竹下幸之介 Official BLOG『Fight Back!!』

DDTプロレスリング 竹下幸之介です。
チケットも取り扱っています。チケットインフォメーションにコメントをいただけたらありがたいです!

Look at me!!


テーマ:
次の日曜日。
地元大阪でメイン。

なにから書けばいいんですかね。





まずメインだからどうだとか、浮き足立ってるとか、そんなことは決してないです。

第一試合であろうが、メインであろうが、全力でがんばることは変わりないし、いい試合を見せたい!って思うことにはかわりないです。




第一試合といえば、遠藤選手と佐藤光留選手のシングルマッチですか。
なんか第一試合の遠藤、メインの竹下みたいな見られ方をされていると耳に挟んだんですけど、そんなの関係ないです。


だって、遠藤選手はシングルマッチ。僕はタッグマッチ。
スタイルもまったく違うので、そんなの比較されても困ります。




ただ、遠藤選手がどういう考えをお持ちかわからないですが、僕は自分のことを“新人″とか“若手″とは思っていません。


これは能力が優れているとかそういうことではなくて、新人っていうジャンルがあるのが日本のプロレスの弱い部分だとずっと昔から思ってるんです。


日本でいう新人とか若手って、ただ単に年齢とかキャリアのことじゃないですか。

そんなのおかしいですよ。
日本だけじゃないですか。



サムライTVに大阪プロレスの原田選手、タダスケ選手、HAYATA選手のグレアが出てた時も、


「今、勢いのある若手のチーム!」

って大阪プロレスさんのトップ張ってる人たちが若手なんですか。


そんなのおかしいです。








福田洋選手なんかもよく
「新人らしくない」とか言われてるの聞くんですけど、ただキャリアが短いだけでそれが福田洋なんだからいいんです。



じゃあ、みなさんの言う新人らしさってなんですか?

やられて、やられて、やられながらもエルボーとドロップキックで反撃するのが新人ですか。





そんなことを型にしてたら、世界に敵わないです。

アメリカなんかは新人なんていう分け方しないし、キャリアがなくてもその選手のスタイルに合った技とか動きをしてます。






これは自分がちっちゃい時から考えてたことで、DDTはそんな自分の考え方に近いと思ったのも入団した理由の一つです。








最初の話に戻りますと、今回のメインイベント。調子に乗ることは断じてありませんが、気後れしてる部分はまったくありません。


いい試合して勝ちたいです。





だからみなさん見に来てください。
がんばります。




Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

竹下幸之介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。