リュウ博士の自分で考えるスピリチュアル

あの経営者も、あの政治家も、あの武将も知っていた! 日本古来の願いをかなえるすごい「システム」。科学者×霊能者のリュウ博士による、おもしろくて、ためになる「見えない世界」の授業開講中です!

2016年7月9日(土)より全国書店で発売!



成功している人は、なぜ神社に行くのか?』(八木龍平・著/サンマーク出版)

科学者×霊能者リュウ博士による、おもしろくて、ためになる、「見えない世界」の授業。

ただいまサンマーク出版のHPより、72ページまで無料ダウンロード「サキ読み」できます!

サキ読みのアドレスはこちら。感想コメントもお待ちしています^^

その他、リュウ博士への取材依頼・お問い合わせはこちらです。


~あなたの応援クリック、ありがとうございます~


自己啓発 ブログランキング 
NEW !
テーマ:
サンマーク出版さんより、この2週間弱で、サキ読みダウンロード900ありましたよ! とご報告が。

もちろん7月9日から全国書店で発売の拙著『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』のことです。

900って数字は多いのか? という判断ですが、実は今もう歴代4位に来てまして。

上位は長倉顕太さんの『超一流の二流をめざせ!』、Qさんこと石田久二さんの『運がいいとき、「なにが」起こっているのか?』、そしてダントツ首位の大杉日香理さん『龍使いになれる本』の3冊しかありません。

なので、担当編集者さん、予想外なのです。やっぱり内情をご存知ですからね。ぶっちゃけた話し、著者の人気の差ってあるじゃないですか(笑)

著者の人気の差、営業力や組織力の差です。特にインターネットだけで行なうこのサキ読みの数字は、著者のネット上での拡散力の差がストレートに数字に出ます。だから、カリスマブロガーやメルマガ界の横綱大関クラスが上位に来るわけですね。

ビジネスを5年、10年と続けていて、メルマガ読者10万人いますよ~拡散に協力してくれる友達にも同じような強者が何人もいますよ~なんて人達は、やっぱり拡散力がすごいですよね。

先のお三方と僕は、まぁ比較するのもおこがましい。

ここだけの話し、拙著の企画について初めて議論した昨年の8月中旬段階で、僕の場合、いわゆる顧客とよべる人はゼロ。ファンと呼べるような人も、どう多く見積もっても全国で6人。ようするにファンでなく、友達ですよ(笑)。

今月の始めに名古屋でセミナーをしたとき、長い付き合いの友達が2人来てくださったのですが、「私らだけだったらどうしよう~」と思ってたんですって。で、その感覚は正しいのね。10ヶ月前に実施したら、本当にそうなっていたから。

仮に東京で無料でセミナーしたとしても、本当に友人知人3人集めるのが限界だったと思います。

だから、ダウンロードしてくださった方、お読みいただいた方、感想コメントをお寄せくださった方、拙著の情報をシェアしてくださった方、本当に本当にありがたいです。ありがたいですし、なんでこんなに変化したのか、という驚きや不思議もあります。

そんなにありがたくも不思議な感想コメント、最新情報が送られてきました。ここでシェアいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歴史上の人物や政治家 誰もが知っている経営者と神社の関わりがとても興味深いと思いました。かるい感じのスピリチュアルな内容の本ではなく、性別や年代を問わず読める内容の本だと思います。早く手にとって読みたいです。(40代・女性)
.
神社と成功の関係、偉人の歴史観点からも面白かった。ただ、スピリチュアルな部分だけでなく、歴史や数値的な根拠もあり、スピリチュアルが苦手な自分にもすんなりと読めた。(30代・女性・愛媛県)
.
「○○な人は、なぜ○○なのか?」という書籍のタイトルはビジネスや自己啓発書でよく見かける型であり、そういう意味ではこの本も「どこかで聞いたようなタイトル」と直感的に思う方もいるかもしれないけど、この本は「神社」や「神様」に対してのアプローチがとても誠実だな、と感じました。誠実だからこそ、事実にこだわる。誠実だからこそ、きちんと言葉を選ぶ。誠実だからこそ、より本質的なものへの追求を続けていく。行間からそんな著者の美意識のようなものがただよってくる本です。(40代・男性・東京都)
.
とても面白かった! 具体例も多く示され説得力があった! 神様という捕えどころのない存在が分かり易く説明されている。各章の副題に興味をそそられ、更に先が読みたくなった。イラストがまたいい。早速購入予約します。(60代~・女性)
.
納得のいく内容で分かりやすい。 先人たちのエピソードも、なるほど!って思える。是非とも続きを読みたいです!(40代・男性・滋賀県)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サキ読みはまだまだ受付中です。何せ発売は書店で7月9日、Amazonだと7月11日ですからね。まだ2週間ちょっとあります。

首位も本気でねらえるところに来たね、なんて担当編集者の方には言っていただいています。紙の本で一気に読みたい人も、サキ読み、ダウンロードだけでもしてもらえるとありがたいですね(笑)。

選挙みたいですが、皆様のお力おかしください。なにとぞよろしくお願いいたします。

出版記念講演会の方も、どうぞよろしくお願いいたします。いま20名ほどにご応募いただいております。お願いばかりで恐縮ですが、その場の空気を共有するのも、本とはまた違った良さがあるもの。みなさまにとっての「予祝」にもなりますよ。

7月27日(水)18:45~21:15@東京駅八重洲北口そば、加藤アカネとリュウ博士の出版記念講演会【もう人生に迷わない!“◯◯の秘伝”、ついに公開。】へのお申し込みはこちらから!


