人的資本投資

テーマ:


初めましてハセヤマです。管理人さんから書評を書くようにとのお達しがあったために書評記事を更新します。



ぼくがここに書く最初の書評で紹介したい本は本田直之著『レバレッジ・リーディング』です。こちら↓


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4492042695/ref=s9_subs_gw_s0_p14_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-2&pf_rd_r=09S88FPKHAYQQKYPHWGP&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463376756&pf_rd_i=489986


皆さんが読書を通して多くを学ぼうというきっかけになりうる本だったので最初に紹介するにはいいかと思いました。


この本の中に書いてあることは至ってシンプルです。



多読→メモを作成→リターン回収です。



この記事を読み終わったときに、少しでも多くの方に『読書は効率的な投資活動である』と思っていただけることを願いつつ書きたいと思います。


では始めましょう。



◆読書を投資活動として捉えるとは?動機



まずここでいう『読書』とは本書に沿い『(ビジネス書・自己啓発書の)読書』として話を進めていきます。


・読書とは投資


読書という行為は、読む本に掛かる書籍代と読むことに掛かる時間(機会費用)を自分の知識に投じるという意味で『投資』と呼ぶことが出来ます。


さてこの『投資』はペイするのでしょうか?


ビジネス書などは1500円前後のものが多いようです。費用は1500円。 わかり易くビジネスパーソンを例にとります。この人が「経営」「マーケティング」「ファイナンス」「営業」を1500円で買ってきたとします。1500円で仕入れたこういった『知識』を仕事に反映できたとしたらどうでしょう。 1500円以上のリターンがあることは明らかでしょう。


著者は100倍のリターンになるなんていってたりもします^^


でも将来的に働くことになったとして、効率的な時間の使いかたであったり、様々なマネジメントスキルであったりを1500円で仕入れられるとしたら、リターンが明らかに1500円どころではすまないことは火を見るより明らかですよね。


・なぜ読書は効率的といえるのか?


『他人の経験を疑似体験する割安な方法』


ビジネス書には様々な成功者のノウハウがわかり易く整理されています。そういった偉人が汗水流して数十年もかかって手にした知識を、僕達は本というメディアを通してほんの数時間で体験できるのです。


先に、ビジネスマンの話をだしたので学生の皆さんは辟易とされたかもしれませんが自分達の生活にもこれは適用できます。


例えば試験勉強。

どうもダラダラしてしまう、時間をどうにか上手く使って勉強したいとなったらタイムマネジメントの本を読めばいい。

勉強自体をわかりやすく進めたいとなったら、(おなじみのように)よりわかりやすい参考書を手に取ればよい。


書籍というものは、ピアノのエチュード(練習曲)のようなものだと思えばわかりやすいかもしれません。


「はい、それでは勝手に上手になってください」と言われてもまーったく上手くなれないかもしれない。ですが手元にエチュードがあれば、それは効率的に上達するように編纂されいるものです。どう考えたってこっちのほうが効率的ですよね。



ぼくたちが、説明書を読まずに闇雲にゲームをしないように、コーチの指導や先人・先輩のノウハウを聞かずに闇雲に部活の練習をしないように、生活も様々な本から効率的な要素を吸収するというのは大切なことだと思います。




「本当は本を読めば読むほど、時間が生まれます。本を読まないから、時間がないのです。なぜなら本を読まない人は、他人の経験や知識から学ばないからです。」




◆本を戦略的に読破するには


主張されている点は主に二つ


1)書いてあること一字一句完全に読間なければいけないという思い込みを捨てる

2)目的意識を持った読書によって情報を取捨選択できる


1)について 読書を投資と捉える以上、本の中で重要だと思える所だけをピックアップできればいいのです。知っている知識であったり、不必要だと感じたところは読み飛ばしていくほうが効率がいい。


80対20の法則をご存知でしょうか? ここでもこれが成り立っているわけです。有名な話なのでぐーぐる先生にでも聞いてみてください。



2)について 何となく本を読むのはあまり効率的ではないです。


自分はいまこういったノウハウをつけたい!といった具体的なモチベーションをもちながら本を読むことによって、自然と必要となるポイントが目に付いて来るそうです。これをカラーバス効果というらしい。詳しくはぐーぐる先生に聞いてくれ。



◆リターンを得るために


読後のフォローが実はもっとも重要です。


自己啓発であったりノウハウ本であったりを読む習慣があるという人はそれなりにいるかも知れませんが、実はフォローまできちんとしている人が少ないのではないか?


著者は言います。


本を読んで100個素晴らしい点を見つけて1個も実践しないのならば、流し読みで見つけた1個の素晴らしい点を確実に実践・習慣化したほうが絶対にいい。


読んだだけで1つも習慣化できなければリターンは0です。リターンは0です。


著者が薦める方法は至ってシンプル


自分が読んでいてためになったところを箇条書きでワードにまとめる。

それを持ち歩いて暇なときに何度も読み返す。

そして、1つでも実践してみる。 これに尽きます。


ある意味でこれがこの本を通して一番重要なところだといえます。


情報ばかりを詰め込みすぎて実践できない頭でっかちを推奨しているわけではないということがわかりますね。 何度も読み返し、何度も実践することで、そのノウハウを反射的に用いることが出来るようになるのです。


まずは、読後メモを作るということを実践してみてはいかがでしょうか^^



◆まとめ


なぜ読書をするのか?→効率的に読むにはどうするのか?→リターンを得るための方法

の順番でお伝えしました。


少しでも読書というものをしてみようという気持ちが沸いてきたでしょうか?

ぼくが書く文章だと少々堅苦しいし魅力に欠けるきらいがあるので、少しでも興味が沸いたのならこの本を実際に手にとって見ることをお奨めします。



1450円+税



果たしてこれを高いと取るかどうかはあなたしだい^^


情報のあふれる時代。

情報に簡単にアクセスできる時代。


情報を効率的に収集し、それを単なる知識から自らの知恵に変えていける人とそうでない人で一層開きが出やすくなってきているような気がします。


微弱ながら皆さんの力になれたなら幸いです。



--------------------------------------------------------


おまけ


就活生が読んでみたらためになるかもしれないサイト達


外資系への道標 http://gaishi.seesaa.net/

外資系と書いているものの就活全般に役立つ情報があるかも。

各企業の専攻フローに関しては数年前のもので違っていたりするらしい。


最強就活.com http://saikyo-shukatsu.com/

些細なことから色々と書いてある様子



おまけ


アクセスアップのために


学生ブログランキング http://www.student-blog.com/

人気ブログランキング http://blog.with2.net/


あたりに登録でもしたらどうでしょうか?



おまけ


こちらのブログは指名制で更新ですけど、指名されないときでもみんなもっと気軽に色々書いて更新増やしていったほうがいいと思うんだけどどうかなー?




さてさて アメブロは初めて使うのでまだ使いかたがよくわかりませんね^^ 長くなりましたがそれじゃノシ

AD