1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-04 21:33:47

クリスマス福引セール!スタート。

テーマ:今、ショーワで・・・

恒例のクリスマスセール!が始まりました。

 

期間中(25日まで)自転車をお買い上げのお客様に1等、東京ディズニーランドペアチケットが当たります。

 

。。。。。

 

 

先月は当店の決算月でした。

 

棚卸しや在庫調整等に神経集中、今月に入ってからの一斉商品入荷に少々ヘタリ気味ですが気合を入れて歳末の嵐を迎え撃つ覚悟です。

 

 

12月はクリスマスの子供車やボーナスでの高級スポーツ自転車、電動自転車が店頭の主役になります。

 

GIANTジュニアマウンテンバイク「XTC・JR」

コーダブルームジュニアスポーツ「アッソンJ&K」

GTBMX「マッハワンエキスパート」とサンタさんから予約が入り始めました。

 

軽いアルミの高品質子供車に人気が集中しています。

 

 

スポーツ車は当店スタークロスバイク、「GIANTエスケープR3&RX」

 

スターロードバイク、「GIANTコンテンド1&2」

 

電動車は当店圧倒スター車YAMAHAナチュラ!

 

幸先良いスタートです。

 

 

 

メリダの今月第一号車はまだ出ていませんが、ディスクブレーキ付きスピードクロスバイク「グランスピード」やロードバイク「スクルツラー」を考えているお客様も来店。

 

メリダの追撃も始まりそうな予感です。

 

 

 

福引当選情報

 

スタート一番最初のお客様に2等黄玉(1000円クオカード)、続いて3等白玉(500円クオカード)が当たりました。

 

その後はスカ赤玉(うまい棒お菓子)ばかりです。

 

青玉1等(東京ディズニーランドペア券)と、4等土星玉(ドラえもん貯金箱)はまだ出ていません。

 

 

P、S、

 

やる事が多すぎて店頭の飾り付けが遅れ、やっとイルミネーションが灯りました。

 

でも、作業に集中していてスイッチを入れるのを忘れてしまったりします。

 

秋の日のつるべ落としに始まり、12月の夕方の町はイルミネーションが良く似合い、とても美しく輝きますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-29 21:04:11

組合セミナーの講演を終えて。

テーマ:同業者から学ぶ。

28日、自転車組合セミナーでの講演を終えました。

 

本部からの依頼はTSマーク(傷害保険付き自転車点検マーク)の活用法についてでしたが、当店の活用例を話したところで何の参考にもならないだろうし、参加する優良同業者を前に真面目に話したら声が震えるに決まっとる。

 

と、いう事で「TSマーク」に至るまでの我が自転車屋人生と地域密着とは?に付いて吠えてきました。

 

 

 

全く自分の意見が通らず従うだけの高校時代、僧侶の修行のような応援団の経験。

社会人1年生時代(ブリヂストンサイクル)のゴミ(奴隷の下)の経験。

 

自分の実力を過信し自惚れていた学生時代(映画制作)、80年代(BMXチーム)の経験。

 

バブル崩壊後90年代の多くのセミナー(商工会議所経営塾、船井総研セミナー、組合から派遣された中小企業診断士の先生の指導)や本(ヤクルトスワローズ黄金時代を作った野村監督)から学んだ事。

 

又、兄貴として慕い尊敬する横須賀市内の同業者、米が浜の横須賀輪業さんや自転車業界の弥次喜多(やじきた)コンビ、横浜港北区綱島の金子サイクルさんとの話を盛り込み駆け足でしたがなんとか無事に終了しました。

 

 

時計を横目に時間内に終わらせたいという焦りから話すべき事を飛ばしてしまったり、笑わせるつもりでふざけた事に誰も笑わない「スベル~~」経験とか、いろいろと???学ぶ事もありました。

 

 

又、多くの人の前で話すとそれぞれの人の表情が見えて面白いなぁ・・・とも感じました。

 

うなずく人、真剣すぎるくらい真剣に聞いている人、笑顔を見せてくださる人・・・・。

 

ふざけて言っているのに真顔で聞いている人・・・・。

 

皆、皆、よく見えました。

 

 

同業者の皆様方

TSマークと全く関係のない無駄話の数々。

(本人としては全てTSマーク伏線のつもりで話しましたが・・・)

 

最後まで本当にありがとうございました。

 

 

P、S、

 

組合セミナーでは組合マイスターの先生方の技術指導や接客に付いての講演もあり、とても充実した時間でした。

 

終了後、県組合幹部の方々との飲み会にも誘われ同業者同士の話に盛り上がりました。

 

 

経験は宝物・・・・・・また、ひとつ宝物が増えた気がします。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-25 09:00:04

自転車組合セミナー講師???

