この喜び。伝えずにはいられません!!


先日のブログ(2014.1.11の記事 静岡県の代表に選ばれました) でもお伝えさせて頂きました通り、2月14日(金)・15日(土)、東京ビックサイト国際会議場にて開催された「低炭素杯2014」にファイナリストとして出場させて頂きました。



そう。あの雪が凄かった日です雪だるま







あの大きな舞台、あの大観衆。そして、外に降り積もった雪を一瞬で溶かしてしまうんじゃないかと思う程の、あの会場の熱気と、温かい雰囲気。







このDo light!フェスタに関わっている全ての方々の想いを乗せ、心を込めて、プレゼンテーションをさせて頂きました。













そして、



金メダル環境大臣賞の地域活動部門金賞メダルを受賞させて頂くことができました。








石原伸晃 現環境大臣からの表彰状を頂きました。




造形家の齊藤公太郎さんの指導のもと子供たちと学生が手作りで作ったという世界に1つだけのトロフィーを頂きました。


トロフィーに関するお話はこちら をご覧ください。

http://www.zenkoku-net.org/teitansohai2014/story.php







低炭素杯2014環境大臣賞の受賞標章使用権の付与を頂きました。

(グランプリ及び金賞受賞団体にのみ、頂ける大変貴重な標章でした)





大会前のブログ で、こんな事を言っていたのを覚えています。



「多くの人と人だけでなく、私たちの身のまわりの多種多様な団体、企業が、じっくりと、たしかに繋がりを持っている事を肌で実感するようになりました。


このDo light!の取組みが私たちの住んでいる地域の個性的な取組みとして多くの方々に知って頂ければ最高です!」



十分、全国に発信させて頂けたんじゃないでしょうか!?







今回の受賞を通して、



『 私たちの住んでいる地域には、弊社の他にも、もっともっと、地域との繋がりであったり、絆を大切にしている人たちが沢山いるんだ!私たちの住んでいる町はまだまだ捨てたもんじゃないぞ! これからなんだぞ! 』



こんな思いが確信に変わりました。




また、こういう形で賞を頂けた事が、これからの私たちの歩む道に、あかりを灯してくれましたし、その事が自信になり、更には地域の底力を証明して頂けたと感じました。



本当に、素晴らしい町に住んでいるんだな。と感じます。




最後に、今だから言える事ですが実は、開会式が始まった時点で、舞台に上がる前から胸がいっぱいになっていました(笑)




なぜかを、ぼーっと帰り道に振り返っていました。


やはり、それは、受賞出来たことが大切なのではなく、それまでの過程においての時間を、仲間たちと共有出来たことが、私たちの財産であり、今後の力になると感じているからなんだと思います。




このDo light!の取組みを通した6年間。多くの業種を問わず仲間たちが結びつき協力してくれたこと。弊社の社員が本当に汗だくになって準備やおもてなしをしていた姿。そういう土台があって、今まさに4分間のプレゼンテーションに挑もうとしているんだな。




胸が熱くならないわけがありません。




それだけで、十分なのに、地域活動部門の金賞まで頂けたんですから。。。



私たちは、これまでも。これからも。



決して背伸びすることなく、私たちの歩幅で身の丈にあったといいますか、そういう姿勢を大切にしていきたいと思います。



そのうえで、これからも、一ひねりも二ひねりも加えた、地域社会への貢献を考え、歩んでいけたらと思っています。




追伸:

大会当日の他の団体の発表を見ながら、多種多様な団体がある分、取組みも多種多様であっていいんだと肌で感じる事ができました。何でもそうですが、色んな考えや方法があるということ。ある一つの考え方や方法に固執する必要がないことの大切さを、学ぶことができました。




関係者の皆さまに対しましても、大変な準備を頂きました事、心からの感謝と御礼を申し上げます。



株式会社 昭和自動車学校

代表取締役 齊藤 貴宣

実行委員長 伊藤 剛

職員一同より。








にひひチョキ


※低炭素杯2014の様子、静岡県地球温暖化防止活動推進センター様のブログやHPでも紹介頂いています^^!


リンク先: http://fec2013.eshizuoka.jp/e1243763.html  (活動ブログ)

HP: http://sccca.net/



※低炭素杯のHPもどうぞ!

リンク先: http://www.zenkoku-net.org/teitansohai2014/







AD