識を変えていく発見はとても大切だという。別に風景や絵画に限らず、自分の身近な自然でもいいと思える。

身近にも気がつけば、無数の美の発見がある。たとえば、庭にくる野鳥を観察すれば、あまりにも美しい羽をしていたことにも気づく。またその名前を知ることで視野も広がる。

筆者は、美というものは気づくかどうかだと述べていたが、まさにその通りだと最近になって痛感している。今まで雑草だと思っていたものは、自分がその植物を知らないだけで、感動するものが実に多いことに数年前に気づいたばかりだ。

そこで、それらを写真に撮ってネットにアップすることで、また新しいコミュニケーションもとれ、日々が楽しくなっている。

晴れ「大人の精神力」齋藤孝著より。やぎ座

体調を整えて一日を快適に過ごすためには、朝の習慣がポイントだという。確かにそうだが、まずは睡眠がとれなければ、朝からだるさがともなってしまい予定通りいかないこともある。

朝はできればラジオ体操と簡単なストレッチをやり始めたが、まだ習慣にまではなっていない。また腸内環境を整えるために、液体のヨーグルトを飲むようにしている。

睡眠が不十分だと胃腸もだるいことが多い。気を付けたいものだ。筆者も、疲労物質を減らすには、質のよい睡眠が一番だと述べていた。

あと、ベッドに横になっている間に内臓の弾力を付けるため腹部を指圧したり、腰痛防止のため膝を左右に曲げることもしばしばやっている。

あと、体が冷えるときは、使い捨てカイロもよく使う。筋肉痛にはシップを貼るようにしている。

くもり「大人の精神力」齋藤孝著より。ハート

齋藤氏の場合は自分がリラックスできる趣味のほかに、アロマオイルを使って瞑想やマッサージをする習慣を取り入れているという。

やはり好きな香りをかぐというのはよさそうだ。自分も朝早く起きた時は庭に出て、ローズマリーの葉っぱに触れて匂いをかいだものだった。いい匂いをかぐと気分もいいものだ。

また水泳も心を整えるためには効果的だという。しかし、そこまで出かけるのが億劫だ。もっと簡単にできる方法はないだろうか。

そういえば、朝のブログと夜のフェイスブックはもうすっかり習慣になってしまった。ブログは一応ちょっとだけ文章を書くことで気分も引き締まるかもしれない。またFBでの気持ちがいいコメントチェックも嬉しいものだ。

雨くもり「大人の精神力」齋藤孝著より。高通通

齋藤氏の場合はやはり有名な3色ボールペンだそうだ。自分がこれだと思って長年続けてきたことが、当然ながら快適な習慣と言えるのだろう。

自分なら、読んだ本のページを折っておくことで、あとで再びそこだけ読み返すことかもしれない。たまには線を引くこともあるが、乗り物の中では筆記具を出すのも面倒だから、とりあえず折っている。

仕事となると、まずやることの優先順位をメモしてから始めることだろうか。また、机の上には1か月分のスケジュール表があって、大まかな予定を記入することも習慣になっている。

最近は書くことは少なくなったが、かつてメモをする際に使用するのは、ゲルインキのボールペンをまとめ買いして使用していた。それが一番力を入れずに滑らかに書けるからだった。やはりちょっとしたことでやる気も違ってくるものだ。

くもり「大人の精神力」齋藤孝著より。ショボーン

ここでは、習慣がライフスタイルを決め、精神を作り、ひいては寿命まできめてしまうとまで述べていた。生活習慣病というものと同じことだろう。

目的別に3つぐらいに分けて見直してみると整理しやすいという。

1、自分の仕事を快適にするための習慣。

2、自分の心を整えるための習慣。

3、自分の身体を整えるための習慣。

だった。自分なりに振り返ってみる必要がありそうだな。

晴れ「大人の精神力」齋藤孝著より。イラッ

自分で誇れる技や財産があるということは、生きていく上での一つの喜びだという。ここでの財産とは、習慣によって身につけた、一生使える技のことだった。

趣味ならもう一度復活させてみると、若いころとは違う楽しさを発見できるらしい。やはりそれまで生きてきた経験が役に立つのだろう。

小さな習慣が大きな精神を作るのだという。シンプルだがいい言葉だ。人生の後半を豊かに生きていく鍵はそんなところにあるらしい。

さらに、量的な鍛錬を積むことで、質的な変化が生まれることを「量質転化」というらしい。どんなことも繰り返してみることで身につくものだとわかる。