フルマラソンを走る!最後のチャレンジ記録

東京マラソンを走りたくて走り始めた40代。今、50代が目の前に迫っている中、サブ3.5の達成-別府大分毎日マラソン出場を目標にしています!


テーマ:


14時間の制限時間ギリギリでゴールできた。
富士山が一度も見えないという寒く霧がかった天候での大会だった。

率直な感想は42.195kmのフルマラソンよりは楽しめる。
フルマラソンが短く感じた。

序盤はペースを抑えて走れば50~60kmくらいまでは楽に走れることも新しい発見であった。
でも70km以降は脚が死んだ。走っているよりも棒になった脚を前に交互に進めているだけ。

フルマラソンも最初からペースをセーブすればそれなりに楽しめるのだろうが、より長く楽しめるのがウルトラマラソンだと思った。

フルマラソンのタイムの更新への魅力もあるが、ウルトラマラソンという旅の魅力も大きい。





いいね!した人
PR

テーマ:
 
(11/1夕方の富士山)

2014年4月20日開催の第24回チャレンジ富士五湖100kmの部にエントリーした。
チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンはフルマラソンのトレーニングを開始した5年ほど前より走りたいと思っていた。
しかし、フルもまともに走れないのに100kmにチャレンジすることはためらい続けていた。
何度もエントリー寸前までいっては断念していたレースである。

今回はUTMF/STY2014へのエントリー権が無いということで、早くからこのチャレンジ富士五湖へのエントリーは決めていた。
エントリーしたのは100kmの部であるが、この種目では本栖湖へは行かない。
いっそのこと112kmの部へいきなりエントリーをも考えたが、我に返り諦めた。

もちろん完走を目指す。
予想タイムは13時間。多分このくらいで完走できるのではないかと思っている。
しかし、初の100kmウルトラマラソンなので何が起こるかわからない。
想定外の身体の異変はあっても全くおかしくない。

富士山はいつも眺められる環境にあるが、共に走る方々と一緒に美しい富士山を眺めつつ朝から夕方まで走れればと思っている。




いいね!した人
PR

テーマ:
2014年4月20日(日)に開催される第24回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンのエントリーがもうすぐ10月21日(月)に開始されるようです。

開催日の翌週にはUTMF/STYがあり、そのエントリーも現在行われています。こちらは抽選となるので、抽選結果が判明する11月1日以降に外れた方々がチャレンジ富士五湖の方へ多く移ってくるかもしれません。

私はUTMF/STYのエントリー資格が無いので、迷わずチャレンジ富士五湖へエントリーできますが、やはり100kmの部でしょうかね~。
112kmの部はちょっといきなりは厳しいでしょう。^^;

 

2014年の主な変更点は、
・参加料値上げ。(112km:16,000円→19,000円、100km:15,000円→18,000円、72km:12,000円→14,000円)
・定員増大。(112km:700名→800名、100km:1600名→2000名、72km:1200名で変わらず)
・100kmの部に時差式スタート導入(5:00スタートと5:15スタートの2グループ)

 
(2013年4月の富士山)

マラソンブームもウルトラマラソンまで及んでいる様で、特に中高年のウルトラマラソン参戦が近年増加している様ですね。
その流れを汲んでか、チャレンジ富士五湖も定員増大で対応し、参加料金もアップということになったのでしょう。^^;

実はこの数年間はパンフレットは取り寄せながらエントリーを断念していたチャレンジ富士五湖なのですが、来年はぜひ参加したいと思っています。
トレーニング量が少ないせいか(^^;)、特に故障も無く過ごせているので準備期間は十分あるでしょう。(^^)


チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン2014
http://www.r-wellness.com/eventguide/2014fuji5.html



いいね!した人
PR

[PR]気になるキーワード