テーマ:同業者から学ぶ。

神奈川県自転車商協同組合本部から組合セミナーで「TSマーク(傷害保険付き自転車点検マーク)」の活用についての講演依頼がありました。

 

簡単な気持ちで引き受けたものの冷静に考えれば同業者(プロ)を相手の講演。

小中学生相手に話す事とは訳が違います。

 

誰もが知っている有名店やお手本になるような優等生ショップならともかく、当店はなんのとりえもないそこいらの町の自転車屋。

 

とても語れる立場にない事に気が付き辞退しようと思いましたが時すでに遅し、セミナーのパンフレットが出来た後でした。

 

それも講師という紹介付きで?

 

 

4月に国内自転車店の先頭を切ってゲスト出演したラジオ番組「ミラクル・サイクル・ライフ」の影響も強い事がわかりましたが・・・・・

 

ラジオはリスナーが目の前に見える訳でもないし、パーソナリティの先生方が上手に話を引き出して下さったので、そう難しい事でもありません。

 

でも、講演は多くの人前でそれも一人で40分を話し続けねばならず「誰に何をどんな方法で」を「起承転結」の基本に則って構成しなければなりません。

 

堅苦しすぎても弾け過ぎても・・・・・・

 

そんな事は遠い昔の学生時代、教育の授業で学んだ事でもありますが、その後の人生で「講演」などの経験もありません。

 

 

深く考えずに・・・と、組合本部は言ってくださいますが、私が恐れているのは同業者相手という事なのです。

 

誰でも話せる事、本に書いてある事(どこかで聞いた話)、自己のイメージの域を出ていない事、観念的な事ほどつまらないものはないし、プロ相手にこんな失礼な事はありません。

 

TSマーク活用例の事だけを語るならばきっと3分で終わるだろうし、当店の活用例などなんの参考にもならないでしょう。

 

。。。。。。

 

 

実は、私は学生時代から講演が好きです。

聞く事がですよ。

 

印象に残る話、思わず手を叩きなるような話、涙ぐんでしまう話・・・・色々と聞きました。

 

意外と、本題から反れた無駄話に心震えたりします。

 

学生時代の授業においてもテストに出るような話は眠くなるが、無駄話になると耳ダンボ!になり積極的に聞いた覚えがあります。

 

また、そんな先生の無駄話ほどよく覚えています。

 

 

無駄話・・・・・・・

 

それは話し手の経験談だという事です。

 

その人にしかわからない事、その人の感動、その人の人生。

 

どんな時代にどんな社会背景のなかで何を考え、どう行動したのか?

 

そうそう、無駄話の中にもちゃんと「起承転結」があったりするんですよね。

 

 

 

28日、セミナーに向けて「もう、どうにでもなれ!」と開き直りました。

 

全編無駄話!これで行く!

 

これが俺流!

 

 

 

 

P、S、

 

先月のブログ「小橋孝裕!おまえがいた、あの時。」に書いた小橋のお墓参りに行って来ました。

 

1980年、お互いの人生のスタートラインにいた忘れる事の出来ない友人です。

 

小橋は俺の、俺は小橋のスターターとなってお互い違う道を歩み始めたという事です。

 

 

あの日、

 

ATG映画「9月の冗談クラブバンド」の長崎監督の見舞い(撮影中の大事故)に行った帰り、胸ぐらを掴んで一言俺に言い忘れたんだろうなぁ・・・・・。

 

「おまえ!逃げるな!こっちへ来い!」

 

と。

 

 

「俺は逃げてるんじゃねえ!こっちの道に行くだけだ!」

 

俺も小橋に言い忘れた・・・・・。

 

 

 

「映画のタイトル(スタッフ)からお前の名前を消しておいたからな」

 

小さな声で一言。

 

一緒に行かなかった事が悔しかったんだろうな・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

10年程前に母校OBが作っていたHPに連載した「青春野郎の熱恋時代」をたまたま見つけた小橋からあの日以来の電話。

 

「あれ!お前が書いてるんだろ!

 

やっぱりな、おもしろいよ・・・

 

桑田(サザン)と一緒に仕事したぞ!

 

三浦市にみうら映画舎というものが出来て友達が参加している

 

お前も顔出せよ!」

 

言葉使いもあの頃と全く変わらなかった。

 

 

「横須賀に来てるんなら店に寄れよ・・・」

 

でも、一度も寄る事はなかった。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。