株式会社 昭和電気産業

テレビ・ラジオ・大手カタログ等の通販事業に参入したい方。とてもいい商品を持っているけど営業・提案に不安を感じている方、また、工事が必要な商品を通販事業で販路拡大したい方、工事の請負を増やしたい工事会社の方、ぜひ一度弊社にご相談下さい。


テーマ:

冬のお風呂場、実はとっても注意しなければいけない場所なんです。

~冬のお風呂に潜む危険セルフチェック~
・65歳以上の家族がいる
・肥満気味の方
・高血圧、動脈硬化の恐れがある
・生活習慣病を気にしている
・不整脈や睡眠時無呼吸症候群の気がある
・浴室が寒い
・冬の入浴がつらい、面倒
・朝入浴、朝シャワーをする
・浴室に暖房がついてない
・風呂は熱めが好き。

いかがでしたか。この中に
どれか一つでも当てはまる方は以下の危険の可能性があります。
注意が必要です。

「ヒートショック」
という言葉、聞いたことありませんか?
暖かい場所(リビングなど)から寒い場所(廊下やトイレ、お風呂場)へ、
またはその逆などの移動で、

温度が急激に変化すると、
血圧が急激に上下し、
想像以上に心臓や血管に負担がかかる
のです。


実はこれが危険で、
ひどい場合は脳卒中心筋梗塞など、
重大な事故にもつながってしまうんです


これが
「ヒートショック」です。

 


またこの
ヒートショックもっとも多く起こるのは
冬場の浴室なんです。

浴室での死亡者は推定年間1万7000人


これは交通事故死亡者数約4倍にもなる数です。

さらに高齢者が自宅で亡くなる原因の1/3を占めていて、
12月~3月の冬に発生が集中しているんです。

ヒートショックの影響を最も多く受けやすいのは、
高齢者ですが、
これは、血管がもろくなってる上に、

血圧の急変動に耐えきれず、
脳出血などを起こしやすいためです。


なので、高齢者に限らず、生活習慣病を気にされている方、
睡眠時無呼吸症候群や、不整脈の方、ちょっとした運動で、
めまいや激しい息切れをする方なども注意が必要です。


このヒートショックの予防に何よりも、
脱衣室・浴室を暖めておくこと事で、
湯船との温度差をなくすことが重要です。


本では、まだまだ浴室暖房が普及していないのが現状ですが、

ヨーロッパなどでは、9割以上の設置率といわれています。

事実、日本のヒートショックによる死亡数は、
ノルウェーやイギリスの40倍以上
との調査結果も出ています。



浴室暖房機は、決してぜいたく品でなく、
健康のためにも
切実に必要なものといえます。

続いて、浴室暖房機の中でも、
特に優れている、高須産業の商品を紹介します。


続きはこちら続きはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

昭和電気産業さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。