~あなたの応援クリック、ありがとうございます~


自己啓発 ブログランキング 
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(4)
サンマーク出版さんのホームページをみていると、拙著『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』の紹介ページができていました。

これ、スマホの人、ちゃんと見れるのかなー? 僕のスマホからだと、これは上記ページにかぎった話しでは無く、サンマークさんのHP全体に言えるのだけど、「セキュリティ証明書に問題がある」と出てきて、なかなか見れないのですよねぇ。

なので、大抵はパソコンで見てます。スマホだと、「~に問題がある」と出てきて、「続行」ボタンを押しまくっていると、その内たどり着いて見る状態(苦笑)。今に始まった話しでは無く、少なくとも数ヶ月前からそうだったので、「自分のスマホが古いからかな??」と思って、受け入れています。

それはともかく、紹介ページができると、担当編集者の一言が読めます。これを読むのが、僕はひそかに楽しみでね。サンマークさんのファンは、ネットユーザーの多くがそうじゃないかな。

で、こんな一言でした。

---
【担当編集者より一言】
ずいぶん前から、「神社参拝」「パワースポットめぐり」「御朱印集め」がはやっていますが、私のまわりでも最近とくに、「神社参拝」が熱いです。私自身は、昔から神社は好きではあったのですが、そこまで興味はありませんでした。しかし、本書の著者・リュウ博士による「神社」の解説は、目からウロコを通り越してカタルシスまで感じる内容で、すっかり神社好きになりました。みなさんも、この本を読んだら神社に行きたくてたまらなくなるかも!?
---

カタルシス!!どういう意味だったか、改めて調べちゃいましたよ。

こんな意味でした。

---
「精神の浄化作用」のこと。「心の中に溜まっていた澱(おり)のような感情が解放され、気持ちが浄化されること」を意味する。

もともとは、アリストテレスが『詩学』に書き残した悲劇論から、「悲劇が観客の心に怖れと憐れみを呼び起こし感情を浄化する効果」をさす演劇学用語。転じて、精神医療においては「抑圧されていた心理を意識化させ、鬱積(うっせき)した感情を除去することで症状を改善しようとする精神療法」をさす。さらに、一般化して、「心の中にあるわだかまりが何かのきっかけで一気に解消すること」をいう。
---

元々は、アリストテレスが悲劇の効用として論じたものということですね。

そうか~悲劇か~。神社お話会に出たことある人は、むしろ納得かもしれませんね。神様のご利益の話しをしているときは、聞いている人の間にカタルシスが起きているのを、いつも感じています。

日本の神様は挫折と後悔から生まれる。そんな話しをしています。もちろん来月発売の拙著にも書いていること。ここは、多くの人に読んで欲しいなと思っています。あ、ここだけじゃないですけど^^

【告知】
7月27日(水)18:45~21:15@東京駅八重洲北口そば、加藤アカネとリュウ博士の出版記念講演会【もう人生に迷わない!“◯◯の秘伝”、ついに公開。】へのお申し込みはこちらから!


~あなたの応援クリック、ありがとうございます~


自己啓発 ブログランキング 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏至の1日、西洋占星術家にして産業カウンセラーの野木ちさとさん(通称ミエルさん)より、「日本の神様お話し会」にお招きいただきました。

ミエルさんというと、福島県いわき市で西洋占星術の仕事を始めて13年目をむかえる、福島では突出した占星術家です。13年前というと、スピリチュアルな仕事をしている人なんて少なくて、それこそいわき市ではミエルさん以外に誰もいない状態だったそう。

要するに「いちばん最初に踊り出せる」酔狂な方なのです(笑)。同時に、告知2日で20名満員御礼、増席して23名参加キャンセル待ち状態にしてしまえる方でもあります。

10年開業し続けられる人って、やっぱり基礎的なビジネスマインドがきたえぬかれてますね。

満員になってからは、今度は「できるだけ質の高いセミナーを」と、僕にも「さらなる工夫」を要求してこられました。ミエルさんご自身もひと手間・ふた手間かけて、顧客満足度を高めることに妥協しない姿勢は、「さすが」でした。

とはいえ、僕にとって今回はアウェーです。みなさんミエルさんのお客様であって、僕のことを知っている人はごくわずが。大阪や名古屋でセミナーした時は、ほぼホームで、8割以上が僕を知っている人達でしたからね。

なので、ちょっと緊張ものだったのですが、みなさま良い人ばかりで、おかげさまで気分良く話すことができました。



内容は例のごとく、日本の歴史や統計的な調査から見えてくる神社参拝の効果についてお話しました。今回は一見さんばかりだったので、もう来月発売の拙著のエッセンスをそのままお話した次第。

ミエルさんが、拙著の販売告知が入った名刺サイズのカードを皆様に配布してくれて、宣伝を自然な形でしていただける気配りに、すごく感謝でした。

いわき市って僕にとっては、けっこう思い入れのある土地で、東日本大震災以来、何かとご縁をいただいています。

今回、出版前にこうした機会をいただけたこと、いわき市の友人達に感謝です。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

【告知】
7月27日(水)18:45~21:15@東京駅八重洲北口そば、加藤アカネとリュウ博士の出版記念講演会【もう人生に迷わない!“◯◯の秘伝”、ついに公開。】へのお申し込みはこちらから!


~あなたの応援クリック、ありがとうございます~


自己啓発 ブログランキング 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)